「イタリアン」タグアーカイブ

吉田パスタがランチ営業を休止

渋谷でパスタが美味しい店として名前があがる吉田パスタだが、ランチ営業をしばらくお休みするそうだ。最後のランチを食べてきた。

先々週2/9からランチ営業を終了したが、ディナー営業は通常通りとのこと。ランチは1000〜1500円と強気な価格だが、大盛り無料なので女性人気の店ながら大盛りで頼めばコスパが良い店である。

釜揚げシラスとカラスミの南イタリア風汐パスタ

毎回、大皿っぷりにびっくりさせられる吉田パスタ。定番はグレーピーミートスパだが、スペシャルのカラスミのパスタを頼んでみた。
吉田パスタの釜揚げシラスとカラスミの南イタリア風汐パスタ

吉田パスタとは

青学辺りでパスタというと名前があがる吉田パスタ。

野菜ソムリエ協会登録店、ということでヘルシーさが売りというイメージだったが、ボリュームたっぷりのがっつり系パスタ。腹いっぱい美味しいパスタ食べたい気分になったらどうぞ。

青学の近く、青山通りを一本入った所に吉田パスタの赤い店舗が見える。電源も使えるカフェfactoryもご近所だ。とにかく赤い外観が目印。

P1050770

絶好のロケーション!原宿のイタリアン「カバカヴァロ」のパスタランチ

パスタが、好きなんですよ。原宿のイタリアンで調べると食べログ6位のイタリアン「カバカヴァロ」に昨夏訪問。カバカヴァロは原宿東郷神社の参道真正面の好立地。これで美味しいパスタランチが1000円なのだから、覚えておいて良いお店。

カバカヴァロの好立地っぷり

この一角は雑然としているのだが2階にあがるとこの通り。狭い店が多い中余裕のある空間で清潔な内装ということでポイント高い。
IMG 6735

カバカヴァロのランチメニュー

サラダ+リングイネ/手打ちパスタ+自家製パン、という構成。最近は数量限定のラザニアを出していて好評らしい。原宿・表参道エリアはランチの価格帯が700円からなので価格的には普通。
IMG 6731

軽く燻製にしたサーモンとブロッコリーを軽いクリームで和えた手打ちパスタ”ガルガネッリ”

これは、とてもいいものです。高評価も妥当。目ざといOLさんの「ちょっといいランチ」として使われているようだ。

IMG 6741

まとめ

好立地に雰囲気良い内装、美味しいパスタ。原宿駅からちょっと離れているが、久しぶりに会う友人との会食などに使えるお店。一度夜も行ってみたい。

接客の女の子は気が利かない場面もあるけど許容範囲。

吉田パスタでがっつりランチ

青学辺りでパスタというと名前があがる吉田パスタ。

野菜ソムリエ協会登録店、ということでヘルシーさが売りというイメージだったが、ボリュームたっぷりのがっつり系パスタということがわかった。腹いっぱい美味しいパスタ食べたい気分になったらどうぞ。

吉田パスタ

青学の近く、青山通りを一本入った所に吉田パスタの赤い店舗が見える。電源も使えるカフェfactoryもご近所だ。とにかく赤い外観が目印。

P1050770

グレービーミートスパwith 半熟玉戸&チップス

売りのミートスパとエビ味噌クリームパスタは夜は単品1800円といいお値段だがランチなら1500円だ。

1500円でもいいお値段だが評価が高い店には味が超うまいかそれを上回るボリュームのパターンがあるが吉田パスタは「普通より美味しいパスタが」「がっつりがっつり」というパターンのようだ。

皿が、大皿なんですよ。四人テーブルに出て取り分けるような感じの大皿。ボリュームに加えて、吉田パスタが誇る腰強めのパスタに牛すじ・牛バラが濃厚に煮こまれたソースが追い打ちをかけてくる。自家製のチップスで休憩しながら流しこむ感じ。出てきたときはウッと思うが食べられてしまうのは美味しいことの証明。

