原宿ニコニコ本社、移転リニューアルのため1/3で営業終了。

原宿竹下通りで定着していたニコニコ本社だが移転リニューアルのため1月3日で営業を終了する。地方から遊びに出てくる若い子が一緒に回れるスポットとして上手い施策だなあと思っていたが寂しさがありますね。ニコニコ本社は2010年12月27日にプレオープン。グッズストアにカフェ、ニコニコ公式生放送番組の収録に使われたスタジオなどを備えていた。

ニコニコ本社の移転先は2014春発表、とされている。原宿ニコニコ本社では例年通り参拝者を生放送するニコニコ本社が建立される。参拝者の様子を動画でがやがやコメントするのは擬似八百万の神的で面白い。

年越しを一緒に祝いませんか? ニコニコ神社2014【1日目】 – 2013/12/31 23:50開始 – ニコニコ生放送

ニコニコ本社全景

キデイランド原宿店に期間限定「ふなっしーショップ」登場。元旦には「ふなっしーお守り」を発売

NHK紅白歌合戦にふなっしーが出るそうだ。昨年ゆるキャラグランプリを獲得するなどふなっしー人気が定着した一年だったのではないか。そのふなっしーがキデイランドの元旦を飾る。年末からキデイランド店頭に「ふなっしーショップ」が登場、元旦には「ふなっしーお守り」が発売される。

ふなっしーショップ

12月26日(木)〜開催中の「ふなっしーショップ」ではグッズ販売はもちろん、記念撮影用の等身大パネル、「原宿」の文字入りスタンプに元旦限定のお守りが発売される。ふなっしーお守りは開運と厄除けの2種類でお一人様合わせて10個の完全限定品。明治神宮の参拝後にどうぞ。

詳細は下記
キデイランドへようこそ! – 12月26日(木)~期間限定!ふなっしーSHOP @ 原宿店K-SPOT 1月1日~は「ふなっしーお守り」も発売!

キデイランドのふなっしーコーナー

渋谷スクランブル交差点を封鎖せよ!駅前は立ち入り規制に。DJポリスも来ません

渋谷のスクランブル交差点でカウントダウン、そのまま騒ぐというここ数年の風物詩に終止符が打たれる。今年は渋谷駅スクランブル交差点付近は立ち入り規制を行うとともにDJポリスも来ない旨事前アナウンスがされている。

元々渋谷のスクランブル交差点で騒ぐという風潮はサッカー日本代表戦、また直近ではハロウィンなど理由はなんでも良いのでは、という感じになっていた。

2001年には地下鉄の屋根が崩落して若者が死亡する事故も起きている。これに対して警察も手をこまねいていた訳ではない。代表戦後の機動隊投入や交差点規制、DJポリスの投入など段階を踏んで対策を強化してきた。DJポリスが予想以上に話題になってしまったことで今年は渋谷へ来る若者が増えることが予想される。ハロウィンでも昨年以上の人出があり妥当な処置ではないだろうか。

年越しの混雑防止に 渋谷駅周辺 立ち入り制限

年越しのカウントダウンに伴う混雑やトラブルを防ぐため、警視庁は三十一日午後十時~一月一日午前二時、渋谷駅前のスクランブル交差点周辺の立ち入りを制限する。

渋谷駅前は例年、大みそかの夜から数千人が集まり、ハイタッチやカウントダウンで新年を祝う。交差点に人があふれ、渋滞やけんかになることも。

東京新聞:年越しの混雑防止に 渋谷駅周辺 立ち入り制限:社会(TOKYO Web)

▼ハロウィンで観光案内所の屋根に上るお調子者
ハロウィンで屋根に上るお調子者

チームラボがAudiを滝にする!AudiForumTokyoでプロジェクションマッピング実施中

立体物に映像を投影するプロジェクションマッピングも大分普及した感がある。屋外で大々的に、というものが目を引きがちだが原宿Audi Forum Tokyoのaudi x チームラボのプロジェクションマッピングはよく出来ていた。

AudiForumTokyoのプロジェクションマッピング概要

チームラボがaudiのスポーツカー「Audi R8」を岩に見立て全長約16mの滝を流すという趣向。水の流れ、水滴が跳ねる様子を物理演算しハイビジョンの7倍、7Kの高精細映像を投影する。

