赤坂に万惣出身者の新店「ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル) 」オープンの記事を掲載しました

万惣出身者の店が増えます。昨年のリトルツリーに続いて赤坂にできるのが「ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル) 」。万惣系のホットケーキは日本のパンケーキの中でも一大流派をなしている。

赤坂はニューオータニのSATSUKIやザ・キャピトルホテル東急のORGIGAMIなどホテル系のパンケーキ店が多いエリアだが日本風ホットケーキは珍しいので差別化できるのではないかと思う。

当面はプレオープンの位置づけで11-19時の営業とのこと。

東急東横線渋谷駅跡「ekiato」が巨大ビアホールに!ゴールデンウィークの5/1-5/5開催

渋谷駅跡がビアホールになる。東急東横線渋谷駅跡のイベントスペース「ekiato」、UNIQLOのTシャツストア「UT POP-UP」、現在開催中の「渋デジ!2013~SHIBUYA TV festival」、中田ヤスタカ主催のDJイベント「TAKENOKO!!! -GW SPECIAL- supported by yellow tail」に続く第四弾はビアホール「SHIBUYA beer Terminal」。

大手ビールと地ビール会社から20種類以上のクラフトビール(地ビール)が楽しめる。

「SHIBUYA beer Terminal」はゴールデンウィークの5/1-5/5に開催される。時間や出店メーカーなど詳細は追って。

渋デジ!2013~SHIBUYA TV festival / ekiato

キデイランドの特別ショップ、深夜アニメでカルト的人気の出たUSAVICH、スマイレージ、Milky Bunny(益若つばさ)、Le Velvets(ル ヴェルヴェッツ)のライブやドラえもん、ピカチュウの着ぐるみが来場して記念撮影会などが予定されている。

中田ヤスタカ主催のDJイベント「TAKENOKO!!!」 / ekiato

VERBAL、きゃりーぱみゅぱみゅなどが参加予定。

沖縄のシーサーがいい味になっているので写真集

沖縄の軒先には魔除けとしてシーサーが置かれている。狛犬のように門の両脇に置かれているものもあるし、苔むした塀の上にいるシーサーなどはいい感じになっている。できるだけ写真を撮ってみた。

狛犬なんかも専門サイトがあったりファンが多いのだがシーサーはカジュアルに置かれてる分あちこちで見られるのと、表情や大きさのパターンが多いので見ていると楽しい。

P1100672

P1100674

P1100675

P1100677

P1100686

P1100688

P1100689

P1100690

P1100691

P1100711

P1100712

P1100713

P1100714

「東京パンケーキ速報」がYahoo!カテゴリに登録されました

最近はYahoo!の検索結果もGoogleの仕組みを使っているのでインパクトは無くなってきているが登録されればそれはそれで嬉しいもの。hara19.jpからパンケーキ記事を独立させた「東京パンケーキ速報」がYahoo!カテゴリに登録されました(・∀・)。

Yahoo!カテゴリの「ホットケーキ、パンケーキ」のページに登録されたのを確認。そういえば以前「ホットケーキ」になっていたのでカテゴリ名パンケーキも入れてくれってお願いしたのが反映されてます。
パンケーキ、ホットケーキ – Yahoo!カテゴリ

東急東横線渋谷駅跡のUT POP-UP!TYO

東急東横線渋谷駅跡で期間限定開催のユニクロTシャツストア「UT POP-UP!TYO」もう期間終了しているがインパクト大きかったので遅ればせながら取り上げたい。

まず東急東横線渋谷駅の最終日の混雑、これは利用者の多さ・年代の幅広さとそれに伴う注目度は予想以上のものだった。

引き続く駅跡を利用したイベントスペース「ekiato」はホームをそのまま開放するものでターミナル駅の終点を使えるというダイナミックさと認知度の高さが発揮されたいい企画だと感心した。

