「レストラン」タグアーカイブ

クレヨンハウス青山は表参道で子供連れでも安心して入れるカフェ

前は何度も通っていたがここはクレヨンハウスの本店だったのですね。場所は表参道駅から徒歩5分ほど。1階はショップ、地下はカフェ「クレヨンハウス」で赤ちゃん連れのお母さんで賑わっている。

クレヨンハウスと言えば子供向けの本屋おもちゃ、雑貨を出しているブランド。そこに赤ちゃん連れで入れるカフェが併設されているのは自然なこと。

地下なので往来の目線を来にせずゆっくりできる。ベビーカーもOK。食事はオーガニック系のランチブッフェが人気のようだ。

弱気過ぎるtweetのビカスさんの2号店「だいすき日本 原宿」に行ってきた!昼なのに客入ってないよ!

客が入らないと窮状を訴えていたネパール料理店主が原宿に2号店をオープン。@hara19jpでは早速取材に行ってきた。

「だいすき日本 原宿店」、オープン翌日の平日昼時に一時客がいなくなることがある、電話まだ引いてなかったなど大丈夫かな、という感じなのでみなさん応援に行ってあげて欲しい。

場所は原宿といっても外れ、千駄ヶ谷小学校の脇。飲食店が固まっている一角の地下。この看板を探して欲しい。

P1030439

店内は20席ほど。1230で客の入りは半分ほど。その後一時我々しかいない時間帯もあった。頑張れビカス!

P1030436

メニューはカレーライス500円〜と原宿中心地よりは安い。

IMG 6186

▼ダブルカレー(チキン、ダル)
 プレーンな優しいカレー。パンチは無いがネパールで日常的に食べているのはこんな感じなのかしら。

P1030434

▼カレーナン(チキン)

P1030432

中村橋から応援が来ているようで厨房3人、フロア2人と大所帯。ビカスさんは当面両店を行き来するとのこと。

元ボディービルのチャンピオンと聞いて、腕相撲で記念写真。頑張ってください。

弱気過ぎるtweetで話題のあのネパール人店主が2号店「だいすき日本 原宿」をオープン!

皆さん、覚えているだろうか。「ごめんなさい きようも おきやきさん きませんでした やられたね」などたどたどしいひらがなで窮状を訴えていたネパール人店主のことを。

その彼がなんと22日の今日、原宿に2号店を出店するという。話題になった直後は応援しようという客が押し寄せたがその後うまく行っていったのだねえ。これは行ってみなくては。

場所は原宿といっても北参道駅の方が最寄り、明治通りの千駄ヶ谷小学校やフレッシュネスバーガーの辺り。帰りに覗いてみたらもう看板がついていた。原宿に比べれば家賃は安いと思うけど地下だし飲食店が固まってる一角だから苦労するかもしれない。

▼「金環日食観る時間には起きれませんでしたけどみなさんのお陰でいい夢を見れました。そして明日5月22日だいすき日本原宿オープンします。これからもがんばりますのでよろしくおねがいします」、とtweet。うん、前日じゃなくてもうちょっと前から宣伝したほうがいいと思ったけど朴訥とした人柄がほうっておけない感。

▼「だいすき日本」
2012 05 21 19 51 31 HDR

▼営業時間はランチ11-14時、ディナー17:30-22:30
2012 05 21 19 52 03

▼ちなみに今回の件で一番微笑ましかったのは公式サイトのこれ。
趣味:ボディービルって書いてあって筋骨隆々、いい笑顔なの。ビカスさんの弱気なtweetとのギャップにやられますな。

http://daisuki-nippon.com/shop.php#harajuku

だいすき日本へ行ってきた!

客が入らないと窮状を訴えていたネパール料理店主が原宿に2号店をオープン。@hara19jpでは早速取材に行ってきた。

「だいすき日本 原宿店」、オープン翌日の平日昼時に一時客がいなくなることがある、電話まだ引いてなかったなど大丈夫かな、という感じなのでみなさん応援に行ってあげて欲しい。

場所は原宿といっても外れ、千駄ヶ谷小学校の脇。飲食店が固まっている一角の地下。この看板を探して欲しい。

P1030439

店内は20席ほど。1230で客の入りは半分ほど。その後一時我々しかいない時間帯もあった。頑張れビカス!