  • タイトル:teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo
  • 会場:Audi Forum Tokyo
  • 会期:2014年1月5日まで(12月29日から1月2日まで閉館)
  • 開館時間:10:00から19:00
  • 入場無料

Audi Forum Tokyo

明治通りに異彩を放つこの建築はAudiのショールーム。氷山を模したもの。上階には披露宴会場が入っている。
Audi Forum Tokyo

Audi x team Labo

特にイベントの看板はないがガラスにチームラボのロゴがお目見えしている。
audi x team Labo

Audi Forum Tokyoのプロジェクションマッピング

それでも道行く人や商談のお客さんが足を止めて見入っていた。
Audi Forum Tokyoのプロジェクションマッピング

Audi R8をスクリーンに

AudiのR8実車をスクリーンにしている。フロントグリルが光っているがこれもプロジェクション投影したもの。
Audiをスクリーンに

プロジェクションマッピング全景

吹き抜けの階段を使い18mの滝を実現。プロジェクターを使うため両側も暗幕をしなければならず言うのは簡単だが結構大掛かり。写真は滝が流れ落ち始めた所。
プロジェクションマッピング全景

滝に打たれるAudi R8

ハイビジョンの7倍と言っても18m分面積があるからドットの密度が7倍ではなさそう。フロントグリルに沿って曲がる軌跡などよくできている。

同じ映像の繰り返しだが5分と待たずに上映が始まるのでいつ行っても大丈夫そう。現在年末休館中だが1月3-5日にも見られるのでお近くによったらどうぞ。
滝に打たれるAudi R8

nanapiの記事を参考にセントグレース大聖堂をiPhoneだけで撮ってみた

青山のセントグレース大聖堂ってご存知でしょうか。Aoの裏を歩いていると突如黄金の尖塔が現れるあのセントグレース大聖堂です。このインパクトある聖堂にコンサートで入れる機会があったのですがなぜかカメラを忘れてしまう的理由でiPhoneで頑張ってみましたよ、という話。

結婚式に参加する時など、手持ちのiPhoneで撮るシチュエーションあると思うんですがあれは結構難しいですね。ピンぼけに加えて明暗の差が激しいので暗い所が全然写っていないなんてこともよくあります。
青山セントグレース大聖堂

そういう時はnanapiのプロのiPhone写真家が教える!iPhoneカメラで結婚式をキレイに撮る方法を参考にすると結構頑張れると思います。というか頑張りました。機種はiPhone5。

  • 露出の設定に注意する
  • 情景を入れて撮る
  • バリエーションを撮る
  • 光を撮る

などがポイントとして挙げられています。特に露出については「屋内でもフラッシュは使わない。露出で調整する」「ピントを合わせたい付近の“暗め”のところをタップ」と補足されていてその通りでしょう。

青山セントグレース大聖堂のバージンロード

セントグレース大聖堂

セントグレース大聖堂は結婚式用のチャペルで各地に同名のものがありますが青山の場合地上28メートルに達する尖塔が特徴の本格ゴシック様式の大聖堂に欧州の教会から持ち込んだ1世紀以上前のステンドグラス、パイプオルガンもイギリスの教会で19世紀から賛美歌を奏でていたもの、と舞台装置に凝っています。

セントグレース大聖堂の正面

普段正面は締め切られていますのでこの場所からは撮れないんですよね〜。こういうスポットライトが使われた建物は影が濃くなって撮りづらいんですが「ピントを合わせたい付近の“暗め”のところをタップ」しました。

青山セントグレース大聖堂の正面

セントグレース大聖堂のステンドグラス

舞台装置一個一個にも金がかかっているのがチャペルというもの。セントグレース大聖堂の場合はステンドグラスです。

セントグレース大聖堂のステンドグラス

一点、教会ならではのポイントとしては斜めになっていると気になります。普通の建物より水平・垂直が強調された構造になっているから尚更目立つんですね。この記事の写真も結構斜めってますw。
セントグレース大聖堂のステンドグラス

