アメリカンイーグル表参道の行列が凄い

東急プラザ 表参道原宿がオープンして一週間、一番注目を集めたのはアメリカンイーグルだった。

「TOMMY HILFIGER」「The SHEL’TTER TOKYO」とともに東急プラザ 表参道原宿路面店を形成するアメリカンイーグル。週末はまだ入場制限による行列ができる可能性があるので予習用に店内をご紹介する。

アメリカンイーグルアウトフィッターズとは

「American Eagle Outfitters(アメリカン イーグル アウトフィッターズ)」はデニムを中心とする米国のカジュアルファッションブランド。AEOと略されることもある。ビンテージ加工により最初から古着風のテイストが人気。この今まで簡単に手に入らなかった有力ブランドが初上陸するという所に話題性がある。

▼最初の週末、千疋屋やソフトバンク前まで伸びた行列

アメリカンイーグル表参道店

アメリカンイーグルは東急プラザ 表参道原宿の明治通り側、ラフォーレ原宿の向かいにある。ダイナミックなワシのロゴが力強い。

路面店は地下1階〜2階の3フロア。地下フロアはメンズウェア、1階にはウィメンズウェア、そして2Fにはインナーやフィットネスアパレルを中心とした姉妹ブランド 「Aerie(エアリー)」を扱う。

価格帯はデニムが5000-6000円とターゲットである十代後半から20代前半まででもお手頃価格。

▼ショーウィンドウがよく見えるということで夜の様子

アメリカンイーグル1階:ウィメンズウェア

アメリカンイーグル地下階:メンズウェア

アメリカンイーグル2階:インナーやフィットネスアパレルを中心とした姉妹ブランド 「Aerie(エアリー)」

キデイランド原宿、7月1日にリニューアルオープン決定

先日外観がお目見えしたキデイランド表参道が7月1日にオープンすることが発表された。

老朽化のため一昨年2010年8末で閉店し建て替え工事が進んでいる原宿キデイランド(綴りはキディランドではないんですよね)。原宿キデイランドと言えばブラピ&アンジェリーナ・ジョリーが来日のたびに訪れるなど海外セレブにも人気の観光スポット、ランドマークとして知られてきた。

ところで長いこと勘違いしていたのだが、キデイランドはキティをやっているサンリオとは別資本。綴りはKIDDY LANDということで「子供の国」ってことですものね。すみませんでした(><)

▼新しい原宿KIDDYLANDの姿。以前と同じ場所で地上5階建て。

キデイランドのリニューアルオープン

“2010年8月より建て替えを行なっておりました『キデイランド原宿店』ですが、来る2012年7月1日(日)に新生『キデイランド原宿店』として、グランドOPENいたします!”とのこと。

新しい店舗には「スヌーピータウンショップ原宿店」「PrismStone」「リラックマストア原宿店」「ハローキティショップ原宿店」などの人気キャラクターの専門店や、「Disneyコーナー(仮)」などの専門コーナーが置かれる予定。

▼キデイランド原宿店 グランドオープン ロゴというものが用意されている。牧歌的な感じ。

(http://www.kiddyland.co.jp/etc/kiddy_news20120423/より)

キデイランド旧店舗と仮店舗

私が原宿へ来てすぐに閉店してしまったので旧店舗に入ったことは無いが仮店舗には何回か行ったことがある → 閉店したキディランド原宿の仮店舗まとめ

上野のケーキ「ロワゾー・ド・リヨン」でフランスのケーキをいただく

上野に行った時「HARBS!HARBS!!」と呟いていたら「ロワゾー・ド・リヨン」というケーキ屋を教えてもらった。

HARBSは上野松坂屋に入っていて大振りなミルクレープが好きなんですよね。

さて「ロワゾー・ド・リヨン」はルコント歴代最年少パティシェだった加登学氏が実家の料亭を改装して始めた、という由来。それで上野・御徒町の歓楽街にありながら別の雰囲気を出しているわけだ。日本にフランス菓子を広めたルコントで修行ということで、本格フランス菓子店である。

1階でケーキとパン、2階が喫茶になっていて喫茶をしていく人も多いようだ。

場所は湯島と上野広小路駅の中間。パチンコやクラブや飲み屋が密集したブロックでロワゾー・ド・リヨンは重厚な店構え。

ケーキのショーウィンドウ

ロワゾー・ド・リヨンのシュークリーム、エクレア、サバラン

ルコントが「万事フランス流に…」というモットーであったように「ロワゾー・ド・リヨン」もシュークリームやエクレアなど普通のケーキが美味しいと聞いた。買ったのはシュークリーム、エクレア、サバラン。

洋酒がだばだばに染み込んだサバランは420円。ブリオッシュ生地にラム酒を多めに染み込ませたフランス菓子。お酒に弱い人は酔っ払うかもしれない。

シュークリームは「ロワゾー・ド・リヨン」のスペシャリテ、「シューパリジャン・シューリヨネーズ」280円。塩気の効いた生地にアーモンドダイス、粉砂糖がかかっている。紅茶のクリームが数日後も思い出されそうな香りで迫ってくる。見た目は普通だがギャップが凄い。スペシャリテと言うだけある。
ロワゾー・ド・リヨンのシューパリジャン・シューリヨネーズ

最後にエクレア。見た目は地味だがチョコが濃厚でぐいぐい攻めてくる。シュークリームもエクレアも見た目と味のギャップに驚かされる。400円台は強気だと思うがそれだけの個性、主張がある一品であった。

なめこ着ぐるみが巨大過ぎる件 / なめこ市 at AppBank Store東急プラザ表参道原宿

東急プラザ 表参道原宿のAppBank Storeのオープン企画でiPhoneアプリの人気ゲーム「おさわり探偵なめこ栽培キット」グッズを扱う「なめこ市」が開催されている。目玉のリアルなめこが出てくるとあまりの大きさに観客から歓声があがっていた。

AppBank Storeの「なめこ市」は今週土・日に開催され、リアルなめこが登場するのは14時と16時の2回。

なめこ、群衆をかきわけ登場

東急プラザ 表参道原宿開業後初の週末ということでAppBank Storeは大盛況

14時になるとAppBank Storeの奥からなめこ登場!茶色の頭が見える

スタッフに先導されてなめこが登場!

なめこ撮影会!っていうかなめこでかっ!でかっ!

だばだばするなめこ。目も口も暗い穴だからなんというか…迫力ありますね。

AppBankのなめこグッズをチェック!

なめこグッズが勢ぞろいした「なめこ市」

店頭入り口になめこグッズのワゴンが。なめこグッズの覗きこむ人も多い。

おまけ。イヤホンジャックに刺すこのアクセサリいいね。

なめこパスケースになめこポシェットになめこケース各種

購入したのはなめこコースター。どこかスタバっぽい

AppBank限定なめこホームボタン。2個のうち一つは買ってのお楽しみ、とのこと。

なめこiPhoneケース各種

bills表参道店に行列せずに入る3つの裏技

東急プラザ 表参道原宿が18日、オープンした。飲食の目玉は「世界一の朝食」と評されるbillsである。早速メニューに混雑具合、待ち時間、予約できるかも確認してきた。

billsはオーナーシェフのビル・グレンジャーがオーストラリアはシドニーに開いたレストランで、トム・クルーズやディカプリオを始めとする多数のセレブにファンがいて、特に「オーガニックスクランブルエッグ」がニューヨークタイムズで”世界一の卵料理”と評された。

日本では鎌倉の七里ヶ浜と横浜の赤レンガ倉庫、お台場と海岸沿いに展開してきたが、bills表参道で都心に初出店するとともにフラッグシップショップになるという。

まあこの辺は皆さんご存知ですね。

オープンに先駆けて行われたレセプションパーティーでBill Grangerは、「七里ケ浜から4年、ここで自分の店がオープンできるなんて、とても夢にも思わなかった。本当に言葉にできないくらいのわくわく感で、心がいっぱいだよ。」と、表参道への出店について話し、「東京のど真ん中にできたフラッグシップショップは、僕の家のようなリラックスした雰囲気だよ。ぜひ楽しんで!」と日本のファンにメッセージを送った。
http://www.fashionsnap.com/news/2012-04-18/bills-omotesando/

billはこのように述べているが、自分の中ではビーチ沿いのイメージだったbillsが都会の表参道に出店、という?と、「僕の家のようなリラックスした雰囲気だよ」という二重のギャップについてはてなマークが湧いていたので確かめてきた。

bills表参道は平日9時前なら行列せずに入れる!

18日の開業当日は絶対入れないだろうと思っていたが、実際3時間待ちだったらしい。
お台場の行列の話も聞くからさもありなん、という感じ。

ここで先にbills表参道に行列せずに入れる3つの裏技、裏技というか知っている人は知ってる話をしておこう。

  1. bills表参道には朝9時までに入店せよ
  2. bills表参道に夕方以降に行くならネットで予約せよ
  3. bills表参道に昼入りたいなら電話で予約せよ

1.bills表参道には朝9時までに入店せよ

東急プラザ 表参道原宿全体の営業時間は午前11時~午後9時だが6階のスタバ、7階のbillsは午前8時半~午後11時が営業時間。

原宿・表参道エリアのショップは10時以降営業の所が多いから8時半というのはこのエリアとしては早い。実際開業翌日の19日8:30に行った所既に席に案内が始まっていて、120席のうち半分埋まっているかどうか、という感じだった。

2.bills表参道へ夕方以降に行くならネットで予約せよ

実はbillsは普通にネット予約できる。billsはopentableというネット予約システムを利用していて17時以降のネット予約が可能だ。無料だし、希望時間が埋まっている場合前後や別の日の同時間帯の候補を出してくれるので便利だ。

bills表参道の予約(opentable)