女性客もたくさんいるがどうやって食べきっているか不思議だがSサイズを頼んでいるのだろう。

グレービーミートスパwith 半熟玉戸&チップス

伊勢エビ味噌の濃厚エビ味噌クリームパスタ

少し暗くて写真がイマイチだったのでリベンジ。今回はクリームパスタを。

またこの大皿登場。笑ってしまうほど大きい。大盛りにして1500円の元を取るか、お腹を考えてSサイズにするか、絶妙な価格設定である。

伊勢エビ味噌の濃厚エビ味噌クリームパスタ

感想

美味しい。これは間違いない。

ランチでは1500円でサイズをS(75g),R(150g),L(225g)選べる。Largeならコスパ十分だと思うがSだと普通のパスタを1500円となるから悩ましいところだ。夜、何人かで行ってシェアするのが良いと思う。

俺のフレンチ恵比寿

「俺のフレンチ恵比寿」へ行ってきた。恵比寿の五叉路そば。「俺のフレンチ」系列店は既存店が皆食べログTOP5000にランクインと人気店だ。

「俺のフレンチ」は業界に革命を起こしていると言われている。
高級フレンチの価格破壊を行い普通の高級レストランなら万単位確実なのに俺のフレンチは客単価3000円程度なのだ。

日経トレンディの記事から抜粋するとこんな感じ。

  • シェ松尾の総料理長経験者やロブションなど有名店出身の有名シェフが複数人在籍
  • シェ松尾・松濤レストランのアラカルトで1万5000円で提供されていた牛フィレ肉のロッシーニが、『俺のフレンチ GINZA』では、ボリュームアップした上で1280円で提供
  • 活きオマールのローストも1280円。これも能勢シェフのスペシャリテで、一匹のオマールを真っ二つに割ったものに貴腐ワインを贅沢に使ったソースがかけられている。シェ松尾時代は半身だけが提供されていたそうだが、ここではボリュームは2倍ということになる。

なぜそんな低価格が可能なのか?秘訣はとにかく稼働率を上げることにある。高級店レストランでは一日一回転しないこともあるのに俺のフレンチでは2時間制で3-4回転させることができる。客席も立席が半数以上だ。

内装や給料など料理以外の要素で高くなっていた部分が、これで一気に改善される。

Twitterも活用している。@oreita ではキャンセルが出るとその旨Tweetされるので自分のフォロワーだけでも2人、滑り込んでいた。

ガイアの夜明けで取り上げられた「俺のフレンチ」の内容

新しい試みをしている外食チェーンが取り上げられたテレ朝「ガイアの夜明け」7/23の放送で「俺のフレンチ」が取り上げられた。後で録画を見たので追記する。

俺のフレンチ創業者は元ブックオフ創業者

  • 「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」を展開しているのはVALUE CREATE株式会社
  • 社長の坂本孝はブックオフ創業者。不正経理問題で退いた後外食産業に参入

客の回転率を上げると材料費をあげられる

坂本孝氏は「原価じゃぶじゃぶ使ってください。人件費じゃぶじゃぶ使ってください。それで儲かるビジネスモデルを作れれば負けない。」と発言。そのビジネスモデルとは。

  • その儲かるビジネスモデルとはひたすら回転率を上げることにある。客単価が低くても回転率が高ければ黒字になる。
  • 具体的にはグランメゾンと呼ばれるような高級フレンチでは1回転しない場合もあるが俺のフレンチ銀座店では3.7回。
  • 回転数ごとのシミュレーションでは1日2回転だと赤字、1日2.5回転だと60万の黒字
  • 「居抜き物件」に出店し内装に金をかけず初期費用を抑える
  • 立ち飲みスタイルにして回転率を上げる

有名シェフが続々参加

シェ松尾の元総料理長やロブションのスーシェフが参加する理由とは

  • 「俺のフレンチ銀座店」で料理長を務めているのは能勢和秀さん。シェ松尾の総料理長を務めた。有名店ですら原価率の締め付けが厳しくて…ここでは良い材料を使えるし客もどんどん来て夢が見られる、と語る
  • 「俺のフレンチ恵比寿店」で料理長を務めるのは31歳の飯田夢崇さん。ジョエル・ロブションで2番手のシェフをしていた。30歳くらいはひと通りできるようになって自分の色を出していきたくなるころ、と語る

俺のフレンチ恵比寿

入り口の看板には◯◯総料理長、などシェフ陣の華々しい経歴が並ぶ。

P1050041

外まで客が溢れており盛況だった。

P1050042

店内はカウンター以外はすべて立席。

P1050055

俺のフレンチ恵比寿のメニュー

メニューの限定超スペシャリテの欄、全部1280円。ありえない価格。オマール海老やフォアグラが1000円台??

