「プロジェクションマッピング」タグアーカイブ

チームラボがAudiを滝にする!AudiForumTokyoでプロジェクションマッピング実施中

立体物に映像を投影するプロジェクションマッピングも大分普及した感がある。屋外で大々的に、というものが目を引きがちだが原宿Audi Forum Tokyoのaudi x チームラボのプロジェクションマッピングはよく出来ていた。

AudiForumTokyoのプロジェクションマッピング概要

チームラボがaudiのスポーツカー「Audi R8」を岩に見立て全長約16mの滝を流すという趣向。水の流れ、水滴が跳ねる様子を物理演算しハイビジョンの7倍、7Kの高精細映像を投影する。

  • タイトル:teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo
  • 会場:Audi Forum Tokyo
  • 会期:2014年1月5日まで(12月29日から1月2日まで閉館)
  • 開館時間:10:00から19:00
  • 入場無料

Audi Forum Tokyo

明治通りに異彩を放つこの建築はAudiのショールーム。氷山を模したもの。上階には披露宴会場が入っている。
Audi Forum Tokyo

Audi x team Labo

特にイベントの看板はないがガラスにチームラボのロゴがお目見えしている。
audi x team Labo

Audi Forum Tokyoのプロジェクションマッピング

それでも道行く人や商談のお客さんが足を止めて見入っていた。
Audi Forum Tokyoのプロジェクションマッピング

Audi R8をスクリーンに

AudiのR8実車をスクリーンにしている。フロントグリルが光っているがこれもプロジェクション投影したもの。
Audiをスクリーンに

プロジェクションマッピング全景

吹き抜けの階段を使い18mの滝を実現。プロジェクターを使うため両側も暗幕をしなければならず言うのは簡単だが結構大掛かり。写真は滝が流れ落ち始めた所。
プロジェクションマッピング全景

滝に打たれるAudi R8

ハイビジョンの7倍と言っても18m分面積があるからドットの密度が7倍ではなさそう。フロントグリルに沿って曲がる軌跡などよくできている。

同じ映像の繰り返しだが5分と待たずに上映が始まるのでいつ行っても大丈夫そう。現在年末休館中だが1月3-5日にも見られるのでお近くによったらどうぞ。
滝に打たれるAudi R8

4mどーもくん立像でプロジェクトマッピング!今週末渋谷NHKへ集合!

渋谷NHKスタジオパークに4mのどーもくん立像が登場。NHKのTV放送開始60周年記念らしい。週末にこのどーもくんでプロジェクトマッピングするという!

どーもくん、身寄りが無くてうさじいと同居なのかと思っていたら一族、いるんですね。

しかもWikipediaで調べたら国外22ヶ国で展開される人気っぷり。私もアメリカのスーパーでマスコットとして使われている写真は見たことある。さらにさらに、「どーもくん」は世界約170の国と地域で放送され「おしん」より多いと言うから立派なものだ。

巨大どーもくんでプロジェクトマッピング

明日・明後日渋谷NHKホール前広場でどーも君にプロジェクトマッピングするそうです!これだったのか!

どーもくんセレブレーション

そういえば東京駅のプロジェクションマッピングもNHKエンタープライズのお仕事でしたね(参考)。

東京渋谷NHK放送センター NHKホール前ひろば
平成25年2月2日(土)、3日(日)午後5時30分~午後7時30分
東京渋谷のNHK放送センターで開催中のイベント「テレビ60年感謝祭 ~これまでも、これからも~」。このイベントの目玉のひとつとして、全長4メートルの巨大な60年どーもくんをNHKホール前に設置し、そのボディーと壁面に最先端の技術­「プロジェクションマッピング」を使い、立体感のある幻想的な映像ショーを行います。様々な姿へ変身するどーもくんがテレビ60年を祝います。
当日渋谷にお越しの際は、ぜひご覧ください。どーもくんがお待ちしています。

どーもくんプロジェクトマッピング

渋谷東急プラザにもNHK×日テレ記念番組のディスプレイが登場していた。

東京ミチテラスのプロジェクションマッピングが混雑で中止に

大規模なプロジェクションマッピングが再び行われている「東京ミチテラス2012」。あまりに人が集まって日曜は中止になった。TVで放送されて注目度が上がっている上東京駅という公共空間で行うこともあって群集の制御は難しいだろうな、と思う次第。

行こうかと思っていたら秋葉原駅で「中止になりました」とアナウンスがあったくらいなのでJR主催とはいえ相当な集まり具合だったものと思われる(現地からのTweetまとめ)。

時間が経つにつれ人が増える一方なので中止を見越して初回狙いで早めに行く事をおすすめしたい。

プロジェクションマッピングもそうだし公共施設でのイベントということで色々チャレンジングな企画。中止になったことで対策不足など批判が寄せられるだろうが初物には試行錯誤がつきもの。JRのような体力のある所しかできないと思うので頑張って欲しい。

