「水族館・動物園・鳥」カテゴリーアーカイブ

ことりカフェ表参道で元気な小鳥たちにいやされる

今都内の鳥飼いさんの間で話題のことりカフェ表参道へ行ってきた。昨年からフクロウと触れ合える鳥カフェはブームとなっているが混んでいる所も多い。表参道の小鳥カフェは今のところゆったりしているのでメディアに取り上げられる前の今がことりカフェに行くチャンスだ。セキセイインコ・文鳥・オカメインコ・コザクラインコ・モモイロインコ、タイハクオウムなどがいて触れ合いコーナーもある。

鳥飼いな友人が多いこともあって本サイトでは何度も鳥ネタを取り上げてきた。昨年ラフォーレ原宿のインコアイス販売に行列ができたのを覚えている方も多いだろう。原宿・表参道エリア初の鳥カフェとあっては行くしか!

モモイロインコ / ことりカフェ

ことりカフェ表参道

鳥カフェの「ことりカフェ表参道」は2014年2月10日にオープンしたばかり。最寄りの表参道駅から骨董通りを歩いて10分程度。最後の角にはとくに案内がないので地図は見ていった方が良いだろう。ピンク色の外壁に「ことりカフェ」の看板を探して。

  • 店名:ことりカフェ表参道
  • 住所:東京都港区南青山6-3-7
  • 営業時間:11:00~20:00、年中無休
  • 公式サイト:http://www.kotoricafe.jp

ことりカフェ外観

ことりカフェ全景

白を基調とした清潔な内装で20席ほど。平日午後とあってゆったりした埋まり具合。情報を聞きつけた鳥飼いさんたちがさっそく訪れていた。右手のガラス張りの部屋がコザクラインコたちがいてその裏に4席☓2の個室がある。

ことりカフェ全景

小鳥の大部屋

お店の外から見えていたガラス張りの部屋を店内から眺めた所。セキセイ、オカメが同居している。衛生・法律などの理由で「小鳥をガラス越しに眺められる」という形でカフェスペースに放し飼いにはなっていない。人間の方は店内を自由に移動して飼育スペースを覗きに行く感じ。
#追記:小鳥がカフェスペースに放し飼いな訳ではないので糞・臭いなどは無いです。

小鳥の大部屋

うとうとオカメインコ

この子は窓際でうとうとするのが好きらしく間近で愛らしい様子が見られる。

うとうとオカメインコ / ことりカフェ

通りがかったモモイロインコさん

モモイロインコが「モモちゃん」と呼ばれるのはお約束なんでしょうかw。通常小鳥たちはカフェスペースには出てこないがこの日はTVの撮影が入っていたため出番待ちのモモイロインコさんと触れ合えた。スタッフの腕でぶわーっと冠毛をふくらませている所(興奮すると立つ)。

モモイロインコ / ことりカフェ

モモイロインコを模した「モモちゃんケーキ」

モモちゃんケーキ(800円、ドリンクセット1500円)はことりカフェ限定のオリジナルケーキ。ラズベリームースだそうです。
モモイロインコのケーキ

大柄なタイハクオウム

ブームになると気軽に飼う人も増えるが真面目な話、中・大型のインコ・オウムは30年以上生きる種類も少なくない。声も大きいし力も強い。本気で飼うには覚悟がいるがこのような形で眺めるだけで満足しておくのが良い(TV撮影用に出てきただけで普段カフェスペースにはいません。)

タイハクオウム / ことりカフェ

アカエリゴシキセイガイインコ

ゴシキセイガイインコ(五色青灰インコ)はその名の通り頭は青、首周りはオレンジ。背中は緑と色鮮やかなインコ。オーストラリアなどに生息しローリー、ロリキートの仲間。花鳥園なんかに行くとたくさん見られる。

小鳥って実際に飼ってみると結構歩きますよね。カワ(・∀・)イイ!!。
(TV撮影用に出てきただけで普段カフェスペースにはいません。)

アカエリゴシキセイガイ

ことりカフェのシステム

カフェなので飲食を頼んでガラス越しに小鳥たちを愛でる、というのが基本。小鳥のクッキー付きのハーブティーは800円くらい。ティーポットもカップも当然小鳥グッズだ。

ハーブティー / ことりカフェ

それから別室で小鳥と触れ合える「もふもふタイム」は1回5分・500円。一度に3名様まで入室可(17時で終了)。お食事の会計時にスタッフに声がけする方式。小鳥の体調や気分により希望の子をもふもふできない場合あり。写真・動画は可能だがフラッシュ不可。
#よくやっちゃっている方見かけますが鳥に限らず動物全般の撮影にフラッシュは不可です。設定でOFFにしましょう。

