「コレジャナイロボ」タグアーカイブ

AssistOn(アシストオン)、神宮前交差点そばにお引越し

訪れるたび、いつもワクワクとさせてくれるステキな店、AssistOn(アシストオン)。オシャレな雑貨やこだわりのステーショナリーなど、時間を忘れて見入ってしまうことも多い。

このアシストオン、9月7日に神宮交差点そばの穏田(おんでん)に移転したということで早速行ってみた。

アシストオン原宿店は、創業以来12年間、拠点としてきた裏原宿をはなれ、9月7日よりアップグレード・オープンします。場所は現在、ファッションとデザインの最先端の場所、穏田(おんでん)。表参道〜キャットストリートちかく。ラフォーレ交差点から歩いて約2分の場所。

新しいモノに出会う1階、アイテムと深く向き合うことができる2階と、あなたの楽しい毎日をアシストする2フロア構成です。

新店舗では、アシストオン原宿店だけの新アイテムも登場。深澤直人デザインの「SIWA iPad2 ケース」、サンアドとSUSgalleryのコラボレーション「Happy Ice Cream !」、そして最新の薄膜技術を使ったナゾの「Cupmen」など。どれも新店舗ではじめてお目見えするアイテムたちです。

実際に手にとって納得してご購入いただけるだけでなく、ネットでご紹介しきれていないたくさんのa++なアイテムをリアルに「ブラウズ」できる新しい新・原宿店に、ぜひご来店ください。

http://www.assiston.co.jp/?page=shopinfo

新しい店舗は1階・2階の2フロア展開とのこと。いままでより多くのモノたちと出会えそうな予感がする。さっそく見ていこう。

▼おなじみのロゴがお出迎え

▼カバンやポーチ類も充実

▼楽しげな“ちょいアゲ”文具やガジェットたち

▼ユーモラスな表情と使い勝手の良さが人気の「dapipa」シリーズ

そして今回一番ココロ惹かれたアイテムがこちら。

▼アクリルに閉じ込められた永遠、SORA CUBE

見るも美しいこちらは「SORA CUBE」。種子や花をそのままの形で4cm四方の透明なアクリル樹脂に閉じ込めたこの作品は、植物の命の不思議を感じさせてくれる。世界にたった一つしかない自然界からの贈り物。ギフトにすれば、相手の驚き、喜ぶ顔が見られるのは間違いない。

アシストオンには、時間を忘れてしまう不思議がある。自分用に、またプレゼントを探しに、楽しい探索をしてみてはいかがだろうか。

▼オマケ「あれあれ? コレジャナイロボがいるよ?」

▼アシストオン / AssistOn
http://www.assiston.co.jp/

東京都渋谷区神宮前 6-9-13
03-5468-8855

OnlyFreePaperのイベントでコレジャナイロボを手書きしてもらった

渋谷のキャットストリートにあるフリーペーパー専門店「OnlyFreePaper」へ行くと「コレジャナイロボ」のザリガニワークスさんにコレジャナイロボの親指似顔絵アートを描いてもらえるぞ!

今日は2011.9.2=1192(イイクニ)ということでイイクニとは何かを考える「1192(イイクニ)の日にしよう」プロジェクトが行われている。「親指似顔絵アート1192つくろう!」はその一環のイベントで、賛同したザリガニワークスさんがコレジャナイロボで参戦したという。

ザリガニワークスさんは14時までだがこの後も日本大学芸術学部の学生さんが来店者の親指に似顔絵を描いてくれる。綺麗な女の子が何人かいたからあの人達かな。

▼親指似顔絵アート1192つくろう!ポスター

コレジャナイロボ親指アートを描いてもらっているなう

コレジャナイロボ親指アート

ナノブロック コレジャナイロボ、東急ハンズで発売開始

渋谷東急ハンズでナノブロック製コレジャナイロボが発売される。

東急ハンズと小さなブロックでPOPなレゴを出しているナノブロック、コレジャナイロボを始めとするユニークな作品で知られるザリガニワークスのコラボ商品。

渋谷東急ハンズで21日から発売。1554円。たまに手書きの顔が入っている場合もあるということで大人買いしたくなる一品だ。

欲しかったのはこれじゃなーい‼東急ハンズ×ザリガニワークス×nanoblockのトリプルコラボ商品「ナノブロック コレジャナイロボ」1,554円(税込)が今週5月21日に発売になります!全国の東急ハンズ限定の商品です。less than a minute ago via Echofon Favorite Retweet Reply

なお、こちらの商品にはコレジャナイロボ顔シールが封入されてます…が、ごくまれにザリガニワークスさんがほんとに手描きしたコレジャナイロボ顔シールも封入されていることがあります( ´ ▽ ` )ノ hless than a minute ago via Echofon Favorite Retweet Reply

コレジャナイロボとは

ザリガニワークスが手で顔を書いているお子様に最適な一品。

「欲しかったのはこれじゃなーい!!」プレゼントを開けた子供から発せられる悲痛の叫び。楽しいはずのクリスマスが突如、修羅場に。こんな経験ありますか?できれば避けたいものです。しかし人生、欲しい物が何のリスクもなしに手に入るなんて話はそうはありません。欲しい物を手に入れる為には努力も必要だという事を何らかの機会に知っておくのも良いでしょう。

「コレジャナイロボ」はその絶妙な偽物感、カッコ悪さにより、その事をお子さまにトラウマ級の効果をもってお伝えする事でしょう。(公式サイトより)

nanoblockのセキセイインコシリーズは小鳥飼ってる人が作ったに違いない!

コレジャナイロボに興味が湧いてきたら

なんと天下のPaulSmithで「帰ってきたザリガニワークス展」が開催される。

  • タイトル:『帰ってきたザリガニワークス展 ~コレジャナイロボ幻の建設計画~』
  • 日時:2011年5月21日(土)~6月12日(日)
  • 場所:Paul Smith SPACE GALLERY
  • 東京都渋谷区神宮前5-46-14 3F / 11:00~20:00 / 水曜定休

◆ 会場にてトークショーを開催します
“ザリガニワークス本人達によるボツネタ生説明会。今もなお生み出されているボツネタの数々、その言い訳をお聞きください。”とのことでぜひ行きたい!

  • 5月21日(土)18:30~19:30
  • 5月28日(土)18:30~19:30
  • 6月 4日(土)18:30~19:30
  • 6月11日(土)18:30~19:30

2010 年2月に開催され、好評を博した『はたらくザリガニワークス展』から約1年、再びあのザリガニワークスが帰ってきます。今回はザリガニワークス史上最大の ボツネタと言われる、特有の偽物感でグッドデザイン賞も受賞した「コレジャナイロボ」の想定実物大身長20mを再現する幻の巨大建築計画を中心に、独創的 なヒット商品の影に埋もれて行った、本当にあった「そりゃボツるわ…」というアイデアの数々を紹介します。

「コレジャナイロボ」、「自爆 ボタン」等、ユニークな商品企画やキャラクターデザインで知られるマルチクリエイティブカンパニー、「ザリガニワークス」。混沌と創造そのものの表現とし て、多方面に色んな意味で衝撃を与えた、あの「はたらくザリガニワークス展」から一年。帰って来た彼らの混沌が、切り口を変え再び、より開けっ広げに Paul Smith SPACE GALLERYに展開します。