P1030436

メニューはカレーライス500円〜と原宿中心地よりは安い。

IMG 6186

▼ダブルカレー(チキン、ダル)
 プレーンな優しいカレー。パンチは無いがネパールで日常的に食べているのはこんな感じなのかしら。

P1030434

▼カレーナン(チキン)

P1030432

中村橋から応援が来ているようで厨房3人、フロア2人と大所帯。ビカスさんは当面両店を行き来するとのこと。

元ボディービルのチャンピオンと聞いて、腕相撲で記念写真。頑張ってください。

弱気過ぎるネパール人店主のつぶやき(当時)


イケメンが貴女にビールを注いでくれる!女子会におすすめな表参道ヒルズ「ドイチェ・ドイチェ」

表参道ヒルズに入っているドイツ料理店「ドイチェ・ドイチェ」はこのシーズン増える女子会・歓送迎会におすすめ。グループで行くと楽しい。おすすめポイントが多すぎてなかなか記事に出来なかったお店だ。

ドイチェ・ドイチェは“表参道ヒルズに日本初・ドイツの生パスタ専門店がオープン”が売りのお店だがドイツの生パスタって何?となるので普通にドイツ料理と考えてもらって構わない。

まずはこの動画を見て欲しい。見られない人は下の方で。

爽やかな笑顔のこの男性ドイチェ・ドイチェの店長さんなのだがひざまずいてビールを注いでくれるのである。執事っぽい!胸元を押さえて高みから泡を注ぐ時反対側の胸元を押さえる仕草などは「男性のこんな仕草に萌える」アンケート常連の「片手を座席に回して車庫入れ」に通じるものがありますな。

そんなこの店のおすすめポイントはこの6点。

  1. 表参道ヒルズのおしゃれなレストラン
  2. 生パスタに正統派ドイツ料理
  3. ビール!ビール!
  4. デザートよりどりみどり
  5. 記念日には照明効果付きでケーキプレートを出してくれる
  6. イケメンスタッフが貴女のためにビールを注いでくれる

表参道ヒルズのおしゃれなレストラン

ドイチェ・ドイチェは表参道ヒルズのレストランだから「今日は表参道ヒルズで女子会なう☆」とかつぶやける。

▼クリスマスシーズンにはクリスタルのツリーを見に来るカップルで賑わう(昨年のクリスマスの様子

内装はアンティークレンガにスタイリッシュな照明が映える。

▼社会人女性グループの比率が高い

▼ドイチェ・ドイチェ奥のソファ席
奥には個室と一段照明を落としたソファー席があり大人のムードが楽しめる。

生パスタに正統派ドイツ料理と外国ビール

売りはドイツの生パスタ専門店。もちもち食感のドイツ生パスタ”シュペッツレ”は種類も豊富。チーズを加えたクリームソース/北海産生ウニ/蛤とサフランのスープ/窯あげシラスと青海苔 などが選べる。

▼これがドイツの生パスタ

▼ドイツ産青カビチーズ「ババリアブルー」のクリームシュペッツレ
何度か訪問しているのでちょっと大人なパスタにチャレンジ。盛り付けも綺麗でしょう?

▼マッシュポテトもおすすめ

生パスタは女子会的メニューだが、ドイチェ・ドイチェはドイツ料理全般がバリバリ出てくる。他のレストランでは「つばめグリル」なんかが近いと思う。

オクトーバーフェストへ行ったことがある方は、あれと同じメニューが出ると知ればオレオレオクトーバーフェストが開けるわけだ。「オクトーバーフェスト」は元々ドイツの世界最大のビール祭りで日本でも日比谷や横浜のものが有名(去年の日比谷オクトーバーフェストの様子)。色々な外国ビールが飲める場として親しまれている。

▼ドイツ直輸入、Wilke(ヴィルケ)社のソーセージ盛り合わせ

▼大きなシュニッツェル。子牛や豚肉のカツレツ。

▼ドイツ料理の王様・アイスバイン。特製ブイヨンで煮込み、オーブンで焼きあげ余分な脂を落とし良質のコラーゲンのみを残し皮はパリッと中はトロトロな一品。店員さんが切り分けてくれるから手も汚れない。

お洒落に生パスタに行ってもいいし、ちゃんと食べたいならソーセージやアイスバインなど肉料理に行ってもいいという所が使い勝手が良い。

ビール!ビール!

ドイチェ・ドイチェはドイツ各地のビールを常時取り揃えている。雰囲気より酒!という女性もドンと来い!

▼ドイツビールのメニュー

▼フランツィスカーナー ヴァイスビア

▼外国風の陶器のカップで乾杯!

▼リッターだと長靴型グラス!

▼男性陣はチャレンジしてみて

デザートよりどりみどり

レストランでデザートというと大したものが出て来なかったりするがドイチェ・ドイチェは認定資格を取ったマイスターが作っている。ドイツのスイーツはあまり見かけないから物珍しい。

ドイツのケルンマイスターシューレのライセンスを持つマイスターが、ドイツのケーキレシピを忠実に再現しています。ドイツのトップレベルのホテルで使用される紅茶でロマンチックなひとときをお過ごしください。

▼デザートは座席でケーキを選ばせてくれる

イケメンが!膝を立てて!説明を!してくれる!

