「パン」タグアーカイブ

表参道で美味しいパン屋と言えば「パンとエスプレッソと」なのです

表参道で美味しいパン屋はと聞かれればデュヌラルテか「パンとエスプレッソと」かと答えます。

デュヌラルテは表参道路面店のGYREと伊勢丹新宿とアクセスの良い所にあるが「パンとエスプレッソと」は表参道の裏通りを外苑方面へかなり行った辺り。足を使った分美味しくなる、という要素もあったりなんかして。

店名「パンとエスプレッソと」の通りイートインが付いていて、夏の早朝にテラス席で食べると爽やか。営業時間は8:00~20:00なので通勤前に寄ってみたい、と思いつつ一度も行けていない。

Zoff x 水原希子 x パンとエスプレッソと

そういえばZoffのCMにも「パンとエスプレッソと」が登場している。表情豊かな水原希子さん。ランニングフォームはアレなので運動はそれほど得意ではないのかな。

「Zoff Running with Q」をかけて、東京の朝をランニングする水原さん。黒猫とじゃれあったり、いつもの神社にお参りしたりと、あちこちを寄り道しながらランニングを楽しんでいる様子。 帰り道に見つけたパン屋の店員さんはなんと、高橋尚子さん。お釣りを届ける高橋さんの力強い走りにご注目ください。

パンとエスプレッソと外観

細い道で交通量も多いのだがとんかつ「まい泉」お洒落カフェ「ロータス」、文房具カフェ、ガレットのル・ブルターニュなどが立ち並ぶ個性的な店が多いエリア。

IMG_3138

「パンとエスプレッソと」のイートイン

席数はそれほど多くないが小じんまりとして落ち着いた店内。

IMG_3133

IMG_3135

パンとエスプレッソとのパンたち

目移りしたのだがプロヴァンスと

プロヴァンスはセイジとタイム、フェンネル、ローズマリーを練り込んだ香り高いパン。明日の朝食に。

さくら / パンとエスプレッソと

特製のさくら餡を香ばしい生地でつつみ、桜の花の塩漬けをのせたもの。塩加減と甘さが絶妙な春の味。

P1100157

あんずとクリームチーズ / パンとエスプレッソと

奥の方のねじられたパンが「あんずとクリームチーズ」。甘酸っぱい杏とクリームチーズをくるみの生地でつつんだもの。爽やかな酸味でした!

P1100158

P1100161

表参道”天空のスタバ”で希少な珈琲豆をその場で挽いてくれる最高級ライン「STARBUCKS RESERVE」を楽しむ

「天空のスタバ」とは東急プラザ原宿表参道の屋上テラス「おもはらの森」併設のスターバックスのこと。この時期イルミネーションを眺めながら美味しい珈琲が飲めるということでなかなか良い。おもはら側はカップルで混雑しているがスターバックスの方は意外と落ち着いている。

ところで天空のスタバには貴重な豆を挽きたてで提供してくれる「スターバックス リザーブ(STARBUCKS RESERVE)」というサービスがある。更にコーヒープレス方式と真空技術方式を組み合わせたバキュームプレス技術を活用した「クローバー」なる抽出器具が置かれているのは都内では東急プラザ表参道・原宿店を含め8店舗のみである。

12/1から始まったイルミネーションに雪を降らす演出の取材で体が冷えたので試してみることにした。

「スターバックス リザーブ」とは、世界でも希少性が高く高品質なコーヒー豆とこだわりの製法により完成する、数量限定・店舗限定のスタバ最高級ライン。流通量が極めて少なく、それぞれが個性的なストーリーを持ったコーヒー豆が、目利きのバイヤーにより選び抜かれた。これと同時に、新しい抽出方法「Clover(クローバー)」も上陸。展開店舗ではオーダー毎に豆を挽き、バリスタが一杯ずつ抽出するというこだわりのスタイルで提供される。
http://www.starbucks.co.jp/reserve/