3.bills表参道に昼入りたいなら電話で予約せよ

これは店員さんに聞いたのだが「初日は予約の方もいたので混みました〜」とのこと。昼の時間帯は電話予約できるそう。

■2012.05.14追記
夜しか予約を受けていないという情報をいただいたので訂正します。

■2012.11.08追記
知人から新たに朝一で電話して昼食の予約が取れた話を聞いたので混雑次第で予約が取れることもある、という感じのようです。

ということで朝・昼・夜、いずれも確実にbillsに入れる方法がある。

bills表参道の内装

直通エレベータで一気に7階へ。120席ということでかなり広く、席の種類も多い。

▼開放的な内装
とにかく窓が大きい。多くの座席が窓に対面するように作られている。好みだ。

座っていると、視界には「おもはらの森」の緑の合間から渋谷の高層ビル、という感じ。数年後樹木が伸びたらもっといい感じになりそう。自然を意識した海沿いが多かったのにここがフラッグシップだ、と言える連続性の秘密はここにあったのだ。

また下界の雑踏から離れた別世界なので「僕の家のようなリラックスした雰囲気だよ」というコメントにも納得できる。

▼テラス席の様子

▼テラス席から「おもはらの森」を見下ろした所

▼「おもはらの森」全景
東急プラザ 表参道原宿は積極的に屋上を使った建築になっていて、すり鉢状の広場に多数の樹木、60脚以上のデザインチェアが置かれている。

▼ロングソファーに座ってぼーっと緑を眺められる、という趣向

▼奥にはライブラリ風の一角もある

ベビーカーや車椅子で入れるか、という質問を貰ったが、billsまでは明治通りから直通のエレベータで上がれてフラットな床なので大丈夫だろう。通路は狭めなので座席は限られるかもしれない。

bills表参道のメニュー

大まかに「BILLS CLASSICS」と呼ばれる定番料理とサンドイッチなどの「BAKERY」に分かれる。モーニングセットなどは無く一日同じメニュー。名物のリコッタパンケーキやスクランブルエッグは1200-1400円なのでコーヒー500円と合わせて1500円を超える感じ。

BILLS CLASSICS

  • スイートコーンフリッター w/ ローストトマト、ほうれん草、ベーコン、アヴォカドサルサ 1400円
  • リコッタパンケーキ w/ フレッシュバナナ、ハニーコームバター 1400円
  • オーガニックスクランブルエッグ w/ トースト 1200円
  • フルオージーブレックファスト w/ ガーリックマッシュルーム、ベーコン、ローストトマト、チポラータ、トースト 1800円

SIDES WITH EGGS OR TOAST

卵料理とトーストにはオプションを追加できる。
アヴォカド / フレッシュトマト 200円
ローストトマト / ガーリックマッシュルーム 250円
ベーコン / 熟成チェダーチーズ / フレッシュリコッタ 300円
自家製グラブラックサーモン / チポラータ 400円

BAKERY

  • 本日のマフィン 350円
  • 自家製ココナッツブレッド 700円
  • チョコレートバナナブレッド w/ フレッシュリコッタ 700円
  • トースト w/ マーマレード、自家製ジャム、ベジマイト、オーガニックハニー 700円
  • アボカド、ライム、コリアンダーのオープンサンドイッチ 700円
  • モッツァレラとせーじのホットサンドイッチ 700円

bills表参道のリコッタパンケーキ。フレッシュバナナ、ハニーコームバターを添えて

手前に滑り落ちているのがハニーコームバター。大ぶりなパンケーキが3枚で満足感ある。スフレっぽい感じでしっとりしたパンケーキ。個人的には好み。

▼リコッタパンケーキ(1400円)

bills表参道のオーガニックスクランブルエッグとトースト

The Timesなどの様々なメディアで、“世界一の卵料理”と評された一品。ふわふわ具合が凄い。味は素材を生かしているのか素朴。見た目と食感を楽しむものかな、と思う。

▼これが世界一のスクランブルエッグ(1200円)

bills表参道のまとめ

ロケーションと内装はフラッグシップの価値がある。これだけのために行っても良い。多くの席からおもはらの森を見下ろせるのはポイント高い。

スクランブルエッグは素材を活かした素朴な味。「世界一」までハードルあげてしまうほどのびっくりは無いが普通に美味しいと思う。男性はリコッタパンケーキの方が量的に満足できそう。

お値段は朝の9時から2人で3000円超えと正直良くないがbillsを知っていて行くのだろうからしばらくブームが続きそう。

bills特集

billsはオーナーシェフのビル・グレンジャーがオーストラリアはシドニーに開いたレストラン。トム・クルーズやディカプリオを始めとする多数のセレブにファンがいて、特に「オーガニックスクランブルエッグ」がニューヨークタイムズで”世界一の卵料理”と評された。billsのパンケーキはリコッタチーズを使用してふわふわなことで知られる。

原宿・東京の有名パンケーキ店訪問記

パンケーキ記事が増えたので「原宿パンケーキ速報」というサイトに独立させました。

原宿・表参道は今、日本一のパンケーキ激戦区となっている。

従来からあったエッグスンシングス原宿店パンケーキデイズ原宿店外苑前の香咲、キャットストリートのuzna omom(ウズナ オムオム)に加え4月に相次いでオープンしたレインポーパンケーキ、東急プラザ表参道原宿最上階に旗艦店を構えた“世界一の朝食” bills表参道店、そして今月オープンした逗子のSUNDAY JAM。いずれもメディアに取り上げられた人気店ばかりだ。billsとSUNDAY JAMは徒歩5分の至近距離で両方トランジットジェネラルオフィス運営ということで意図的に「原宿・表参道エリアはパンケーキのメッカ」という戦略で密集させているものと思われる。

そして「開店即行列打ち切りの人気店」という実績を引っさげてカフェカイラ表参道、というわけだ。原宿・表参道を扱う当サイトではそれらを含め東京の有名パンケーキを制覇すべく食べ歩いているので参考にして欲しい。

  • みじんこのパンケーキ

    東京最強のパンケーキ10選

    2012年40店舗=週一以上食べ歩いた@hara19jpがセレクトした最強のパンケーキたち。みじんこ、#A、ミモザ、ピノキオ、帝国ホテル、VoiVoi、ニューオータニSATSUKI、San Francisco Peaks、リトルツリー。

メディアで人気のパンケーキ

最近TVで良く取り上げられているのは次の4店。「大島優子がお気に入り」のエッグスンシングス、「The Timesで世界一の朝食と評されブラッド・ピットらセレブの常連も多い」bills、「ハワイで一番おいしい朝食」カフェカイラ、「NYの朝食の女王」サラベスとキャッチコピーが付いている。

  • エッグスンシングスのパンケーキ

    エッグスンシングス原宿店

    ハワイの人気パンケーキ店エッグスンシングスのフランチャイズ店で108席と原宿でも最大規模ながら行列が途切れない。山盛りのホイップクリームを乗せたパンケーキが若い人に人気。

  • billsのパンケーキ

    bills表参道店

    原宿神宮前交差点のGAP跡にできた東急プラザ。その最上階にフラッグシップショップとしてオープンしたのがbills表参道店。リコッタチーズパンケーキは終日注文できる。

  • カフェカイラの特製パンケーキフルーツトッピング全部盛り

    カフェカイラ表参道店

    カフェカイラはスカイツリー近くにオープンしたパンケーキ店。ハワイ一の朝食を受賞したこともあるという触れ込みで3枚重ねのパンケーキにフレッシュフルーツがたっぷりのへルシーさが売り。2012年12月に表参道への移転した。

  • サラベスのリコッタチーズパンケーキ

    サラベス新宿

    「NYの朝食の女王」と鳴り物入りで登場。新宿ルミネ2階にあるオーガニック志向のレストラン。リコッタチーズパンケーキやボイルドエッグが人気。

ホテル系パンケーキ

1950年代から半世紀に渡り提供されてきた帝国ホテルのパンケーキ。月2000食出るホテルニューオータニのパンケーキなど伝統と格式のパンケーキは侮れない。

▼編集に関わりました。

AppBank Store東急プラザ表参道原宿今日オープン / LINEぬいぐるみにリアルなめこ来襲!

AppBank Storeが今日オープンする東急プラザ表参道原宿に移転。

旧原宿店より広くなった売り場に計2000点のアクセサリが勢ぞろい。モデルの三枝こころさんも駆けつけるという。話題作りにAppBankの本気を見た!

AppBank StoreはiPhoneアプリのレビューサイトとして有名なAppBankの実店舗でiPhoneやiPadのアクセサリーを扱っている。

商品点数の取り扱いも原宿店の数倍の取り扱いになったので楽しみ。

AppBank Store東急プラザ 表参道原宿店店内

注目その1:売り切れ必至!LINEスタンプ キャラクターのぬいぐるみ

LINEのスタンプキャラが300体、再生産の予定無しということで初日に駆けつけたい。全3種類、価格は各3150円。

NAVERの金子さんが7時に並んで先頭の購入者とお話ししたい、と話していてさすがですね。

注目その2:AppBank Store東急プラザ表参道原宿 オープニング企画 『OMOHARAなめこ市』 

今週末21・22日にはリアルなめこ来週イベント!

題して「おさわり探偵なめこ栽培キット OMOHARA なめこ市」。先着500名様には購入者プレゼントも用意されている。日時: 4/21(土)・4/22(日)11:00~21:00 雨天決行、なめこ登場:①14:00~ ②16:00~とのことなので11時からグッズをゲットし、14時からリアルなめこを待ち受けるのが良いだろう。

4/21(土)・4/22(日) 、なめこがAppBank Storeに遊びに来ます!

豊富なiPhoneケース

AppBank Storeと言えばiPhoneケース、iPhoneケースと言えばAppBank Store。
というわけで1500種類ものiPhoneケースが陳列されている。サンプルを実際に触って選べるのが嬉しい。

AppBank村井さんも自信のろくろポーズ!

女の子に大人気のクマちゃんケース。紫はAppBank限定

レトロカメラ風ケースはカメラのボタンを押すとiPhoneの写真が撮れるギミック付き。

このトランクケース、この出来で2000円とお得!

Kittyちゃんシリーズは外国の方も喜びそう

発売以降、大人気すぎて常に品薄のSu-Penをオープンのために確保!目にしたら必ず買うべし。

男性に人気のメタル系ケースも1列?2列?あった

証明書付き金箔張りのケース。売れるのかなwww

オバマ大統領が使っているiPadケースもあるぞ!