東急東横線渋谷駅のUT POP UP Store

P1100201

P1100202

P1100204

P1100206

P1100208

P1100210

P1100213

P1100217

P1100216

P1100207

P1100209

P1100211

カフェムンクで「叫び」カフェラテを頼んでみた:渋谷ヒカリエでムンク生誕150周年記念イベント

ムンク生誕150年記念の期間限定カフェ「Café MUNCH(カフェムンク)」が開催中。スカンジナビア政府観光局主催で場所は渋谷ヒカリエのフラワーズコモン(FLOWERS Common)、期間は4月10日-4月23日。ムンク作品のレプリカの展示やノルウェー料理やカフェラテが提供される。

ムンクと言えばノルウェーを代表する画家だがノルウェー観光局ではなくスカンジナビア政府観光局が主催。スカンジナビア政府観光局はデンマーク、ノルウェーの旅行に関する情報の公式サイトでWikipediaによると「単独で支局開設が行えない場合には、周辺の国と共同で観光局を構えるケースもある」というパターンなんでしょうね。以前はスウェーデンと3カ国だったのが今はデンマーク・ノルウェー両国が対象になっている模様。

ホビット撮影舞台になっているニュージーランド観光局もそうだが流暢な日本語を操ってくれるだけで親しみが湧くのは不思議なもの。多分向こうが本腰でやっていますよ、ということが伝わってくるからなのかな。
カフェムンク会場

カフェムンク / フラワーズコモン(FLOWERS Common)

ヒカリエの7・8Fはレストランフロアになっている。7階の一番奥にあるフラワーズコモン(FLOWERS Common)は渋谷ヒカリエで一番大きなレストラン。カフェムンクではフラワーズコモン店内にはムンク作品のレプリカ画37点が展示されている。普通のレストランなので歩きまわって作品を鑑賞するというよりは通された席の近くのものを見る、という感じ。
カフェムンク

ムンクの代表作「叫び」/ ヒカリエのカフェムンク

ムンクの叫び、知らない人はいない作品だがちゃんと説明読んだのは初めて。盗難されて話題になった物も含め同じ構図の作品が5点あって、うち4点のレプリカが展示されてる。

一般にはムンク自身が叫んでいるように思われているが「自然を貫く大きな終わりのない『叫び』」に恐れ慄いている様、という絵らしい。自分が叫んでいるのでは無く叫びを感じたから耳を覆っているわけだ。

二人の友人と歩いていると、日が沈みはじめた。見る見るうちに
空が血のように赤く染まっていく。僕は疲れを感じて立ち止まり、柵にもたれかかった。
青黒いフィヨルドと街の上空が血と炎で彩られた。
友人は、僕をおいてどんどん先に行く。僕はそこに立ち止まったまま不安に身を震わせた。
その時、自然を貫く大きな終わりのない『叫び』を感じた(エドワルド・ムンク)

ムンクの代表作「叫び」/ カフェ・ムンク

カフェムンクの期間限定ムンクメニュー

ムンクも食べていたであろうノルウェーの代表的な料理がメニューになっている。夕方からの提供なので昼はスイーツ・ラテだけ注文可能。

  • ノルウェーサーモンを使ったアペタイザーで、サワークリームをトッピングで添えた「ノルウェーサーモンのマリネ ライ麦パン添え」(930円)
  • リンゴンベリージャムをかけた俵型のミートボール「ヒョットカーケ~ノルウェー風ミートボール~」(830円)
  • 「叫び」を模したデザインのチョコプレートをあしらった「『叫び』ジンジャーガトーショコラ」(720円)
  • 「叫び」カフェラテ(700円)

ムンクの「叫び ラテ」 / カフェムンク

ランチに訪れた所ノルウェーサーモンやミートボールは17時以降のみということだったのでカフェラテを頼んでみた。

「叫び」の飴やチョコプレートが添えられたラテにはヘタウマな「叫び」が。テンプレート使うとかすればもう少し精巧なんでしょうけれどバイトさんでもできるレベルに簡素化したのかな。
ムンクの「叫び ラテ」/ カフェムンク

