「スタバ」タグアーカイブ

表参道”天空のスタバ”で希少な珈琲豆をその場で挽いてくれる最高級ライン「STARBUCKS RESERVE」を楽しむ

「天空のスタバ」とは東急プラザ原宿表参道の屋上テラス「おもはらの森」併設のスターバックスのこと。この時期イルミネーションを眺めながら美味しい珈琲が飲めるということでなかなか良い。おもはら側はカップルで混雑しているがスターバックスの方は意外と落ち着いている。

ところで天空のスタバには貴重な豆を挽きたてで提供してくれる「スターバックス リザーブ(STARBUCKS RESERVE)」というサービスがある。更にコーヒープレス方式と真空技術方式を組み合わせたバキュームプレス技術を活用した「クローバー」なる抽出器具が置かれているのは都内では東急プラザ表参道・原宿店を含め8店舗のみである。

12/1から始まったイルミネーションに雪を降らす演出の取材で体が冷えたので試してみることにした。

「スターバックス リザーブ」とは、世界でも希少性が高く高品質なコーヒー豆とこだわりの製法により完成する、数量限定・店舗限定のスタバ最高級ライン。流通量が極めて少なく、それぞれが個性的なストーリーを持ったコーヒー豆が、目利きのバイヤーにより選び抜かれた。これと同時に、新しい抽出方法「Clover(クローバー)」も上陸。展開店舗ではオーダー毎に豆を挽き、バリスタが一杯ずつ抽出するというこだわりのスタイルで提供される。
http://www.starbucks.co.jp/reserve/

この辺りで人工の雪が降ってるんですけれど…見えませんよね…という写真
この辺りでイルミネーションに雪が…

「天空のスタバ」スターバックス東急プラザ表参道・原宿店

天空のスタバ、というのはスタバ側のキャッチフレーズで中央の黒板に「ようこそ天空のスタバへ」と書かれている。手前のカウンター部分がSTARBUCKS RESERVE向けのデザインだ(実際は誰でも座ることができる。が、豆を挽いたり抽出するところを見られるのでおすすめだ。

P1040895

STARBUCKS RESERVEで豆を挽いている所をカウンターから。
STARBUCKS RESERVEで豆を挽いている所

これが噂の抽出機器クローバー。仕組みは分からないがメカメカしいのは好きだ。 
これが噂の抽出機器クローバーだ

STARBUCKS RESERVE「パナマ パソ アンチョ」

4種類の豆のうち「パナマ パソ アンチョ」をチョイス。香りが良い珈琲が好きなので「~上品なレモンやペッパーを思わせる風味に、フローラル感をともなうおだやかな酸味~」というところが気になって。香りはそれほどレモンっぽい感じがしなかったがしっかりした酸味で大人の味であった。
パナマ パソ アンチョ

関東3店舗でしか提供されていない「りんごのシブースト」。大ぶりでご褒美感がある。
りんごのシブースト

 

表参道の”天空のスタバ”で関東3店舗限定の「りんごのシブースト」をいただく

神宮前交差点の東急プラザ原宿表参道の6階にあるスターバックスが好評だ。屋上テラス「おもはらの森」に併設されており開放感がある。加えてパン類を店舗で焼いているのはここだけ、という特色があるのだ。

“天空のスタバ”スターバックス東急プラザ表参道・原宿店

天空のスタバ、というのはスタバ側のキャッチフレーズで中央の黒板に「ようこそ天空のスタバへ」と書かれている。

P1040895

屋上テラス「おもはらの森」には100本以上の木が植えられており原宿の賑わいとのギャップでホッとする人が多いようだ。

IMG 7683

こちらが入り口正面カウンターに誇らしげに陳列されているクロワッサン、スコーン、シナモンロール。

IMG 8452

各種サンドイッチプレートに

P1020814

サラダプレートと十分軽食できるレベル。コーヒーだけじゃないところをアピールしている。

P1020815

その中から選んだのはシナモンロール。焼きたてのタイミングで行くとその場でシナモンシロップをかけてくれる。

IMG 8450

こちらは関東で3店舗でしか提供していない「りんごのシブースト」

鎌倉、二子玉、表参道でしか提供指定にあのは「りんごのシブースト」「フルーツロールケーキ 」「ミックスベリーのブリュレ」 の3品らしい。

P1040899

藤原ヒロシプロデュース、スターバックス表参道B-SIDE店

3月31日にリニューアルオープンしたスターバックス「表参道B-SIDE店」。

スターバックスが初めて外部プロデューサーを迎えて作られた全く新しいコンセプトを持つ特別なスタバである。

記念すべきプロデューサーの第一号は藤原ヒロシ氏。自身もカフェのプロデュースは初めての経験であること、またDJやデザイナーとして名を馳せる同氏とスタバのコラボレーション、内装だけでなくBGMやメニューのアドバイスもというから否が応にも期待は高まる。