もふもふタイム / ことりカフェ

コザクラインコ

ずんぐりした体型に色鮮やかなコザクラインコたちは見ていて楽しい。
コザクラインコ / ことりカフェ

ヒーターをよじ登るコザクラインコ

インコも種によって活発で遊び好きな種類がいてコザクラインコもその1つ。くちばしを使って器用に登ったりする様子が見られる。

コザクラインコ / ことりカフェ

ヒーターをよじ登るコザクラインコ / ことりカフェ

個室前のコザクラ部屋全景。
個室前のコザクラ部屋 / ことりカフェ

小鳥さえラブラブなのにお前らときたら…

コザクラインコは別名ラブバードとも呼ばれ見ている方が嫉妬するくらい仲睦まじい仕草を見せつけてくれる。

ラブバード / ことりカフェ

小鳥グッズ色々

小鳥グッズの作家さんは沢山いらっしゃって、ことりカフェにもグッズ販売コーナーがある。このカップなどはモダンでいいですね。

小鳥グッズ

オカメ・文鳥の箸

これは日常使いできるかわいさの文鳥箸。

小鳥の箸

カナリアがお見送り

ちょっと雰囲気写真になったが入り口脇の籠には色鮮やかなカナリアたち。最近の鳥かごはお洒落ですねえ。

入り口脇のカナリア

まどろむジャンボセキセイ

お店を出たらこちらもまどろむジャンボセキセイ(で合っているかな?)。普通の子より大柄で頭も大きい。

まどろむジャンボセキセイ / ことりカフェ

インコアイス渋谷西武で常設販売が始まる

渋谷西武でインコアイスの常設販売が始まった。神戸の「とりみカフェ」が企画したインコアイスは「インコを口に入れたような味がするアイス」というもの。発売開始するやTVなどで取り上げられラフォーレ原宿での限定発売では始発組も出るなど話題になった。

インコアイスは西武渋谷の地下で発売され関東初の常設販売。営業時間は10時~21時(日曜・祝日〜20時)。西武渋谷店が常設販売の問い合わせが一番早かったことから出店となったようだ。グッジョブ!!

インコアイスとは

今年フクロウが店内に鳥がいる、あるいは触れ合えるカフェがTVで盛んに取り上げられた。インコアイスは元々関西では知られた鳥カフェの「とりみカフェ」さんが趣味で作ったものだがすぐメディアで取り上げられ催事のたびに行列ができるなど話題になった。その勢いを買ってラフォーレ原宿でインコアイスを期間限定発売、初日は始発組も出た。

少し出遅れてしまったhara19.jpだが小鳥男子はふくろうを相棒に夜を超えるの小鳥男子にインコアイスを実食していただくことにしたのであった。

>> インコソムリエにインコアイスを食べてもらった→“後味が水浴び後の臭いを吸い込んだ記憶を思い出させる。”

EOS 70Dで市川市動植物園の昆虫を激写する

先日のかわいくてけしからん!噂の「流しカワウソ」を激写してきたも好評だったのだが、実は市川市動植物園に隣接する自然観察園が虫好きには垂涎であった。空ではオニヤンマがパトロールし、カブトムシが樹液に集まり、足元ではベッコウバチが蜘蛛を狩る。市川駅から市川市動植物園へ歩く途中の2km、それが続くのだ。

今回はキヤノンマーケティングジャパンのモニターキャンペーンでCanon EOS 70Dをお借りしている。Canonの標準ズームレンズ EF-S18-135mmは単体だといいお値段だがボディとセットなら15万程度。遠くから近くまで1本で使いまわせてこの値段はかなり心揺れる。

市川自然観察園とは

湧水に恵まれホタルも生息する谷津田の景観を残した総合公園。谷津(谷戸)というのは丘陵地が浸食されて形成された谷状の地形のこと。その成り立ちから湧水に恵まれ、日照時間が短いことから水はけが悪い土地では湿地になっていることが多い。市川自然観察園も、湿地状だった。

遊歩道が整備されているので足元を気にする必要はない。蚊がいるので長袖長ズボン推奨。
市川市動植物園

“前後にぶれない”EOS 70Dの高速オートフォーカス

一眼のライブビューだとオートフォーカス時に被写体前後にぶれる動作が見られるがEOS 70Dでは全く迷わない新方式を採用した。イナゴが群れていたので液­晶モニタをタップして2匹の間でフォーカスを移してみた。左手前と右奥でスムーズ­に焦点が移ることがわかる。

ササキリの幼虫

金属光沢のある黒い体にオレンジ色の頭とインパクトがあるササキリの幼虫。
ササキリの幼虫

ベニシジミ

シジミチョウの一種、ベニシジミ。ササ類の緑色の発色が良い。
ベニシジミ

シオカラトンボ

トンボ類は非常に多い。大型のヤンマも見かけたがテクニックが無くて撮影できず。
シーズンが遅いので春先にも来てみたいな。
シオカラトンボ

カマキリ接写

何やら茶色のカマキリを放射能の影響の奇形だ、とする騒ぎを見かけたがこのようにカマキリの茶色の個体はどこでも見られる。地面に腹ばいになって撮ってみた。こういう時チルト液晶は便利。
カマキリ接写

柵の上のカマキリ

今度は別のカマキリを撮影。背景の緑と茶色でコントラスト出るかなと思って。
柵の上のカマキリ

麦わら帽に乗るカマキリ

どうも先ほどの柵に乗っていた個体がおじさんに飛び移ったようだ。立ち止まっていただいて撮影。
麦わら帽に乗るカマキリ

今回の撮影機材EOS 70D

ラフォーレ原宿のインコアイスを小鳥飼いに食べてもらった→“後味が水浴び後の臭いを吸い込んだ記憶を思い出させる。”

ラフォーレ原宿で期間限定発売中のインコアイス、TV取材が来たり始発組が出るなど午前には完売の人気っぷりである。小鳥にはそこそこ詳しい本サイト、「小鳥男子」でご登場いただいた小鳥飼いに実際にインコアイスを試食いただき、感想を聞いてきた。焦点はインコアイスは本当にインコ味がするのか?その一点である。小鳥好きにも理系メガネ男子好きにも楽しめる記事になっていると思う。

なお現在キヤノンマーケティングジャパンのモニターキャンペーンでCanon EOS 70Dをお借りしているので動画を含めほぼ全ての写真はCanon EOS 70Dを使用している。