  • 石川県輪島より大村さんの七面鳥いろいろな部分ロティ
  • オマールのカダイフ包み揚げ そのみそのタルタルソース
  • 牛ヒレとフォアグラのロッシーニ

P1050043

ニース風ラタテュイユ380円 / 俺のフレンチ恵比寿

最初の一品。冷えた軽いワインによく合う。ちなみに各店ソムリエがいて軽い白を、と頼んだらちゃんと選んでくれた。

ニース風ラタテュイユ380円 / 俺のフレンチEBISU

ズワイ蟹とホタテ貝のタルタル680円 / 俺のフレンチ恵比寿

土台のクスクスのぷちぷちした食感とホタテのねっとりした食感のギャップが両極端で、上のズワイ蟹をうまくつないでいた。

冷静のクスクスだとハーブがきつかったりするのだがこれは繊細で控えめだった。

ズワイ蟹とホタテ貝のタルタル / 俺のフレンチEBISU

牛ヒレとフォアグラのロッシーニ1280円 / 俺のフレンチ恵比寿

これが俺のフレンチ名物で客の大半が頼んでいる。ナイフがスッと入る赤身に贅沢に載せたフォアグラ。

ボリュームにまず満足。口溶け柔らかな牛ヒレは崩れないようタコ糸で巻いて焼かれていた。

牛ヒレとフォアグラのロッシーニ / 俺のフレンチEBISU

オマールのカダイフ包み揚げ そのみそのタルタルソース1280円 / 俺のフレンチ恵比寿

ハサミが殻かと思ったらこれ丸ごと肉だった!食べるとムニッと弾力が半端ない。

オマールのカダイフ包み揚げ そのみそのタルタルソース / 俺のフレンチEBISU

別角度から。オマール海老一匹丸ごと!丸ごと!

オマールのカダイフ包み揚げ そのみそのタルタルソース / 俺のフレンチEBISU

石川県輪島より大村さんの七面鳥いろいろな部分ロティ / 俺のフレンチ恵比寿

七面鳥というと淡白で水気の少ないイメージだったが、上手にローストされていて肉々しい噛みごたえ。

人によっては顎が疲れるかも!

石川県輪島より大村さんの七面鳥いろいろな部分ロティ / 俺のフレンチEBISU

会計:俺のフレンチ、本当に一人3000円だった!

以前俺のフレンチは有名シェフの料理が1人5000円とかで食べられるらしい!(いや5000円でも安いでしょう?)とTweetしたら公式アカウントに一人3000円です!と訂正されたのだがワイン2杯も飲んで一人3500円だった。

うーん普通に飲みに行くより安いんじゃないかこれ?

感想

コストパフォーマンスはまず東京一と行っても良いかも。単純に安いとかえって不安になるが合理的な理由があると安心して食べられるね。

サービスもオープン2日目にしては普通に回っていて、経験者揃いな感じ。

最後に苦言

客層は良くない。隣の席ではテレビ関係者が「芸人の◯◯さんに頼りにされててさ」的口説きを繰り出し、反対側ではOLさんがチェーンスモークしていて参った。

回転数あげるために立ち飲みスタイルにしているわけでその辺の飲み屋みたいにタバコ吸ったらせっかくの料理が台無しだよね。吸っていいですか、と聞かれるでもないし。東京では高級レストランなら普通禁煙だから知らないで行くとびっくりするかもしれない。この辺は喫煙者OKにして回転数をあげるかどうか、という経営方針な所があるが禁煙を強く希望する。

俺のフレンチ恵比寿の混雑具合と予約するには

「ガイアの夜明け」でやっていたように銀座店は開店前から行列ができている。恵比寿店の方は立ち飲みなら比較的入れる、とのことだった。

俺のイタリアン&フレンチに興味が出たら…

「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」の秘密についてはこの記事が詳しい。銀座、神楽坂、恵比寿など都内に出店しているので早速予約だ!

