「明治神宮前」タグアーカイブ

表参道のモントーク

モントークは原宿・表参道を代表するお洒落カフェ・ラウンジ。

montoakの他だとアニヴェルセルカフェとかブルガリイルカフェとか?個人的には同じビルのSMOKE BAR & GRILLもおすすめ。

場所は表参道の旧キデイランドの並び、モノリスのような黒いガラス張りの立方体を見てなんだろうと思った人も多いはず。

モントークの建物は表参道の路面店ながら遮光ガラスで店内が覗けず店名の案内も無し、と意識的に会員制的な雰囲気を出している。

モントークとは

元々この場所は日本初のオープンcafe「カフェドロペ」があった所。なるほどね(調べた)。

表参道がブランドストリート化する一方でモントークはそれ以前からの「カフェドロペ」のサロン的雰囲気を継ぐものとして思想された。

▼GAP跡の再開発の壁にはられていた70年代~80年代当時の写真。
米軍家族住宅「ワシントンハイツ」があった関係で白人の人も多い。

▼現在のモントーク

設計はカフェ設計では有名な空間プロデューサー山本宇一氏。数年前の東京のカフェブームの仕掛け人で「Bowery Kitchen(バワリー)」や「Lotus(ロータス)」を手がけた人。

モントークは2002年12月に開店。運営しているアパレル企業JUN社長の佐々木進と山本宇一の対談ではモントークを「“かっこいいひとが集う場所”にしたい」と語っている。

ファッション関係の編集者の人が打ち合わせをしてるのを良く見掛けるのでクリエイターが集う場所にしたいという意図は達成されているだろう。

佐々木:宇一さんとこの『モントーク』を作るときにも、最初に、こういう人が集う店にしたいよね、というところからスタートしましたよね。結果、それが現実にそうなったし。

山本:JUNというブランドのこととか、あるいは佐々木さんが今度会社のデザインをこうしていきたいんだと、そういういろいろな気持ちを汲み取ると、じゃあ『モントーク』はどうなったらいいのか、とか、けっこうそこは現実的でしたよね。

佐々木:ああ、そうですね。ここは30年以上前から『カフェ ド ロペ』という形でやってきていたんですが、当時『カフェ ド ロペ』を作ろうと思っていた考え方と、宇一さんと『モントーク』を考えていたことっていうのは、本質的には一緒ですよね。“かっこいいひとが集う場所”という意味で。ただ、時代が違うので結果的に表現の仕方は変わりましたが。
佐々木進 ☓ 山本宇一の対談

表参道モントークの魅力

数回使ったが意外とここは使いやすいカフェなのだ。

一つは中からは普通に外が見えること。日中なんかはかなり開放的。

外からは暗く見えるだけに驚くと思う。このギャップが新鮮。

▼天井に採光窓があるので昼間は明るくて開放的。

▼中三階の座席から三階と二階方面。表参道のケヤキ並木も緑が濃くなってきた。

二つ目は席の配置が巧みでグループごとの視界が合わないようになっていること。

いろんな席を制覇したくなっていつでも新鮮。

二階はテラス席になっているので表参道のさざめきを聞きながらゆっくりできる。

ニ階のテラス席を外から見るとこんな感じ。

一階奥の一段低くなったソファエリア。

一番奥のソファ席。この日は予約が入っていた。

吹き抜けになっているのを見上げたところ。

一階の通路。このようにあちこちで視界が分断されている。

二階から中ニ階へ続く階段。特別感があっていいね!

中二階の座席。家具は昭和レトロっぽい。

三階にはVIP席っぽい卓もあって記念日とかに予約してみたいなあ。

モントークのランチ

夜はパスタで1500円クラスだったりお高いんだけどランチは1000円程度で食べられるのでおすすめ。

▼ランチは11:00〜17時と長い。原宿・表参道はカフェタイムの代わりにランチタイムが長いのが特徴。

BENTO、という日替わりランチは1000円か1500円。これは1000円の方。

BENTO B、1500円。鹿児島産黒豚のミルフィーユカツレツと金目鯛のアクアパッツァがメイン。1000円の方より小皿が多くてデザートが付く。量は大人男性だとちょっと少ない。いわゆるカフェ飯。

ちなみにランチはコーヒーお代わりOK。これ豆知識な。

モントークの夜カフェ

ちょっと打ち合わせに使ったり。

この日はビールとおつまみで。

テラス席で夜カフェした時。冬もストーブが出るので寒くない。

余裕のありそうなお嬢さん、マダムが楽しげに歓談している。

星が映っているので多分「クリスマス直前!セカイカメラで楽しむ表参道イルミネーション2010」の取材の時。

割と暗い店内で見えにくいと思うが店員さんが良く目配りしている。
料理やお酒も割と早く出てくる。お値段は可愛くない(><)。雰囲気を楽しむお店ですね。

イルミネーション眺めながら恋バナとかおされ!