「インコを口に入れたような味がする」インコアイスとは

「とりみカフェ ぽこの森」は関西では有名な鳥が見れるカフェ。店内のバードランで自由に遊ぶ小鳥たちをガラス越しに見ながらカフェできる場所。そのとりみカフェが「インコを口に入れたような味がするアイス」として作ったのが「インコアイス」なのだ。TVの取材では「口を開けて寝ていた時に顔の上をオカメインコが走って足が口の中に入った様な感じ」とのことでマニアックな設定だが5月に関西で発売するやTVでも取り上げられ一躍話題となっていた。ラフォーレ原宿の期間限定ショップ「ZOOLOOK POP UP SHOP」で14日まで発売されている。

インコアイスは3種類。ぶんちょ仕立てのフィンチアイス、セキセイインコ アイス、オカメインコ。各400円で一人1種類ずつの最大3個まで。各日300個限定。先着50名様までトッピングの「イン粉」も配られる。
インコアイス3種

今回ご登場いただくインコソムリエ

以前小鳥男子記事でご登場いただいた@nambonさんに食べていただいた。彼はフクロウと鳩と文鳥とオカメインコとボタンインコとキンカチョウとカンムリウズラを飼っている鳥好きなので文鳥アイスとオカメアイスはどう違うのか?を判断してもらうには適任だろう。またセキセイインコ飼いの原宿みのりんごのオーナーさんにもセキセイインコ アイスのご感想をいただいた。

インコソムリエって悪乗りしすぎな気もするがこの写真を見たら(笑。うん、ソムリエっぽい。
オカメインコの香りをかぐ@nambonさん

ラフォーレ原宿オープン前からインコアイスに並ぶ!

先週金曜の発売だったのだが初日は始発組も出て瞬殺、オープンの11時には150人近く並んだという。一人最大3個で各日300個限定なので100人以上並ぶと危ないという訳。お昼休みに行こうかと思っていたら甘かった…。満を持して土曜日の10時に駆けつけると既に50人近い行列が。早い人は8時前からだそうだ。
ラフォーレ原宿のインコアイス行列

スタッフTシャツのインパクトがすごい

販売スタッフが着ている「Inko LOVE」Tシャツ。カメラを向けるとポーズを取ってくれるノリの良さも相まってとりみカフェにはTシャツは売っていないのか?と問い合わせが来ているらしい。こういうお祭り的なノリ、嫌いじゃないぞ。

ノリがいいインコアイス販売スタッフ

ラフォーレでインコアイスをgetする方に現地情報

  • 今週は午前中完売、くらいのペースになっているようなのでオープンの11時ちょい前に行けばまあ大丈夫かと。
  • 暑い。朝は日陰が無いので日傘など紫外線対策を。
  • 保冷バッグ&保冷剤自分でも持って行った方が良い。
    保冷バッグに入れてくれるが移動時間が長いなら保冷剤自分でご用意を。
  • 販売はスムーズ。行列の時点で精算の上オープン直前にラフォーレ内に誘導、オープンしたらインコアイスを受け取るだけ。こなれていてストレス無い。

文鳥アイスを試食!

ラフォーレから@nambon氏宅にインコアイスを輸送、手乗り文鳥の大福君に迎えられる。文鳥というのは手乗り以外にも「#スサー」「#文鳥に怒らない日はあるのか」のように愛されている小鳥飼いの定番。
文鳥かわいいよ文鳥

まずは文鳥の香りをかぎまして…
文鳥の香りをかぐ@nambonさん

文鳥アイスを取り出します。
文鳥アイス、おすすめです

マシュマロと粒粒が見えますね。
文鳥仕立てのフィンチアイス

小さな粒粒は雑穀。文鳥の餌をイメージしているようだ。
文鳥アイス

改めて内容物を見直すと文鳥アイスとオカメインコアイスでは成分が違う。文鳥の方は丸麦、たかきび、もちきび、もちあわ、ひえ、マシュマロが使われている。
インコアイスの食べ比べ

ご感想は…表現を考えているようです…
文鳥アイスのご感想は...

文鳥アイスは食感がチャリチャリしている。あわとかひえとか雑穀の小さい粒が沢山入っているから?あっさり和風で雑穀の香りが文鳥らしい。マシュマロは白文鳥を思わせる。後味が水浴び後の臭いを吸い込んだ時の記憶を思い出させる。

オカメインコ アイスを試食!

続いてオカメインコアイスにチャレンジ。オカメインコは冠羽とほっぺたのオレンジがカワ(・∀・)イイ!!と人気があるインコ。
オカメインコの香りをかぐ@nambonさん

オカメインコ アイスは文鳥とは違う内容物。ひまわり、パンプキン、シード、蜜りんごが使われている。緑の種はかぼちゃでしょう。
オカメアイス

ソムリエはまず香りを…凍っているからかあまり香りはしないようだ。
インコアイスの香りをかぐ@nambon

いざ試食!
インコアイスを試食!


インコアイス試食後の感想は...

かぼちゃの種とか大きいのが入っているのが文鳥より体が大きいオカメインコっぽい。蜜りんごを使ったのが良くてフルーティーかつ濃厚っぽい感じがオカメ臭を思わせる。

インコ飼いなら先着限定イン粉がマスト!