東急プラザ 表参道原宿とは

東急不動産が新たに「東急プラザ」ブランドの旗艦店と位置づける商業施設。

地下2階〜地上7階、全27テナント。核テナントとして日本初出店の「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」、「トミー ヒィルフィガー」のグローバル旗艦店、バロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」が開店。飲食の目玉として世界一の朝食と称される「bills」が屋上に入る。

総事業費は約600億円で2月29日に初年度の目標が売り上げで90億円、来館者数400万人との発表(プレスリリース)があった。

▼「東急プラザ 表参道原宿」全景

テナント概要

全27店舗の内訳はファッションアパレル15店舗、ファッション雑貨6店舗、ライフスタイル雑貨4店舗、カフェ・飲食店2店舗。ファッション以外の店舗としては都心初となる”世界一の朝食”「bills」、神宮前から拡大移転するiPhone&iPadアクセサリ専門店「AppBank Store」などが目を引く。

旗艦店

「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」「トミー フィルフィガー」「The SHEL’TTER TOKYO」

レディスファッション/ファッション雑貨

LOAVES/choosy chu/Rione Duras/Roomy’s/MINNETONKA/phoebe/AMO’S STYLE by Triumph/FLAG/Rady/JugeETTA/goa/LABORATORY WORK ReCURRENT/charms/Cheek by archives/HUMOR SHOP by A-net/GLAM BABY/pink tcick/Jewelna Rose

ライフスタイル雑貨

ハンズ ビー/AppBank Store/Tokyo’s Tokyo/AUX PARADIS

飲食

STASRBUCKS/bills

FC TOKYO vs 鹿島を観に行ったら両クラブともバックパスでゴール数mからのフリーキックを食らう珍事に遭遇した件

味の素スタジアムでFC TOKYO vs 鹿島を観てきた。奥さんが鹿島サポなので入り口で夫婦分かれライバル意識バリバリである。

ということより両クラブのゴールキーパーがバックパスを取られましてね。バックパスが反則なのは知っていたがフリーキックはファールした地点、すなわちゴール直前からになるのだなあ、と。

言われてみれば当たり前なんだけれど実際に見たことはなかったものだから、びっくりした。

▼FC TOKYO側ゴール前間接フリーキック
FC TOKYOGKの権田が興梠との接触で負傷、急遽サブの塩田が守っていた。
これは壁に当ってクリアされゴールならず。近いから入るってものでも無い。

▼鹿島側ゴール前間接フリーキック
その後鹿島もバックパスを取られ数mの至近距離からフリーキック。笛が鳴る前に鹿島選手が飛び出すものだから3回くらいやり直しに。至近距離の弾丸シュートを何度もやり直すシュールな状況に場内からは「もう一回」コールがあがった。

最終的に跳ね返りを押し込んだFC TOKYOが得点した。

ルールを再確認すると”意図的にゴールキーパーにキックされたボール”とあるので鹿島の方はファールは無かった、と個人的には思う。単にクリアミスが枠に飛んだのでGKがキャッチしたらファール取られちゃった、という感じ。録画で再確認したのでピッチで判断しなければいけない審判には気の毒な状況ではあった。

間接フリーキック

ゴールキーパーが自分のペナルティーエリア内で、次の 4 項目の反則を犯した場合、間
接フリーキックが相手チームに与えられる。
(中略)

  • 味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされたボールに手または腕で触れる。
  • 味方競技者によってスローインされたボールを直接受けて手または腕で触れる。

(JFA サッカー競技規則 第12条 ファウルと不正行為より)
http://www.jfa.or.jp/match/rules/pdf/law_soccer_all_11.pdf

おまけ

雨で観客が屋根のある所に固まったため、通路も立ち見が出ていた。

ホーム3戦(?)雨ということでサポータから募集したてるてる坊主

木下優樹菜がThe SHEL’TTER TOKYOオープニングに登場! / 東急プラザ 表参道原宿

東急プラザ 表参道原宿にバロックジャパンリミテッドがオープンするThe SHEL’TTER TOKYO。moussy/SLY/rienda/AZUL by moussyなど渋谷109でお馴染みの人気ブランド群を擁する同社の新業態旗艦店だ。オープニングには木下優樹菜も駆けつける。

木下優樹菜がプロデュースする新ブランド「Avan Lily(アヴァンリリィ)」もThe SHEL’TTER TOKYOで取り扱われる。これに続き4/19 ダイバーシティ東京 プラザ、4/20 イオンモール浜松志都呂、4/21 イオンモールりんくう泉南と次々と取扱店が増える予定だ。

コンセプトは~Be Free and Easy~。

今必要なのは、イマドキなトレンドアイテムをキャッチする敏感さと、自分に必要なファッションを見抜く審美眼。

型にはまらない、自由でリラックスできるミックススタイル。時代のファッションミューズが愛したヴィンテージアイテム。そのこだわりアイテムたちがお手頃価格で手に入るのもおしゃれガールには大事なコト。

これを記念して木下優樹菜が18日のThe SHEL’TTER TOKYOオープンに来場する。

(日時)4月18日11:30~12:30予定
(場所)東急プラザ表参道原宿 The SHEL’TTER TOKYO B1F
自身のプロデュースブランドAvan Lilyフロアに登場♪
http://www.avanlily.com/news/#news000044

The SHEL’TTER TOKYOとは

バロックジャパンリミテッドが東急プラザ 表参道原宿にオープンするグローバル旗艦店が「The SHEL’TTER TOKYO」。

バロックジャパンリミテッドはmoussy/SLY/rienda/AZUL by moussyなど渋谷109でお馴染みの人気ブランド群を擁するアパレル企業。

植田みずきの「ENFÖLD(エンフォルド)」/木下優樹菜の「Avan Lily(アヴァンリリィ)」/蔦屋書店/ヴィンテージショップ「Laila Vintage Collection(ライラヴィンテージコレクション)」などファッションとカルチャーを融合させた新業態となっている。

東急プラザ 表参道原宿とは

東急不動産が新たに「東急プラザ」ブランドの旗艦店と位置づける商業施設。

地下2階〜地上7階、全27テナント。核テナントとして日本初出店の「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」、「トミー ヒィルフィガー」のグローバル旗艦店、バロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」が開店。飲食の目玉として世界一の朝食と称される「bills」が屋上に入る。

総事業費は約600億円で2月29日に初年度の目標が売り上げで90億円、来館者数400万人との発表(プレスリリース)があった。

▼「東急プラザ 表参道原宿」全景

テナント概要

全27店舗の内訳はファッションアパレル15店舗、ファッション雑貨6店舗、ライフスタイル雑貨4店舗、カフェ・飲食店2店舗。ファッション以外の店舗としては都心初となる”世界一の朝食”「bills」、神宮前から拡大移転するiPhone&iPadアクセサリ専門店「AppBank Store」などが目を引く。

旗艦店

「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」「トミー フィルフィガー」「The SHEL’TTER TOKYO」

レディスファッション/ファッション雑貨

LOAVES/choosy chu/Rione Duras/Roomy’s/MINNETONKA/phoebe/AMO’S STYLE by Triumph/FLAG/Rady/JugeETTA/goa/LABORATORY WORK ReCURRENT/charms/Cheek by archives/HUMOR SHOP by A-net/GLAM BABY/pink tcick/Jewelna Rose

ライフスタイル雑貨

ハンズ ビー/AppBank Store/Tokyo’s Tokyo/AUX PARADIS

飲食

STASRBUCKS/bills

ジェシカ・アルバがTOMMY HILFIGERオープニングイベントのため来日中 / 東急プラザ 表参道原宿

私も好きなハリウッド女優、ジェシカ・アルバが今日来日した。トミー ヒルフィガーのオープニングイベントに出席するためだ。

TOMMY HILFIGER表参道店のオープンを記念したメディア向けイベントは4月16日(月)16時30分より開催される。

このイベントに創業者のトミー・ヒルフィガー氏本人及びファンタスティック・フォー、シン・シティなどで知られるジェシカ・アルバなどのセレブが出席予定。

アジア最大のトミー ヒルフィガーがオープン

トミー ヒィルフィガー(TOMMY HILFIGER)のグローバル旗艦店でプレオープンイベントが行われた。TOMMY HILFIGERは東急不動産が4月18日にオープンする商業施設「東急プラザ 表参道原宿」に入る3つの路面店の一角を占める。

TOMMY HILFIGER表参道店はアジア最大規模の旗艦店。地下1階から地上2階の3フロア、1,017平方メートルにフルラインを展開する。

3つのフロアからなる店内は、モダンとヴィンテージのディテールが重なりあい、”クラシック/アメリカン/クール”をテーマにした空間演出と商品揃えが楽しめます。”

ということで表参道店の目玉としては1.日本で初めてランウェイコレクションの取り扱いを開始、2.日本初となるメンズのセミオーダー「テイラーサービス」を開始、3.イニシャルが入る限定トートなど表参道店、心斎橋店でしか買えないリミテッドコレクションを展開、となっている。。

▼「東急プラザ 表参道原宿」の表参道側は「トミー フィルフィガー」グローバル旗艦店(この写真の時はまだ工事中)

▼4.13に覆いが外されショーウィンドウが公開された。モダンとヴィンテージ、のテーマ通り重厚感のなかにも現代的な軽やかさが感じられる。

「東急プラザ 表参道原宿」とは

東急不動産が新たに「東急プラザ」ブランドの旗艦店と位置づける商業施設。

地下2階〜地上7階、全27テナント。核テナントとして日本初出店の「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」、「トミー フィルフィガー」のグローバル旗艦店、バロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」が開店。飲食の目玉として世界一の朝食と称される「bills」が屋上に入る。

