コム・デ・ギャルソンx大友克洋!青山店ディスプレイがAKIRAなど大友克洋作品一色に!

毎年特定アーティストをフィーチャーするコム・デ・ギャルソン。2013年は大友克洋がDMに登場しており現在コム・デ・ギャルソン青山店では大友克洋作品が全面的にディスプレイされ通行人の目を引いている。

コム・デ・ギャルソン青山店はイギリスの建築家集団、フューチャー・システムズの設計による宇宙船のような外観が目を引く店舗。

今回の大友克洋展は店外に不規則な構造物が複数立ち並んでいる点が目新しい、と思っていたら台風が来てどうしたかと言うと…。

COMME des GARÇONS 青山店

COMME des GARÇONS 青山店

これは顧客・メディア関係にDMとして送られるバッグ。

台風の中厳重に保護される大友克洋。

ここ10年で最大規模との声もある台風26号は関東を暴雨風域に巻き込みながら北上する予想になっている。これを受けてコム・デ・ギャルソン青山店では大友克洋作品を厳重に梱包、これなら強風に煽られても大丈夫ではないかと思われる。


【送料無料】 AKIRA 【BLU-RAY DISC】

【送料無料】 AKIRA 【BLU-RAY DISC】
価格:8,190円(税込、送料込)

週末は2時間待ち?!KuKuRuZa表参道のポップコーンを無事GET!!

えっKuKuRuZaそんなに並ぶものなの…週末通りがかって聞いてみたら「今2時間待ちですね〜」と。原宿のギャレット、表参道のKuKuRuZaと通りの両端に行列ができることになる。TV取り上げられた影響だろうがプレミアム系のポップコーンのブーム、来てる?

ギャレット、KuKuRuZa共シカゴから上陸したポップコーン店。日本のポップコーン市場は小さくて、コンビニのポテトチップスは棚1つ色々な味が出ているのにポップコーンは1種類くらいしか置かれてない。だからみんなポップコーンにも色んな味付けがあったりすることを知らない。そういう意味でギャレット、KuKuRuZaのように何種類も味付けがあるポップコーンが新鮮なのだろう。

これは先週末のKuKuRuZa前の行列。
KuKuRuZa表参道の行列

KuKuRuZa表参道の外観

ギャレットは原宿駅近くの路面店だがKuKuRuZaは表参道ヒルズの同潤会アパート部分にある。正直わかりづらい場所だが行列が目印になるだろう。お隣はアイスクリームのBen&Jerry’s。

平日は21時、週末は22時まで営業しているので20時以降などの遅い時間ならほぼ並ばずに入れておすすめ。
KuKuRuZa表参道の外観

KuKuRuZaポップコーンのメニュー

KuKuRuZaではレギュラーの8種類とシーズンごとに2種類の10種類のポップコーンが楽しめる。今は秋限定のパンプキンとビネガー&ソルトが出ている。
KuKuRuZaポップコーンのメニュー

ガロン缶がディスプレイされたKuKuRuZa店内

ガロン缶と言っても1つの味ではなくて、3-4種類の味の詰め合わせになる。ので、湿気るとかは気にしなくて大丈夫。
ガロン缶がディスプレイされたKuKuRuZa店内

10/12からハロウィン限定缶が発売されている。4種類の詰め合わせセット。
KuKuRuZaポップコーン

オペレーションはスムーズだが店内は狭い。
IMG_8197

KuKuRuZaポップコーンのショーケース

ポップコーンの粒が大きい!これはキャラメル系かな。
KuKuRuZaポップコーンのショーケース

KuKuRuZaポップコーン

ハワイアンソルト・キャラメル、ビネガー&シーソルト、ブラックラズベリーを頼んでみた。手前のピンク色のポップコーンがブラックラズベリー。

ハワイアンソルトは少し塩が強いけどアリ。ビネガー&シーソルトは塩が強すぎて唇がヒリヒリするくらいで無し。ブラックラズベリーは甘めでアメリカ~ンな気分になれる。当たり外れがあるようなので塩っぱいのじゃない系を選んだ方が良さそうだ。
KuKuRuZaポップコーン

俺のフレンチ・イタリアンが青山Aoにオープン。牛フィレ、オマール海老一匹丸ごと食べて一人4000円!