粉砕ナッツを使ったイン粉は各日先着50名限定。原材料はカシューナッツ、アーモンド、ひまわり、パンプキンシード。
イン粉

おぁーこれは!ナッツ感が増して香ばしくなる。水浴び直後のインコに見られる芳醇な香りが立ち上る。

と明らかに反応が違ったのでインコ飼いの皆さんはイン粉がマストですよ!補足すると小鳥は水浴び後に香りが強くなるのでそれを好む人も多い。
イン粉をかけたアイス

おまけ:アフリカオオコノハズクのたまちゃん

アフリカオオコノハズクのたまちゃん

おまけ:取材風景

インコアイス取材風景

過去の小鳥関係記事

撮影機材Canon EOS 70D

かわいくてけしからん!噂の「流しカワウソ」を激写してきた

メディアで見かけた方も多いであろう「流しカワウソ」を撮影に行ってきた。暑さで寝そべった動物が多い中コツメカワウソ達は疲れ知らず!市川市動植物園は都心から1時間ほどだがアクセスが良くないので流しカワウソを見放題であった。

流しカワウソとは

千葉県市川市動植物園のカワウソ舎では職員が塩化ビニールパイプを半分に切った遊具を設置、遊び付きなカワウソ達が流れる、という流しそうめん的趣向。朝日新聞デジタル:そうめんならぬ…流しカワウソ 千葉・市川市動植物園

EOS 70Dで激写!

今回はキヤノンマーケティングジャパンのモニターキャンペーンでCanon EOS 70Dをお借りしている。いいレンズを付けてもらった&Canon EOS 70Dは動画のAFが高速なのが売りなので動物園で実力を発揮してもらった。普段は他社のミラーレス一眼を使っていて細かい操作がわからないので基本設定のママ。

涼むカワウソ

まずは流しカワウソ動画!

塩ビ管を勢いを付けて流れてきて端で休憩する流しカワウソ。記事後半で別の動画も紹介。

市川市動植物園

中国から贈られたレッサーパンダが目玉の市川市動植物園。今年は流しカワウソで大分メディアに取り上げられた。入園料は大人420円小人100円。開園時間は午前9時30分~午後4時30分 (ただし、入園は午後4時まで)。月曜休園で月曜が祝日の場合は翌日が休園に。都心からは1時間ほど。
市川市動植物園

心頭滅却すれば火もまた涼し、なカピバラさん

曇っていたがそれでも30度近かったので動物達もダレ気味である。
心頭滅却すれば火もまた涼し、なカピバラさん

カピバラの鼻

ここのカピバラは警戒心が無いのか柵の近くでお昼寝していたので鼻先を激写。毛皮を触ってみたところ豪毛だった。
カピバラの鼻

お母さんに甘えるミーアキャット

6末に生まれたばかりのミーアキャットの子どもたちも展示デビューしていた。びっくりするほど華奢。全体にオレンジがかっているのはネットの網目越しのため。
お母さんに甘えるミーアキャット

取っ組み合うミーアキャット

群れの中で安心しているのか子供同士でじゃれている。ミーアキャットというと立っている姿だが尻尾でバランスを取っているようだ。
取っ組み合うミーアキャット

隙間が気になるミーアキャットの子供

踏ん張っている脚が萌え。
隙間が気になるミーアキャット

カワウソ舎の前の人だかり

千葉県市川市動植物園、TVで放送されたわりには全体的に空いているのだがカワウソ舎の前だけ人だかりが。
カワウソ舎の前の人だかり

流しカワウソ全景

右上から塩ビ管を伝ってカワウソが流れてくる、という仕組み。「いつ流れるかはカワウソの気分次第」らしい。30分粘って数回程度。
流しカワウソの全景

コツメカワウソの兄弟

正直驚いたのだが日中動かない動物も多い中コツメカワウソは止まることを知らない。終始駆けまわり、泳ぎまわっている。びっくりした。愛嬌があって、アクティブで、流れる。これは人気が出るわけだ。
コツメカワウソの兄弟

浅瀬で休むコツメカワウソ

あまりに移動が早くてピンぼけの写真が量産されたが珍しく浅瀬で休んでいるブラザーズ。
浅瀬で休むコツメカワウソ

お手手がかわいいコツメカワウソ

コツメカワウソの手は起用でものを掴んだり持ち運んだりできる。幼児の手のようなかわいらしさがある。萌えポイント。
お手手がかわいいコツメカワウソ

遊び疲れてわきゃ〜ゴロンゴロンとしている所

1分とじっとしていないので珍しいシーン。
遊び疲れてわきゃ〜ゴロンゴロンとしている所

流しカワウソ動画

コツメカワウソが一匹流れてきた後もう一匹登場。音声を出すとキュウッキュウッという鳴き­声も聞こえる。

撮影機材Canon EOS 70D

インコ臭アイス、ラフォーレ原宿での発売が決まる

インコ臭を再現したアイスがラフォーレ原宿で取り扱われることが決まった。「インコ風味アイス」が8月の2週間限定で登場するもの。元々はインコなどの小鳥を眺めながらお茶ができる神戸の「とりみカフェ ぽこの森」が企画したものだがメディアで取り上げられ話題になっていた。

そもそも小鳥飼いの間では手乗りにした文鳥やインコの香りを吸引することは割とよく見られる行為で、Wikipediaにも「インコ臭」の項目がちゃんとある。鳥カフェの「とりみカフェ」ではこれを再現した訳だ。「とりみカフェ」は関西の鳥カフェでは有名なので臭いの再現度は確かと思われる。

インコ臭

一部のセキセイインコ愛好家の間では、俗にインコ臭と呼ばれるセキセイインコの頬や頭から香るバターや穀物のような特有の芳香ある体臭を楽しむ趣がある。このセキセイインコ特有の体臭の元は、普段食べているエサの匂いとも、尾羽の付け根から分泌される羽の手入れのためにくちばしを使って羽全体になじませる油とも言われている。ただし個体によってその体臭は大きく異なり、中にはほとんど体臭がしない個体も存在する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/セキセイインコ#.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.82.B3.E8.87.AD

1階のKitsonが無くなるようで、その後POP UP SHOPになるようだ。8月2日〜2週間開かれるZOOLOOK POP UP SHOP内にブースが設けられ種類は文鳥・オカメ・セキセイインコの3種類で1個400円、1日100個、お一人様1種類1つの計3個まで。