光を撮る

ステンドグラス越しの光、通路のランプの連続性、など意識して。
セントグレース大聖堂のステンドグラス

天井を見上げてみる。
天井

リニューアルされたアニヴェルセル表参道で真っ赤なフレンチトーストをいただく

新しくなったアニヴェルセル表参道でフレンチトーストを食べていたら新郎新婦が表参道へ出てきてびっくりした、という話。表参道のアニヴェルセルカフェは結婚式場併設のカフェで表参道の顔のひとつと言えるだろう。9月18日に内装・メニューともリニューアルされ「アニヴェルセル カフェ」から「アニヴェルセル カフェ&レストラン」に店名も変更されている。

青山・表参道は結婚式場の多いエリアだ。中でもアニヴェルセル表参道は今井美樹や宮崎あおいが結婚式をあげるなど雰囲気のあるチャペルが高い評価を受けている。

表参道アニヴェルセル カフェ&レストラン

併設のアニヴェルセルカフェはオープンカフェとして、また23時までやっている夜カフェとして定着している。今年リニューアルしたのは雑貨のフライングタイガーができたり隣にAppleStore表参道ができる…というご近所の活性化とは関係なくアニヴェルセル横浜・みなとみらいにアニヴェルセルカフェ2号店がオープンしたことに合わせたものだろう。
(参考:Apple Store表参道が建設中 / 表参道路面店、地下1階地上2階、4月オープン

現在、毎年恒例のイルミネーションの飾り付けがお目見えしている。
アニヴェルセル表参道

アニヴェルセルの入り口

入り口には大型の王冠型シャンデリア。
アニヴェルセルの入り口

アニヴェルセルのパンペルデュ(フレンチトースト)

全面改装は1998年の開業以来初めてとのことだが店名にレストランが入ったように食事メニューが強化されたようだ。カフェタイムのスイーツとしてはフレンチトーストが登場している。フランス・パリの雰囲気を模したカフェなのでメニュー名は「パンペルデュ」となっている。

アニヴェルセルのパンペルデュ(フレンチトースト)

アニヴェルセルのパンペルデュ(フレンチトースト)

真っ赤なフライパンにイチゴとアイスをたっぷり盛ってある。ブルーベリーにミントで彩りも。いいんじゃないでしょうか。アニヴェルセルの雰囲気にあっていると思います。

アニヴェルセルのパンペルデュ(フレンチトースト)

結婚式を終えた新郎新婦が出てくる

アニヴェルセルのチャペルはクリスマスコンサートで入ったことがある。普通の式では写真のアーチ奥の階段で記念撮影くらいで終わりなのだがオプションでトランペットのファンファーレ付きで表参道側へ出ることができる。
#プライバシーのため画像を縮小してあります。
新郎新婦

そのまま表参道へ出て通行人の祝福を受ける。お幸せに。
表参道へ

本社建て替えのため青山エイベックス最後のクリスマスツリー。

青山通りのエイベックスビル恒例のクリスマスツリーがお目見えしている。クリスマスツリーは毎年展示されているがエイベックスビルの建て替えが決まったため今年で一旦見納めになりそうだ。

エイベックスビルは1980年の竣工で1995年からエイベックスグループが使用している。30年近いビルなので老朽化が目立っていたが修繕するより建て替えた方が良いという判断になったそうだ。来年10月〜解体で2017年9月に竣工予定。

青山エイベックス本社のクリスマスツリー2013

東京で例年より2週間早い初雪観測渋谷ではヒョウを観測うひょー!!

気象庁によると12月20日午後、東京で初雪を観測した。これは例年より2週間、昨年より20日も早い記録となった。渋谷区では降り始めにヒョウが降るなど不安定な天気となった。ヒョウはすぐ雨に変わってしまったのだが手に当たると痛いくらいの勢いで屋根を叩いていた。

ちなみにアラレもヒョウも氷の結晶という意味で雪として扱われる。そのうち直径5mm以上のものをヒョウ(雹)と呼ぶ。ご存知でした?

