「ランカウイ島タンジュン・ルー」カテゴリーアーカイブ

たった200円で人生最大のモテキを迎えられる秘密をあなたにだけお伝えします

「このブレスレットをしただけで金運が良くなり彼女もできました!」みたいな広告、良くありますよね。御札のバスタブで両脇に女の子、みたいな写真の。そんな馬鹿な、と思うわけですが実際に@hara19jpが200円でモテキを迎える体験をしてきたので本ブログ読者の皆さんにだけ、お伝えしたいと思う。

。。。

もちろんタイトルは釣りで人間の女の子にモテる訳ではないのだが、最後まで読めばかわいいから許してくれる、許してくれるだろうということで話を進める。

マレーシアでモテキを迎えるには(セキセイインコ編)

マレーシアのランカウイ島にある動物園的なポジションの「バード・パラダイス」へ行ってきた。150種の鳥類が見られるのが売り。

日本でもお馴染みのセキセイインコも、国が変わると随分フリーダムな様子だった。

IMG 6953 

巣箱の代わりにヤシの実。中は繊維質でもしゃもしゃだろうから合理的。

IMG 6971

IMG 6960

で、このバードパラダイスでは200円程度で紙袋一杯の餌をくれて餌をやり放題なのだ。

試しにばらまいてみると…こうなる(笑

IMG 6985

更に、セキセイインコだけは手に乗ってくる。写真では一羽だけだが5羽乗ってきたりする。

メレンゲが腐るほど恋したい、のメレ子さんにも是非行ってきて欲しい鳥好きのパラダイスなのだった。

IMG 6976

人生最大のモテキを迎えている動画

埋め込みで画質落ちているがフルHD(1080p)で見られるので是非下記リンクをクリックして全画面表示で楽しんで欲しい。 マレーシアのバードパラダイスで手乗りセキセイインコにモテモテだった

ランカウイ島のバード・パラダイスとは

バード・パラダイスはランカウイ島の北東部の幹線沿いにある観光名所。150種の鳥類が見られるのが売り(だが100種類もいなかったと思う)。タンジュン・ルーからは車で15分くらい。 ランカウイ島で観光の足はほぼタクシー。バード・パラダイスではタクシーを捕まえられないので帰りの足が無い。どうするかというとタンジュン・ルーからタクシーに乗って、見学の間待って貰い帰りも送ってもらう。この見物の間タクシーに待ってもらう方式は一般的らしく話はすぐ通じる。タクシー代は90RM(2700円)。15:30に出て18:30に帰ったことを考えると妥当な金額だろう。

マレーシアのセキセイインコは椰子の実に住んでいる!

マレーシアのランカウイ島にある動物園的なポジションの「バード・パラダイス」へ行ってきた。150種の鳥類が見られるのが売り。

日本でもお馴染みのセキセイインコも、国が変わると随分フリーダムな様子だった。

※一週間程タンジュン・ルー リゾートに行ってきたのでしばらくランカウイの記事が続きます。

ヘキチョウに混ざって餌に群がるセキセイインコ

餌につられて人の手に。おお、普通のセキセイインコだね。

でも樹木に止まる姿は野生!日本でペットとして見ている姿とのギャップに不思議な感じ。

ヤシの実の上で思い思いに休むセキセイインコ

ヤシの実から顔を出すセキセイインコ。「私の縄張りに近づいたら噛むわよ!」

ちょっと壊れかけでも気にしない。

集合住宅もあるよ

ランカウイ島のバード・パラダイスとは

バード・パラダイスはランカウイ島の北東部の幹線沿いにある観光名所。150種の鳥類が見られるのが売り(だが100種類もいなかったと思う)。タンジュン・ルーからは車で15分くらい。

ランカウイ島で観光の足はほぼタクシー。バード・パラダイスではタクシーを捕まえられないので帰りの足が無い。どうするかというとタンジュン・ルーからタクシーに乗って、見学の間待って貰い帰りも送ってもらう。この見物の間タクシーに待ってもらう方式は一般的らしく話はすぐ通じる。タクシー代は90RM(2700円)。15:30に出て18:30に帰ったことを考えると妥当な金額だろう。

[rakuten]001:9784533083051[/rakuten]
[rakuten]001:9784478042632[/rakuten]
[rakuten]001:9784778201760[/rakuten]

マレーシアで餌に群がる小鳥がかわいくて悶絶した(動画)

マレーシアのランカウイ島にある動物園的なポジションの「バード・パラダイス」へ行ってきた。150種の鳥類が見られるのが売り。

小鳥との触れ合い的なエリアで餌をあげられるのだがヘキチョウの群れがわっさわっさと集まってきてかわいらしかった。

ヘキチョウは日本では見慣れないが青いクチバシ、白い頭から茶色の身体へのグラデーションが綺麗な小鳥。それではヘキチョウをお楽しみください。

※一週間程タンジュン・ルー リゾートに行ってきたのでしばらくランカウイの記事が続きます。

ヘキチョウに悶絶する

まず園に入ると6RM(6リンギット=180円くらい)で薬局の小袋的紙袋に雑穀、ペレット、野菜が一杯入った袋を貰える。

最初はインコやフラミンゴなど大型の鳥が続きどこで雑穀を使うのかと思っていると餌やりゾーンに入り、ははあここで親の仇と撒けばいいんだな、と合点する。

餌を撒くとわっと小鳥が寄ってくる。お馴染みのセキセイインコも混じっている。
ヘキチョウは太くて短いクチバシから文鳥かと思ったがスズメの仲間。元々、群れを作る種類らしい。

白鳩:オラオラ!お前の物は俺の物、俺の物も俺の物!(蹴散らされる小鳥たち)

餌に群がるヘキチョウを15cmの距離から撮影。
埋め込みで画質落ちているがフルHD(1080p)で見られるので是非下記リンクをクリックして全画面表示で楽しんで欲しい。
餌に群がるヘキチョウ(HD版)

ランカウイ島のバード・パラダイスとは

バード・パラダイスはランカウイ島の北東部の幹線沿いにある観光名所。150種の鳥類が見られるのが売り(だが100種類もいなかったと思う)。タンジュン・ルーからは車で15分くらい。

ランカウイ島で観光の足はほぼタクシー。バード・パラダイスではタクシーを捕まえられないので帰りの足が無い。どうするかというとタンジュン・ルーからタクシーに乗って、見学の間待って貰い帰りも送ってもらう。この見物の間タクシーに待ってもらう方式は一般的らしく話はすぐ通じる。タクシー代は90RM(2700円)。15:30に出て18:30に帰ったことを考えると妥当な金額だろう。

[rakuten]book:12166978[/rakuten]

[rakuten]001:9784416711019[/rakuten]