海南チャーハン〜ハイハンチャーハン〜海老とネギトロのサラダライス / ヒカリエのフラワーズコモン(FLOWERS Common)

1000円以上するエスニック・チャーハンだが冷めていたのでノーコメント。見た目はいいんですけれど冷めたチャーハンは食べられないです。
海南チャーハン〜ハイハンチャーハン〜海老とネギトロのサラダライス/フラワーズコモン(FLOWERS Common)

海老とネギトロのサラダライス / ヒカリエのフラワーズコモン(FLOWERS Common)

ボリューミーなサラダライス。上に乗っている物体はネギトロ。
海老とネギトロのサラダライス/フラワーズコモン(FLOWERS Common)

清正井:明治神宮のパワースポットは新緑に囲まれる湧水だった

都内随一のパワースポットといわれる清正井(きよまさのいど)に立ち寄ってきた。明治神宮の森が丁度芽吹いていて新緑に心洗われる思いだった。特にもみじの新芽が風に揺れる様はいいもの。明治神宮御苑の入園料は500円だが安いものだと思う。

一時は数時間待ちで整理券を配布していたようだが先週末の午後は普通に入れて行列も無かった。

明治神宮の清正井(きよまさのいど)とは

この清正井(きよまさのいど)は毎分60リットルの水量を誇り、明治神宮南池の水源となっている。戦国大名加藤清正は熊本城・名古屋城など「築城の名人」と呼ばれ土木の名人であった。

明治神宮のエリアには江戸時代加藤家の下屋敷があり加藤清正の子・忠広が住んでいた。後に加藤家は断絶し井伊家の下屋敷となったがこのように見事な技術で井戸を掘れるのは加藤清正しかいない、と考えられるようになった。この辺りの話は明治神宮公式サイトで説明されている(参照)。

明治神宮のもみじ

本当に加藤清正が井戸を掘ったのか

明治神宮としては加藤清正が掘った井戸かどうかは不明という立場でパワースポットについても「願いがかなうかはそれぞれの気持ち次第」と肯定も否定もしない立場を取っている。

今回清正井を訪れてみて、私もそれに同意。明治神宮の森は明治天皇が崩御された後に作られた人工的なものであるにもかかわらず成長も見越して立派な広葉樹林となっている。敷地も広大で、たった一つの井戸の真偽など小さなこと、と思えてくるのだ。
明治神宮の菖蒲園

清正井がパワースポットとされているのは?

清正井がパワースポットとして認知されたのは芸能人がTVで取り上げたからだ、ということになっている。調べた所2009年12月25日の読売テレビ「ダウンタウンDX」で手相芸人・島田秀平が力説したことがきっかけのようだ。

  • 島田秀平は占いの師匠「原宿の母」から教わった
  • 明治神宮は富士山から出た気が流れる“龍脈”上にあるらしく、自然の湧水である清正井には特に気が集まっている
  • 携帯の待ち受け画像に清正井の写メを設定すると運気が上がると回りにすすめたのも島田秀平

ということで清正井がパワースポットである話は島田秀平が言い出しっぺであることがわかった。

広報の福徳さんの話では「行列ができ始めたのは、昨年12月25日から」。前日の24日に放送されたテレビ番組が引き金だった。確認すると、手相芸人の島田秀平さん(32)が番組中、清正井の御利益について力説していたことが分かり、早速本人に話を聞いてみた。 「数年前から、手相を見せていただいた有名人の方たちに『清正井に行くと運気が上がる』と勧めまくっていたんです」 やはり、島田さんがうわさの発信源だった。当の島田さんは、4~5年前に占いの師匠である“原宿の母”から、清正井の“パワーの秘密”を教えられた。何でも、明治神宮は富士山から出た気が流れる“龍脈”上にあるらしく、自然の湧水である清正井には特に気が集まっているそうだ。