フランス料理界でコペルニクス的価格破壊革命が始まった

外食産業のイノベーションに「まだこの手があったか!」と驚愕する革命が進行しつつある。バリュークリエイト(VALUE CREATE株式会社:坂本孝社長)が経営する『俺のイタリアン』と『俺のフレンチ』の話である。    2012年6月時点で両業態あわせて都内に7店舗。すべての店舗が、予約が1カ月待ちになるほどの人気で、7店舗中6店舗は食べログのトップ5000店にランクインされている。    最初の出店が2011年9月であるから、イタリアン/フレンチ業態への新規参入後わずか10カ月で、顧客の圧倒的な支持を勝ち得ていることになる。

(中略)

『俺のフレンチ』『俺のイタリアン』がこれだけの顧客からの支持を得ている最大のキーワードは価格破壊である。能勢シェフのスペシャリテとしてシェ松尾・松濤レストランのアラカルトで1万5000円で提供されていた牛フィレ肉のロッシーニが、『俺のフレンチ GINZA』では、ボリュームアップした上で1280円で提供されている。 同じく、活きオマールのローストも1280円。これも能勢シェフのスペシャリテで、一匹のオマールを真っ二つに割ったものに貴腐ワインを贅沢に使ったソースがかけられている。シェ松尾時代は半身だけが提供されていたそうだが、ここではボリュームは2倍ということになる。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120613/1041478/

マドラウンジでヒルズからの夜景を独占した

番外編で六本木ヒルズのレストラン「マドラウンジ」へ行ってきた記録。

マドラウンジ(MUSEUM CAFE MADO LOUNGE)」はヒルズの展望台シティービューのある52階のレストラン。食べログのクチコミを見ると周辺美術館などを見てヒルズ展望台から夜景を見た後マドラウンジでディナーという定番デートコースらしい。マドラウンジに行くためにはヒルズ展望台の階へ行かないといけないので、自動的に展望台+森美術館にも入ることができる。

実は私一回もヒルズに行ったことが無かったので奮発してみた。いつか行く機会があるだろうと思っていたら数年間機会がありませんでした、という状態だったので。

「MADO LOUNGE」VIPルームで本格イタリアンコース:概要

グルーポン(当時はqpod)のクーポンを利用した。高くても内容が良ければ買うポリシーの私でもほぼ一日逡巡したことを告白しなければなるまい。内容は以下。2種類あるコースのうち高い方+VIPルーム料金+諸々オプションってことか。VIPルームが専用でもないのに入るだけで5000円て凄いよね。

☆★ 六本木ヒルズ52階・VIPルームで本格イタリアンコース ★☆
通常14,240円→50%OFF【7,120円
VIPルーム代、サービス料、展望台&美術館の入場料が込みでこの価格!

有名店“MADO LOUNGE”が贈るラグジュアリーな夜。最高の夜景&上質な音楽が、特別な時間を彩ります。《本格イタリアンコース
・前菜
・プリモ・ピアット
・セコンド・ピアット Ⅰ
・セコンド・ピアット Ⅱ
・ドルチェ
・カフェ

=通常14,240円=
コース料金8,400円+サービス料金8,400円×10%+VIPルーム料金5,000円

※通常ご利用の際に掛かる展望台入場料1,500円も含まれます。 展望台や美術館もご鑑賞頂けるお得なプランです♪
http://www.groupon.jp/deal-detail/cid/141

そもそもVIPルームって何?状態だったので調べてみた。52階全体が展望台になっていてその一角をラドラウンジが占めている。左上のカウンターと、中央のテーブル席、右下の赤い囲みがVIPルームだ。食べログのクチコミを見ると貸切でパーティとか書いてあって別世界だなという感じ。

ともあれ基本的には夜景を見ながらお食事、という雰囲気重視な趣旨になるがマドラウンジのテーブル席エリアは窓側が確保できる保証がない。予約の際にスタッフにお願いして取ってくれれば、という感じだろう。しかしVIPルーム側なら東京タワーが見られる席をほぼ確保できるようだ。

[PR]

「MADO LOUNGE」VIPルームで本格イタリアンコース:内容

どうもこの日は台風直撃&22時からハロウィンパーティという悪条件が重なりVIPルームの客が少なかったようだ。自分たちの他は同僚同士と思われるグループが一組だけだった。
#IT系の人たちで「障害でサイトが見られません」「postgresが再起動しても起動しません」など聞こえてきて耳がダンボだった。せっかくのマドラウンジなのに気の毒。

▼前菜:フランス産ターキーのプレッセ 根菜のエチュベと3種のマスター添え

眼下に東京タワーが!!

