「明治神宮」タグアーカイブ

清正井:明治神宮のパワースポットは新緑に囲まれる湧水だった

都内随一のパワースポットといわれる清正井(きよまさのいど)に立ち寄ってきた。明治神宮の森が丁度芽吹いていて新緑に心洗われる思いだった。特にもみじの新芽が風に揺れる様はいいもの。明治神宮御苑の入園料は500円だが安いものだと思う。

一時は数時間待ちで整理券を配布していたようだが先週末の午後は普通に入れて行列も無かった。

明治神宮の清正井(きよまさのいど)とは

この清正井(きよまさのいど)は毎分60リットルの水量を誇り、明治神宮南池の水源となっている。戦国大名加藤清正は熊本城・名古屋城など「築城の名人」と呼ばれ土木の名人であった。

明治神宮のエリアには江戸時代加藤家の下屋敷があり加藤清正の子・忠広が住んでいた。後に加藤家は断絶し井伊家の下屋敷となったがこのように見事な技術で井戸を掘れるのは加藤清正しかいない、と考えられるようになった。この辺りの話は明治神宮公式サイトで説明されている(参照)。

明治神宮のもみじ

本当に加藤清正が井戸を掘ったのか

明治神宮としては加藤清正が掘った井戸かどうかは不明という立場でパワースポットについても「願いがかなうかはそれぞれの気持ち次第」と肯定も否定もしない立場を取っている。

今回清正井を訪れてみて、私もそれに同意。明治神宮の森は明治天皇が崩御された後に作られた人工的なものであるにもかかわらず成長も見越して立派な広葉樹林となっている。敷地も広大で、たった一つの井戸の真偽など小さなこと、と思えてくるのだ。
明治神宮の菖蒲園

清正井がパワースポットとされているのは?

清正井がパワースポットとして認知されたのは芸能人がTVで取り上げたからだ、ということになっている。調べた所2009年12月25日の読売テレビ「ダウンタウンDX」で手相芸人・島田秀平が力説したことがきっかけのようだ。

  • 島田秀平は占いの師匠「原宿の母」から教わった
  • 明治神宮は富士山から出た気が流れる“龍脈”上にあるらしく、自然の湧水である清正井には特に気が集まっている
  • 携帯の待ち受け画像に清正井の写メを設定すると運気が上がると回りにすすめたのも島田秀平

ということで清正井がパワースポットである話は島田秀平が言い出しっぺであることがわかった。

広報の福徳さんの話では「行列ができ始めたのは、昨年12月25日から」。前日の24日に放送されたテレビ番組が引き金だった。確認すると、手相芸人の島田秀平さん(32)が番組中、清正井の御利益について力説していたことが分かり、早速本人に話を聞いてみた。 「数年前から、手相を見せていただいた有名人の方たちに『清正井に行くと運気が上がる』と勧めまくっていたんです」 やはり、島田さんがうわさの発信源だった。当の島田さんは、4~5年前に占いの師匠である“原宿の母”から、清正井の“パワーの秘密”を教えられた。何でも、明治神宮は富士山から出た気が流れる“龍脈”上にあるらしく、自然の湧水である清正井には特に気が集まっているそうだ。

清正井がブレークした理由は他にもあった。“待ち受け画面”だ。「清正井の写真を携帯電話の待ち受け画面に…」と広めたのも島田さん本人。「携帯の待ち受け画面は誰でも頻繁に見るところ。そこに清正井の写真があれば、願い事やお参りしたときの気持ちを忘れないはず。そう思ってみんなに勧めてみた」そうだ。「ただ、パワースポットや神社仏閣にお参りするだけではダメで、そうなりたいと願いつつ努力することも大事。願いがかなったと思えるかどうかは、それぞれの気持ち次第です」と、占い師としてのアドバイスを忘れなかった。 (2010年2月,産経新聞報)

▼こんこんと湧き出る湧水
(videoタグを高画質gifアニメみたいに使う – MEMOGRAPHIXが素晴らしかったのでやってみました)

原宿駅から明治神宮へ

さて先週末参宮橋の人気パンケーキ店ももちどりを目指そうと明治神宮を通り抜けた時のこと。中韓・欧米など海外からの観光客も沢山訪れていた。
明治神宮大鳥居

明治神宮の参道

明治神宮といえば初詣参拝者数が日本一なことで有名だ。参道はそのピークに合わせて作られているから異常に広い。
明治神宮の参道

海外観光客に人気の日本酒の樽

奉納された日本酒の樽の前で海外観光客が記念撮影をしていた。そうか。力強く漢字が書かれた日本酒の樽は日本的なものとして感じられるんでしょうね。明治神宮に奉納されたお神酒