清正井がブレークした理由は他にもあった。“待ち受け画面”だ。「清正井の写真を携帯電話の待ち受け画面に…」と広めたのも島田さん本人。「携帯の待ち受け画面は誰でも頻繁に見るところ。そこに清正井の写真があれば、願い事やお参りしたときの気持ちを忘れないはず。そう思ってみんなに勧めてみた」そうだ。「ただ、パワースポットや神社仏閣にお参りするだけではダメで、そうなりたいと願いつつ努力することも大事。願いがかなったと思えるかどうかは、それぞれの気持ち次第です」と、占い師としてのアドバイスを忘れなかった。 (2010年2月,産経新聞報)

▼こんこんと湧き出る湧水
(videoタグを高画質gifアニメみたいに使う – MEMOGRAPHIXが素晴らしかったのでやってみました)

原宿駅から明治神宮へ

さて先週末参宮橋の人気パンケーキ店ももちどりを目指そうと明治神宮を通り抜けた時のこと。中韓・欧米など海外からの観光客も沢山訪れていた。
明治神宮大鳥居

明治神宮の参道

明治神宮といえば初詣参拝者数が日本一なことで有名だ。参道はそのピークに合わせて作られているから異常に広い。
明治神宮の参道

海外観光客に人気の日本酒の樽

奉納された日本酒の樽の前で海外観光客が記念撮影をしていた。そうか。力強く漢字が書かれた日本酒の樽は日本的なものとして感じられるんでしょうね。明治神宮に奉納されたお神酒

明治神宮御苑

御苑といえば新宿御苑…と言うイメージがあるが明治神宮にも御苑がある。由来で出てきた井伊家の下屋敷の庭園だったエリアだ。清正井はその中にある。誰でも500円で入れるが夕方早いので注意。
明治神宮御苑

菖蒲園を奥へ進む

原宿の喧騒から離れ、参道のざわめきからも離れているので散策を楽しむカップルにもおすすめ。 明治神宮の菖蒲園

たった90年でこれだけ育った明治神宮の広葉樹林

菖蒲田は沢のようになっていて一番奥に清正井がある。新緑の色が違うことからわかるように様々な種類の樹木が植えられている。ナショナルジオグラフィックの記事にあるように元々荒地だったこの地に日本全国から樹木が奉納されて計画的に鎮守の杜が作られた。その計画には日比谷公園の設計などに関わった林学博士や造園家が関わっている。

先週過伐採で荒地・ハゲ山ばかりになっていたが戦後杉や檜など針葉樹を植えまくった、それで今はみんなスギ花粉で苦しんでいる、というNAVERまとめが話題になったのを覚えているだろうか(参考)。針葉樹林や明治神宮の杜を見るとわかるようにずっとこうだったはずの光景が90年前には無かったという事実は常識の脆さを思い知らされる気がする。

明治神宮菖蒲園と新緑

清正の井戸に到着

ここだけ通路を区切るコーンが置かれ警備員さんが付いている。他は自由に歩き回れるんですけどね。団体観光客が来たり時間によっては混むのかも。「はいはい前へ進んで〜」「えー全体も撮りたいし〜」とギャルとの会話が原宿らしい。帰ってきてから気づいたが列に並んでいる女の子もFOREVER21のショッピングバッグ。 清正井の観光客

清正の井戸には数十センチまで近寄れる!

警備員さんがいるとは言え手前の石に乗っても良いので井戸ぎりぎりまで近寄れる。パワースポットなどは信じない質だがこれはいいスポットを教えてもらった感。柿田川の湧水なんかでは離れた所から眺めるだけだったので。ちなみに井戸の水は「飲用には適しません」との立て札がある。 清正井

井戸から溢れる湧水を数センチの距離から眺める

ご覧のとおり井戸は50cmほどなので地面から水が湧き出しているように見える。大正12年の関東大震災後は大雨の後水が濁るようになり、昭和8年の干ばつで干上がったため昭和12年に本格的な修復工事と水源調査が行われた。