総事業費は約600億円で2月29日に初年度の目標が売り上げで90億円、来館者数400万人との発表(プレスリリース)があった。

「東急プラザ 表参道原宿」外観写真

神宮前交差点反対側から「東急プラザ 表参道原宿」全景を臨む。水曜夜に下の方の覆いが取れた。樹木が食い込んでいる様はラピュタのようでもありマジンガーZの頭部のようでもある。

▼「東急プラザ 表参道原宿」全景

東急不動産が無難に四角い商業ビルでも良かった所にあえて個性的な設計を選んだ点を評価したい。

▼「東急プラザ 表参道原宿」はラフォーレ原宿の対面に位置する

設計は中村拓志主催のNAP建築設計事務所。隈研吾建築都市設計事務所出身でこれまでも樹木を活かした、いやむしろ樹木に建築が合わせた、と言って良い建築で知られている。(目黒の「ダンシングツリー シンギングバード」など)

リクナビのインタビューで氏は「東急プラザ 表参道原宿」の設計意図について緑と人(建築・売り場)の主従を逆転させた、と語っている。明治神宮の参道として作られた表参道、という歴史的経緯や明治神宮の森に表参道のケヤキ並木、と連想していくと樹木という要素は納得できるがこういう造形で来たか、感がある。

来春完成の「東急プラザ 表参道原宿」でも主従を逆転

「ネットで服も靴も買える時代に、わざわざ家を出て実空間の店舗に来てもらう動機づけは何か。僕は『体験』や『他者との関わり』だと思います。ここでも緑と人の主従関係を逆転させました」

商業施設に入る店舗の売り場は、たいていが正方形や長方形のスクエアだ。また、顧客が商品に集中できなかったり、商品が置けないという理由から、一般的に窓は嫌われる。

しかしここでは、売り場よりも緑を重要視して、樹木をふんだんに配置した。売り場は不整形になり、窓も作るが、「この場所ならでは」の風景、空間、自然などの「出来事」が生まれる。それを家族、恋人、友人、あるいは見知らぬ人々と楽しむ場所にする予定だ。もちろん、テクニックを駆使して容積率を上げることも忘れない。
「今の日本、やっぱり元気がないと感じます。だから、これからは日本が元気になるものを設計したいですね」
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/01/closeup_1202/index.html

▼表参道側路面店は「トミー フィルフィガー」のグローバル旗艦店

▼神宮前交差点寄りの路面店はバロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」

▼明治通り左側の路面店は日本初出店「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」のグローバル旗艦店

ミラー張りで万華鏡のような正面

記者発表会以来現物が見たくてずっと待っていたのがこのエントランス。ストリートスナップのメッカである原宿表参道(原宿で効率よくストリートスナップされる方法)で色とりどりの洋服を着た人が万華鏡のように映し出されながらエスカレータで異空間のショッピングへ導かれるというのは聞いただけでワクワクするではないか。

神宮前交差点に向いて位置するエスカレーターは万華鏡をイメージ。乗っている時間に「アートインスタレーションのような体験を」と、さまざまな角度で貼ったミラーで奥行きのある空間を演出。色とりどりの洋服を着た人がエスカレーターを利用することで、ミラーに映る模様が次々に変化していく。
http://www.shibukei.com/headline/8333/

▼交差点中央に位置するエントランスホールは万華鏡をイメージ

▼現物はこんな感じ。夜は夜で照明で別の顔を見せそうだ。

「東急プラザ 表参道原宿(原宿GAP跡地)」の全テナント発表される

原宿と表参道が出会う原宿神宮前交差点に新商業施設「東急プラザ 表参道原宿」が開業する。開発は東急不動産。本日発表会が行われ施設概要、全27テナント、開業日が4/18になることが発表された。

原宿神宮前交差点のランドマークだった「原宿GAP」の跡に建設中の「東急プラザ 表参道原宿」は地上7階、地下2階のファッションビル。

“「ここでしか」「ここだから」をカタチに”を開発コンセプトに日本のファッション・カルチャーの情報発信拠点にふさわしい初出店・新業態を取り揃えたテナントを誘致した。

日本初出店の「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」、「トミー フィルフィガー」のグローバル旗艦店、バロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」が核テナントとなる。

「東急プラザ 表参道原宿」施設概要

設計には隈研吾建築都市設計事務所出身の中村拓志氏を起用。
明治神宮の森、表参道の欅並木に象徴される緑豊かな環境をつなぐ場所として屋上を含む7つのテラスを設け施設内でも自然が感じられるようにしている。

現地では現在工事幕の取り外し中で東急プラザの特徴ある外観が現れつつある。

テナント概要

全27店舗の内訳はファッションアパレル15店舗、ファッション雑貨6店舗、ライフスタイル雑貨4店舗、カフェ・飲食店2店舗。ファッション以外の店舗としては都心初となる”世界一の朝食”「bills」、神宮前から拡大移転するiPhone&iPadアクセサリ専門店「AppBank Store」などが目を引く。

旗艦店

「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」「トミー フィルフィガー」「The SHEL’TTER TOKYO」

レディスファッション/ファッション雑貨

LOAVES/choosy chu/Rione Duras/Roomy’s/MINNETONKA/phoebe/AMO’S STYLE by Triumph/FLAG/Rady/JugeETTA/goa/LABORATORY WORK ReCURRENT/charms/Cheek by archives/HUMOR SHOP by A-net/GLAM BABY/pink tcick/Jewelna Rose

ライフスタイル雑貨

ハンズ ビー/AppBank Store/Tokyo’s Tokyo/AUX PARADIS

飲食

STASRBUCKS/bills

The SHEL’TTER TOKYOがプレオープンイベント / 東急プラザ 表参道原宿

バロックジャパンリミテッドがグローバル旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」を18日、東急プラザ 表参道原宿にオープンする。それに先駆けて招待客に店内が披露された。これは夜も華やかになりそう。

バロックジャパンリミテッドはmoussy/SLY/rienda/AZUL by moussyなど渋谷109でお馴染みの人気ブランド群を擁するアパレル企業。

植田みずきの「ENFÖLD(エンフォルド)」/木下優樹菜の「Avan Lily(アヴァンリリィ)」/蔦屋書店/ヴィンテージショップ「Laila Vintage Collection(ライラヴィンテージコレクション)」などファッションとカルチャーを融合させた新業態となっている。

The SHEL’TTER TOKYOの招待イベントの様子

The SHEL’TTER TOKYOは明治通りを挟んだラフォーレ原宿の向かい。
近未来的なショーウィンドウだ。

The SHEL’TTER TOKYOの入り口。雨の中モデルさんも複数闊歩して華やかな雰囲気だった。

後から写真を見ると外壁の照明は紫/緑と色が変えられるようだ。

「東急プラザ 表参道原宿」とは

東急不動産が新たに「東急プラザ」ブランドの旗艦店と位置づける商業施設。

地下2階〜地上7階、全27テナント。核テナントとして日本初出店の「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」、「トミー ヒィルフィガー」のグローバル旗艦店、バロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」が開店。飲食の目玉として世界一の朝食と称される「bills」が屋上に入る。

総事業費は約600億円で2月29日に初年度の目標が売り上げで90億円、来館者数400万人との発表(プレスリリース)があった。

「東急プラザ 表参道原宿」外観写真

神宮前交差点反対側から「東急プラザ 表参道原宿」全景を臨む。水曜夜に下の方の覆いが取れた。樹木が食い込んでいる様はラピュタのようでもありマジンガーZの頭部のようでもある。

▼「東急プラザ 表参道原宿」全景

東急不動産が無難に四角い商業ビルでも良かった所にあえて個性的な設計を選んだ点を評価したい。

▼「東急プラザ 表参道原宿」はラフォーレ原宿の対面に位置する

設計は中村拓志主催のNAP建築設計事務所。隈研吾建築都市設計事務所出身でこれまでも樹木を活かした、いやむしろ樹木に建築が合わせた、と言って良い建築で知られている。(目黒の「ダンシングツリー シンギングバード」など)

リクナビのインタビューで氏は「東急プラザ 表参道原宿」の設計意図について緑と人(建築・売り場)の主従を逆転させた、と語っている。明治神宮の参道として作られた表参道、という歴史的経緯や明治神宮の森に表参道のケヤキ並木、と連想していくと樹木という要素は納得できるがこういう造形で来たか、感がある。

来春完成の「東急プラザ 表参道原宿」でも主従を逆転

「ネットで服も靴も買える時代に、わざわざ家を出て実空間の店舗に来てもらう動機づけは何か。僕は『体験』や『他者との関わり』だと思います。ここでも緑と人の主従関係を逆転させました」

商業施設に入る店舗の売り場は、たいていが正方形や長方形のスクエアだ。また、顧客が商品に集中できなかったり、商品が置けないという理由から、一般的に窓は嫌われる。

しかしここでは、売り場よりも緑を重要視して、樹木をふんだんに配置した。売り場は不整形になり、窓も作るが、「この場所ならでは」の風景、空間、自然などの「出来事」が生まれる。それを家族、恋人、友人、あるいは見知らぬ人々と楽しむ場所にする予定だ。もちろん、テクニックを駆使して容積率を上げることも忘れない。
「今の日本、やっぱり元気がないと感じます。だから、これからは日本が元気になるものを設計したいですね」
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/01/closeup_1202/index.html

▼表参道側路面店は「トミー フィルフィガー」のグローバル旗艦店

▼神宮前交差点寄りの路面店はバロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」

▼明治通り左側の路面店は日本初出店「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」のグローバル旗艦店

ミラー張りで万華鏡のような正面

記者発表会以来現物が見たくてずっと待っていたのがこのエントランス。ストリートスナップのメッカである原宿表参道(原宿で効率よくストリートスナップされる方法)で色とりどりの洋服を着た人が万華鏡のように映し出されながらエスカレータで異空間のショッピングへ導かれるというのは聞いただけでワクワクするではないか。

神宮前交差点に向いて位置するエスカレーターは万華鏡をイメージ。乗っている時間に「アートインスタレーションのような体験を」と、さまざまな角度で貼ったミラーで奥行きのある空間を演出。色とりどりの洋服を着た人がエスカレーターを利用することで、ミラーに映る模様が次々に変化していく。
http://www.shibukei.com/headline/8333/

