「北海道」タグアーカイブ

東京で北海道名物のソフトカツゲン、焼きそば弁当を入手できるお店

9月も下旬を迎え、東京でも秋の始まりを感じさせるきょうこのごろ。各地での物産展やビアフェスなどで食欲の秋を満喫している人も多いことだろう。すこし肌寒くなってくると北の食べものが恋しくなる。今すぐ美味しいものが食べたい! ならば行きましょう、北の地へ!

東京駅八重洲中央口を出てすぐのところにある「北海道フーディスト」は北海道の物産とイートーンコーナーでわたしたちを魅了し続けるアンテナショップである。1000品目以上の北海道のおいしい物たちが手に入るとあって、たまに訪れてはゴッソリ買い込んでしまう人もいるのでは。

▼種類も豊富! どさんこのソウルフード「やきそば弁当」

やきそば弁当は、インスタントカップやきそばに粉末のスープがついた一品。乾麺を戻したお湯を利用しスープを作るという、ほかにない演出により人気の商品である。いまでは種類も増えて選ぶのも楽しい。

▼どさんこのソウルドリンク「ソフトカツゲン」

北海道出身の人に聞けば、「あぁあの乳酸菌飲料ね!」とだれもが答える一品。お店では冷えた状態で売られているので購入してすぐに飲めるのもうれしい。

▼入り口を入って左側にはイートインスペースも

イートインコーナーでは北海道の食材を使ったラーメンやカレー、数量限定のイクラご飯など本格的なメニューが楽しめる。また、コーヒーが1杯250円というのも意外なポイント。ランチタイムを除けばわりと空席もあり、待ち合わせまでのちょっとした時間に利用するのにはもってこいの場所でもある。

おいしい物を食べにちょっと札幌まで。そんな贅沢を気軽に楽しみたいアンテナショップなのだ。

▼北海道フーディスト
http://www.foodist.co.jp/index.html

東京都中央区八重洲2-2-1
ダイヤ八重洲口ビル1F
03-3275-0770

豆知識

新宿サザンテラスの北海道アンテナショップでもソフトカツゲンややきそば弁当を購入できる。

北海道旅行(前日編)虎ノ門の割烹料理「いろり割烹稲穂」

先日の連休で北海道旅行へ行ってきたので写真日記を書く。

ビール工場見学、札幌雪祭り、旭川の旭山動物園を観光して美味しい物を食べまくるという趣向。

札幌旅行準備編

  • プロジェクト管理サービスbacklogで(オイ)移動や交通機関、その他行きたいところをまとめる。
  • ホテルは楽天トラベル、飛行機はJALの早割で。

札幌前日編:虎ノ門の割烹料理「いろり割烹稲穂」

飛行機の便が5時台だったので多摩からは無理、ということで前泊。

これから北海道で美味しい物を食べるというのに美味しい店に行ってきた。

東京は雪になっており渋谷でもスクランブル交差点待ちの傘の上にうっすら積もってた。

都内全域雪だるま

来たのは虎ノ門の隠れ家風割烹料理「いろり割烹稲穂」。炭火で焼きあげる山形県A5ランク米沢牛や土鍋で炊き上げる釜炊ご飯が売りのようだ。虎ノ門で日祝休日ということでビジネス接待利用が多そう。


季節の前菜盛合せ 鮮魚造り 季節の煮物 囲炉裏焼き
特撰和牛サーロインと季節の野菜炭火焼き お食事 季節のデザート
7,800円
http://www.irori-inaho.com/food.html

表通りを一本裏に入った料亭風一軒家。

通されたの2階は全て囲炉裏付きの個室になっている。4〜8人席があるようだ。テーブルと掘りごたつ両方ある。一階で入り口を入るとすぐカウンターで料理人さん達と目線が合う作りになっていて、これからこの人達が作ってくれるんだな、と安心感があり意外といいなと思った。

白木のテーブルに囲炉裏の灰がきれい。これは海外からのゲストを接待すると喜ぶと思う。

中居さんが炭を持ってきてくれるがこれが結構熱い。そして火っていうのは根源的に人間を元気にするものなんだなとほっこり。更に囲炉裏を共有した感が出て仲良くなれるのでおすすめ。

ししゃもを炙っている間前菜をいただく。このくらい種類と量があると満足。焼き加減は全部中居さんが面倒を見てくれる。

お刺身などを食べているとししゃもが焼きあがってきた。

頭から全部食べられるとのこと。

お吸い物に焼き物。肉厚しいたけに肉厚特選和牛ですよ。

普通に主菜を頼むと結構なお値段するみたい。

コシヒカリの釜炊きゴハン1.5合2000円・・・。ここまで来ると逆に凄いゴハンが出てくるのではと期待してしまう。

あ、お酒も少々。焼酎のロック氷もバーで出てくるような削られた奴。いいでしょう?

締めのじゃこわさび茶漬け!

デザートのティラミスと苺もペロリ。

ご馳走さまでした!

関連ランキング:割烹・小料理 | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