この辺りで人工の雪が降ってるんですけれど…見えませんよね…という写真
この辺りでイルミネーションに雪が…

「天空のスタバ」スターバックス東急プラザ表参道・原宿店

天空のスタバ、というのはスタバ側のキャッチフレーズで中央の黒板に「ようこそ天空のスタバへ」と書かれている。手前のカウンター部分がSTARBUCKS RESERVE向けのデザインだ(実際は誰でも座ることができる。が、豆を挽いたり抽出するところを見られるのでおすすめだ。

P1040895

STARBUCKS RESERVEで豆を挽いている所をカウンターから。
STARBUCKS RESERVEで豆を挽いている所

これが噂の抽出機器クローバー。仕組みは分からないがメカメカしいのは好きだ。 
これが噂の抽出機器クローバーだ

STARBUCKS RESERVE「パナマ パソ アンチョ」

4種類の豆のうち「パナマ パソ アンチョ」をチョイス。香りが良い珈琲が好きなので「~上品なレモンやペッパーを思わせる風味に、フローラル感をともなうおだやかな酸味~」というところが気になって。香りはそれほどレモンっぽい感じがしなかったがしっかりした酸味で大人の味であった。
パナマ パソ アンチョ

関東3店舗でしか提供されていない「りんごのシブースト」。大ぶりでご褒美感がある。
りんごのシブースト

 

表参道の”天空のスタバ”で関東3店舗限定の「りんごのシブースト」をいただく

神宮前交差点の東急プラザ原宿表参道の6階にあるスターバックスが好評だ。屋上テラス「おもはらの森」に併設されており開放感がある。加えてパン類を店舗で焼いているのはここだけ、という特色があるのだ。

“天空のスタバ”スターバックス東急プラザ表参道・原宿店

天空のスタバ、というのはスタバ側のキャッチフレーズで中央の黒板に「ようこそ天空のスタバへ」と書かれている。

P1040895

屋上テラス「おもはらの森」には100本以上の木が植えられており原宿の賑わいとのギャップでホッとする人が多いようだ。

IMG 7683

こちらが入り口正面カウンターに誇らしげに陳列されているクロワッサン、スコーン、シナモンロール。

IMG 8452

各種サンドイッチプレートに

P1020814

サラダプレートと十分軽食できるレベル。コーヒーだけじゃないところをアピールしている。

P1020815

その中から選んだのはシナモンロール。焼きたてのタイミングで行くとその場でシナモンシロップをかけてくれる。

IMG 8450

こちらは関東で3店舗でしか提供していない「りんごのシブースト」

鎌倉、二子玉、表参道でしか提供指定にあのは「りんごのシブースト」「フルーツロールケーキ 」「ミックスベリーのブリュレ」 の3品らしい。

P1040899

GANTZカフェ原宿エコファームカフェにオープン

原宿のエコファームカフェでGANTZのカフェ企画が行われる。

劇中に登場した星人をコンセプトにした装飾・展示・メニューが出るということでGANTZ球や千手観音、田中星人などが見られるようだ。

GANTZカフェは奥浩哉の漫画「GANTZ」を映画化した<「GANTZ: PERFECT ANSWER」のDVD&ブルーレイが10/14に同時発売されることを記念したもの。 開催期間は10/10~10/16の一週間で、発売日の10/14には本郷奏多、佐藤信介監督によるトークショーが行われる。

エコファームカフェとは

原宿のエコファームカフェ、ランチに行ったら良かったので見直した。おすすめ。

以前打ち合わせで夕方に来た時はちょっと高いなと思ったのだがランチはお得!エコファームカフェのランチメニューでは1000円でスープとドリンクと複数からのメニュー選択ができる。

店頭にその日のランチメニューが出ている。

  • サンドイッチ:トマトとレタスのチーズバーガー
  • パスタ:ほうれん草としめじの明太子クリームソース
  • カレー:ビーフ&グリーンカレー
  • 肉料理:ハーブマリネ チキンのロースト粒マスタードソース
  • 魚料理:カンパチのグリル スピナッチソース