▼交差点中央に位置するエントランスホールは万華鏡をイメージ

▼現物はこんな感じ。夜は夜で照明で別の顔を見せそうだ。

「東急プラザ 表参道原宿(原宿GAP跡地)」の全テナント発表される

原宿と表参道が出会う原宿神宮前交差点に新商業施設「東急プラザ 表参道原宿」が開業する。開発は東急不動産。本日発表会が行われ施設概要、全27テナント、開業日が4/18になることが発表された。

原宿神宮前交差点のランドマークだった「原宿GAP」の跡に建設中の「東急プラザ 表参道原宿」は地上7階、地下2階のファッションビル。

“「ここでしか」「ここだから」をカタチに”を開発コンセプトに日本のファッション・カルチャーの情報発信拠点にふさわしい初出店・新業態を取り揃えたテナントを誘致した。

日本初出店の「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」、「トミー フィルフィガー」のグローバル旗艦店、バロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」が核テナントとなる。

「東急プラザ 表参道原宿」施設概要

設計には隈研吾建築都市設計事務所出身の中村拓志氏を起用。
明治神宮の森、表参道の欅並木に象徴される緑豊かな環境をつなぐ場所として屋上を含む7つのテラスを設け施設内でも自然が感じられるようにしている。

現地では現在工事幕の取り外し中で東急プラザの特徴ある外観が現れつつある。

テナント概要

全27店舗の内訳はファッションアパレル15店舗、ファッション雑貨6店舗、ライフスタイル雑貨4店舗、カフェ・飲食店2店舗。ファッション以外の店舗としては都心初となる”世界一の朝食”「bills」、神宮前から拡大移転するiPhone&iPadアクセサリ専門店「AppBank Store」などが目を引く。

旗艦店

「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」「トミー フィルフィガー」「The SHEL’TTER TOKYO」

レディスファッション/ファッション雑貨

LOAVES/choosy chu/Rione Duras/Roomy’s/MINNETONKA/phoebe/AMO’S STYLE by Triumph/FLAG/Rady/JugeETTA/goa/LABORATORY WORK ReCURRENT/charms/Cheek by archives/HUMOR SHOP by A-net/GLAM BABY/pink tcick/Jewelna Rose

ライフスタイル雑貨

ハンズ ビー/AppBank Store/Tokyo’s Tokyo/AUX PARADIS

飲食

STASRBUCKS/bills

アジア最大のトミー ヒルフィガーがオープン / 東急プラザ 表参道原宿

トミー ヒィルフィガー(TOMMY HILFIGER)のグローバル旗艦店でプレオープンイベントが行われた。TOMMY HILFIGERは東急不動産が4月18日にオープンする商業施設「東急プラザ 表参道原宿」に入る3つの路面店の一角を占める。

TOMMY HILFIGER表参道店はアジア最大規模の旗艦店。地下1階から地上2階の3フロア、1,017平方メートルにフルラインを展開する。

3つのフロアからなる店内は、モダンとヴィンテージのディテールが重なりあい、”クラシック/アメリカン/クール”をテーマにした空間演出と商品揃えが楽しめます。”

ということで表参道店の目玉としては1.日本で初めてランウェイコレクションの取り扱いを開始、2.日本初となるメンズのセミオーダー「テイラーサービス」を開始、3.イニシャルが入る限定トートなど表参道店、心斎橋店でしか買えないリミテッドコレクションを展開、となっている。。

▼「東急プラザ 表参道原宿」の表参道側は「トミー フィルフィガー」グローバル旗艦店(この写真の時はまだ工事中)

▼4.13に覆いが外されショーウィンドウが公開された。モダンとヴィンテージ、のテーマ通り重厚感のなかにも現代的な軽やかさが感じられる。

「東急プラザ 表参道原宿」とは

東急不動産が新たに「東急プラザ」ブランドの旗艦店と位置づける商業施設。

地下2階〜地上7階、全27テナント。核テナントとして日本初出店の「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」、「トミー フィルフィガー」のグローバル旗艦店、バロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」が開店。飲食の目玉として世界一の朝食と称される「bills」が屋上に入る。

総事業費は約600億円で2月29日に初年度の目標が売り上げで90億円、来館者数400万人との発表(プレスリリース)があった。

「東急プラザ 表参道原宿」外観写真

神宮前交差点反対側から「東急プラザ 表参道原宿」全景を臨む。水曜夜に下の方の覆いが取れた。樹木が食い込んでいる様はラピュタのようでもありマジンガーZの頭部のようでもある。

▼「東急プラザ 表参道原宿」全景

東急不動産が無難に四角い商業ビルでも良かった所にあえて個性的な設計を選んだ点を評価したい。

▼「東急プラザ 表参道原宿」はラフォーレ原宿の対面に位置する

設計は中村拓志主催のNAP建築設計事務所。隈研吾建築都市設計事務所出身でこれまでも樹木を活かした、いやむしろ樹木に建築が合わせた、と言って良い建築で知られている。(目黒の「ダンシングツリー シンギングバード」など)

リクナビのインタビューで氏は「東急プラザ 表参道原宿」の設計意図について緑と人(建築・売り場)の主従を逆転させた、と語っている。明治神宮の参道として作られた表参道、という歴史的経緯や明治神宮の森に表参道のケヤキ並木、と連想していくと樹木という要素は納得できるがこういう造形で来たか、感がある。

来春完成の「東急プラザ 表参道原宿」でも主従を逆転

「ネットで服も靴も買える時代に、わざわざ家を出て実空間の店舗に来てもらう動機づけは何か。僕は『体験』や『他者との関わり』だと思います。ここでも緑と人の主従関係を逆転させました」

商業施設に入る店舗の売り場は、たいていが正方形や長方形のスクエアだ。また、顧客が商品に集中できなかったり、商品が置けないという理由から、一般的に窓は嫌われる。

しかしここでは、売り場よりも緑を重要視して、樹木をふんだんに配置した。売り場は不整形になり、窓も作るが、「この場所ならでは」の風景、空間、自然などの「出来事」が生まれる。それを家族、恋人、友人、あるいは見知らぬ人々と楽しむ場所にする予定だ。もちろん、テクニックを駆使して容積率を上げることも忘れない。
「今の日本、やっぱり元気がないと感じます。だから、これからは日本が元気になるものを設計したいですね」
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/01/closeup_1202/index.html

▼表参道側路面店は「トミー フィルフィガー」のグローバル旗艦店

▼神宮前交差点寄りの路面店はバロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」

▼明治通り左側の路面店は日本初出店「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」のグローバル旗艦店

ミラー張りで万華鏡のような正面

記者発表会以来現物が見たくてずっと待っていたのがこのエントランス。ストリートスナップのメッカである原宿表参道(原宿で効率よくストリートスナップされる方法)で色とりどりの洋服を着た人が万華鏡のように映し出されながらエスカレータで異空間のショッピングへ導かれるというのは聞いただけでワクワクするではないか。

神宮前交差点に向いて位置するエスカレーターは万華鏡をイメージ。乗っている時間に「アートインスタレーションのような体験を」と、さまざまな角度で貼ったミラーで奥行きのある空間を演出。色とりどりの洋服を着た人がエスカレーターを利用することで、ミラーに映る模様が次々に変化していく。
http://www.shibukei.com/headline/8333/

▼交差点中央に位置するエントランスホールは万華鏡をイメージ

▼現物はこんな感じ。夜は夜で照明で別の顔を見せそうだ。

「東急プラザ 表参道原宿(原宿GAP跡地)」の全テナント発表される

原宿と表参道が出会う原宿神宮前交差点に新商業施設「東急プラザ 表参道原宿」が開業する。開発は東急不動産。本日発表会が行われ施設概要、全27テナント、開業日が4/18になることが発表された。

原宿神宮前交差点のランドマークだった「原宿GAP」の跡に建設中の「東急プラザ 表参道原宿」は地上7階、地下2階のファッションビル。

“「ここでしか」「ここだから」をカタチに”を開発コンセプトに日本のファッション・カルチャーの情報発信拠点にふさわしい初出店・新業態を取り揃えたテナントを誘致した。

日本初出店の「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」、「トミー フィルフィガー」のグローバル旗艦店、バロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」が核テナントとなる。

「東急プラザ 表参道原宿」施設概要

設計には隈研吾建築都市設計事務所出身の中村拓志氏を起用。
明治神宮の森、表参道の欅並木に象徴される緑豊かな環境をつなぐ場所として屋上を含む7つのテラスを設け施設内でも自然が感じられるようにしている。

現地では現在工事幕の取り外し中で東急プラザの特徴ある外観が現れつつある。

テナント概要

全27店舗の内訳はファッションアパレル15店舗、ファッション雑貨6店舗、ライフスタイル雑貨4店舗、カフェ・飲食店2店舗。ファッション以外の店舗としては都心初となる”世界一の朝食”「bills」、神宮前から拡大移転するiPhone&iPadアクセサリ専門店「AppBank Store」などが目を引く。

旗艦店

「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」「トミー フィルフィガー」「The SHEL’TTER TOKYO」

レディスファッション/ファッション雑貨

LOAVES/choosy chu/Rione Duras/Roomy’s/MINNETONKA/phoebe/AMO’S STYLE by Triumph/FLAG/Rady/JugeETTA/goa/LABORATORY WORK ReCURRENT/charms/Cheek by archives/HUMOR SHOP by A-net/GLAM BABY/pink tcick/Jewelna Rose

ライフスタイル雑貨

ハンズ ビー/AppBank Store/Tokyo’s Tokyo/AUX PARADIS

飲食

STASRBUCKS/bills

東急プラザ 表参道原宿(原宿GAP跡地)完全ガイド

東急不動産が4月18日にオープンする商業施設、「東急プラザ 表参道原宿」の覆いが外れ、外観全体がヴェールを脱いだ。

原宿と表参道が出会う原宿神宮前交差点、目印だった通称原宿GAP跡を継ぐランドマークになれるだろうか。hara19.jpでは各テナント、オープニングイベントなど開業に密着してレポートしていく。