俺のフレンチ・イタリアンAoyamaがグランドオープンした。青山通りの商業ビルAoの1階奥。90席近くと<俺の>シリーズ最大の店舗で関東では初となるフレンチ・イタリアン併設業態。シェフには俺のフレンチの看板、能勢シェフらが着任。予約1巡目に入れたので俺のフレンチ銀座などでは限定のオマール海老のローストや牛フィレとフォアグラのロッシーニなど看板メニューを早速レポート。

俺のフレンチと言えば予約が取れないことで有名で地元民的には行列具合や混雑具合が今後どうなるか気になる所。「俺のフレンチ・俺のイタリアン特集」で追っていく予定だ。

▼このボリュームの牛フィレに溢れるほどフォアグラが乗って1280円。行くしかない。
牛フィレとフォアグラのロッシーニ 〜トリュフソース〜

俺のフレンチ・イタリアンAoyamaを率いるのは能勢シェフ、飯田シェフ、橋本シェフ

能勢シェフはTVでもお馴染み、俺のフレンチの顔。TVの取材スタッフが入っていたのでまた番組で取り上げられるようだ。能勢シェフはシェ・松尾 松涛レストランの総料理長、飯田夢崇シェフはジュエル・ロブション、橋本改シェフはミシュラン一ツ星を獲得した「FARO資生堂」で料理長を務めるなど実績のあるスターシェフ。

彼ら高級料理店であっても不景気の波には逆らえず例えば海老だったら1匹じゃなくて半分、みたいな経費節減が求められていた中で俺のフレンチでは価格は半分、2倍のボリュームをベースに料理が提供されている。存分に腕をふるえる、という訳だ。
俺のフレンチ・イタリアンを率いる能勢シェフ、飯田シェフ

シャンパンで乾杯

オープン記念で安いそうでまずはシャンパンでしょう。俺のフレンチ系はお酒も定価+900円でお得。ワインは3000円代〜豊富に用意されているのでどうぞ。
シャンパンで乾杯

フランス・ランド産鴨のフォアグラ ガトーオペラ仕立て トリュフ風味

まずは見た目が面白い一品。鴨のフォアグラのムースをケーキのガトーオペラ風にしたもの。
フランス・ランド産鴨のフォアグラ ガトーオペラ仕立て トリュフ風味

三浦より 朝採れ野菜と甘エビの生ハムゼリー寄せ

俺のフレンチ・イタリアンに来るとどうしてもメイン系の肉が多くなってしまうので野菜も頼んでみた。甘エビの量は普通だが彩り豊かな一品。
三浦より 朝採れ野菜と甘エビの生ハムゼリー寄せ

賑わう俺のフレンチ・イタリアンAoyama店内

オープン30分もたつとこのにぎわい。能勢シェフは以前客の反応が直に見られるのが嬉しい、と答えていたが俺のフレンチ・イタリアンAoyamaはオープンキッチンとなっておりシェフにとっても充実感が得られる作りになっている。
賑わう俺のフレンチ・イタリアンAoyama店内

トリュフとフォアグラのリゾット

またフォアグラ!!リゾットを食べたかったからしかたない。少し固めに炊かれた米粒の触感が嬉しい。
トリュフとフォアグラのリゾット

スペシャルピザ トリュフとボルチーニのビスマルク

フレンチ・イタリアン併設店ということでどちらのメニューも頼める。俺のイタリアンおすすめだそうなので半熟卵がのっているピザ=ビスマルクを。表面の黒いものは焦げじゃなくてトリュフを削ったもの。香りが鼻先をくすぐるピザでメンバーにも好評だった。
スペシャルピザ トリュフとボルチーニのビスマルク

メニュー

量が多いので列挙しないがクリックすれば拡大されるので事前の予習にご活用ください。
メニュー

オマール海老のロースト 〜貴腐ワインソース〜

TVで見かけていつかはと思っていたオマール海老のロースト。毎日限定15食?だったかな。16時開店だから絶対頼めないじゃん…と思っていたのだがとうとう頼むことができた。

オマール海老=ロブスターだがオマールエビ(エビ)の通販 – 価格.comで見るとわかるように末端価格だと1匹1000円以上する。これが1280円なので利益出てないかあえて赤字で提供していると思われる。
オマール海老のロースト 〜貴腐ワインソース〜

オマール海老のロースト 〜貴腐ワインソース〜

オマール海老はハサミに立派な肉が詰まっておるのだね、ということを学んだ。伊勢海老よりしっかりした感じの身だった気がする。
オマール海老のロースト 〜貴腐ワインソース〜