北海道人のソウルラーメン「山頭火 原宿店」の塩ラーメン

北海道人から「写真を見ただけで山頭火だとわかりました!」とのコメントをいただく。彼らのソウルフード、いやソウルラーメンの「山頭火」。意外と知られていないが関東にも結構出店しており日本橋、神田、池袋、新宿、五反田、渋谷、そしてここ原宿にも店舗がある。

原宿では原宿餃子楼、チャオバンブーなどがある表参道側のブロックの細い路地を進むと山頭火の力強いのれんが出迎えてくれる。頼むのはもちろん塩ラーメン。商品化されるような有名ラーメン店は幾つかあるが自分としては山頭火の塩ラーメンは大ヒット。名前負けしない味で満足。ごちそうさまでした!

ラーメン情報なら「ラーメンピックス」

ラーメン「山頭火 原宿店」:塩ラーメン

ラーメン「山頭火 原宿店」:餃子

ラーメン「山頭火 原宿店」:メニュー

ラーメン「山頭火 原宿店」:のれん

原宿とんかつ「福よし」はエリック・クラプトンもお気に入りの名店

原宿ランチ、今日は裏原の「福よし」。原宿・明治神宮前でとんかつと言えば「福よし」一択と言われている。昭和47年(1972)開店の原宿では定番の店。エリック・クラプトンもお気に入りで日本ツアー中に「鳥かつ」をほうばる姿が度々目撃されたという。

ランチには「とんかつ」1000円、「かつカレー(限定)」1230円が提供されているが高い方は明らかに味が違うぞとのアドヴァイスを貰い「上ロースかつ」1650円を奮発した。確かに油や衣の嫌味がなく、肉の旨味が広がる素晴らしい出来。
原宿とんかつ「福よし」:上ロースかつ定食

店内は広く落ち着いた内装で繁盛している印象。会計のときご主人と話す機会があるが、にこやかで親しみやすく好感が持てる。

福よしのカツ丼の秘密

ブロガーのジェットダイスケさんによると 明治神宮前とんかつ「福よし」は夜の方がカツ丼が旨い とのこと。次は夜訪問してみたい。

ランチタイムで食べてるカツ丼の味を知ってるので、口にした瞬間「ああーこれは違うぞ」とすぐに分かりました。
食べ終わって店主に聞いたら、やっぱり昼とは違い夜は、脂身の多い部位を選定しているとのことです。

原宿とんかつ「福よし」:メニュー

原宿とんかつ「福よし」:看板

原宿とんかつ「福よし」:入り口

エリック・クラプトンの「福よし」絶賛説について

出店としては、Web Magazine「ハニカム」(honeyee.com)に過去掲載されていた「ERIC CLAPTON’S JAPAN TOUR 2006 BLOG 」で”My favourite restaurant in the whole world”(僕が世界中で一番好きなレストラン)として、「福よし」の店先で記念撮影するクラプトンの写真が掲載されていた。現在その記事は見ることができない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/エリック・クラプトン

  • トンカツが大好物である。来日したときには自ら「世界一お気に入りのレストラン」と称する原宿のトンカツ屋「福よし」へ足を運ぶが、注文するのはチキンカツである。[要出典]NHK-BS2の『BS熱中夜話』の「ロック黄金時代」の回において、ムッシュかまやつは「新宿のトンカツ屋で会いましたよ」と発言している。
  • 近年はストリートカジュアルへの嗜好が深く、藤原ヒロシとの交友関係からグッドイナフ、ヴィズヴィム等、日本国内のストリート系ファッションを着こなしている[要出典]。

福よし とんかつ / 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

原宿ランチ:カレーの「ターメリック」

原宿ランチ、今日はカレーの「ターメリック」。勤務先の隣のビルに「ターメリック」という美味しいカレー屋があると聞いて帰りに寄ってみた。牛すじカレーとかチキンカレーがイケるらしい。

「ターメリック」は京セラ原宿ビルの地下飲食店フロア、階段を降りた右手すぐ。おばさんが一人で小ぢんまりとやっている。私が行った時は年配の男女二人組が盛大にタバコをふかしながら世間話に興じていたため、カレーを食べたら即店を出た。 カレーは肉がトロトロに煮こんでありチェーン店とは違う個性がある。雨の日などに行ける手頃な店を発見した。

▼牛すじカレー800円
牛すじカレー

▼ビルの表に出ている看板
「ターメリック」表看板

▼小規模で10席あるかないか。
「ターメリック」外観

関連ランキング:カレー | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