東急プラザ 表参道原宿全テナント

全27店舗の内訳はファッションアパレル15店舗、ファッション雑貨6店舗、ライフスタイル雑貨4店舗、カフェ・飲食店2店舗。ファッション以外の店舗としては都心初となる”世界一の朝食”「bills」、神宮前から拡大移転するiPhone&iPadアクセサリ専門店「AppBank Store」などが目を引く。

旗艦店

アメリカンイーグル アウトフィッターズ」「トミー フィルフィガー」「The SHEL’TTER TOKYO」

レディスファッション/ファッション雑貨

LOAVES/choosy chu/Rione Duras/Roomy’s/MINNETONKA/phoebe/AMO’S STYLE by Triumph/FLAG/Rady/JugeETTA/goa/LABORATORY WORK ReCURRENT/charms/Cheek by archives/HUMOR SHOP by A-net/GLAM BABY/pink tcick/Jewelna Rose

ライフスタイル雑貨

ハンズ ビー / AppBank Store / Tokyo’s Tokyo / AUX PARADIS

飲食

STASRBUCKS / bills

東急プラザ 表参道原宿 レポート記事

「東急プラザ 表参道原宿」とは

東急不動産が新たに「東急プラザ」ブランドの旗艦店と位置づける商業施設。

地下2階〜地上7階、全27テナント。核テナントとして日本初出店の「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」、「トミー フィルフィガー」のグローバル旗艦店、バロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」が開店。飲食の目玉として世界一の朝食と称される「bills」が屋上に入る。

総事業費は約600億円で2月29日に初年度の目標が売り上げで90億円、来館者数400万人との発表(プレスリリース)があった。

「東急プラザ 表参道原宿」外観写真

神宮前交差点反対側から「東急プラザ 表参道原宿」全景を臨む。水曜夜に下の方の覆いが取れた。樹木が食い込んでいる様はラピュタのようでもありマジンガーZの頭部のようでもある。

▼「東急プラザ 表参道原宿」全景

東急不動産が無難に四角い商業ビルでも良かった所にあえて個性的な設計を選んだ点を評価したい。

▼「東急プラザ 表参道原宿」はラフォーレ原宿の対面に位置する

設計は中村拓志主催のNAP建築設計事務所。隈研吾建築都市設計事務所出身でこれまでも樹木を活かした、いやむしろ樹木に建築が合わせた、と言って良い建築で知られている。(目黒の「ダンシングツリー シンギングバード」など)

リクナビのインタビューで氏は「東急プラザ 表参道原宿」の設計意図について緑と人(建築・売り場)の主従を逆転させた、と語っている。明治神宮の参道として作られた表参道、という歴史的経緯や明治神宮の森に表参道のケヤキ並木、と連想していくと樹木という要素は納得できるがこういう造形で来たか、感がある。

来春完成の「東急プラザ 表参道原宿」でも主従を逆転

「ネットで服も靴も買える時代に、わざわざ家を出て実空間の店舗に来てもらう動機づけは何か。僕は『体験』や『他者との関わり』だと思います。ここでも緑と人の主従関係を逆転させました」

商業施設に入る店舗の売り場は、たいていが正方形や長方形のスクエアだ。また、顧客が商品に集中できなかったり、商品が置けないという理由から、一般的に窓は嫌われる。

しかしここでは、売り場よりも緑を重要視して、樹木をふんだんに配置した。売り場は不整形になり、窓も作るが、「この場所ならでは」の風景、空間、自然などの「出来事」が生まれる。それを家族、恋人、友人、あるいは見知らぬ人々と楽しむ場所にする予定だ。もちろん、テクニックを駆使して容積率を上げることも忘れない。
「今の日本、やっぱり元気がないと感じます。だから、これからは日本が元気になるものを設計したいですね」
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/01/closeup_1202/index.html

▼表参道側路面店は「トミー フィルフィガー」のグローバル旗艦店

▼神宮前交差点寄りの路面店はバロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」

▼明治通り左側の路面店は日本初出店「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」のグローバル旗艦店

ミラー張りで万華鏡のような正面

記者発表会以来現物が見たくてずっと待っていたのがこのエントランス。ストリートスナップのメッカである原宿表参道(原宿で効率よくストリートスナップされる方法)で色とりどりの洋服を着た人が万華鏡のように映し出されながらエスカレータで異空間のショッピングへ導かれるというのは聞いただけでワクワクするではないか。

神宮前交差点に向いて位置するエスカレーターは万華鏡をイメージ。乗っている時間に「アートインスタレーションのような体験を」と、さまざまな角度で貼ったミラーで奥行きのある空間を演出。色とりどりの洋服を着た人がエスカレーターを利用することで、ミラーに映る模様が次々に変化していく。
http://www.shibukei.com/headline/8333/

▼交差点中央に位置するエントランスホールは万華鏡をイメージ

▼現物はこんな感じ。夜は夜で照明で別の顔を見せそうだ。

「東急プラザ 表参道原宿(原宿GAP跡地)」の全テナント発表される

原宿と表参道が出会う原宿神宮前交差点に新商業施設「東急プラザ 表参道原宿」が開業する。開発は東急不動産。本日発表会が行われ施設概要、全27テナント、開業日が4/18になることが発表された。

原宿神宮前交差点のランドマークだった「原宿GAP」の跡に建設中の「東急プラザ 表参道原宿」は地上7階、地下2階のファッションビル。

“「ここでしか」「ここだから」をカタチに”を開発コンセプトに日本のファッション・カルチャーの情報発信拠点にふさわしい初出店・新業態を取り揃えたテナントを誘致した。

日本初出店の「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」、「トミー フィルフィガー」のグローバル旗艦店、バロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」が核テナントとなる。

「東急プラザ 表参道原宿」施設概要

設計には隈研吾建築都市設計事務所出身の中村拓志氏を起用。
明治神宮の森、表参道の欅並木に象徴される緑豊かな環境をつなぐ場所として屋上を含む7つのテラスを設け施設内でも自然が感じられるようにしている。

現地では現在工事幕の取り外し中で東急プラザの特徴ある外観が現れつつある。

建て替え工事中の原宿キデイランド外観がお目見え

老朽化のため一昨年2010年8末で閉店し建て替え工事が進んでいる原宿キデイランド(綴りはキディランドではないんですよね)の新築ビル外観がお目見えした。

原宿キデイランドと言えばブラピ&アンジェリーナ・ジョリーが来日のたびに訪れるなど海外セレブにも人気の観光スポット、ランドマークとして知られてきた。旧店舗は1950年築と老朽化が進み土地を三菱商事に売却。三菱商事がビルを建て替え、完成後にキデイランドがテナントとして一棟借りする。開業は2012年夏(予定)。

なお現在の営業は原宿キャットストリートの旧hhstyle(こちらは外苑前に移転)の仮店舗で行われている。

▼新しい原宿KIDDYLANDの姿。以前と同じ場所で地上5階建て。

原宿キディランド閉店、建て替えへ(2010.08の記事より)

原宿のランドマークとして海外客にも人気だった「原宿キディランド」だが施設の老朽化のため建て替えを決定、本日8.31が最終営業日となる。昭和25年(1950年)築と60年間戦後まもなくから営業していたとは意外。

今後は解体・新築工事を行い、2012年夏に新規開店する予定となっている。建替え期間中の仮営業店舗に関しては現在検討中とのこと。

追記:仮店舗側も充実していたので記事を書きました。→ 2010.11.20  閉店したキディランド原宿の仮店舗まとめ

原宿キディランド仮店舗が工事中

9/14撮影。仮店舗は原宿キャットストリートのhhstyleがあったビルに入る。ちらっとキディちゃんがみえている。
工事中の原宿キディランド仮店舗

閉店後の原宿キディランド

完全に閉鎖ではなく、路面側に小規模な露店が残っている。
原宿キディランド

表参道を広告ジャックしている「BEN&JERRY’S(ベン&ジェリーズ)」初日の明日はアイスクリーム無料配布!

BEN&JERRY’S(ベン&ジェリーズ)が表参道を広告ジャックしている。具体的には表参道ヒルズ壁面、ゴミ箱、街灯の旗、みなBEN&JERRY’S(ベン&ジェリーズ)の牛さんだ。

BEN&JERRY’S(ベン&ジェリーズ)はアメリカ発の高級アイスクリームブランド。現在世界27カ国に展開している。

日本一号店かつ旗艦店となる「BEN&JERRY’S表参道ヒルズ店」が4.14にオープンする。これを記念して終日アイスクリーム(スモールサイズ)を無料配布するという。

▼BEN&JERRY’S(ベン&ジェリーズ)は表参道ヒルズの表参道駅側の端の路面店。人気が出そうな立地。

▼公衆トイレ壁面を使ったメニュー案内
公衆トイレは同潤会アパートに隣接している。

▼表参道ヒルズの壁面パネルに街路灯の幟も全部キャラクターの牛。

▼表参道ヒルズ壁面の幟もジャック

▼喫煙所看板
高級アイスクリームブランドってことなんだけれども http://www.benjerry.jp や広告を見るとフレンドリー&チープ路線な感じもして迷うところだ。

秋葉原のラーメン「饗 くろ喜」の塩ラーメンがうまい

以前から食べログで評価が高いラーメン屋と知っていたラーメン「饗 くろ喜(もてなし くろき)」に行ってきた。

場所は秋葉原と浅草橋の中間地点と駅近とは言えないが開店中は行列が耐えない人気店だ。ラーメン特集のムックによれば饗 くろ喜(もてなし くろき)は流行りの無化調ラーメンとして紹介されている。

外観は日本料理風で知らなければうっかり通りすぎてしまいそうだ。「饗 くろ喜」の「喜」が旧字体の方が正式らしく、読みが難しい。

メニューは塩らーめんと味噌らーめんの2種類がメイン。店内あちこちに「素材にこだわり」系のアピールPOPがあるのは無化調が売りの店らしいこだわり。カウンター10席ほどに店主とフロアの2人体制。行列で並ぶものの入店後は割と早く料理が出てきて好感。