牛フィレとフォアグラのロッシーニ 〜トリュフソース〜

俺のフレンチ銀座で何回か食べているのだが初めての人と行くので毎回頼んでいる牛フィレとフォアグラのロッシーニ。見た目も味もバッチリで「今日食べた中では一番美味しかった」との感想を貰った。
牛フィレとフォアグラのロッシーニ 〜トリュフソース〜

牛フィレの断面

フォアグラに目がいきがちだけれども牛フィレは厚み4cm近くあってミディアムレアな火入れも完璧。これ牛フィレだけでも3000円は取れるでしょうね。
牛フィレの断面

トマトのムース 雲丹とキャビアのジュレ寄せ

スペシャリテのメニューの中ではさわやか系なのがトマトのムース 雲丹とキャビアのジュレ寄せ。大きめのグラスにたっぷり入っていて3-4人でシェアするくらいでよいのでは。
トマトのムース 雲丹とキャビアのジュレ寄せ

俺のフレンチ・イタリアンAoyamaではデザートを頼む余裕を残すべし!

これは強調しておきたい。俺のフレンチ・イタリアンAoyamaではデザートを頼んで欲しい。レストランのデザートって値段の割には大したことがないものが多いんだけれども「俺の初物語」とか「ロールなモンブラン」とかふざけた名前でありながら本格的だから。

俺の初物語

名前はアレだがスイーツコンテストで準グランプリを獲得したメニューだそうでビジュアルが凝っている。柑橘系を模しているようなので爽やかさと初恋の甘酸っぱさを表現しているのだろうか。
俺の初物語

ロールなモンブラン

一番ウケが良かったのがこちらのモンブラン。大分縦長なので小さく見えるが結構ボリューミー。
ロールなモンブラン

俺のジェラート(チョコレート)

最高級ベルギーチョコレートを使用したジェラートでケチケチしていないのが気持ちいい。
俺のジェラート(チョコレート)

お会計は4人で16737円!

あまりお酒を飲まないメンバーだったとはいえ5000円くらいかなーと思っていたので一人当たり4200円にはちょっとびっくり。普通に飲み会行くより安い。価格は半分、2倍のボリュームのポリシーは半端なかった!!
レシート

2時間待ちは当たり前?タイガー表参道の行列対策は整理券方式

北欧雑貨のフライングタイガーが表参道にオープン、初日は600-1000人が並んだ。その週末も3時間待ちとしばらく混雑が続きそうだ。昨日警備員さんに聞いたフライングタイガー表参道の整理券制度の話など。

AOKO、フライングタイガーと雑貨店のオープンが相次ぐ

原宿にはASOKO、表参道にはタイガーコペンハーゲン改めフライングタイガー表参道と雑貨店がオープン、特にフライングタイガー表参道の初日は大雨の中600人〜1000人が行列に並びその列は表参道ヒルズの方まで伸びたという。

フライングタイガーは整理券制度。2時間待ちが目安か

水曜から俺のフレンチ・イタリアンが青山がプレオープンしていると聞いて昨夜行ってみたらレセプションの日で入れなかった。金曜再度プレ営業した後土曜の12時にグランドオープン予定とのこと。

では夜ギリギリなら入れるのでは…ということでフライングタイガー表参道に向かう我々。近づくと行列は無いが入り口に立ち並ぶ警備員の皆さん。これは入れなさそう。やはり整理券を持っている人しか入れなかった。

このままでは引き下がれない、と警備員さんに話しかけてみた所9時から整理券配布(オープンは11時)、だいたい2時間待ちが目安とのことだった。週末お出かけ予定の方は参考にして欲しい。

インコアイス渋谷西武で常設販売が始まる

渋谷西武でインコアイスの常設販売が始まった。神戸の「とりみカフェ」が企画したインコアイスは「インコを口に入れたような味がするアイス」というもの。発売開始するやTVなどで取り上げられラフォーレ原宿での限定発売では始発組も出るなど話題になった。

インコアイスは西武渋谷の地下で発売され関東初の常設販売。営業時間は10時~21時(日曜・祝日〜20時)。西武渋谷店が常設販売の問い合わせが一番早かったことから出店となったようだ。グッジョブ!!

インコアイスとは

今年フクロウが店内に鳥がいる、あるいは触れ合えるカフェがTVで盛んに取り上げられた。インコアイスは元々関西では知られた鳥カフェの「とりみカフェ」さんが趣味で作ったものだがすぐメディアで取り上げられ催事のたびに行列ができるなど話題になった。その勢いを買ってラフォーレ原宿でインコアイスを期間限定発売、初日は始発組も出た。

少し出遅れてしまったhara19.jpだが小鳥男子はふくろうを相棒に夜を超えるの小鳥男子にインコアイスを実食していただくことにしたのであった。

>> インコソムリエにインコアイスを食べてもらった→“後味が水浴び後の臭いを吸い込んだ記憶を思い出させる。”

クリントン・ストリート・ベイキングの記事など!