セキセイインコ

大温室で鳥と触れ合える掛川花鳥園へ行ってきたので写真フォルダが火を噴くよ

掛川花鳥園がGW雨の日も行けるお出掛けスポットとしてTVで放送されるらしい!ふくろうにインコにペンギン。あれはいいものだ!といういことで1月に遠征した様子をご紹介しよう。

 

ポイント

掛川花鳥園とは静岡県掛川市にある花の中で鳥と遊べるテーマパーク。アフリカオオミミズクのポポちゃんは動物奇想天外でも取り上げられた人気者だ。

例えば。

大温室だから雨でも安心!(写真は富士花鳥園だが基本的にどの花鳥園でも同じ)IMG 2925

「エリンギ!」「エリンギ!」と聞いてキノコにしか見えないメンフクロウや

RIMG0208

カラフルで大きなクチバシがチャームポイントのオオハシ(運がよいと手に乗ってくれる!)

RIMG0084

頭を下げて催促するキバタンをなでなでしたり

RIMG0111

インコにモテモテになれたりする!

RIMG0124

ではガツーンと写真行ってみよう!

受付担当

各園に受付担当がいるんだけど、入園するといきなりアフリカオオコノハズクですよ!まん丸お目目がチャーミング!良く首を振るからカメラ目線をもらえて嬉しい。

RIMG0005

この子はアカハシコガモの「ぶっち」。時間になると自分で歩いて帰るんだって。

RIMG0003

フクロウ祭り

オーナーが好きとかでフクロウも種類が多い

昼間なのでオネムなアカアシモリフクロウ

RIMG0008

アフリカワシミミズクはキリッとしていて格好いい。

RIMG0010

謎の新生物….

RIMG0016

正解はカラフトフクロウの横顔でした!

RIMG0017

ベンガルワシミミズクは大きく見えるけど賢くてペットになったりショーに使われたりする。

RIMG0020

右側が抱卵中のメンフクロウのカップル。

RIMG0026

入り口で愛想を振りまいていた大型のミミズク

RIMG0031

フクロウも猛禽だってこと、忘れてた。大型になると革手袋必須。

RIMG0029

続きはまた今夜。

マレーシアのセキセイインコは椰子の実に住んでいる!

マレーシアのランカウイ島にある動物園的なポジションの「バード・パラダイス」へ行ってきた。150種の鳥類が見られるのが売り。

日本でもお馴染みのセキセイインコも、国が変わると随分フリーダムな様子だった。

※一週間程タンジュン・ルー リゾートに行ってきたのでしばらくランカウイの記事が続きます。

ヘキチョウに混ざって餌に群がるセキセイインコ

餌につられて人の手に。おお、普通のセキセイインコだね。

でも樹木に止まる姿は野生!日本でペットとして見ている姿とのギャップに不思議な感じ。

ヤシの実の上で思い思いに休むセキセイインコ

ヤシの実から顔を出すセキセイインコ。「私の縄張りに近づいたら噛むわよ!」

ちょっと壊れかけでも気にしない。

集合住宅もあるよ

ランカウイ島のバード・パラダイスとは

バード・パラダイスはランカウイ島の北東部の幹線沿いにある観光名所。150種の鳥類が見られるのが売り(だが100種類もいなかったと思う)。タンジュン・ルーからは車で15分くらい。

ランカウイ島で観光の足はほぼタクシー。バード・パラダイスではタクシーを捕まえられないので帰りの足が無い。どうするかというとタンジュン・ルーからタクシーに乗って、見学の間待って貰い帰りも送ってもらう。この見物の間タクシーに待ってもらう方式は一般的らしく話はすぐ通じる。タクシー代は90RM(2700円)。15:30に出て18:30に帰ったことを考えると妥当な金額だろう。

[rakuten]001:9784533083051[/rakuten]
[rakuten]001:9784478042632[/rakuten]
[rakuten]001:9784778201760[/rakuten]

マレーシアで餌に群がる小鳥がかわいくて悶絶した(動画)

マレーシアのランカウイ島にある動物園的なポジションの「バード・パラダイス」へ行ってきた。150種の鳥類が見られるのが売り。

小鳥との触れ合い的なエリアで餌をあげられるのだがヘキチョウの群れがわっさわっさと集まってきてかわいらしかった。

ヘキチョウは日本では見慣れないが青いクチバシ、白い頭から茶色の身体へのグラデーションが綺麗な小鳥。それではヘキチョウをお楽しみください。

※一週間程タンジュン・ルー リゾートに行ってきたのでしばらくランカウイの記事が続きます。

ヘキチョウに悶絶する

まず園に入ると6RM(6リンギット=180円くらい)で薬局の小袋的紙袋に雑穀、ペレット、野菜が一杯入った袋を貰える。

最初はインコやフラミンゴなど大型の鳥が続きどこで雑穀を使うのかと思っていると餌やりゾーンに入り、ははあここで親の仇と撒けばいいんだな、と合点する。

餌を撒くとわっと小鳥が寄ってくる。お馴染みのセキセイインコも混じっている。
ヘキチョウは太くて短いクチバシから文鳥かと思ったがスズメの仲間。元々、群れを作る種類らしい。

白鳩:オラオラ!お前の物は俺の物、俺の物も俺の物!(蹴散らされる小鳥たち)

餌に群がるヘキチョウを15cmの距離から撮影。
埋め込みで画質落ちているがフルHD(1080p)で見られるので是非下記リンクをクリックして全画面表示で楽しんで欲しい。
餌に群がるヘキチョウ(HD版)