続報では明日も中止とのこと。

東京駅赤れんが駅舎彩る光のショー 急きょ中止、観客あふれ危険

東京・丸の内で23日夜、JR東京駅赤れんが駅舎をコンピューターグラフィックス(CG)で彩る光の映像ショー「TOKYO HIKARI VISION」に観客が予想以上に詰め掛けたため、上映が急きょ中止された。24日も中止で、再開のめどは立っていない。

21日始まった「東京ミチテラス2012」の実行委員会によると、午後6時ごろ、観客が車道にまであふれ危険と判断。1回10分の作品を2回上映した後、中止を決めた。けが人はいなかった。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/12/23/kiji/K20121223004839850.html

ミチテラス2012のプロジェクションマッピングとは

【TOKYO HIKARI VISION】 最新のプロジェクションマッピング技術による映像ショーです! 世界中に存在する様々な「光」を巡る旅。神が創造した『自然の光』、ひとの営みが生んだ『都市(まち)の光』等々、観客はこの『旅』を通して、多用な光を追体験します。クライマックスでは、『旅』を経て、集められた光の手法を駆使して東京駅舎を『光のモニュメント』として無限に変化させます。

開催場所:東京駅丸の内駅舎前 開催期間:12月21日(金)~12月28日(金) 開催時間:18:00頃~19:40頃 ※19:40頃からの上映が最終回となります。それ以降の上映は一切行いません。 ※約10分間の映像作品(1 種類)を適宜上映致します。 ※混雑時には中止となる場合があります。 ※天候その他の都合により、中止または開催時間が変更になる場合があります。

東京駅のプロジェクションマッピングとは

東京駅で東京駅丸の内駅舎保存・復原工事の完成を祝う記念イベントとして開催される映像スペクタクルショー「TOKYO STATION VISION -トウキョウステーションビジョン-」は大正時代創建当時の姿によみがえった駅舎をスクリーンに最先端の技術<プロジェクションマッピング>を用いて高精細フルCG映像を投影するもの。

昨日見に行ったのだが人が多すぎて開演が早められた上後半の回は中止、ということで東京駅みたいな人通りが多い所ではなかなか交通整理が厳しいね。

— 千代田区観光協会さん (@ChiyodaCityPR) 9月 22, 2012 

— まんま犬さん (@mnkenken) 9月 22, 2012説明するより見た方が早いので動画を幾つか紹介する。

東京駅のプロジェクションマッピングを観てきたので写真集どうぞ

写真や動画だとマッピングや動きの面白さが伝わらないのだけれど雰囲気だけ。

機関車が出てきたり〜

P1060060

盛大にファンファーレが鳴らされたり

P1060067

雪が降ったり〜

P1060072

レーザー光線が飛び交ったり

P1060074

路線図が描かれたり

P1060084

花火で祝われたりしました。

P1060095

東京駅のプロジェクションマッピング

公共施設、JRということで入れたんだろうな、という要素(SUICAとか)も見られるがDJのスクラッチや柱を弦代わりにするところなどリアルとヴァーチャルが混じる感覚が面白い。

ラルフローレンのプロジェクションマッピングによるファッションショー

多分自分が見た中では最初のプロジェクションマッピング。最後にデザイナーが顔出すところがいいね。

東京駅のプロジェクションマッピングはマジ凄いから絶対行った方がいい

思わず「マジ凄い」と砕けた表現になってしまうほど凄い。

東京駅で東京駅丸の内駅舎保存・復原工事の完成を祝う記念イベントとして開催される映像スペクタクルショー「TOKYO STATION VISION -トウキョウステーションビジョン-」は大正時代創建当時の姿によみがえった駅舎をスクリーンに最先端の技術<プロジェクションマッピング>を用いて高精細フルCG映像を投影するもの。

昨日見に行ったのだが人が多すぎて開演が早められた上後半の回は中止、ということで東京駅みたいな人通りが多い所ではなかなか交通整理が厳しいね。

説明するより見た方が早いので動画を幾つか紹介する。

東京駅のプロジェクションマッピングを観てきたので写真集どうぞ 

写真や動画だとマッピングや動きの面白さが伝わらないのだけれど雰囲気だけ。

機関車が出てきたり〜

P1060060

盛大にファンファーレが鳴らされたり

P1060067

雪が降ったり〜

P1060072

レーザー光線が飛び交ったり

P1060074

路線図が描かれたり

P1060084

花火で祝われたりしました。

P1060095

東京駅のプロジェクションマッピング

公共施設、JRということで入れたんだろうな、という要素(SUICAとか)も見られるがDJのスクラッチや柱を弦代わりにするところなどリアルとヴァーチャルが混じる感覚が面白い。

ラルフローレンのプロジェクションマッピングによるファッションショー

多分自分が見た中では最初のプロジェクションマッピング。最後にデザイナーが顔出すところがいいね。