その結果水源は御本殿西側敷地の浅い地下水が集まった自然の湧水であることが解った、とのことで井戸として形になる前から湧水が湧いていたのではないかと思う。清正井接写

明治神宮御苑の切り株に咲くすみれ

様々な地形と丘・池・樹木があるのでカメラ好きな方にもおすすめ。

明治神宮御苑のすみれ

参考書籍

明治神宮という一大プロジェクトの成り立ちにご関心ある方は各種書籍が出ているので幾つかあげておきます。

▼明治神宮の杜を管理している中井澤秀明氏による書籍

渋谷のカフェマメヒコ3店舗が閉店・移転・リニューアル

これはビッグニュース。渋谷のカフェマメヒコが大きく変わるようです。渋谷センター街の奥のマメヒコも?!カフェマメヒコ渋谷店は内装も良い感じで雑然とした渋谷の中でも大人がゆっくりできるいい店だと思っていたんですが。

まずカフェマメヒコ飯店のビルが再開発のため閉館ということで閉店。宇田川町のいわゆるカフェマメヒコ渋谷店は5/12で一時閉店して7月1日に映画館カフェとして営業を再開。そして新たにカフェマメヒコ公園通り店が6月1日開店。

カフェマメヒコ渋谷公園通り店

今までのカフェマメヒコ渋谷店はカフェマメヒコ公園通り店が引き継ぐ感じになるんだろうか。PARCOの向かい、1階がSWAROVSKIのビルの2階だそうです。

閉店と開店のお知らせ

1. 公園通り店 6月 1日(土) 新規開店
渋谷区 神南1-20-11 造園会館2階

2. 飯店 5月31日(金) 閉店
理由:ビル閉館のため
6月1日~14日 映画館として臨時営業
vol.1「紫陽花とバタークリーム」上映

3. 現渋谷店(宇田川町) 5月12日(日) 一時閉店
理由:リニューアル改装のため
7月 1日(土) 新装開店
映画館カフェとして営業
vol.2「さよならとマシュマロを」上映
http://www.mamehico.com/cafe/12123.html

代官山松之助N.Y.、IVY PLACEのパンケーキ記事を掲載しました

週末は大荒れの東京だったが日中は人が減って人気パンケーキ店に入りやすいのでは、ということで代官山でパンケーキ巡りしてきたのでレビュー記事を掲載しました。

松之助N.Y.はアップルパイとパンケーキが出る店で代官山駅から蔦屋書店へ行く路面店。IVY PLACEは蔦屋書店があるT SITEの敷地内にあるダイニングバー。松之助N.Y.IVY PLACE両方ともフワフワ系の良いパンケーキでしたよ。

記事はTweet内のリンクからどうぞ。

ベン&ジェリーズ表参道ヒルズ店で9日火曜にアイスクリーム無料配布する #FREECORNDAY 開催予定

ベン&ジェリーズは9日火曜にアイスクリームを無料配布する「フリーコーンデー」を開始する。創業者の「ビジネスは、地域社会に利益を還元する責任がある」という理念に基づき世界の前店舗で毎年開催している。1回の来店で一人につき1個、スモールサイズのアイスクリームを無料で配布する。

何度来店しても良いが、表参道店などは相当行列することが予想されるのでまあ1回でしょうね。国内ではベン&ジェリーズ表参道ヒルズ店、コピス吉祥寺店、ららぽーと豊洲店の3店舗あるのでお近くのベンジェリへどうぞ。

ベン&ジェリーズ

フリーコーンデーを告知する表参道駅構内のポスター。
ベン&ジェリーズのフリーコーンデイ

渋谷駅構内でも。
IMG_3501

ネスプレッソブティック:オーク表参道に東京初のネスプレッソ路面店

オーク表参道に初の路面店を構えたネスプレッソブティック。ネスプレッソはネスレ社が開発したエスプレッソマシン/コーヒーメーカーのシステム。

ネスプレッソ独自のアルミカプセルを専用のマシンにセットすると「グラン・クリュ」と呼ばれる高品質のコーヒーを抽出することができる、という仕組み。

ネスプレッソブティック表参道

全国に20箇所ほどショールーム「ネスプレッソブティック」があり原宿にもネスプレッソを試飲できるマーケティング施設「ネスプレッソ コーヒーエクスペリエンスセンター 表参道店」を持っていた。ネスプレッソブティック表参道は大阪心斎橋に次ぐ東京発の路面店で日本の旗艦店という位置づけ。