オープン以来「数あるスタバのなかでも一番好き!」という声も多く聞かれる同店をさっそく訪れてみた。

▼1階・2階と犬の同伴もOKなテラスもある広い店構え

店に入った瞬間、目に飛び込んでくる大きな窓からの景色。ここが都心であることを忘れさせる眺めだ。客はみなPCを広げたり読書したりと思い思いに過ごしている。

▼開放感あふれる大きな窓も特徴のひとつ

藤原氏が掲げたテーマは「自然」と「リラックス」。ブラウンを基調としたロングテーブルや大きなソファがゆったりとした気持ちを呼びさましてくれる。

スターバックスの”Break the rules”といった、今までに無い新しい事をしようという精神に共感した。表参道から1本入ったこのエリアは、都会でありながら落ち着いた雰囲気。グリーンを生かしたカラーリングが一番の特徴かな  藤原ヒロシ

店内には藤原氏やスタッフセレクションの書籍も置かれ自由に読むことができる。まるでブックカフェのようなスタバ、時が経つのを忘れてしまいそうだ。

▼ここでしか味わえない、ハーブティーとフレッシュジュースをブレンドした さわやかな味わいの「シェイクン オレンジ ジャスミンティー」。トールのみ420円

季節の移ろいを感じながら過ごすことのできる貴重なスタバ、ぜひ訪れてみてほしい。

藤原ヒロシさんがロン毛になっていた!

本来なら表参道のスタバリニューアルを藤原ヒロシが手がけた、というニュースなのだが坊主がトレードマークだった藤原ヒロシ氏がロン毛になっていたことをメインにお伝えしなければなるまい。

写真を見る限り地毛のようだ。伸びている中間段階を見たことがなかったので意表を突かれた。

今でも見分け方がわからないんだけど「A BATHING APE」のNIGO(ニゴー)さんは”藤原ヒロシに似ている事から『藤原ヒロシ2号』と愛称がつき、その中の「2号」をローマ字表記にしたもの。(Wikipedia)”というズバリな豆知識を得た。

31日オープンの「スターバックス コーヒー 表参道B-SIDE店」はGYRE裏手の店舗で今回コンセプトストアとしてリニューアルされた。1・2階の2フロアとテラス付きで周辺で働いている人たちによく利用されている。

写真を見るとソファ席があるなどゆったりできる感じなので後で行ってみよう。

本日、表参道B-SIDE店がリニューアルオープンしました。空間デザインは藤原ヒロシさんにお手伝いいただきました。こんなスターバックスあるんだー!そう。あるんです。
Thu Mar 31 02:26:37 via Tweet Button

リニューアルのテーマは「自然」と「リラックス」。スターバックスが特定のプロデューサーを迎えるのは初めてで、藤原氏にとってもカフェのプロデュースは初。「スターバックスの”Break the rules”といった、今までに無い新しい事をしようという精神に共感した。表参道から1本入ったこのエリアは、都会でありながら落ち着いた雰囲気。グリーンを生かしたカラーリングが一番の特徴かな」と話す藤原氏は、内装のディレクションのみならずBGMやメニューのアドバイスも手がけている。店内には藤原氏やスタッフらの書籍が置かれ、自由に閲覧が可能。オススメの限定メニューは、ハーブティーとフレッシュジュースをブレンドした「シェイクン オレンジ ジャスミンティー(¥420トールのみ)」とのことだ。
http://www.fashionsnap.com/news/2011-03-31/starbucks-hiroshi-fujiwara/

藤原ヒロシがプロデュースする初のスタバ 表参道にオープン

藤原ヒロシ氏
http://www.fashionsnap.com/news/2011-03-31/starbucks-hiroshi-fujiwara/gallery/