ランカウイ島のバード・パラダイスとは

バード・パラダイスはランカウイ島の北東部の幹線沿いにある観光名所。150種の鳥類が見られるのが売り(だが100種類もいなかったと思う)。タンジュン・ルーからは車で15分くらい。

ランカウイ島で観光の足はほぼタクシー。バード・パラダイスではタクシーを捕まえられないので帰りの足が無い。どうするかというとタンジュン・ルーからタクシーに乗って、見学の間待って貰い帰りも送ってもらう。この見物の間タクシーに待ってもらう方式は一般的らしく話はすぐ通じる。タクシー代は90RM(2700円)。15:30に出て18:30に帰ったことを考えると妥当な金額だろう。

[rakuten]book:12166978[/rakuten]

[rakuten]001:9784416711019[/rakuten]

カラフトフクロウの羽毛がふわふわすぎて手を突っ込みたい

今週は鳥写真たくさんでお送りする。今回は掛川花鳥園のカラフトフクロウ。

掛川花鳥園とはとは静岡県掛川市にある花の中で鳥(ふくろう、インコ、ペンギン)と遊べるテーマパーク。

カラフトフクロウは「顔盤」が良く発達した種。パラボナアンテナ的な顔面で聴覚が良く、雪の下を走るネズミを捕らえることができるのだとか。いかす!

カラフトフクロウ

横から撮ると新種生命体にしか見えないw

いやーどっから見てももっふもふしとりますなあ。指差し入れてみたいフクロウNo.1

[rakuten]may-fairy:10003379[/rakuten]
[rakuten]amanoco:10006017[/rakuten]
[rakuten]kinenhin:10057066[/rakuten]
[rakuten]amanoco:10005959[/rakuten]
[rakuten]dadway:10010945[/rakuten]
[rakuten]tajimiyage:10000199[/rakuten]

アフリカワシミミズクの表情が( ー`дー´)キリッとしている

今週は鳥写真たくさんでお送りする。今回は掛川花鳥園のアフリカワシミミズク。

掛川花鳥園とはとは静岡県掛川市にある花の中で鳥(ふくろう、インコ、ペンギン)と遊べるテーマパーク。

フクロウとミミズクは基本的にいわゆるフクロウなのだが、羽角という耳のような羽根があるものをミミズク、と呼ぶらしい(今日から使える豆知識)。

中央アフリカ以南、オマーン、イエメン、サウジアラビアの一部に生息する。サバンナ/オアシス/森林などを生活の場とする猛禽類。

アフリカワシミミズク

ワシミミズクはワシというくらいで大型の種だが、その中では小型なアフリカワシミミズク。それでも35-45cmあるから腕に乗せるとずっしるくる。

[rakuten]nibac:10000424[/rakuten]
[rakuten]nibac:10000172[/rakuten]
[rakuten]nibac:10000831[/rakuten]
[rakuten]nibac:10000173[/rakuten]
[rakuten]nibac:10000354[/rakuten]

もはや悟りを開いているとしか思えないフクロウ画像

今週は鳥写真たくさんでお送りする。今回は掛川花鳥園のフクロウ。

掛川花鳥園とはとは静岡県掛川市にある花の中で鳥(ふくろう、インコ、ペンギン)と遊べるテーマパーク。

夜行性のフクロウは昼間寝ていることが多いがそれにしても目が埋没してもはや悟りを開いているとしか思えない姿ではないだろうか?

アカアシモリフクロウの寝姿

パラグアイ/アルゼンチン/チリというから南米原産のフクロウ。

[rakuten]001:9784560081815[/rakuten]
[rakuten]001:9784840135351[/rakuten]
[rakuten]001:9784416706008[/rakuten]

もふもふ!受付でフクロウが出迎えてくれる夢のテーマパークに行ってきた

今週は鳥写真たくさんでお送りする。今回は掛川花鳥園の入り口で我々を出迎えてくれる受付嬢アフリカオオコノハズクのリリちゃんである。

掛川花鳥園とはとは静岡県掛川市にある花の中で鳥(ふくろう、インコ、ペンギン)と遊べるテーマパーク。

アフリカオオコノハズクは一時期この掛川花鳥園のポポちゃんが良くTVに出演していたので覚えている方も多いだろう。敵の強さに併せて相手が格下なら羽根を広げて威嚇し、格上で命が危うい場合は細ーくなって枝に擬態する習性で知られている。

受付嬢のアフリカオオコノハズク「りりちゃん」

頭がクルクル回転するので目線を貰うのが難しかった。奇跡の一枚。

普段はじっと寝ていることが多いが機嫌が良いと人間を構ってくれることがあるようだ。

[rakuten]kuma90:10000701[/rakuten]
[rakuten]001:9784560081815[/rakuten]
[rakuten]001:9784840135351[/rakuten]
[rakuten]001:9784416706008[/rakuten]

受付で看板カモが出迎えてくれるテーマパークがある

今週は鳥写真たくさんでお送りする。まずオープニングを飾るのは掛川花鳥園の入り口で我々を出迎えてくれる受付担当!アカハシコガモの「ぶっち」である。

掛川花鳥園とはとは静岡県掛川市にある花の中で鳥(ふくろう、インコ、ペンギン)と遊べるテーマパークである。

赤嘴小鴨と書いてくちばしが赤い小鴨、と名は体を表している。体がブチブチ模様であることから名付けられた「ぶっち」君、人気者を決めるKKE総選挙ではスタッフ票1位を獲得し見事入園チケットの写真に使われることになった人気者なのだ。

