「建築」タグアーカイブ

太宰府スタバの隈研吾作品が青山にも!台湾のパイナップルケーキ「サニーヒルズ(SunnyHills)」が今週末オープン

隈研吾の太宰部スタバは店舗の入口から店内にかけて伝統的な木組み構造を用いた特徴あるデザインになっている。これを外観にも展開した個性的な建築が青山に誕生。台湾No.1のパイナップルケーキブランド「サニーヒルズ(SunnyHills)」の南青山店として使用される。サニーヒルズ(SunnyHills)のオープンは21日(土)。

SunnyHills at Minami-Aoyama概要

  • オープン:2013年12月21日(土)
  • 営業時間:11:00~19:00
  • 住所:東京都港区南青山3-10-20
  • 階数:3階建
  • 席数:1st floor (2階) 15席、2nd floor (3階) 9席 計24席
  • TEL:03-3408-7778
  • URL:http://www.sunnyhills.co.jp

隈研吾・南青山サニーテーブル現地の様子

太宰府のスタバは内装と入り口だけ木組みだったが、SunnyHillsの方は外観も木組みに覆われたインパクトある設計。プレスで出ている予想図ではきれいだが現地では電線などもあり綺麗な全体像は撮れなそう。
隈研吾・南青山サニーサイド

空が背景だとシルエットもくっきり。
隈研吾・南青山サニーサイド

木組みに接近してみた。金属で接合してるようですね。そんなに塗料感ないけれど腐食対策はどうしているんだろうか。何年かおきに塗り直す、には裏面もあるし構造が複雑。いずれ建築系で詳細が出るのを待ちたい。
隈研吾・南青山サニーサイドの木組み

場所は青山の結婚式場の前の道。
隈研吾・南青山サニーサイド

隈研吾・太宰部スタバの内装

ちょうど大宰府に行っている友人がいたので写真を提供してもらった。う〜ん大胆。スタバというとどこでも同じなイメージもあるけれど、東急プラザの「天空のスタバ」や藤原ヒロシがプロデュースした表参道B-SIDE店を始め個性をもたせた店、結構あるんですよね。
太宰府スタバの内装

村野藤吾の設計の目黒区役所(旧千代田生命保険本社ビル)建築ガイドツアー参加者募集中

目黒区総合庁舎の建築ガイドツアーというのが目にとまりまして、お役所の庁舎の見学?と調べてみたらこの目黒区総合庁舎に興味を引かれてきた。

建築家村野藤吾の設計で、建築賞を受賞した旧千代田生命保険本社ビルが破綻によって目黒区役所に引き取られるという珍しい経緯をたどっている。

建築家の物件を解説付きでまわれるだけでも価値があるが「企業のオフィスから庁舎への用途変更にあたっての変更点に特に注目するコース」なんかはマニアックでそそられる。

現庁舎はかつて村野藤吾の設計による、旧千代田生命保険本社ビル(1966年)で、外壁の白色アルミ鋳物製ルーバーが印象的な建築物で、1969年にBCS賞(第10回)を受賞している。2000年10月に千代田生命保険が、更生特例法の適用を申請し破綻した。管財人は目黒区に本社敷地・建物の売却を打診した。かねてから区役所庁舎の手狭化に直面していた区は、この物件を取得し新庁舎として大規模に改修を行った。(Wikipedia)

  • A、通常コース:「見どころ」満載、全体像を知るためのコース
  • B、コンバージョン(用途変更)コース:企業のオフィスから庁舎への変更点に特に注目するコース
  • C、和室集中コース:ビル内の魅力的な和室・茶室などに特に注目するコース
日程は4月29日(月・祝)、5月10日(金)、5月25日(土)、6月8日(土)の各日。下記リンクの詳細から目黒区美術館へ事前申込みが必要。

目黒区総合庁舎 建築ガイドツアー

目黒区総合庁舎(1966年竣工・旧千代田生命本社ビル)は、建築家・村野藤吾が情熱を傾けたオフィスビルの傑作。近年「村野藤吾展」が開催され、「村野藤吾」についての書籍も刊行されるなど、あらためて評価が高まっています。

http://mmat.jp/exhibition/archives/ev130429

銀座ブルガリタワーに光る蛇が巻き付いて異彩を放っている件

話には聞いていたが銀座のブルガリ、凄いことになってますね。ブルガリタワーに巨大な蛇が2匹巻き付いたイルミネーション。実物は中央通りの遠くからわかるド迫力。

これはブルガリの旗艦店ブルガリタワーのブライダルフロアのリニューアルと開業5周年を記念したもの。

銀座に巨大「白ヘビ」イルミ-ブルガリ銀座タワー5周年で /東京

同ブランド最大の旗艦店として2007年に開業したブルガリ銀座タワーでは、3階のブライダルフロアをリニューアル。併せてタワー開業5周年を記念して、11月10日より「イタリア至高の輝き展」をスタートさせる。会場はタワー8階プライベートラウンジと同4階サローネで、エリザベス・テーラーのプライベート・コレクションや、同ブランド128年の歴史を通して生み出してきた希少なジュエリーアーカイブ約90点を一挙に公開。入場無料。12月30日まで。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121110-00000002-minkei-l13 

ド迫力のブルガリタワー イルミネーションを色々な角度からどうぞ

大勢の通行人が足を止めて歓声をあげていた。予算かかるイベントを開催する場所に選ばれるのは最近の銀座の元気の良さを示している感じ?