明治神宮御苑

御苑といえば新宿御苑…と言うイメージがあるが明治神宮にも御苑がある。由来で出てきた井伊家の下屋敷の庭園だったエリアだ。清正井はその中にある。誰でも500円で入れるが夕方早いので注意。
明治神宮御苑

菖蒲園を奥へ進む

原宿の喧騒から離れ、参道のざわめきからも離れているので散策を楽しむカップルにもおすすめ。 明治神宮の菖蒲園

たった90年でこれだけ育った明治神宮の広葉樹林

菖蒲田は沢のようになっていて一番奥に清正井がある。新緑の色が違うことからわかるように様々な種類の樹木が植えられている。ナショナルジオグラフィックの記事にあるように元々荒地だったこの地に日本全国から樹木が奉納されて計画的に鎮守の杜が作られた。その計画には日比谷公園の設計などに関わった林学博士や造園家が関わっている。

先週過伐採で荒地・ハゲ山ばかりになっていたが戦後杉や檜など針葉樹を植えまくった、それで今はみんなスギ花粉で苦しんでいる、というNAVERまとめが話題になったのを覚えているだろうか(参考)。針葉樹林や明治神宮の杜を見るとわかるようにずっとこうだったはずの光景が90年前には無かったという事実は常識の脆さを思い知らされる気がする。

明治神宮菖蒲園と新緑

清正の井戸に到着

ここだけ通路を区切るコーンが置かれ警備員さんが付いている。他は自由に歩き回れるんですけどね。団体観光客が来たり時間によっては混むのかも。「はいはい前へ進んで〜」「えー全体も撮りたいし〜」とギャルとの会話が原宿らしい。帰ってきてから気づいたが列に並んでいる女の子もFOREVER21のショッピングバッグ。 清正井の観光客

清正の井戸には数十センチまで近寄れる!

警備員さんがいるとは言え手前の石に乗っても良いので井戸ぎりぎりまで近寄れる。パワースポットなどは信じない質だがこれはいいスポットを教えてもらった感。柿田川の湧水なんかでは離れた所から眺めるだけだったので。ちなみに井戸の水は「飲用には適しません」との立て札がある。 清正井

井戸から溢れる湧水を数センチの距離から眺める

ご覧のとおり井戸は50cmほどなので地面から水が湧き出しているように見える。大正12年の関東大震災後は大雨の後水が濁るようになり、昭和8年の干ばつで干上がったため昭和12年に本格的な修復工事と水源調査が行われた。

その結果水源は御本殿西側敷地の浅い地下水が集まった自然の湧水であることが解った、とのことで井戸として形になる前から湧水が湧いていたのではないかと思う。清正井接写

明治神宮御苑の切り株に咲くすみれ

様々な地形と丘・池・樹木があるのでカメラ好きな方にもおすすめ。

明治神宮御苑のすみれ

参考書籍

明治神宮という一大プロジェクトの成り立ちにご関心ある方は各種書籍が出ているので幾つかあげておきます。

▼明治神宮の杜を管理している中井澤秀明氏による書籍

渋谷・表参道 Women’s Run2013で華やかな女性ランナーが表参道を駆け抜ける

「渋谷・表参道 Women’s Run」が3月3日開催され色とりどりのウェアに身を包んだ女性ランナーが表参道を駆け抜けた。オープニングの応援ソングはにMay J.さんだった。

“早春の表参道を、4000人の女性ランナーが駆け抜ける”とのキャッチコピーで始まった「渋谷・表参道 Women’s Run」は今回が3回目。明治神宮の境内がランナーに開放される唯一のイベントとしても知られている。

女子10km、ファミリー&キッズ1kmと手頃な距離で参加しやすいのではないだろうか。ちなみにファミリー&キッズは小学生とその親、ということで男子の部門は無い。

  • 開催日:2013年3月3日(日)
  • 開催地:代々木公園野外音楽堂横 → 渋谷周辺道路 → 表参道 → 明治神宮 → 西参道 → 代々木公園西門 → 代々木公園野外音楽堂
  • http://womensrun.jp/

渋谷・表参道 Women’s Run参加者の声

明治神宮で初詣特集2013

明治神宮の初詣と言えば日本一の参拝者数で知られている。

原宿・表参道エリアを扱うhara19.jpが案内する明治神宮初詣特集を参考に良い一年の滑り出しを!