スタッフによると”朝の出勤と夕方の帰路に着くときは自分で歩いてご自宅まで帰るんですよ~とってもおりこうさんなんです”とのこと。

受付鴨のアカハシコガモ「ぶっち」

大人しく台の上で背中枕(解説しよう!背中に顔をうずめて寝る姿を背中枕と言うのだ)で迎えてくれた。

ちなみに名前を呼ぶと「イーヒーッ」とか細い声で返事してくれることもあり是非チャレンジして欲しい

[rakuten]ribbonshop:10020508[/rakuten]

[rakuten]hane-senmon:10000014[/rakuten]

小鳥男子はふくろうを相棒に夜を超える

結婚するならWeb男子より小鳥男子、これ定説。

ということで今回のインタビューに登場するのは小鳥界の王子@nambonさんである。

小鳥男子とは何か。
彼はWeb男子だがふくろうをはじめとして7羽を飼うとともに小鳥コミュニティのイベントにも積極的に参加している。

「今月は彼氏より@nambonさんに会っているかも」と言われるフットワークの軽さ、7羽を世話する家事力。これですよ。

さて小鳥男子は前回反響を呼んだ「Web男子はお洒落部屋で夢を見る」を超えられるだろうか?

@nambonさんのプロフィール

原宿のWEBサービス会社のiPhoneアプリ開発担当。サーバ側のRailsも開発。大学の研究室時代から独学で地震通知や時間割アプリを公開していた。先日30歳になったばかり。趣味は鳥全般と羊毛手芸、イラスト。

自宅には7羽の小鳥

ご自宅で話をお伺いしてきました。通勤に便利ということで新宿近くのデザイナーズマンションにお住まい。
小鳥

–沢山飼っているそうですが。
白文鳥、オカメインコ、錦華鳥が4羽、アフリカオオミミズクの7羽ですね。

–それぞれどんな小鳥ですか?
まずは白文鳥で手乗りの大福。もう5年くらいになります。

Q:彼女さんはいらっしゃいますか?
A:僕は大福と結婚してますので(キリッ

小鳥とサミット

オカメインコのキイロイトリは小心者で臆病。びっくりするとパニックになったりします。これはオカメ全般にそうですね。
オカメインコ

錦華鳥はオーストラリアではすずめ的ポジションな愛玩鳥。手乗りにしたいと思ってまず親のペアを飼う所から。親は全然人に慣れてないのでもし籠から逃げたら捕まえるのが大変なんですよー。

「ぷーぷー」という鳴き声がかわいい錦華鳥。
1000002361

–雛は手に入らないんですか?親から飼い始めるって壮大な計画ですね。
錦華鳥の雛はお店ではあまり手に入らないんです。それで親から。

–雛から育てれば手乗りになるんですか
そうです。でも人間の赤ちゃんと同じで何時間に一回か挿餌をする必要があって。日中は会社があるからできない。そこでこの子だけ覆いで昼夜逆転させて、夜タイマーをかけて挿餌してました。朝起きたらiPhoneのアラームを止めようとして必死だったんでしょうね、寝ぼけて撮ったスクリーンショットが残ってたり(笑。

そのかいもあって今ではベタ慣れです。その後2羽でよりそったらかわいいなと思ってもう一羽もらってきたんですけど、仲良くなって同じブランコに止まったり毛づくろいしているのを見るとガッツポーズしちゃいます。

小鳥男子になったきっかけ

–大変な情熱なのはわかりましたがきっかけは何?
大学に入ってから知人に文鳥を貰って。飼った経験は無かったが譲ってもらえるならということで。

–それが手乗り文鳥の大福
初めてだったので向こうが手乗り状態まで育ててくれていた。それが結婚宣言するに至るとは。5年も同棲したらそろそろかな、と。

大福をカゴから出すと、手の上でこちらに向かって必死に求愛ダンスを踊ってくるので、結婚する。less than a minute ago via すべすべまんじゅうどり Favorite Retweet Reply

–1羽から始まって7羽に増えていったのは
twitterを始めて鳥仲間との交流が増えて色んな種類を見るようになって。それで知らない世界を見たくなりました。

–そんなに種類によって違う
犬と猫くらい違う。キイロイトリは神経質、大福は物怖じしない。錦華鳥の親などは全然慣れてなくて触れないです。

ふくろうとの生活

–アフリカオオコノハズクのたまちゃんについて。ふくろうって珍しいですよね。
今年になってから飼い始めて、雛から世話したのでベタ慣れです。ここまで触れるのは珍しい。

▼まだぽわぽわしていた頃のたまちゃん

色々な種類がある中でアフリカオオコノハズクを選んだのは腕に載せられるぎりぎりサイズだから。これより大きいと力も強いので猛禽的なグローブ付ける必要があったりします。逆に小さいものは体力が無かったり飼育が難しいとか。

▼だいぶキリっとしてきたたまちゃん
アフリカオオコノハズク

–アフリカオオコノハズクってどんなフクロウ?
有名なのは掛川花鳥園のぽぽちゃん。大きくなったり細くなったりしてTVでも良く取り上げられている。
フクロウは目が固定されていて動かないので顔ごと270度回転するんです。好奇心旺盛でいつもキョロキョロしている様子がかわいい。
IMG_0092

大きくなるたまちゃん
威嚇のため羽根を広げて自分を大きく見せようとするんです。
アフリカオオコノハズク

例えば掛川花鳥園のぽぽちゃんぬいぐるみを見せると大きくなりますね。同じ種類のふくろうなので仲良くしてくれるかなーと思ったんですけど(苦笑
アフリカオオコノハズク

細くなるたまちゃん
怖いものを見ると細くなって目を合わせません。怖いのは例えばダイソンの掃除機。枝に擬態しているらしいです。
1000002204

後は人が多いと怖いらしくて細くなっちゃいますorz。

いない・・・わたしはここにはいない・・・みんなにもみえないはず・・・ #kotorito less than a minute ago via Twitpic Favorite Retweet Reply