これだけ選択肢があれば選ぶのも楽しみ。

え!?量多くない?手前からビーフとグリーンのあいがけカレー、プレーに載っているのが副菜とサラダ。奥にクラムチャウダー。相棒のMacbookAir。グリーンカレーは結構辛くて本格的。ビームも写真で見ればわかるようにブロックが2個ゴロっと入っている。

店内は天井が高く中庭、中二階もある。手前が喫煙席、奥が禁煙席でこの写真は奥の禁煙エリア。赤ちゃん連れや中庭に犬連れのお客もいるなど、使い勝手が良い。

エコファームカフェはランチにおすすめかも

原宿のエコファームカフェ、ランチに行ったら良かったので見直した。おすすめ。

以前打ち合わせで夕方に来た時はちょっと高いなと思ったのだがランチはお得!エコファームカフェのランチメニューでは1000円でスープとドリンクと複数からのメニュー選択ができる。

店頭にその日のランチメニューが出ている。

  • サンドイッチ:トマトとレタスのチーズバーガー
  • パスタ:ほうれん草としめじの明太子クリームソース
  • カレー:ビーフ&グリーンカレー
  • 肉料理:ハーブマリネ チキンのロースト粒マスタードソース
  • 魚料理:カンパチのグリル スピナッチソース

これだけ選択肢があれば選ぶのも楽しみ。

え!?量多くない?手前からビーフとグリーンのあいがけカレー、プレーに載っているのが副菜とサラダ。奥にクラムチャウダー。相棒のMacbookAir。グリーンカレーは結構辛くて本格的。ビームも写真で見ればわかるようにブロックが2個ゴロっと入っている。

店内は天井が高く中庭、中二階もある。手前が喫煙席、奥が禁煙席でこの写真は奥の禁煙エリア。赤ちゃん連れや中庭に犬連れのお客もいるなど、使い勝手が良い。

ブルガリ地下のパン「デュヌ・ラルテ 表参道本店 (d’une rarete)」は穴場かも!

デュヌ・ラルテ 表参道本店 (d’une rarete)に参上。表参道のBVLGARIが入っているビル「GYRE」には地下階もあって、読み方がわからないけど美味しいパン屋があると聞いて気になっていた。ちなみにGYREはジャイルと読む。

そもそも表参道のファッションビルに入っているパン屋なんてどんだけセレブなんだと身構えてしまったがオープンな店内、1000円で複数買えるお値段なので割と普段使いできる感じ。とりあえず表参道のパンではNo.1かな。

手前から「ラルテアマンド:アーモンドとラルテ(ラルテ=デュヌラルテのクロワッサン) 」220円、奥の左が1日50個限定の「キュブセー(Cube-C):蜂蜜とバター風味の卵不使用ブリオッシュ 」200円、右が同じく「キュブベー(Cube-B):カカオ分70%ショコラを練りこんだ卵不使用ブリオッシュ」200円。Cubeということで4.5cmの立方体らしい。

どれも割ともちもちした食感だがバランス感があって上品。お店を知らない人にお土産で持って行ったら「どこで買ったの?」と聞かれるだろうレベルの高さ。
パン:デュヌ・ラルテ 表参道本店 (d'une rarete)

キューブの断面。キュブベー(Cube-B)の方が中身がクロワッサンっぽい。
パン:デュヌ・ラルテ 表参道本店 (d'une rarete):キューブの断面

デュヌ・ラルテ 表参道本店 (d’une rarete)

店舗外観。平日14時頃で行列はないが入れ替わりお客が足を止める感じ。
パン:デュヌ・ラルテ 表参道本店 (d'une rarete):外観

ショーケースから注文する形式。店員さんは手馴れている。
パン:デュヌ・ラルテ 表参道本店 (d'une rarete):ディスプレイ

手提げ袋は専用のものでオレンジに白抜きのロゴがお洒落。
パン:デュヌ・ラルテ 表参道本店 (d'une rarete):手提げ袋

関連ランキング:パン | 明治神宮前駅表参道駅原宿駅