銀座BVLGARIタワーの蛇

白蛇のイルミネーション全景。2匹なのかと思ったら大蛇がビルにぐるっと巻きついたイメージだった。
白蛇のイルミネーション全景 

尻尾の先端を真下から眺めた所。意外とLEDが密集している!けばけば!
真下から見たBVLGARIのイルミネーション

肉眼ではこんな感じ。デートするカップルよりも眩しい!
見入るカップル

構図が面白いかなと思って斜向かいのCHANELのショーウィンドウに反射したところを撮ってみた。
 CHANELショーウィンドウからのブルガリイルミネーション

ブルガリの向かいのカルティエもプレゼントボックスに変身。
カルティエのイルミネーション

蛇とBVLGARIの関係とは

セルペンティ(蛇)はBVLGARIの代表的モチーフの一つ。このように蛇が手首に巻き付く腕時計、見たことがある方もいるはず。

TOD’S表参道ビル全面が今だけ見られる

表参道は建築物探訪シリーズを始めたいと思う。まずは伊東豊雄設計のTOD’Sビル。

伊東豊雄氏は1984年に「笠間の家」で日本建築家協会新人賞を受賞している。TOD’Sはイタリアの高級皮革ブランド。

TOD’S表参道ビル

交差点の角にL字型に建っている。角にあったビルが取り壊されたため、今だけ全面が見られるチャンスだ。

特徴的なのは表参道を意識したというけやき模様の外壁にランダムな窓の形状だろう。角の処理は鋭角でシャープで現代的な建築物である。

TOD’Sビルを側面から見上げた所。けやきの枝が斜めに走っており柱がどこにあるのか全く想像できない。

搬入口の造形もありものではなく美しい。未来のSFにでてきそう。

スタッフ用入り口も同じテイストで処理されている。

おまけ:似た造形の銀座ミキモト

銀座の「MIKIMOTO GINZA 2」はTOD’Sビルと似ている。外壁が20cmと薄く表面は凸凹なしのフラット。設計はTOD’Sビルと同じ伊東豊雄。こちらの方が窓が小さくやわらかな印象を受ける。

新宿 軍艦マンション再出航イベント

東新宿駅近くに長崎軍艦島ならぬ軍艦マンションがあるのをご存知だろうか?

通称「軍艦マンション」で1970年に竣工した地上14階、地下1階建ての「第3スカイビル」がそれだ。陸軍船舶兵の建築家渡邊洋治氏の代表作。

シルバーに塗られた躯体、横起きされた給水塔、ユニット化された各室など軍艦をモチーフとしたデザインが施され、通称軍艦マンションと呼ばれている。

老朽化に伴うリノベーションが完了し今週”再出航”イベントを行っている。

2月25日(金)18時から22時まで、オープニングパーティが行われる。

公式サイト:http://www.realrole.jp/gunkan/
公式アカウント:http://twitter.com/#!/gunkan_building

軍艦マンション再出航イベント [ GUNKAN crossing ]

既に会期中だがOPENING PARTYは今夜行われる。

  • 期間:2011.2.22(tue)-2.27(sun)
  • OPENING PARTY:2.25(fri) 18:00~22:00
  • 会場:軍艦マンション(新宿区大久保1-1-10) » googlemapで確認する
  • 都営大江戸線、副都心線「東新宿」駅A1出口よりすぐ
  • 時間:11:00~18:00(会期中無休)
  • 入場料:無料

軍艦マンションとは

名称:第3スカイビル(鉄のマンション)
通称:軍艦マンション
竣工:1970年
建築家、渡邊洋治氏の代表作として今も残る第3スカイビルは、1970年に竣工した地上14階、地下1階建ての建物。事務所と共同住宅で構成された建物は、渡邊建築事務所、丸運建設によって建設された。シルバーに塗られた躯体、横起きされた給水塔、ユニット枯れた各室など軍艦をモチーフとしたデザインが施され、俗に軍艦マンションと呼ばれている。狂気の建築家、異端の建築家と呼ばれていた渡邊氏は、陸軍船舶兵出身という経歴をもち、その影響がうかがえる独特のデザインの建築物をいくつも手掛けた。軍艦マンションという通称を持つ第3スカイビルは、その中の代表ともいわれる建物である。
http://www.realrole.jp/gunkan/

原宿の「アウディフォーラム東京」ビルのデザインが凄い件

原宿・表参道の様々なおしゃれビル、個性的なビルがある。

中でも原宿「アウディフォーラム東京」は鋭角なガラス張りデザインで異彩を放っている。

昼と夜でも別の顔を見せるので写真を撮ってみた。

調べてみると外見は「氷山のような荘厳な」をテーマにしているらしい。

アウディジャパン(世田谷区)によれば、この「Audi Forum(アウディフォーラム)東京」は展示面積約1200平方メートルで、輸入車ショールームとしては国内でも最大級。15台分の車輌スペースには、最新・希少モデルを中心にアウディ各車種が常時展示される。
「車両だけでなく、日本のユーザーに向けアウディブランドそのものの情報発信を行う」とのコンセプトから、国内初の「ブランドショールーム」との位置づけのこの拠点。ブランドオリジナルグッズの販売コーナーやカフェコーナーも設置し、質感の高さで知られるアウディのイメージを、表参道の客層に広く印象付ける狙いだ。

2Fにカフェがあることになっているが、誰か行ったことがあれば教えて欲しい。
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/aft/branding_floor/audi_cafe.html

アウディフォーラム東京:全景

アウディフォーラム東京:夜景

アウディフォーラム東京

アウディフォーラム東京:夜景