普段のたまちゃん
夜活動的なのでプログラマーにおすすめ。朝ラットを一匹、夜うずらを一匹あげてます。だから冷凍庫には…(笑

@nambon画伯の秘密

–@nambonさんの趣味はイラストということで、さっきから気になっているアレを見せてください。
左が文鳥で、右側がたまちゃんです。左の文鳥は一部で@nambon画伯の「魂が抜ける」と通称されています。
IMG_0082

独特の味に愛好者がいて人づてにイラストを頼まれることもあるそう。

この日は表参道のガレット屋「ル・ブルターニュ」で@nambonさんを囲むランチ会が開かれ、カエルを描いていました。ちなみに左がカエル、右がクラゲ。

何を言ってるんですか。緑色の方がカエルに決まっているでしょう?

小鳥男子の恋愛

@nambonさんにズバリ迫ってみました。

–恋愛経験は。
それなりに。小鳥を飼い始めてからは無いかな。

–告白する方される方?
される方。何回かは。そのままお付き合いました。

–タイプじゃない人に告白されたら?
どんな人にも合わせられる自信がある。明日から結婚生活するってことになっても大丈夫だと思いますね。

種を超えて小鳥とコミュニケーションできるくらいだから余裕です。

–鳥仲間は交流が盛んというイメージがあります
毎週何かしらイベントがあってtwitterで盛り上がってます。「小鳥とサミット」やバスを貸しきって富士花鳥園へ遠足したり。

–小鳥男子はモテる?
モテるかはわかりませんがアクティブな人は女性が多いので結果的に飲み会で男子が僕だけということはよくあります。

今月は彼氏より@nambonさんに会っている、という人もいました(笑

小鳥仲間に聞く@nambonさん

  • 聞き上手
  • 花火イベントで@nambonさんの周りになぜか若い女の子たちがいつもいた。
  • フットワークが軽い(週末ひょいっと神戸花鳥園のOFFに参加したり)
  • @nambonさんは男子というより@nambonさんという個性
  • 小鳥イベントで@nambonさんとたまちゃんが移動すると追っかけが発生していた

インテリア・ガジェット

  • MacbookAir:Mac製品は迷うくらいならすぐ買うのが最大幸福、というポリシー。
  • ロフトベッド:普通机を置くところに鳥かごを置いてあるのでスペースを有効活用するため
  • アーロンチェア:中古でget
  • SANNA:うさぎチェア。全色揃えたい。
  • カリモクのソファ

まとめ

@nambonさんはとにかく小鳥愛に溢れているんですよ。
何かを凄く凄ーく好きになれるっていうのも才能の一つだな、と思う。

そんな彼は告白されて断ったことがない、という話ですから気になった人は是非アタックしてみるといいと思います。毎日小鳥に対してかわいいと萌えたりかわいいと思ったりしている訳です。付き合ったらきっと毎日愛情表現してくれるはずですよー!

今まで挿餌で育ててきた雛が、自分で餌をついばんでいる姿を見て感動してる。お父さんは嬉しいよ。less than a minute ago via すべすべまんじゅうどり Favorite Retweet Reply

たまちゃんのケージの扉を開けて放っておくと、ちゃんとぼくの近くまで飛んでくる。かわいいのぉ。 less than a minute ago via すべすべまんじゅうどり Favorite Retweet Reply

旭山動物園で子供ペンギンのお散歩を見てきた

先月の連休で”行動展示”で有名な旭山動物園へ行ってきた。

名物のペンギンの散歩を見てきたので息抜きになればいいなと思って載せる。

行動展示とは

今までの動物園は「生きた動物の身体的特徴を見せる」形態展示をしていた。例えば象の大きさとかライオンのたてがみがどうなっているのか見られる。

でもライオンってだいたい寝ててつまらないと思った人もいるんじゃないだろうか。これに対して動物の生態やそれに伴う能力を引き出して見られるようにしたのが旭川動物園で有名になった”行動展示”。中でもペンギンの散歩が名物。

旭山動物園のペンギンの散歩

ペンギンの散歩はかわいいに決まってるんだけどなんで散歩なのだろう。

ペンギンって自然では陸上の営巣地から海まで数km歩いたりしてるらしい。それで運動不足解消から始められたペンギン散歩が人気になった。冬の積雪時は毎日開催されている。

園内の散歩コースに観光客が列を作って待つ。左側が散歩通路で中央奥からずずーっと人垣ができる。拡声器のスタッフが注意事項を触れて回っている。

だんだん歓声が近づいてきた!

「俺いっちばーん♪」マラソン大会でいるよねこういう奴(笑。一周目だけ一番取るの。

動画もあるよ。人間を気にしない風でてくてく歩いてく。

真ん中を良く見ると茶色の産毛で覆われた子、中央左に大人の羽毛に切り替わる途中の子がいる。

みんな視線がばらばらで一体感無しw

「俺は決められたレールを行くのはゴメンだぜ!」いるよねこういう奴、アゲイン。一羽が飛びつくともう一羽続いた。

「今までの写真は前振りだったんだよ」「な、なんだってー!!」

帰り際にペンギンたちが鳥舎に帰ってきた所に遭遇し、動画を撮れた。駄々をこねて飼育員さんに連れ戻される子や産毛の若い子が立ち止まっちゃったものだから後ろが入れずつっかえる、それを飼育員さんが背を押して促す所などとてもユーモラスで良かった!