塩らーめんと味噌らーめん両方食べてみた。かなりテイストが違っていて、塩は味のバランスが絶妙、味噌は濃厚どろどろで若者に受けそうながっつり系である。

▼特製塩ラーメン
これはうまい!あっさりか塩味かと思えば甘みも感じられ味のバランスが絶妙。

▼特製味噌らーめん

濃厚どろどろまぜそば具合がわかりやすいよう持ち上げてみた。人によっては後半飽きがくるかもしれない濃厚さ。

誰かがうまいと言っていた豚めしをオプションで。腹具合的に塩+豚めしは行けるが味噌+豚めしは気をつけたほうが良いだろう。

総評

駅から離れており(と言っても徒歩圏)行列もできる店ながら、行くべきラーメン屋の一つ。

オペレーションはこなれていてストレスが無い。まずは塩ラーメンを頼むべし。塩と味噌は全然方向性が違うからだ。塩ラーメンは各種高評価も納得の久々に汁も飲み干したくなる味加減。しょっぱすぎず、からすぎず、どれか単独というより調和した味。ごちそうさまでした。

原宿東郷神社の夜桜が穴場

先週末満開を迎えた桜、原宿周辺の花見スポットなら代々木公園が代表的だろう。人が多い代々木公園と違ってほとんど人がいないのに見事な桜がライトアップされているのが東郷神社なのだ。

東郷神社は明治通りの原宿警察署の脇にある。名前の通り軍神東郷平八郎を祭った神社だ。現在は結婚式場としての東郷記念館の方が有名かもしれない。

普段は竹下通りへの抜け道として使われている東郷神社だが、実は夜桜が見事。ライトアップされているのに人気が無い、という所が通っぽくてステキだ。

原宿東郷神社の夜桜ライトアップ

池の桜を橋の欄干から眺めるのもおつなもの。

桜が池面に反射して綺麗〜。

上の方も枝ぶりが見事!

20時台通りがかった際はライトアップされていたので、近くの方は寄ってみて欲しい。入れ替わり人は来るが、ほぼ桜を独占できる。

数日前RTされていた桜で猫が鈴なりの微笑ましい写真…実は飼い主が放り投げて乗せていた!

昨日の「上野の桜や銀座・池袋の看板で猫が寝ているのは猫おじさんによる虐待」という記事に大きな反響があったが、彼が今日また猫を乗せているという話を聞いて現場を見てきた。…ら醜悪な光景を目にすることになった。なんと枝に猫をほうり投げて乗せていたのだ。

元々の話は、上野公園で「桜の枝に鈴なりになっている猫がいる!」という写真が回ってきたことで、調べた所これは銀座・原宿・池袋などで看板に猫を乗せて人が集まって写メを撮るのを後ろでにやにや眺めている人物によるものだった。

猫を道具に注目を集めて承認欲求を満たすという醜悪な姿だと私は思う。

パターンとしてはおじさんがバッグや自転車の籠に猫を入れてきて、看板や枝などに放り投げる。猫は首の周りにシュシュをしていることが多い。本人は騒ぎになってみんなが写真を撮るのを後ろから眺めて喜んでいる。何度も注意されているが止めていない。

今日上野公園で猫が乗せられているという話を聞いて駆けつけて現場を見た。こういう情報もあり気になっていたからだ。

桜で寝ている猫

これが桜で寝ている猫。これだけ見ると微笑ましい風景。。。

周りは写メを撮る数十人の人々。まあそうなりますよね。

ところで、上野公園といえば桜の名所、このように大勢の花見客が詰めかけているわけですが猫が自然に登っている、なんてことがあるんだろうか?

飼い主のおじさんが猫を枝にほうり投げて乗せていた!

着いた時、既に人だかりができていたのだが警官に注意されて猫を下ろすことにしたようだ。(見た感じ警官はただでさえ混んでいる中に人だかりを作ったことに注意したようだ)。

そこで彼は猫を下ろすのだが、某TVが映像を撮りに来ていてリクエストしたようで一旦下ろした猫をまた枝に上げたのだ。というか、猫を投げた!微笑ましいとか思えなくてドン引きだった。

以下は猫を枝にあげる一部始終を抜き出したもの。手元には動画もあるが沢山の顔にモザイクをかけるのが大変なので必要な部分だけ出した。

1.猫を抱え上げて

2.頭の上に掲げて

3.手を伸ばしても届かない高さだ

4.猫を投げた!えー無いわー。

5.猫、なんとか飛びつく

Q&A

色々な質問をいただいているので回答する。

Q 猫は自分で逃げられるんじゃないの?

いいえ、大人が手を伸ばしても届かない高さの一本枝です。写真中央でカメラを掲げた男性でも全然届いていません。2m以上かと。

Q みんなが喜んでいるならいいのでは?

みんなが喜んでいるなら猫が嫌がっていてもいいんですか?

Q 猫が嫌がっていないならいいのでは?

嫌がっています。

Q 本人は観光地を盛り上げるためと言っているからいいのではないか

「本人は観光地を盛り上げるためと言っている」というのは撮影に来ていたTVカメラマン氏からの話。

4月6日(金)には池袋のフクロウ像に猫を乗せ、職員に怒られて今度は西武池袋駅に移動し改札に猫を置いている。どこが観光地を盛り上げるためですか?怒られても移動するだけ、という所から確信犯。検索すれば出てくるが彼は数年同じ事をあちこちで繰り返している。


怒られて西武池袋駅に移動したようだ。こんな所に猫がいて、しかも大人しくしている、という状況自体が異常だ。

電車に猫を置いて周りの反応を喜ぶのが観光地の盛り上げと関係がありますか?

これ、JR山手線の車内だそうです。このおじさん、いつもこんなことをして喜んでいる人なのか、立ち上がって満足そうに自分の猫を見ていたらしい。
電車猫.jpg
http://tabineko.seesaa.net/article/34776835.html

Q 虐待なら法律でなんとかならないの?

専門家では無いので参考程度として。

「動物の愛護及び管理に関する法律(通称、動物愛護管理法)」で「みだりに殺し、又は傷つける」「みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等」「遺棄」に対して罰則付きの虐待禁止が課されます(Wikipediaより)。実際、猫の里親制度を利用して猫を譲り受け、川に投げ捨てた男が逮捕された事例があります。

しかし殴ったり怪我していたりというわかりやすい証拠が無いですから「自分の猫をどうしようが勝手だ」と言われれば他人の所有物には手がだせません。私は彼が猫を放り投げている動画を持っていますが法律上の証拠として意味があるかはわかりません。

周知:上野の桜や銀座・新宿・池袋・新橋・の看板で猫が寝ているのは猫おじさんによる虐待

花見シーズン、上野公園で桜の木に猫が鈴なりになっていてかわいい、という写真が回ってきた。これは有名な話だが銀座・原宿・日比谷・晴海通りなどあちこちの看板の上に猫を置いては人々が騒ぐのを喜んでいる人物がいるのだ。

2014/6追記:本件は数年に渡り2014現在も進行中の事案であり猫おじさんは銀座他各所で猫を見世物にし続けています。これから夏になりますが真夏日に猫を屋外に放置すれば衰弱することは想像すればわかることです。発見した場合施設管理者、近くの交番などに知らせてください。銀座含め常習犯なので簡単な説明で警備員、警官などから警告が行われます。

パターンとしてはおじさんがバッグや自転車の籠に猫を入れてきて、看板や枝などに放り投げる。猫は首の周りにシュシュをしていることが多い。本人は騒ぎになってみんなが写真を撮るのを後ろから眺めて喜んでいる。警官含め何度も注意されているが止めていない。

もう5年以上経つのに彼を止められないのは法律上仕方ないのだろうか。猫か法律に詳しい方いませんか。報道ステーション/フジ等で映像が流れたそうだが虐待なんだからのんきに報道してる場合じゃない。

大人でも手が届かない2m以上の枝に/投げて乗せられて/下には数十人の花見客が写メを撮っている/しかも初めての場所/初めての人たち…という状況がどこが猫のためになっているのだろうか。

2012.10.6追記
新たに銀座線の車内で猫を電車内で放していた目撃証言が得られた。

↓半年後の2013年3月にも猫を電車で放している。常習者。

2012.07.28追記
新たに、西武新宿線と有楽町線内で猫を放していたという証言が得られた。銀座で猫を乗せていたのが目撃されているので向かう途中だったのだろう。猫かわいいから問題無いじゃん、と言ってる人はこれが人間側のエゴでなくて何か、ということを考えていただくと良いのでは。

画像は上記Tweetより

▼西武国分寺線

▼有楽町線事例。

これはもちろん禁止されている

Q3.犬、または猫などを車内に持ち込みたいのですが、どうすればいいですか?
A3.3辺の合計が90cm以内で、1辺の長さが70cm以内の容器に入れて、その収納した重量が10kg以内であれば、持ち込むことが可能です。
他のお客さまに危害または迷惑をかけないよう注意してください。
http://www.seibu-group.co.jp/railways/cs/faq/business/09/index.html

証拠保存用に同日に銀座各所で放置された猫写真

2012.09.02追記:猫を電車の座席に出した事例

その後、銀座でも猫を見世物にしていた。(今日の銀座は通り雨が複数回あったはず)

2012.04.08追記
“猫おじさんの記事についてですが、上野公園の出口にいるもう一人の猫おじさんが誤解される危険があります。彼は何匹も瀕死の捨て猫を保護し、里親が見つかるまで愛情を注いで育てています(獣医にも診せてます)。彼に危険が及ぶのではないかと心配です。”というコメントがありましたので追記します。私が書いているのは上野公園だけでなく銀座、原宿、吉祥寺などあちこちに出歩いている人のことです。上野公園の出口にいる猫の保護活動している方とは別人です。

続報:数日前RTされていた桜で猫が鈴なりの微笑ましい写真…実は飼い主が放り投げて乗せていた!