本サイトのパンケーキのRSSだけご購読いただいている方がいらっしゃったと思うので改めてお知らせするとパンケーキ関係は独立して東京パンケーキ速報 – ジタバタするほど美味しい東京のパンケーキたち 、というサイトにしました。そちらで元気に更新しております。

最近では

などを書いています。書ききれないほどネタはあって、時間ができ次第投下していきますが楽しみにお待ちいただければと思います。カメラも1眼レフにしたので綺麗になっています。

▼クリントン・ストリート・ベイキングのパンケーキ
クリントン・ストリート・ベイキングのパンケーキ

ピエール・エルメからコーヒーがテーマのFETISHケーキ!

何の因果か会社から一番近いケーキ屋がピエール・エルメ。身内に祝い事があったので奮発してホールケーキを頼んでみた。ピエール・エルメでは2006年から毎月ひとつの”好きでたまらない”アイテムをクローズアップしていく<FETISH>という期間限定のフレーバーを展開している。今月は“Fetish Infiniment Café”ということでコーヒーがテーマとなっている。

先月のFetishはピエール・エルメの代名詞”イスパハン”。チーズケーキ・イスパハン食べてみたかった…。さて今回のInfiniment Café、ピエール・エルメがコーヒーの無限の可能性を試す、という感じだろうか。L’Arbre à Caféの創立者クルティ氏とのコラボでインスパイアされタルトやミルフィーユ、シュークリームなどに落としこんでいる。

ミルフィユ アンフィニマン カフェ イアパール ルージュ デュ ブレジル

メニュー名長い…。コーヒー風味のヌガーがビジュアルのアクセントになっている。大人な外観だがヌガーのコーヒー味が前面に出たパワフルなミルフィーユ。マスカルポーネは自然な甘みが出てお上品に。

カラメリゼしたパイ、ブラジルコーヒー風味マスカルポーネクリーム、ブラジルコーヒー風味ヌガティーヌ

ピエールエルメのコーヒーのミルフィーユ

ピエールエルメのコーヒーのミルフィーユ

モカのホールケーキ

ミルフィユの大きなサイズもあるのだがきれいに切り分けるのが難しいのでホールケーキはスポンジ系生地を選んだ。シフォンケーキのように軽めの生地に外壁のモカのプレートがおいしい。全体に軽めなので午後の紅茶にいいと思う

ブラジルコーヒー風味ジェノワーズ、ブラジルコーヒー風味クレーム、パティシエール、ブラジルコーヒー風味シャンティクリーム、ブラジルコーヒー風味サブレ

ピエールエルメのMokaホールケーキ

東急プラザ 表参道原宿のフリーペーパーに記事を提供しました。

東急プラザ 表参道原宿の「omohara around」という販促用フリーペーパーに原宿・表参道.jpから記事を提供しました。「地元のブロガーが今このエリアで旬なものを紹介する」コーナーでパンケーキと丸眼鏡の2つを紹介しました。

omohara aroundは東急プラザ 表参道原宿が出しているフリーペーパーで「おもはら」=表参道・原宿エリアを指しています。9/7から配布中と聞いていますが「omohara around Vol.05」からオンラインでも読めます。

omohara.tokyu-plaza.com_ebook_omohara-around_vol5.pdf_link_id_sd_b_aro-2

パンケーキ

旬なもの、と言えば東急プラザ 表参道原宿にはbillsさんも入っている訳で取り上げない訳にはいきません。8末はちょうどシナモンズクリントン・ストリート・ベイキングでパンケーキなど海外系パンケーキの進出が相次ぎ未だ衰えないパンケーキブームが続いています。

丸眼鏡

今年ヒットしたドラマと言えばあまちゃんですが松田龍平演じる「ミズタク」に萌える女性陣も多いようです(MARGOI: ミズタク役の松田龍平 眼鏡フェチからの熱い支持 [マーゴイ] – ファッション的つぶやきをまとめます)。丸眼鏡、原宿・表参道では昨年から流行っていて既にピークは過ぎたと思いますが毎日何人かすれ違う、くらいのアイテムとして定着しているのです。レトロ感と知的に見えるのが理由らしいです。