「食べログ」タグアーカイブ

トマトは食べログTOP1000の欧風カレー店

お世話になっている知り合いが誕生日ということでお祝いに美味しいカレーを食べてきた。食べログTOP1000、欧風カレー・シチューの荻窪「トマト」さん。

行列覚悟で平日19時過ぎに行った所5分ほど待つだけで入れてラッキー。他のブログで「平日は予約可」とあるが「今は受けていません」とのこと。ご注意ください。

結論から言うと「俺俺カレーランキングの殿堂入り。でも一回ではわかりません!」
というのは香辛料が色々組み合わさっていて味が複雑だから。辛さは普通ですが食べた後お腹の中が熱くなってくる。食後感はさっぱり。「良いもの食ったー」という感慨が沸く良店。また行く!

「トマト」欧州カレー、シチュー(荻窪)

36種のスパイスを惜しげもなく使った欧風カレー
荻窪の閑静な住宅街に佇む欧風カレー&シチュー専門店。カレーは香味野菜、フォンドボーなどをたっぷり使ったソースに、薬効ある36種類のスパイスをブレンド。じっくりと一週間以上をかけて作りあげる欧風カレーは食材の旨味が凝縮されている。メニューは贅沢に黒毛和牛を使った和牛ビーフジャワカレーが人気。季節の野菜をトッピングすれば、おなじみの野菜に加え、クコの実や銀杏、大根などの具がルーに彩りを添えてくれる。
-和牛ジャワカレー(1,680円)
-仔牛のミルクカレー(1,575円)
-シーフードカレー(2,100円)
-タンカレー(2,100円)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13001113/

荻窪「トマト」料理写真

▼メニュー表
お高いのでどれにするか凄く悩んだ上で選択。

▼仔牛のミルクカレー

▼和風ビーフジャワカレーのルー

▼和風ビーフジャワカレー全景
露出が暗いorz

店舗外観等

荻窪駅から徒歩5分。雑居ビルの一角のこじんまりとした店です。

▼看板

▼店舗外観

▼店内香辛料タワー

ネットで炎上していた焼肉店にそれと知らず入ってしまった

先週接客が悪いとネットで話題になっていた焼肉店に入ってしまった。食べログで評価が高いから知らずに入ってしまうんだろうなあ。筆者の場合はランチの相手が「焼肉食べたい!」とのことだったのでそうなったのだけれど。

今口コミというのは大きな影響を持っているんですね。初めての街でもチェーン店系ではない美味しい店をみつけられるのはいい所だし、今回のように大炎上した後とあって13時頃に先客は一人だけ、という場合もある。

道玄坂七甲山メニュー

焼肉ランチにはカルビ120gランチ、ロース120gランチ、デラックスランチなどが焼肉メニューに用意されている。ちょっとね、確かに接客がぶっきらぼうなんですよ。スープがユッケジャンかわかめスープか選べるんだけれど特に説明なく「どっち?」みたいに言われても答えられないと思うんですよね。それで出てくるスープがぬるい(これは食べログ他のレビューでも触れられている)。また心の中が漏れてしまうタイプなのか静かな店内に独り言が響いている。

接客担当の方個人の話ではなくて、そういう声があちこち出ているのにそれを良しとしていたマネージャー、経営者の問題なんじゃないだろうか、と個人的には思いました。

七甲山メニュー

デラックスランチ / 七甲山

ロース50g、ビートロ30g、モモ肉30g、ウィンナー30g。ランチタイムは全面禁煙。味は可も不可も無く、普通。780円という値段は安め。

P1090546

関連ランキング:焼肉 | 渋谷駅神泉駅

食べログ一強時代にグルメブロガーの生き残る道またはTV番組放映前にGoogle一位を取って1万PVを稼ぐ方法

食べログ一強時代にグルメブロガーの生き残る道、を最近真剣に考えています。その回答の一つとして飲食店がTVに取り上げられるのを事前に察知し、意図的に検索結果の一位を取ってアクセスを稼ぐ、という手法を公開します。具体的には「俺のフレンチ 恵比寿」でGoogle一位を取ってTV放送にぶつけた所2日で1万PV稼げました。

背景

なぜこのような飛び道具が必要になるかというと、状況が変わった。Googleのアルゴリズム変更によりWinnerTakeAllの傾向が強まりグルメ分野で言えば食べログ、公式サイト、公式ブログがあると検索一ページ目に個人ブログが入ることが難しくなりました。これは大打撃!