なんでもネタにするTwitter民のたくましさよ。

太宰府スタバの隈研吾作品が青山にも!台湾のパイナップルケーキ「サニーヒルズ(SunnyHills)」が今週末オープン

隈研吾の太宰部スタバは店舗の入口から店内にかけて伝統的な木組み構造を用いた特徴あるデザインになっている。これを外観にも展開した個性的な建築が青山に誕生。台湾No.1のパイナップルケーキブランド「サニーヒルズ(SunnyHills)」の南青山店として使用される。サニーヒルズ(SunnyHills)のオープンは21日(土)。

SunnyHills at Minami-Aoyama概要

  • オープン:2013年12月21日(土)
  • 営業時間:11:00~19:00
  • 住所:東京都港区南青山3-10-20
  • 階数:3階建
  • 席数:1st floor (2階) 15席、2nd floor (3階) 9席 計24席
  • TEL:03-3408-7778
  • URL:http://www.sunnyhills.co.jp

隈研吾・南青山サニーテーブル現地の様子

太宰府のスタバは内装と入り口だけ木組みだったが、SunnyHillsの方は外観も木組みに覆われたインパクトある設計。プレスで出ている予想図ではきれいだが現地では電線などもあり綺麗な全体像は撮れなそう。
隈研吾・南青山サニーサイド

空が背景だとシルエットもくっきり。
隈研吾・南青山サニーサイド

木組みに接近してみた。金属で接合してるようですね。そんなに塗料感ないけれど腐食対策はどうしているんだろうか。何年かおきに塗り直す、には裏面もあるし構造が複雑。いずれ建築系で詳細が出るのを待ちたい。
隈研吾・南青山サニーサイドの木組み

場所は青山の結婚式場の前の道。
隈研吾・南青山サニーサイド

隈研吾・太宰部スタバの内装

ちょうど大宰府に行っている友人がいたので写真を提供してもらった。う〜ん大胆。スタバというとどこでも同じなイメージもあるけれど、東急プラザの「天空のスタバ」や藤原ヒロシがプロデュースした表参道B-SIDE店を始め個性をもたせた店、結構あるんですよね。
太宰府スタバの内装

雑貨のRainbow SPECTRUM旗艦店が原宿キャットストリートにオープン

雑貨専門店スペクトラムがキャットストリートに11月、初の旗艦店「Rainbow SPECTRUM(レインボースペクトラム)」をオープンした。このエリアには原宿ASOKO、表参道のフライングタイガーなど大型の低価格雑貨店の進出が相次いでおり一躍雑貨ブームが起きている。

世界十二カ国のメーカーと協力した商品を展開することで市価より安く仕入れることが可能という。雑貨のセレクトショップ的な感じで、化粧品、文房具、フィットネスグッズなどが取り揃えられている。

平日午後訪れた所行列などなく普通に入れた。割とセンスが良いものが揃っていたので目的が無くてもふらっと入ってみて損しない感じ。

Rainbow SPECTRUM渋谷

場所はキャットストリートの渋谷よりで角地に鮮やかな虹色に塗り分けられた外壁が目印。

  • 住所:東京都渋谷区神宮前5−29−1
  • TEL:03-6450-5825
  • OPEN:11月15日 11:00−20:00
  • https://www.facebook.com/rainbowspectrum.shibuya

th_DSC_0002

カラフルな雑貨は見ているだけで楽しい。
th_DSC_0003

商品説明が書かれたパネル

雑貨屋だと使い方がわからないが雰囲気で買わされてしまう場合もあるのだがパネルで使用例が展示されているのが良い。これはカップルでイヤホン2つ繋げられる、というリア充用カニ分岐。
th_DSC_0005

鍵や小銭を入れて玄関においておきたい小物入れ

th_DSC_0019

見ざる言わざる聞かざる的な感じだが口に鍵やカードを挟めるカードホルダー

th_DSC_0020

飲み方がユーモラスになる髭ストロー

5本も入っていてそんなに使わないだろと思ったりするがパーティグッズに良さそう。
th_DSC_0010

フェルト生地の収納

この辺はなかなかセンスいいですね。
th_DSC_0012

フィットネスグッズ

縄跳びの縄やヨガ用のマットがあった。ヨガ用のマット1つ欲しいんだけど相場がわからなかったので保留。
th_DSC_0015

ゲコゲコ。風呂用グッズ

th_DSC_0016

レインボースペクトラムのロゴ入りネックストラップ

th_DSC_0018

海外スナック菓子風の文房具ケース

th_DSC_0024

原宿の雑貨屋ASOKOの行列が止まらない件

原宿ASOKOの混雑が凄い。昼も夜も行列している。表参道のフライングタイガー、原宿のASOKO、キャットストリートのRainbow SPECTRUMなど低価格雑貨店が続々大型店をオープン、原宿雑貨戦争と呼ぶメディアも現れている。

原宿ASOKOに行列無く入るには?