記念日には照明効果付きでケーキプレートを出してくれる

ドイチェ・ドイチェでは記念日にサービスをしてくれる。ケーキプレートが出てくるが照明も変えられる所が新しい。自分たちは会食だったのだが、この日は3回も記念日サービスが行われていた。

▼照明が変化した中をケーキプレートが運ばれてくるので注目度抜群。特別感が出ている。

イケメンスタッフが貴女のためにビールを注いでくれる

生ビールを頼むとグラスに入って出てくるのだが、外国ビールの瓶を頼むと座席で注いでくれるサービスがある。これが熱い!

▼ドイチェ・ドイチェでビール注いでもらう

あなたのためにビールを!

高見から泡を!

まとめ

ドイチェ・ドイチェは表参道ヒルズのドイツ料理レストランで、ドイツ料理全般が出てビールの種類が豊富でスタッフがイケメンで座席でビールを注いでくれるお店でありながらさんざん飲み食いして5000-6000円とそう高くは無い。行くべし。

以前は開店直後は打てば響くような女性フロアマネージャがいたのだが今は男性スタッフメインに切り替わったようだ。スタッフは一見ホスト風に見えるが接客の訓練を受けており料理を出すタイミングを「次の料理、もう少しお待ちしましょうか」と聞いてきてくれるなど気さくで丁寧だ。

余談だが食べログからオンラインシステムで予約したが便利なので他の店にも広まって欲しい。

関連ランキング:ドイツ料理 | 表参道駅明治神宮前駅原宿駅

2年振りにウェンディーズが日本再上陸!表参道に一号店

ファーストフードのウェンディーズが日本再上陸するという話が入ってきた。一号店は表参道になるという。

ウェンディーズは2009年にゼンショーとの契約が終了、日本を撤退していた。

この度ヒガ・インダストリーズとフランチャイズ契約を結んだことが英字紙で報道されている。

ヒガ・インダストリーズは昨年までドミノ・ピザをフランチャイズ運営していた実績がある。

Wendy’s to be relaunched in Japan in December

TOKYO — Two years after exiting the Japanese market, American fast-food restaurant Wendy’s will be relaunched in early December with the first store to open in central Tokyo.

Wendy’s/Arby’s International Inc and Higa Industries Co Ltd, a successful food importer and distributor based in Tokyo, have signed a joint venture agreement to develop and operate Wendy’s restaurants in Japan.
http://www.japantoday.com/category/food/view/wendys-to-be-relaunched-in-japan-in-december

原宿H&M最上階の「ロイクラトン・リゾート」は眺めがおすすめ

原宿のH&Mの最上階にある「ロイクラトン・リゾート」はデートや人と会う日、披露宴二次会におすすめだ。

「ロイクラトン・リゾート」は横浜などに展開するタイ・リゾート風レストラン。

原宿の明治通りにH&Mの高いビルがあるのはご存知だと思うがあの最上階という好立地。

夜見上げるとこんな感じ。中央H&Mビルの上階の煌々と明るい部分。

日中のH&M原宿店。ここにレストランがあるなんて誰も気づかないだろうな。

H&M脇のエレベータを上がると天井が12mの吹き抜けになっている。まず、これで歓声があがるよね。
手前は天蓋付きの4人席。全体にアジアン・リゾート風。

全体に天井が高くて開放感がある。両側も全面ガラスで非常に明るい。プロジェクタが設置済みなことからわかるように披露宴二次会での貸切などを想定しているようだ。

元々高い建物が少ない原宿で8〜9階なので展望抜群。

夜はお高そうだが昼はランチ1000円。

特製カーオマンガイ。

肉の量もまあまあじゃないかな。

レッドカレーは見た目通りちょい辛。

タイリゾートと言っても普通にパスタもある。

原宿で贅沢な空間づかいをしたきれいめなお店として貴重ではないだろうか。

フィギュアスケートカフェ『Tokyo Ice Arena』@渋谷シダックス

フィギュアスケートカフェが渋谷シダックスの一階のレストランにできていた。イタリアンレストラン「TOKYO MAIN DINING」が来年3月のフィギュア世界選手権までフィギュアスケートカフェになるという趣向。

「TOKYO MAIN DINING」は渋谷駅ハチ公から8分程度行ったところで週末はよく結婚式の二次会で使われている。先日梯子の落下事故があった大きなビル。中を覗くと美術品チックに選手のスケート靴が展示され、液晶ではフィギュア選手のハイライトが流されておりなかなか本格的だと思った。

女子会、披露宴二次会などで使いたいイタリアン「VINO BUONO」

青山セントグレース大聖堂前隣接という立地のイタリアン「VINO BUONO」。

ワイン&ダイニング「VINO BUONO(ヴィーノボーノ)」を会食で使った。

窓からセントグレース大聖堂が見えて、お値段も安い。この場所で一人5000円しなかったと思う。

女子会や披露宴の二次会、誕生日などの特別な日に使えそう。

▼窓からこの光景ですよ!