直近のGoogleのアルゴリズム変更でパンダアップデートの影でもう一つ大きな変更がありました。一ドメインから検索結果に4ページまで、という縛りがなくなり無限に、そう無限に同じドメインのページが表示されるようになりました。

SEOのテクニカルな話に興味がある方は一ドメインから4個だった時代一ドメインから無限に表示される時代辺りをご覧いただきたく。後者リンク先の画像を見てもらうとわかるがGoogleで中途半端な順位にいたページは食べログとかに押し流されて実質上検索結果に俺のサイトが出てこない!みたいな状況になったのです。

戦略

hara19.jpは開設2年、原宿・表参道ネタを中心に700記事、260万PVとちゃんとコンテンツあるサイトでもそうなっている訳です。食べログに個人が正面からぶつかっても玉砕するだけなので「じゃあ食べログや公式サイトが弱いお店にパワーを集中投下してGoogle一位をgetすればいいのでないか」と考えてみました。

具体的には「話題店だけどオープン直後でまだ口コミがついてなくてメディアでも取り上げられるような店」を狙うべきです。その結果がこちら。先週テレ朝「ガイアの夜明け」で取り上げられた「俺のフレンチ」恵比寿店。高給フレンチが客単価3000円で食べられるという価格破壊で話題のチェーンです。当日のアクセスグラフ見てもらうと22時の俺のガイア放送時に2500PV一気にアクセス来ました。俺のフレンチ公式サイトで明日放映されるぜーとPRしていたのをチェックしていたんですよねー。

俺のフレンチ恵比寿!!

「俺のフレンチ恵比寿」へ行ってきた。恵比寿の五叉路そば。「俺のフレンチ」系列店は既存7店舗中6店舗が食べログTOP5000にランクインと人気店だ。 「俺のフレンチ」は業界に革命を起こしていると言われている。 高級フレンチの価格破壊を行い普通の高級レストランなら万単位確実なのに俺のフレンチは客単価3000円程度なのだ。 
http://hara19.jp/archives/12558 

IMG 7292IMG 7293

「俺のフレンチ 恵比寿」で検索結果1位を取るためにした3つのこと

まず放送前日に記事をアップした時点で「俺のフレンチ 恵比寿」で検索結果の10位くらいにいました。お、食べログもぐるなびも公式も一位じゃない…ということで1ページ目に掲載されている他のページを見て回った所それほど内容充実してないページでもランクインしているようです。これはガチでSEO強化すればいけるんじゃないか、ということでやってみたのが以下。

  • キーワードサジェストで含まれる用語を見出しで使う
    俺のフレンチは「俺のフレンチ EBISU」が正式店名だが「俺のフレンチ 恵比寿」で検索するだろということであえてEBISUを恵比寿に統一した。また飲食店ならメニュー、混雑、予約、と言った単語が検索のサジェストで出てくるのでそれをh2に入れた小見出しを入れる。 
  • WebmasterToolでGoogleにインデックス更新を促す
    記事を更新してもTV放送までにクロールされなければ意味がない。pingで更新通知する方法もあるが念を入れてGoogleWebmasterToolの「Fetch as Google」から更新を促すことができる。
  • はてブやキュレーターに取り上げられやすくする
    引用されやすいように例えば普通1万超えの高級料理が客単価3000円に、や高級店だと客が1回転しないこともあるのに3回以上する、といったFACTを冒頭に入れる。
     

その結果はてブで80ブクマされ「生活・人生」のホットエントリー入りし、午後にはGoogle検索結果一位をgetして夜の放送を迎えることができました。

また@sasakitoshinaoさんや@akhkさんと言ったフォロワーが多くてRTの影響が大きい方に取り上げてもらうことができましたのも大きかったです。上のグラフで午前中にピコーンとアクセス増えている部分ですね。ホットエントリーは知り合いに「はてブあざっす」とか頼み込んで新着エントリーに送り込んだりできるけれどもソーシャル系で取り上げられるのは狙っても確実ではないので幸運でした。