ASOKOに入るには2パターンある。その場で行列に並ぶか整理券を貰うか、だ。

ASOKOは明治通り沿いの大型店で店舗前にも数十人並べる。週末の昼以降に行列で入ろうとすると30分〜1時間待ちのようだ。一方整理券の場合1時間〜数時間後になるので原宿・表参道で他のものを見てから戻ってくる前提で行くのが良いだろう。

1時間あれば色々見て回れるので個人的には午前中に整理券を貰って午後戻ってくるくらいがおすすめ。午後整理券をもらうと18時以降だったり入れる時間が読みにくくなる。

ASOKO11月4日12時頃の混雑具合

11月4日は文化の日の振替休日。行列だと一時間待ち、整理券で18時〜。

ASOKO11月4日の様子

ASOKO11月9日13時頃の混雑具合

11月9日は土曜日。行列だと30分、整理券だと1時間半待ち。

ASOKO11月9日の様子

ASOKO原宿店の外観

ASOKOは大阪・南堀江の雑貨店で原宿店で東京に初進出した。フライングタイガーも一号店は大阪であり雑貨屋の場合は大阪でウケれば行けるというお約束になっているのだろうか。

ASOKO原宿店の外観

ASOKO原宿の中

夜通りがかかると中がよく見える。表のディスプレイにはキャンプ用品などもあり日常品以外のものも扱っているようだ。

ASOKO原宿の中

東急プラザ表参道原宿のイルミネーション2013

一時期TWitterアイコンにも使っていた東急プラザ表参道原宿のイルミネーションが始まった。普段は銀色の入り口も真っ赤なクリスマスカラーで彩られている。屋上のおもはらの森のイルミネーションでは12月から雪を降らす演出が行われる。

東急プラザ表参道原宿

東急プラザ入り口のギラギラのミラーはファッションの街を映す鏡であり、日常を離れてハレの場に進む儀式的な役割もある。神宮前交差点に構える東急プラザが真っ赤になりケヤキ並木のイルミネーションが始まると年末感が出てくる。

東急プラザ表参道原宿

東急プラザ表参道原宿入り口のスター

踊り場から入り口のスターを見下ろす。普段エスカレーターで3階まで上ってしまうので珍しいかも。

東急プラザ表参道原宿入り口のスター

3階の木製オブジェ

この大きなクマ、名前は無いのかな。目鼻を描いていない所からしてあえて名前を付けていない気もする。ちゃんとサンタのコスチュームになっていましたよ。

2階の木製オブジェ

おもはらの森のイルミネーション/東急プラザ表参道原宿

じゃじゃーん。こんな感じ。こんなってどんなだ。

中央に2mくらい嵩上げしてあって、おもちゃ箱のツリーに照明が当てられている。王様〜。

おもはらの森のイルミネーション/東急プラザ表参道原宿

東急プラザ表参道原宿イルミネーション2013全景

東急プラザ屋上庭園「おもはらの森」は円形劇場のように座る所が沢山あって、この日も女子友やカップルが思い思いの場所を確保していた。もう紅葉散ってしまったが時間ごとに変化する照明がいい感じなのでデートの途中寄ってみてはいかが。

東急プラザ表参道原宿イルミネーション2013全景

表参道ヒルズのイルミネーション2013

表参道ヒルズのイルミネーションが始まった。今年も入り口に撮影スポット、大階段の上にスワロフスキーのクリスマスツリーが登場している。クリスマスツリーの上の円筒のカバーはプロジェクターから映像が投影される趣向。

入り口の撮影スポットの脇には今話題のチョコバー、マックス ブレナーがオープン。イルミネーションを眺めながらデートするのに良さそうだ。

表参道ヒルズ入り口には撮影スポットが登場

表参道ヒルズ入り口には撮影スポットが登場

 

大階段下から見るといい感じ

上から見るのと下から見るのとどちらが良いのか。今年もスワロフスキー数万個使ったツリーらしいのだが単調な形でカメラマンには不評らしい。下から見上げると集中線が走っていい感じになる。

 