初詣だけ原宿駅の臨時改札が用意されているほど人出が多い明治神宮、混雑具合に待ち時間、出店や屋台も毎年の風物詩。現地の様子をお伝えしましょう。

明治神宮の初詣

明治神宮とは

まずはおさらい。明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后を御祭神とする神宮。国民の敬愛深かった明治天皇崩御を受けて東京に神宮を敬意したいという世論に押されて建造された。自然林のように思えるが365種約12万本に及ぶ献木を経年変化も考慮して計画的に配置したもの。明治神宮の参道として整備されたことが「表参道」の由来である。

豆知識としては”境内の旧御苑入口付近にはかつて、代々木の地名の起源ともなったモミの巨木「代々木」があったが、この名木も空襲の折、高射砲によって撃墜されたアメリカ軍機・B29の直撃を受けて焼失している(Wikipedia)”。

初詣の人出日本一の明治神宮

明治神宮は日本で一番人出が多い初詣スポット。初詣者数は三が日で300万人を超えている。2位は成田山新勝寺、3位は川崎大師。

明治神宮へのアクセス

明治神宮には原宿駅の南参道口、代々木駅からの北参道口、参宮橋駅からの西参道口の参道がある。

  • JR原宿駅表参道口から南参道口へ
  • 東京メトロ明治神宮駅から南参道口へ
  • JR代々木駅西口・都営地下鉄代々木駅から北参道口へ
  • 小田急線参宮橋駅から西参道口

山手線原宿駅の臨時ホーム

この臨時改札は明治神宮敷地内の臨時駅舎へ通じている。大晦日から正月に掛けての終日運転で使われることになる。300万人の参拝者のうち100万人が原宿駅を利用するという。

原宿駅

外回り線に臨時ホームと臨時駅舎(明治神宮敷地内に設置)があり、明治神宮の初詣参詣等の多客時のみ使用される。 大晦日から正月にかけての終夜運転時には、外回り線の列車は臨時ホーム(3番線ホーム)を使用し、隣接する明治神宮への臨時改札口が設けられる。そのため、駅舎が方面別に分かれ、通常使用される表参道口と竹下口からは外回り線列車には乗れない。臨時改札口は有人式であり、SuicaなどのICカード乗車券所持者のために簡易Suica改札機が設置されている。発車メロディは、外回り・内回り共に他駅では流れない当駅オリジナルのメロディが使われている。また、臨時ホームでは発車ベルが使われる。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AE%BF%E9%A7%85

初詣の混雑と待ち時間

3つの参道、南参道、西参道、北参道から人が入ってくるため通行規制して順番に南神門から通している。4時頃が一番空いているらしい。また元日でも17時過ぎには普通に参拝できる。

 明治神宮南大門

混雑を避ける方法

混雑する時間帯に行く!という場合は西参道がおすすめ。西参道は小田急線参宮橋駅が最寄りだが利用者数が少ないため。

明治神宮の巨大な賽銭箱

一発ネタだが明治神宮の賽銭箱がでかすぎて賽銭箱ってレベルじゃねえぞ、と思って吹いた。(参考:「物売るっていうレベルじゃねぇぞ」とは)

今年初めて参拝に行ったのだがさすが300万人が参拝する明治神宮、お賽銭箱もレベルが違う。合理的だなあと感心した。実際には本殿前一帯を区切って白布を敷いてある。賽銭箱は箱でなければならないという既製概念を崩された。

明治神宮の「おみくじ」

実は明治神宮にはおみくじは無い。代わりに明治天皇・昭憲皇太后が詠んだ和歌を「大御心」として授かる、という仕組みになっている。

明治神宮の出店・屋台

明治神宮の初詣に向け表参道にも屋台が出現している。「表参道」の由来が明治神宮にあることを実感させられる。

屋台が出ているのは神宮前交差点から原宿側の表参道。ソフトバンク表参道側だけのようだ。大晦日だが外国人観光客も含め皆楽しんでいたようだ。

ソフトバンク表参道付近。空が澄んでいて綺麗。

チキンステーキの屋台。

ここのたこ焼きはたこが舟盛りになっており豪快。

B級グルメの中でも異色を放つ「ラーメンバーガー」の屋台も。

東京デザイナーズウィーク2012開催迫る

毎年外苑前で開催される「東京デザイナーズウィーク2012」が今年もやってくる。

大人数のデザイナーがそれぞれの作品を発表する東京デザイナーズウィーク2012は今年で27回目の開催。

去年の記事はこちら。様々な発想に触れたり、既成品ではない手作りの品に刺激を受けてはいかがだろう。

東京デザイナーズウィーク概要

  • 会期:10月30日(火)ー11月5日(月) 7日間
  • 時間:11:00–21:00(最終日 18:00まで)
  • 会場:明治神宮外苑他
  • 費用:当日券: 2500円、前売り券: 2000円
  • 公式サイト:http://www.tdwa.com/

今年のテーマ

HELLO DESIGN!