1階はショップ、2階は会員制のセミナールームとなっている。

ネスプレッソカフェ外観

高級感溢れるディスプレイ。
ネスプレッソカフェのショーウィンドウ

1階カウンター裏にはカラフルなグラン・クリュのアルミカプセルが積み上げられたディスプレイ。高級感ある色味だから絵になりますね。
ネスプレッソカフェのカウンター裏のビジュアル

指定の商品を買うと糸や布を使ったアートで知られる清川あさみさんとコラボしたトートバッグがプレゼントされるオープニングキャンペーン中。
ネスプレッソカフェの記念トート

エンポリオアルマーニ カフェ / オーク表参道のアルマーニ併設のカフェ

オーク表参道にはエンポリオアルマーニの旗艦店が入っている。その1階に併設されているのがエンポリオアルマーニ カフェ。銀座にアルマーニ レストランを持っているがカフェとしては初めてになる。

エンポリオアルマーニ表参道

昼はガラスが反射して撮りにくいので夜再訪。入り口両側と正面は液晶ビジョン。ランウェイの様子を映している。ご近所のDiorなんかも正面の液晶ビジョンはやってますね。

エンポリオアルマーニ カフェ表参道

エンポリオアルマーニ カフェ

エンポリオアルマーニのカフェは1階に併設されている。通路側の細長い造り。期待していたBVLGARI IL CAFEや銀座のアルマーニレストランのような単体で成り立つ高級路線ではなく、あくまで併設カフェという位置付けの印象。

路面店で一部の席では表参道を眺められるということでこれはこれでありかと。
エンポリオアルマーニ カフェ外観

手前はテーブル席、奥にカウンター席も。イタリア人?のウェイターさんもいるようだ。
エンポリオアルマーニ カフェ内装

アルマーニカフェのメニュー

ランチが11-15時、カフェが14-20時。ランチはアンティパスト&パニーニに色々オプションが付けていく感じで2000-3200円。飲み物も付けるんでしょうから結構いいお値段。

カフェメニューは1200円からだがサービス料10%が付くので1500円〜かな。売りは「チョコレートケーキ&ピスタチオアイスクリーム」らしい。
エンポリオアルマーニ カフェのメニュー

茶酒 金田中のロングテーブルと苔庭が凄い / オーク表参道にオープンした料亭「金田中」の和カフェ

ハナエ・モリビルの跡地を再開発した「オーク表参道」がオープンした。2階には料亭「金田中」のカフェ「茶酒 金田中」が入っている。今日はレセプションということで入れなかったがチラ見してきた。

oak omotesando(オーク表参道)は大林不動産&大林組による複合施設。丹下健三設計のハナエ・モリビルの建て替えということで建物外観は大林組と丹下都市建築設計との共同デザイン。建築の専門家による解説はこちらが詳しい。1-2階はファッション・飲食テナント、3-8階はオフィスフロア。

和カフェ「茶酒 金田中」

オーク表参道の飲食店は1階のネスプレッソカフェ、エンポリオアルマーニ カフェ、そして2階の茶酒 金田中(読みはサーシャ・カネタナカでいいのかな)になる。料亭の金田中は以前白金 庭園美術館内に「Cafe 茶洒 kanetanaka (カフェ・サーシャ・カネタナカ)」という和カフェを持っていた(閉店)。

ランチは鯛茶漬けやひすい麺などから2種類をセレクトするメニューになっている。白金の金田中ではスイーツとしてかき氷、白玉餅、きなこもち、汁粉などが出ていたようなので似た感じになりそう。