表参道ヒルズのイルミネーション

プロジェクター投影 / 表参道ヒルズ イルミネーション2013

15分おきくらいでツリーの上の円筒にプロジェクター投影されている。ので、パッと移動せずしばらく見ているのがおすすめ。通路を上下している間に投影タイムが始まるはず。

プロジェクター投影 / 表参道ヒルズ イルミネーション2013

大階段を上から見下ろした所

メインのツリーと大階段の両脇に普通のツリーが立っている。記念撮影に近づいても大丈夫。

大階段を上から見下ろした所

クリスマスツリーで記念撮影するカップル

クリスマスツリーで記念撮影するカップル

表参道ヒルズのクリスマスツリー

女の子が手を伸ばしているのは手を動かすと照明が変化するギミックがあるから。

表参道ヒルズのクリスマスツリー

スワロフスキーが散りばめられたクリスマスツリー

メインのツリーに近寄った所。スワロフスキーこんなに敷き詰められていたんですね。

スワロフスキーが散りばめられたクリスマスツリー

表参道ヒルズのKurkku後に入るチョコレートショップ

後で記事にするがKurkku跡にマックス ブレナーが入った。

表参道ヒルズのKurkku後に入るチョコレートショップ

“私の肌は、明治通り”という車内広告が話題に

元Tweetは既に500RTもされているのだが“私の肌は、明治通り”という車内広告が話題になっている。明治通りと言えば渋谷から原宿、新宿へと抜ける大通りだが化粧品のイメージに「明治通り」が登場するのは唐突感があり憶測を読んでいる。

肌が明治通りってどんなんや、と思わず検索してしまった。

「私の肌は、明治通り」はネイチャーラボ社のモイスト・ダイアンのボディソープ&ボディミルクのキャッチコピーであることがわかった。CMの最後に「イメージ通りのうるおい肌へ」とサブタイトルが付いている。つまりイメージ通りと明治通りを兼ねたダジャレらしい。

うーん言いたいことはわかるけどちょっと凝り過ぎかな。

Moist Diane モイスト・ダイアン ボディソープ&ボディミルクのCM

生田ななえさんが出演するCM動画がYouTubeで公開されているのを見られる。

青山ベルコモンズが閉館!!外苑前のランドマークが38年の歴史に幕

ファッションビルのはしりとして知られる青山ベルコモンズが来年3月で閉館することがわかった。最近は埋没してしまった感あるが青山通りと外苑西通りの交差点にありタクシーで「青山ベルコモンズまで」はみなさん使ったことあるんじゃないだろうか。閉館後はオフィスビルとして展開ということで建て替えでは無いようだ。

建物は建築家黒川紀章氏の設計で低層にはぼこぼこと外部階段、中は3階まで吹き抜けと凝っている。元々婦人服専門店大手の鈴屋が企画・建設したがその後倒産、現在は投資顧問会社が運営している。

この記事作成にあたって経緯を調べたが以前から「青山ベルコモンズ」の認知度の高さは不思議だなと思っていた。ファッションビルの走りで話題になったということで疑問がひとつ解消された。

▼青山ベルコモンズの勇姿(2013/12/07)
青山ベルコモンズ 2013/12/07

青山ベルコモンズ

青山ベルコモンズが閉館 38年の歴史に幕 | Fashionsnap.com

渋谷-六本木間の都バス終夜運行が始まる

都バスの終夜運行の試験運行が始まる。12月の金曜日は渋谷-六本木間で1時〜5時も飛ばすが運行される。試験期間は1年ほど。NTT系の無料Wi-Fiも提供される。

昨年記事にしたように渋谷から六本木へ直通する電車がないため本数も多い都バスは渋谷から六本木まで一番早い移動方法となっていた。多摩など都下向けの路線の方が需要あるのでは、との声も見かけるが元々夜型でクリスマス需要もある渋谷-六本木間で利用されなければ他でもダメだよね、という判断材料としては妥当なのではと思っている。

また、別報道によると無料Wi-Fiは都内のバス会社で初、来年中に都バス全車両に導入を目指すということでこちらの方が期待できるかもしれない。

都営バス、渋谷駅-六本木駅間で終夜試験運行へ-車内無料Wi-Fiサービスも – シブヤ経済新聞

都営バスで無料Wi-Fiサービス開始 – 12月20日から、都01系統・深夜01系統で | マイナビニュース