▼パスタ:千葉県産ブラウンマッシュルームの軽いラグータヤリン 黒トリュフ掛け。トリュフは目の前で摩り下ろしてくれる。

▼魚料理:長崎県佐世保港直送の本日鮮魚料理

▼肉料理:シャロレー種乳飲み仔牛のロースト サルサロッシーニ

▼デザート:無花果のコンポートと8種類のフルーツのマチェドニア

▼VIPルーム!
途中から自分たちしかいなくなったのでミーハーに写真をパチリ。 暗いので写り悪いけれど雰囲気の参考になれば。


残念。楽しい時間は終わってしまった。また来ます。

夜景

早朝には台風は通過していたが風が強く、当初は靄っていた。だんだん霧が晴れて最後は遠くスカイツリーまで目視できるようになった。悪天候なのに夜景?ということで心配していたが展望の変化を見られて却って良かったかもしれない。


[PR]

まとめ

▼よく出来てるのでプレゼントによさげ
nanoblock 東京タワー
B002GWV7CA

ロケーションが良いと料理は普通、ということが多いがマドラウンジは料理もまあまあだと思う。夜景は展望台より東京タワーが見やすい角度にある。そして東京タワーは色の変化も含めスカイツリーができても観光名所の位置を保てるのではと感じた。

VIPルームは基本的に複数グループ入れる個室(という表現が矛盾しているが)なので使い方が難しい。カップルが行っても後ろに声が聞こえてしまうため親密度を増したい状況には使えない。企業やお金持ちが貸しきってイベントや接待をする場所が空いているから使えるという感じ。いずれにせよ夜景は展望台の方で一回見ることになるのでVIPルームでなくても良いかな。

接客としては後ろにハロウィンパーティが控えているということで次々料理を出されたのは残念。もうちょっと余韻を楽しみたかった。何時からイベントがあるので、とか最初に言ってくれれば心構えができたのだが理由はわからないがなんとなく急かされるというのは落ち着かない。

ということで総評としてはVIPルームでない席でもう2-3度行ってみたい、という感じ。カウンター席とか。記念日や大事な人と行くのにいい場所だと思う。

おまけ

六本木の街はハロウィンで仮装をした人で溢れていたが面白かったのはこのテトリス集団。

関連ランキング:イタリアン | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

フィギュアスケートカフェ『Tokyo Ice Arena』@渋谷シダックス

フィギュアスケートカフェが渋谷シダックスの一階のレストランにできていた。イタリアンレストラン「TOKYO MAIN DINING」が来年3月のフィギュア世界選手権までフィギュアスケートカフェになるという趣向。

「TOKYO MAIN DINING」は渋谷駅ハチ公から8分程度行ったところで週末はよく結婚式の二次会で使われている。先日梯子の落下事故があった大きなビル。中を覗くと美術品チックに選手のスケート靴が展示され、液晶ではフィギュア選手のハイライトが流されておりなかなか本格的だと思った。

女子会、披露宴二次会などで使いたいイタリアン「VINO BUONO」

青山セントグレース大聖堂前隣接という立地のイタリアン「VINO BUONO」。

ワイン&ダイニング「VINO BUONO(ヴィーノボーノ)」を会食で使った。

窓からセントグレース大聖堂が見えて、お値段も安い。この場所で一人5000円しなかったと思う。

女子会や披露宴の二次会、誕生日などの特別な日に使えそう。

▼窓からこの光景ですよ!

VINO BUONO(ヴィーノボーノ)の場所

青山通りの高層ビルAo<アオ>を裏に少し入った所にある。

セントグレース大聖堂の手前に何やら新しくテナントが沢山入ったスペースができている。

看板を見るとセントグレース大聖堂とも連携してるみたい。

VINO BUONO(ヴィーノボーノ)は奥の方の2階。右上の窓にセントグレース大聖堂のライトアップが映っている。これはテンション上がるでしょう!

VINO BUONO(ヴィーノボーノ)のメニュー

500-700円のメニューも多くてお得!

同行者がワイン好きだったのでボトルで頼んだり。

メインは1500円くらいするけど何人かで分けるから丁度いいぐらいかな。


VINO BUONO(ヴィーノボーノ)の料理

4人だったので美味しそうな奴を片っ端から頼んでみた。





デザートもプレートで頼むと見栄えがするね!