VINO BUONO(ヴィーノボーノ)の場所

青山通りの高層ビルAo<アオ>を裏に少し入った所にある。

セントグレース大聖堂の手前に何やら新しくテナントが沢山入ったスペースができている。

看板を見るとセントグレース大聖堂とも連携してるみたい。

VINO BUONO(ヴィーノボーノ)は奥の方の2階。右上の窓にセントグレース大聖堂のライトアップが映っている。これはテンション上がるでしょう!

VINO BUONO(ヴィーノボーノ)のメニュー

500-700円のメニューも多くてお得!

同行者がワイン好きだったのでボトルで頼んだり。

メインは1500円くらいするけど何人かで分けるから丁度いいぐらいかな。


VINO BUONO(ヴィーノボーノ)の料理

4人だったので美味しそうな奴を片っ端から頼んでみた。





デザートもプレートで頼むと見栄えがするね!

カフェano:都内唯一のチェコ料理レストランへ行ってきた

以前は渋谷にあったチェコ料理レストランが表参道へ移転していた。

表参道裏の清潔な感じの開放的な建物。「cafe ano」(カフェ アノ)さんは都内唯一のチェコ料理レストラン、シェフもチェコ人としては日本唯一というのが売り。

チェコの異国風情を楽しむのも良いし、清潔で開放感のある店構え、表参道からキャットストリート裏に離れており観光客が来ない閑静な所もお勧め。電源は未確認だが無線LANも開放していて編集関係の人が打ち合わせしていたりする。

「カフェano」、広尾に移転

2011.6.8追記。キリンカップのチェコ戦でチェフが注目を浴びた所だが、カフェano移転という話が入ってきた。

震災後前後から営業していなかったようで気になっていたが無事移転が決まったようで良かった。

表参道のチェコレストラン、パワーアップして広尾駅徒歩3分のところにオープンしました!ランチにディナー、夜はバーもあります。http://www.anoprosim.jp/less than a minute ago via SOICHA Favorite Retweet Reply

カフェアノのお引越しは、前のオーナーが経営を手放すことになり、それでもチェコレストランをなくしたくないと引き継ぐ人を探して、新しくチェコ人がオーナーになりました。新しいオーナーはとても優しいすてきな方で、月曜日にあったオープニングパーティーは大使館関係者や都内にいるチェコ人が(続less than a minute ago via SOICHA Favorite Retweet Reply

カフェアノのお引越しは、前のオーナーが経営を手放すことになり、それでもチェコレストランをなくしたくないと引き継ぐ人を探して、新しくチェコ人がオーナーになりました。新しいオーナーはとても優しいすてきな方で、月曜日にあったオープニングパーティーは大使館関係者や都内にいるチェコ人がless than a minute ago via web Favorite Retweet Reply

明け方4時までお祝いのために集まりました。チェコ人によるチェコ人のためのレストラン!スタッフさんも表参道のカフェanoの顔ぶれです。もちろんシェフも! あの味ならおいしいのはみなさんご存じですね。less than a minute ago via web Favorite Retweet Reply

表参道時代の「カフェano」

「カフェano」外観
「カフェano」外観

「セギディン・グラーシュ(豚肉とザワークラフト煮)」チェコ料理と言えばグラーシュ。ハンガリーではグヤーシュと言うが似た感じのもの。チェコ風煮込み料理で牛肉で煮込んだやや辛いシチュー。肉メインで野菜は少ない感じで内陸っぽい印象。
チェコ料理:グラーシュ
チェコ料理:グラーシュ

デザートのパンケーキ的何か。
「カフェano」デザート

下の写真の方が日替わりのメニューのようだ。
「カフェano」ランチメニュー立て看板
「カフェano」ランチメニュー立て看板

カフェ ano:内装

「カフェ ano」店内。窓が大きく開放的。

天井にはプロジェクタも。たまにライブをやっているらしい。
「カフェ ano」内装:天井にはプロジェクタも

チェコはピルスナー発祥の地

ビール好きにはおなじみのピルスナーという種類はチェコが発祥の地。ビルスナー・ウルケルなどが代表的。ピルスナーの特徴は「ビール特有の苦味に、爽快感のある喉越し、きれいな淡黄金色のビール」とされているがラガービールの一種。1840年代に発明され今まで褐色や濃褐色だったビールに黄金色をもたらした点が新しい。その辺りのうんちくが書かれたカードが置かれていた。
「カフェ ano」のチェコビール
カフェano:チェコうんちく