まとめ

ということで個人サイト受難な時代に食べログといった巨大サイトにどう立ち向かうか、という解の一つを示しました。狙ってはてブのホットエントリー入りできるのか?とか狙って影響力大きい人にTweetしてもらえるのか、という不確定要素も大きいんですがうまくはまるとこうなるよ、という実例でした。

本質的には全記事Google一位を取るのは無理なのでGoogle先生に左右されないRSS登録やTwitter公式アカウント、Facebookページからの誘導を考えなければいけないかなーと思っております。

あ、そうだ@hara19jpではフォロワーとメルマガ登録を募集しています。なうクリック!

食べログベストレストラン2010に選ばれたラムしゃぶ「金の目」が新宿に進出

新宿ラムしゃぶ「金の目」でラムを8皿食べてきた。

銀座本店は食べログベストレストラン2010に選ばれた良店だという。銀座の方は味とコストパフォーマンスが高評価。

「金の目」新宿店はまだ食べログにもクチコミが付いていないが、肉料理なら同じ味だろうということで行ってみることに。

ラムしゃぶ「金の目 新宿店」の写真

金の目新宿店があるのは新宿三丁目の奥。

食べ放題2時間はAコース:食べ放題3700円でBコース:食べ飲み放題が4700円。現在1日5組限定食べ飲み放題4700円が3900円なのでおすすめ。

新宿店の内装は銀座店より小綺麗。

この皿が続々出てくる。売りは「当店のラム肉は全く癖が無く食べやすいのが特長」ということで、確かに癖は全く感じなかった。ほのかにラムの香りがする。肉が1mm以下かというほど薄くて、大人4人で10分に一皿持ってきてもらっていた。結局8皿だったが、男4人なら10皿はいけるだろう。

たれは醤油味のみで希望としてはごまだれなど他の味も試せると変化が付いて良いと思う。

彦摩呂をはじめとして銀座店は芸能人やTVに紹介されることも多い。

まとめ

食べ飲み放題3900円でこれだけ食べられれば満足。肉がやたら薄いスライスなのは好みがあると思うが赤い肉の皿が次々出てくるのはいいものだ。心が豊かになる。

客の入りは微妙だが立地もあると思う。銀座なら銀座でこの値段は凄いとなるかもしれないが新宿では歌舞伎町もあれば三丁目も飲み屋が多い。競争は厳しいが店員さんは頑張っているので応援したい。

関連ランキング:しゃぶしゃぶ | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

六本木の尾前ゼックス(尾前XEX)はデート、接待におすすめ

番外編で六本木の尾前ゼックス(尾前XEX)へ行ってきた記録。

レストラン尾前ゼックス (restaurant omae XEX)はミシュランガイド2008,2009やザガットサーベイ2009にも掲載されている高級鉄板焼き店。

「ノースリーブ、ハーフパンツ、サンダルでのご来店はご遠慮いただいております(男性のみ)」、食べログの利用シーンでも「接待」「デート」の二択。平均利用価格が15000〜19000円ということで超高級ではないにしろ特別な日に使いたい所。

正直XEXの読み方も知らない庶民だったので利用機会無さそうだったが食べログのお陰でいい体験ができた。「食べログチケット」の第一弾ということでいい店を出してきたようだ。

「尾前XEX」の極上素材鉄板焼きフルコース:概要

「尾前XEX」で神戸牛や伊勢海老の鉄板焼きフルコース15000円が半額だったので申し込んでみた。詳細はリンク先参照。

http://r.tabelog.com/ticket/tokyo/1/
食べログ高評価!国内外のセレブが訪れる「尾前XEX」の極上素材鉄板焼きフルコース15,000円が7,500円の50%OFF!