昨日の「上野の桜や銀座・池袋の看板で猫が寝ているのは猫おじさんによる虐待」という記事に大きな反響があったが、彼が今日また猫を乗せているという話を聞いて現場を見てきた。…ら醜悪な光景を目にすることになった。なんと枝に猫をほうり投げて乗せていたのだ。

元々の話は、上野公園で「桜の枝に鈴なりになっている猫がいる!」という写真が回ってきたことで、調べた所これは銀座・原宿・池袋などで看板に猫を乗せて人が集まって写メを撮るのを後ろでにやにや眺めている人物によるものだった。

猫を道具に注目を集めて承認欲求を満たすという醜悪な姿だと私は思う。

04.10日の日曜、上野公園で猫が乗せられているという話を聞いて駆けつけて現場を見た。こういう情報もあり気になっていたからだ。

桜で寝ている猫

これが桜で寝ている猫。これだけ見ると微笑ましい風景。。。

周りは写メを撮る数十人の人々。まあそうなりますよね。

ところで、上野公園といえば桜の名所、このように大勢の花見客が詰めかけているわけですが猫が自然に登っている、なんてことがあるんだろうか?

飼い主のおじさんが猫を枝にほうり投げて乗せていた!

着いた時、既に人だかりができていたのだが警官に注意されて猫を下ろすことにしたようだ。(見た感じ警官はただでさえ混んでいる中に人だかりを作ったことに注意したようだ)。

そこで彼は猫を下ろすのだが、某TVが映像を撮りに来ていてリクエストしたようで一旦下ろした猫をまた枝に上げたのだ。というか、猫を投げた!微笑ましいとか思えなくてドン引きだった。

以下は猫を枝にあげる一部始終を抜き出したもの。手元には動画もあるが沢山の顔にモザイクをかけるのが大変なので必要な部分だけ出した。

1.猫を抱え上げて

2.頭の上に掲げて

3.手を伸ばしても届かない高さだ

4.猫を投げた!えー無いわー。

5.猫、なんとか飛びつく

Q&A

色々な質問をいただいているので回答する。

Q 猫は自分で逃げられるんじゃないの?

いいえ、大人が手を伸ばしても届かない高さの一本枝です。写真中央でカメラを掲げた男性でも全然届いていません。2m以上かと。

Q みんなが喜んでいるならいいのでは?

みんなが喜んでいるなら猫が嫌がっていてもいいんですか?

Q 猫が嫌がっていないならいいのでは?

嫌がっています。

Q 本人は観光地を盛り上げるためと言っているからいいのではないか

「本人は観光地を盛り上げるためと言っている」というのは撮影に来ていたTVカメラマン氏からの話。

4月6日(金)には池袋のフクロウ像に猫を乗せ、職員に怒られて今度は西武池袋駅に移動し改札に猫を置いている。どこが観光地を盛り上げるためですか?怒られても移動するだけ、という所から確信犯。検索すれば出てくるが彼は数年同じ事をあちこちで繰り返している。


怒られて西武池袋駅に移動したようだ。こんな所に猫がいて、しかも大人しくしている、という状況自体が異常だ。

電車に猫を置いて周りの反応を喜ぶのが観光地の盛り上げと関係がありますか?

これ、JR山手線の車内だそうです。このおじさん、いつもこんなことをして喜んでいる人なのか、立ち上がって満足そうに自分の猫を見ていたらしい。
電車猫.jpg
http://tabineko.seesaa.net/article/34776835.html

Q 衛生状態は別に悪くなさそうじゃないの?

別のブログでノミだらけ、という話を聞いて離れた所から見てわかるのかな、と思っていたのだが、なんと彼と立ち話をしただけでノミを移された!あれはあなたの猫でしょう下ろしてやってくれ、と頼んんだけれど1分も話していないと思うのだが…

お見苦しくて失礼するが赤丸で囲った5箇所、この裏や別の脚を入れて10箇所刺された。身の回りのもの慌てて洗濯しているところだ。多頭飼いで不衛生な状況が想定されて枝に乗せて回ってる場合じゃないだろ、と呆れている。

Q 虐待なら法律でなんとかならないの?

専門家では無いので参考程度として。

「動物の愛護及び管理に関する法律(通称、動物愛護管理法)」で「みだりに殺し、又は傷つける」「みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等」「遺棄」に対して罰則付きの虐待禁止が課されます(Wikipediaより)。実際、猫の里親制度を利用して猫を譲り受け、川に投げ捨てた男が逮捕された事例があります。

しかし殴ったり怪我していたりというわかりやすい証拠が無いですから「自分の猫をどうしようが勝手だ」と言われれば他人の所有物には手がだせません。私は彼が猫を放り投げている動画を持っていますが法律上の証拠として意味があるかはわかりません。

上野公園で桜に猫を乗せて虐待していた事例

写真を見て彼だなと思ったがやはりそうだった。(注:ホームレス、との表現があるがこれは上記の別の方と混同していると思われる)

猫を使って人の注目を集めて喜んでるだけの低俗な愉快犯ですよこれ。

去年もやっていた。

昨日、池袋のフクロウ像に猫を載せていた事例


怒られて西武池袋駅に移動したようだ。こんな所に猫がいて、しかも大人しくしている、という状況自体が異常だ。

電車の座席に猫を放置して騒ぎを眺めた事例

※この事例は看板に猫を乗せているいる人物と同一かは定かではない

これ、JR山手線の車内だそうです。このおじさん、いつもこんなことをして喜んでいる人なのか、立ち上がって満足そうに自分の猫を見ていたらしい。
電車猫.jpg
http://tabineko.seesaa.net/article/34776835.html

どういう背景なのか

既に複数の方が気にしていて本人にも話をした方もいるが、スルーされており確信犯だ。
“自宅には40匹の猫””猫はノミだらけ、風邪ひき、ワクチン未接種”、等の証言

千鳥ヶ淵の桜が満開に

4月6日、東京でも桜の満開宣言が出された。お堀に桜が咲き乱れる千鳥ヶ淵は桜の名所。満開の桜をお楽しみ下さい。

千鳥ケ淵緑道は皇居の堀沿いに700m続く遊歩道。約260本の桜がお堀の緑に反射して見栄えがする。隣接する靖国神社も600本の桜がありこちらも桜の名所だ。

千鳥ヶ淵で満開の桜

九段下坂からの桜

武道館入り口の桜。

武道館入り口の橋の上は大勢の花見客

ピンク!ピンク!

沿道からこんな感じで桜見えます

日本初上陸するアメリカンイーグルが20%OFFクーポンを13時、15時、17時に新宿アルタ前で配布。各回限定200人

4月18日にオープンする商業施設「東急プラザ 表参道原宿」テナントのオープニングキャンペーンが始まっている。日本初上陸で旗艦店を構えるアメリカンイーグルは目玉の一つだが本日20%OFFのクーポンを新宿で配布する。各回200名限定ということでみんな急いで!

アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(AMERICAN EAGLE OUTFITTERS)はアメリカのカジュアル系ファッションブランド。ジーンズ、Tシャツ、ジャケットなどを手頃な価格帯で提供し、アメリカでは10-20代の若者に人気がある。

日本では18日に「東急プラザ 表参道原宿」、19日にお台場の「ダイバーシティ東京 プラザ」に相次いで店舗を構える。

▼明治通り左側の路面店は日本初出店「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」のグローバル旗艦店

「東急プラザ 表参道原宿」外観写真

神宮前交差点反対側から「東急プラザ 表参道原宿」全景を臨む。水曜夜に下の方の覆いが取れた。樹木が食い込んでいる様はラピュタのようでもありマジンガーZの頭部のようでもある。

▼「東急プラザ 表参道原宿」全景

東急不動産が無難に四角い商業ビルでも良かった所にあえて個性的な設計を選んだ点を評価したい。

▼「東急プラザ 表参道原宿」はラフォーレ原宿の対面に位置する

設計は中村拓志主催のNAP建築設計事務所。隈研吾建築都市設計事務所出身でこれまでも樹木を活かした、いやむしろ樹木に建築が合わせた、と言って良い建築で知られている。(目黒の「ダンシングツリー シンギングバード」など)

リクナビのインタビューで氏は「東急プラザ 表参道原宿」の設計意図について緑と人(建築・売り場)の主従を逆転させた、と語っている。明治神宮の参道として作られた表参道、という歴史的経緯や明治神宮の森に表参道のケヤキ並木、と連想していくと樹木という要素は納得できるがこういう造形で来たか、感がある。

来春完成の「東急プラザ 表参道原宿」でも主従を逆転

「ネットで服も靴も買える時代に、わざわざ家を出て実空間の店舗に来てもらう動機づけは何か。僕は『体験』や『他者との関わり』だと思います。ここでも緑と人の主従関係を逆転させました」

商業施設に入る店舗の売り場は、たいていが正方形や長方形のスクエアだ。また、顧客が商品に集中できなかったり、商品が置けないという理由から、一般的に窓は嫌われる。

しかしここでは、売り場よりも緑を重要視して、樹木をふんだんに配置した。売り場は不整形になり、窓も作るが、「この場所ならでは」の風景、空間、自然などの「出来事」が生まれる。それを家族、恋人、友人、あるいは見知らぬ人々と楽しむ場所にする予定だ。もちろん、テクニックを駆使して容積率を上げることも忘れない。
「今の日本、やっぱり元気がないと感じます。だから、これからは日本が元気になるものを設計したいですね」
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/01/closeup_1202/index.html

「東急プラザ 表参道原宿」とは

東急不動産が新たに「東急プラザ」ブランドの旗艦店と位置づける商業施設。

地下2階〜地上7階、全27テナント。核テナントとして日本初出店の「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」、「トミー フィルフィガー」のグローバル旗艦店、バロックジャパンリミテッドの新業態旗艦店「The SHEL’TTER TOKYO」が開店。飲食の目玉として世界一の朝食と称される「bills」が屋上に入る。

総事業費は約600億円で2月29日に初年度の目標が売り上げで90億円、来館者数400万人との発表(プレスリリース)があった。