オフィスエントランスからの継承

建物左端のオフィスエントランスは現代美術家の杉本博司さん。古代神殿をイメージした巨石群に囲まれた奥行きのある空間「究竟頂(くっきょうちょう)」、その中心の天井には数理模型をつるしている。この杉本博司さんが茶酒 金田中の内装も手がけ、個室から「究竟頂」や数理模型「Marhematical Model013」を眺める事ができるという趣向。建物の設計と個別のテナントの内装は別なことが多いと思うので連続性が興味深い。
数理模型

茶酒 金田中の苔庭

杉本博司氏自ら石を選び配置した苔庭だそうで石の質感はオフィスエントランスを継承している。
和カフェ「茶酒 金田中」の苔庭

茶酒 金田中のロングテーブルが凄い

茶酒 金田中は坪庭に見立てたテラスを眺めながら10mにも及ぶ白無垢材のカウンターテーブルで飲食を楽しむという趣向。料亭的風景をモダンにした和カフェで期待している。
和カフェ「茶酒 金田中」10mのロングカウンター

青学の入学式が開催される

4月と言えば入学式、ということで青学でも連日入学式が開催されていた。

既報の通り4月から青学相模原キャンパスの文系学部は全て渋谷のキャンパスへ統合された。これにより5000人以上の大学生が増えることになる。

私学の競争の中で立教、青学、明治、法政、中央辺りがライバルになると思うが池袋の立教に並ぶ好立地ということで他学をごぼう抜きするかも知れない。
青学入学式

ヴィノ・イタリア / 青学裏の女子向けパスタ屋

青学の裏の246辺りはなんというエリアなんですかね。WEB系だとmixi本社の所で通じるが青学からmixi脇を通って並木橋へ降りていく坂道にはミニヨンやラーメン豚王を始め飲食店が点在している。

パスタを開拓したい気分だったのでヴィノ・イタリアに初訪問。ローソンの向かいのイタリアンは一段下がった店構えなのでいつもスルーしてしまっていたがtabelogでは高評価。
P1100194

ランチメニュー / 渋谷ヴィノ・イタリア

ランチメニューはスパゲッティ、ショートパスタ、リゾットから選んで950円。クリームリゾットも美味しそう。
IMG_3253

ベビーホタテとトマトのアーリオオーリオ、スパゲティーニ / 渋谷ヴィノ・イタリア

アンチョビ好きなので頼んでみた。ガーリックとアンチョビで香り付けされたオイルベース。トマトの酸味でオイルなのにあっさり仕上げ。

味は美味しいが量は女性向きかな。夕方お腹が減りました。

すぐ料理が出てき来る点、ホールは一人で回しているのにキビキビしていて全体に好印象のお店。

なお喫煙可のようなのでランチは禁煙なのか後で確認したい。
P1100196

 

外苑前にKIHACH(キハチ)青山本店がオープン

キハチが青山に帰ってきた。KIHACH(キハチ)青山本店が外苑前にオープン。場所はロイヤルガーデンカフェとシェアードテラスの間。2階建てで100席近くとウェディングの二次会会場としても活躍しそうだ。

ところで隣のシェアードテラスもキハチと同じ運営元なんですね。場を作る面白い試みをされている。

KIHACHI青山本店

オープン数日前、夜寄ってみたら工事が絶賛追い込み中だった。

テラスに大きな窓の個室、1階と2階で使い方を変えるなどお隣ロイヤルガーデンカフェと似た使い方を想定してる感じ。週末はウェディングの披露宴・二次会会場として使われそう。

ロイヤルガーデンカフェと競合するけれども大人数ならロイヤルガーデンカフェ、料理と新築を取るならキハチ?