[PR]

「尾前XEX」の極上素材鉄板焼きフルコース:料理

▼三点盛(ボッコンチーニの茶碗蒸し、季節のエスプーマ、海鮮寿司)
最初の一品がさっぱり系なのはいい。彩りも鮮やかで出てくる料理に期待が膨らむ感じ。

▼甘海老のタルタル、海水ジュレと7種類の薬味添え
黒いのはキャビア。ヘラでありがたくいただく、という寸法。

▼岩カキのさっぱり焼き 木の子と共に

▼右手に厚い牛肉が!!!火の通りに時間がかかるということで序盤から登場する。

▼活伊勢海老 鉄板焼
活、なので生きててビチビチしてる奴をサックリ包丁を入れて、という料理過程を一通り。鉄板焼きということで半円形のステージのようなカウンター席で、料理人が目の前で手さばきを見せてもらえるというのはいい体験だった。

伊勢海老の中華ソース風。

▼新鮮葉野菜のバ-ニャカウダ カニ味噌を入れたソ-ス
次がメインということで一旦舌や食感をリセットされていいね。

▼ドライエイジングビーフと神戸牛の食べ比べ~釜焼き玉葱、マッシュポテト~
エイジングということで仕込みに日数がかかるのだろう、予約を入れた際は注文が多くてその日は用意できない、とのことだった。私の方が日程を優先したかったので代わりの肉を用意してくれるという話になっていたが、実際は普通にドライエイジングビーフが出てきた。食べ比べられるほど高級な舌は持ってないけれど、美味しかったですよ(笑

▼ガーリックライスと味噌汁
締め。先ほどの伊勢海老君が再登場。見た目が凄くリッチ。

我々が最後の客だったので最後に鉄板焼きのカウンターをパチリ。格好いい!

尾前XEX2階のラウンジ

さて尾前XEXの名物はここから。2階には暖炉を有するソファーラウンジがあってデザートはそちらでいただくという趣向。

いやーエロい!けしからん。女性陣からもデートなら落ちるわと言われております。私は人生相談聞いて帰ってきましたが。



[PR]

まとめ

この記事を書くために元のチケットを見直したが、尾前XEXについては看板に偽り無し。

  • 新鮮な伊勢海老→活伊勢海老を目の前で調理
  • 山海のゴージャスな食材→キャビア、エビ、牛、牡蠣が登場
  • 豊かな美味とシェフの技→カウンター席で調理風景を堪能

ということで事前の謳い文句が実際に提供されていた。また(場所がわかりにくいのもあるが)店前でスタッフが待っていて迎え入れてくれる所も導入として効果的。高級店だと萎縮して楽しめなかったりするがずっと同じスタッフが付いたり、打ち解けた頃に小話を披露してくれたりフレンドリーよりな接客なのも良かった。料理名をスラスラと読み上げてお終い、という店よりは好み。

もう一度行くか?と言われると金額的にすぐには行けない、という答えになるがでは重要なデートや接待に使う店を下見もせずに使えるか、という鶏卵な話もあって、そういう意味では告白を控えたデートだの記念日だのお偉いさんの接待などでは使える店、として選択肢の一つになった。

きめ細かく上品な甘みのある赤身、脂肪の風味、香りと溶け合うハーモニーの神戸牛や新鮮な伊勢海老など、山海のゴージャスな食材がふんだんに盛り込まれたボリューム満点のフルコース。豊かな美味とシェフの技をご堪能ください。

関連ランキング:ステーキ | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

代々木駅隣のカレー「アヒリヤ」はナンが美味しかった!

原宿から新宿へ行く途中、代々木のカレー店「アヒリヤ」に初訪問。食べログ評価3.7、食べログ本にも乗っているらしい。場所は代々木駅の真横の雑居ビル3F。ちょっと怪しいが店内に入るとインド人店員さんが親しみやすくて安心する。

歌舞伎町だったら怖くて入れないだろう雑居ビル・・・。これで代々木駅のお隣。「アヒリヤ インドレストラン&バー 3F」を目印に。

チキンバターマサラカレー(1070円)+ナンをいただく。「アヒリヤ」のカレーの特徴はナンが美味しいこと!ルーが平均以上なのはもちろんだけどナンが硬すぎず厚すぎずパサパサ過ぎず、どう書けばよいかわからないけど気づいたら食べ終わってた!というバランス。ぜひ食べてみて欲しいなあ。