TOKYO DESIGNERS WEEK 2012では、「HELLO DESIGN!」をスローガンに、大人から子供まで幅広い層に、より身近にデザインに触れ、感じ、楽しみ、刺激を受けてもらうイベントとして展開します。2012年の秋も、デザインとアートによる様々なクリエイティビティで東京を彩ります。

明治神宮の初詣2012

日本最多の300万人を集める初詣の名所「明治神宮」へ人が集まり始めている。

その300万人のうち100万人が原宿駅を利用するという。

平時に行くと参道の広さに驚くがあれがいっぱいになるんだから凄い。

表参道沿道には屋台が出ているのでお祭り気分も楽しめる。

豆知識としては明治神宮には多くの神社にみられる「おみくじ」は無い。明治天皇・昭憲皇太后が詠んだ和歌を「大御心」として授かる、という仕組みになっている。

また近年パワースポットとして知られるようになった「清正井(きよまさのいど)」だが手相芸人の島田秀平が2009年にTVでパワースポットとして力説した所から始まっており、かなり近年の話である。

明治神宮初詣の風景



西神門は空いているように見える。

渋谷表参道 Women’s Runの受付が始まる

「渋谷表参道 Women’s Run」の参加受付が本日11時から開始された。

“早春の表参道を、4000人の女性ランナーが駆け抜ける”というキャッチコピーで今回が初回。

公式サイトには参加受付のアクセスが集中して3000人待ちと表示されるなど注目度が高いようだ。

メイン会場は代々木公園野外ステージ周辺。コースは、代々木公園から表参道、明治神宮、参宮橋、NHK周辺を走り、代々木公園に戻る10キロだ。明治神宮内を走れるのは、30年ぶりとのこと。10キロコースの定員は4000人で、男性は1kmのファミリーランなら参加できる。

  • 開催日:2011年3月6日(日)
  • 開催地:東京都渋谷区 (メイン会場)代々木公園B地区野外ステージ周辺
    (コース)代々木公園B地区→表参道→明治神宮→参宮橋→NHK周辺道路→代々木公園B地区

http://womensrun.jp/

コースマップ画像は公式サイトより

昼時点で1300人接続待ち…

明治神宮の賽銭箱でかすぎて吹いた

一発ネタだが明治神宮の賽銭箱がでかすぎて賽銭箱ってレベルじゃねえぞ、と思って吹いた。(参考:「物売るっていうレベルじゃねぇぞ」とは)

今年初めて参拝に行ったのだがさすが300万人が参拝する明治神宮、お賽銭箱もレベルが違う。合理的だなあと感心した。実際には本殿前一帯を区切って白布を敷いてある。賽銭箱は箱でなければならないという既製概念を崩された。

原宿駅の臨時ホーム

都内最大の人数を集める明治神宮の初詣を控え、原宿駅の臨時ホーム・臨時改札の準備ができていた。

この臨時改札は明治神宮敷地内の臨時駅舎へ通じている。大晦日から正月に掛けての終日運転で使われることになる。300万人の参拝者のうち100万人が原宿駅を利用するという。

原宿駅の臨時ホーム

原宿駅

外回り線に臨時ホームと臨時駅舎(明治神宮敷地内に設置)があり、明治神宮の初詣参詣等の多客時のみ使用される。
大晦日から正月にかけての終夜運転時には、外回り線の列車は臨時ホーム(3番線ホーム)を使用し、隣接する明治神宮への臨時改札口が設けられる。そのため、駅舎が方面別に分かれ、通常使用される表参道口と竹下口からは外回り線列車には乗れない。臨時改札口は有人式であり、SuicaなどのICカード乗車券所持者のために簡易Suica改札機が設置されている。発車メロディは、外回り・内回り共に他駅では流れない当駅オリジナルのメロディが使われている。また、臨時ホームでは発車ベルが使われる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AE%BF%E9%A7%85

明治神宮の初詣と屋台

明治神宮の初詣に向け表参道にも屋台が出現している。「表参道」の由来が明治神宮にあることを実感させられる。

屋台が出ているのは神宮前交差点から原宿側の表参道。ソフトバンク表参道側だけのようだ。大晦日だが外国人観光客も含め皆楽しんでいたようだ。

ソフトバンク表参道付近。空が澄んでいて綺麗。

チキンステーキの屋台。

ここのたこ焼きはたこが舟盛りになっており豪快。

B級グルメの中でも異色を放つ「ラーメンバーガー」の屋台も。