キハチ青山本店のコンセプトはBy the kitchenということで仕上げを目の前でやってくれるエンタテインメント性がある様子。披露宴・二次会でもオプションで選べるのかもですね。
キハチ青山本店

原宿瑞穂の豆大福 / 東京三大豆大福は原宿土産の定番

原宿土産の定番ということで知ってはいたが初めての紹介の原宿瑞穂さん。昭和56年創業の和菓子屋でショーケースには豆大福ともなかの2種類だけ。この豆大福が東京産大豆大福の一角として有名なのだ。

和菓子の、さらに豆大福というニッチなエリアで三大とは大げさだなと思っていたが称されるだけの価値がある美味しい豆大福。

店主の大橋正文さんは、大学生時代に老舗和菓子店「岡埜榮泉」の豆大福に出合い惚れ込み、卒業後に修行を経て和菓子職人になった。それが『瑞穂』の始まり。1981年、生まれ育った原宿に店を構えて以来、毎朝家族とともに店の奥であんを炊いて、餅をつき、大福を手作りしている。「手間を惜しまず、真心をこめて作りたい」から、大量生産はしない。商品は豆大福と最中の2本柱で、どちらも閉店を待たずに完売しまう日が多いそう。電話で取り置きをしてからの来店がお勧めだ。
http://www.savarins.jp/shop_detail/shop_id/217

東京三大豆大福とは

私が洋菓子の方が好きなので和菓子を取り上げることが少ないのだが、東京三大豆大福(護国寺の群林堂・高輪の松島屋・原宿の瑞穂)の松島屋を買ってみた所びっくりするくらい美味しかったので瑞穂もいつかはと思っていた所。

キャットストリート裏の原宿瑞穂

瑞穂の豆大福は通販なし、売り切れ御免ということで平日でも夕方には売り切れていることが多いようだ。何度か通ったが16時くらいで駄目だったことがある。
原宿瑞穂の外観

原宿瑞穂の豆大福

贈答用の化粧箱入り箱は6個セットから。江戸市中っぽい雰囲気の絵柄。豆大福ともなかしかないので「4個!」と個数だけで注文できて新鮮。

マカロンと同じくぼってりしたものは積んでみないとね。
原宿瑞穂の豆大福

豆大福の断面

割ってみた所。こしあんにもちっとしたしっかり目の餅。重みがあって食べでのある大福。その単調になりがちな所に豆がアクセントになっている。
瑞穂の豆大福の断面

ハナエ・モリビル跡地の複合施設「オーク表参道」開業迫る

4月4日、オーク表参道がオープンする。oak omotesandoはハナエ・モリビル跡地にできる商業施設。

個人的にはネスプレッソの路面店とアルマーニのカフェの内装に注目している。

オーク表参道のテナント

ファッション

「エンポリオ アルマーニ 青山」「コーチ表参道」「ネスプレッソブティック 表参道店」「スリードッツ青山店」

飲食店

カフェ「茶洒 金田中」、「エンポリオ アルマーニ カフェ」

P1100328

COACH表参道

核テナントはCOACHの旗艦店。ファサードのブロックが新たなランドマークとなりそうだ。(清掃大変そう…)

COACHのFacebookファン限定でCOACH表参道のファサードをイメージしたクリアブロックゲームのプレゼント(先着)キャンペーンを行っていて記念にいかが。
P1100329

エンポリオ アルマーニ青山

国内最大級の旗艦店となるアルマーニは1・2階を使用。1階には日本初のカフェ「エンポリオ アルマーニ カフェ」が入る。

表参道にはブルガリ イル カフェという高い評価の店があるので同等のレベルをぶつけてくるのでは無いか。また銀座のアルマーニレストランは内装も凝っているのでどんな趣向になるか楽しみだ。
P1100334

ネスプレッソカフェ表参道

以前も裏原にネスプレッソのティスティング施設を持っていたがマーケティングを強化するのか大規模な路面店となっている。

2階は会員向けのセミナー施設になるようだ。
P1100332

表参道駅出口

オーク表参道敷地内に表参道駅のエレベーターが登場している。「駅直結」になる訳だ。
表参道駅出口