原宿・表参道・青山

ことりカフェ表参道で元気な小鳥たちにいやされる

今都内の鳥飼いさんの間で話題のことりカフェ表参道へ行ってきた。表参道の鳥カフェは今のところゆったりしているのでメディアに取り上げられる前の今がことりカフェに行くチャンスだ。ことりカフェ表参道にはセキセイインコ・文鳥・オカメインコ・コザクラインコ・モモイロインコ、タイハクオウムなどがいて触れ合いコーナーもある。

投稿者:@ysakaki 投稿日時:
水族館・動物園・鳥

EOS 70Dで市川市動植物園の昆虫を激写する

先日の「流しカワウソ」記事も好評だったのだが、実は市川市動植物園に隣接する自然観察園が虫好きには垂涎であった。空ではオニヤンマがパトロールし、カブトムシが樹液に集まり、足元ではベッコウバチが蜘蛛を狩る。市川駅から市川市動植物園へ歩く途中の2km、それが続くのだ。

投稿者:@ysakaki 投稿日時:
ラフォーレ原宿

ラフォーレ原宿のインコアイスを小鳥飼いに食べてもらった→“後味が水浴び後の臭いを吸い込んだ記憶を思い出させる。”

ラフォーレ原宿で期間限定発売中のインコアイス、TV取材が来たり始発組が出るなど毎日瞬殺の人気っぷりである。小鳥にはそこそこ詳しい本サイト、「小鳥男子」でご登場いただいた小鳥飼いに実際にインコアイスを試食いただき、感想を聞いてきた。焦点はインコアイスは本当にインコ味がするのか?その一点である。

投稿者:@ysakaki 投稿日時:
ラフォーレ原宿

インコ臭アイス、ラフォーレ原宿での発売が決まる

インコ臭を再現したアイスがラフォーレ原宿で取り扱われることが決まった。「インコ風味アイス」が8月の2週間限定で登場するもの。元々はインコなどの小鳥を眺めながらお茶ができる神戸の「とりみカフェ ぽこの森」が企画したものだがメディアで取り上げられ話題になっていた。

投稿者:@ysakaki 投稿日時:
ランカウイ島タンジュン・ルー

マレーシアで餌に群がる小鳥がかわいくて悶絶した(動画)

マレーシアのランカウイ島にある動物園的なポジションの「バード・パラダイス」へ行ってきた。150種の鳥類が見られるのが売り。小鳥との触れ合い的なエリアで餌をあげられるのだがヘキチョウの群れがわっさわっさと集まってきてかわいらしかった。

投稿者:@ysakaki 投稿日時:
ニュース

もはや悟りを開いているとしか思えないフクロウ画像

今週は鳥写真たくさんでお送りする。今回は掛川花鳥園のフクロウ。 掛川花鳥園とはとは静岡県掛川市にある花の中で鳥(ふくろう、インコ、ペンギン)と遊べるテーマパーク。夜行性のフクロウは昼間寝ていることが多いがそれにしても目が埋没してもはや悟りを開いているとしか思えない姿ではないだろうか?

投稿者:@ysakaki 投稿日時:
ニュース

もふもふ!受付でフクロウが出迎えてくれる夢のテーマパークに行ってきた

今週は鳥写真たくさんでお送りする。今回は掛川花鳥園の入り口で我々を出迎えてくれる受付嬢アフリカオオコノハズクのリリちゃんである。掛川花鳥園とはとは静岡県掛川市にある花の中で鳥(ふくろう、インコ、ペンギン)と遊べるテーマパーク。

投稿者:@ysakaki 投稿日時:
ニュース

受付で看板カモが出迎えてくれるテーマパークがある

今週は鳥写真たくさんでお送りする。まずオープニングを飾るのは掛川花鳥園の入り口で我々を出迎えてくれる受付担当!アカハシコガモの「ぶっち」である。掛川花鳥園とはとは静岡県富士市にある花の中で鳥(ふくろう、インコ、ペンギン)と遊べるテーマパークである。

投稿者:@ysakaki 投稿日時:
原宿・表参道・青山

小鳥男子はふくろうを相棒に夜を超える

結婚するならWeb男子より小鳥男子、これ定説。ということで今回のインタビューに登場するのは小鳥界の王子@nambonさんである。小鳥男子とは何か。彼はWeb男子だがふくろうをはじめとして7羽を飼うとともに小鳥コミュニティのイベントにも積極的に参加している。

投稿者:@ysakaki 投稿日時: