「表参道ヒルズ」カテゴリーアーカイブ

表参道ヒルズで開催されるイベント、イルミネーション、おすすめのランチなど

【初売り2014】表参道ヒルズの初売りは元旦から。各店から福袋も登場

表参道ヒルズの2014年の初売りが元旦11時から始まっている。元旦から始まる全館セールOMOTESANDO HILLS SALE 2014 WINTERではメンズ・レディス・キッズのファッションから、アクセサリー・雑貨類まで、今シーズンのトレンドアイテムを30~50%(最大70%)OFFで販売、福袋も登場する。

表参道ヒルズの福袋

元日から3日(金)までは約40店舗で約1500個の福袋を販売する。B2Fキッズの森のトワポムでは中身が見える嬉しい福袋35000円相当が10500円。シュウ ウエムラ ビューティブティックでは26000円相当が12600円の福袋。ククルザ ポップコーンでは2ガロン缶に8種類の味を詰めあわせたセット5000円相当が4000円になる。

表参道ヒルズ

表参道ヒルズのイルミネーション2013

表参道ヒルズのイルミネーションが始まった。今年も入り口に撮影スポット、大階段の上にスワロフスキーのクリスマスツリーが登場している。クリスマスツリーの上の円筒のカバーはプロジェクターから映像が投影される趣向。

入り口の撮影スポットの脇には今話題のチョコバー、マックス ブレナーがオープン。イルミネーションを眺めながらデートするのに良さそうだ。

表参道ヒルズ入り口には撮影スポットが登場

表参道ヒルズ入り口には撮影スポットが登場

 

大階段下から見るといい感じ

上から見るのと下から見るのとどちらが良いのか。今年もスワロフスキー数万個使ったツリーらしいのだが単調な形でカメラマンには不評らしい。下から見上げると集中線が走っていい感じになる。

 

表参道ヒルズのイルミネーション

プロジェクター投影 / 表参道ヒルズ イルミネーション2013

15分おきくらいでツリーの上の円筒にプロジェクター投影されている。ので、パッと移動せずしばらく見ているのがおすすめ。通路を上下している間に投影タイムが始まるはず。

プロジェクター投影 / 表参道ヒルズ イルミネーション2013

大階段を上から見下ろした所

メインのツリーと大階段の両脇に普通のツリーが立っている。記念撮影に近づいても大丈夫。

大階段を上から見下ろした所

クリスマスツリーで記念撮影するカップル

クリスマスツリーで記念撮影するカップル

表参道ヒルズのクリスマスツリー

女の子が手を伸ばしているのは手を動かすと照明が変化するギミックがあるから。

表参道ヒルズのクリスマスツリー

スワロフスキーが散りばめられたクリスマスツリー

メインのツリーに近寄った所。スワロフスキーこんなに敷き詰められていたんですね。

スワロフスキーが散りばめられたクリスマスツリー

表参道ヒルズのKurkku後に入るチョコレートショップ

後で記事にするがKurkku跡にマックス ブレナーが入った。

表参道ヒルズのKurkku後に入るチョコレートショップ

表参道のケヤキ並木の紅葉が見頃に

先週末渋谷から表参道へ抜けた所ケヤキ並木の紅葉がいい感じになっていた。日当たりのいい木が紅色、日陰の木は黄色、まだ緑色のケヤキも残っているので彩り豊か。葉は散り始めているが多分今週末が見頃になるだろう。表参道イルミネーションの準備でLED取付工事も進んでいる。葉が落ちればいよいよ表参道イルミネーションの季節だ。

表参道ケヤキ並木の紅葉

GYRE前の陸橋から撮ってみた。中央から撮ると左右対称な構図になるが少し左右に寄った方が全面に紅葉が入った絵になる。

表参道の陸橋から見たケヤキ並木の紅葉

神宮前交差点方面のケヤキ並木

右下に通行人が写っているが真っ直ぐには歩けないぐらいの賑わいだった。震災後の閑散とした通りを思えばよくここまで戻ってきたと思う。

表参道の陸橋から見たケヤキ並木の紅葉

GYRE表参道前の紅葉

日差しがよく当たる木の紅葉が早いようだ。紅色・黄色・緑色の木々が見られる。

GYRE表参道前の紅葉

表参道ヒルズ脇のケヤキ並木

表参道は交番の辺りが底になっていて両側に上る勾配になっているので下から上を撮ると良い。これは表参道ヒルズ前から表参道駅側方面へ向かう構図。

表参道ヒルズ脇のケヤキ並木

そのまま青山側へ抜けてギャルソンのAKIRAを眺めるのもおすすめ。

原宿・表参道の行列

今大型雑貨店が話題になっている原宿のASOKOは土曜13時時点で並ぶと30分、整理券だと1時間半待ち。
ASOKOの行列

ハワイのパンケーキ店カフェカイラは相変わらずの行列。予約できないから並ぶしかない。
カフェカイラの行列

今年はケヤキ並木のイルミネーション復活しますよ!

夜は別の顔を見せる表参道。月末の点灯式に向けLEDの取付工事が進んでいる。20-21時辺りに通ると試験点灯している様子が見られてお得。
>> 表参道イルミネーション2013、始まる

▼試験点灯の様子
表参道イルミネーション2013

【次回予告】アニヴェルセルカフェで休んでいたらドレス姿の花嫁が出てきた、という話

ベン&ジェリーズ表参道ヒルズ店で9日火曜にアイスクリーム無料配布する #FREECORNDAY 開催予定

ベン&ジェリーズは9日火曜にアイスクリームを無料配布する「フリーコーンデー」を開始する。創業者の「ビジネスは、地域社会に利益を還元する責任がある」という理念に基づき世界の前店舗で毎年開催している。1回の来店で一人につき1個、スモールサイズのアイスクリームを無料で配布する。

何度来店しても良いが、表参道店などは相当行列することが予想されるのでまあ1回でしょうね。国内ではベン&ジェリーズ表参道ヒルズ店、コピス吉祥寺店、ららぽーと豊洲店の3店舗あるのでお近くのベンジェリへどうぞ。

ベン&ジェリーズ

フリーコーンデーを告知する表参道駅構内のポスター。
ベン&ジェリーズのフリーコーンデイ

渋谷駅構内でも。
IMG_3501

ORANGINA × FIGAROのコラボメニューがkurkku3に登場

「フィガロジャポン」5月号でオランジーナと一緒に楽しみたい、フランスならではの料理を探す特集「オランジーナと巡る、フランス美食の旅。」を展開している。

パリ、コートダジュール、アルザス=ロレーヌの地元の名店からのメニューを表参道ヒルズのkurkku3でも食べられる、という趣向。

「クロックムッシュ」(¥900)、「ニース風サラダ」(¥1200)、「キッシュロレーヌ」(¥800)。すべてオランジーナがセットになっており、追加¥200でカクテルにも変更可能。

クロック・ムッシュー / kurkku3

パリでは、「ブラッスリー・フロット」の看板メニュー、田舎パンを使ったクロック・ムッシューを。オランジーナの控え目な甘さは、エメンタール・チーズのコクやハムの塩気を引き立てて味わいを深める。

ニース風サラダ / kurkku3

コートダジュールの「シェ・ピポ」では、メニューに載っていないニース風サラダを特別に。地中海の新鮮な野菜がふんだんに使われた華やかなサラダは、南仏で育まれたオランジーナと相性抜群

キッシュ・ロレーヌ / kurkku3

アルザス=ロレーヌからは、「オーベルジェ・サンマルタン」の人気メニュー、キッシュ・ロレーヌ。外側のブリゼ生地はカリッ、具を包む卵はしっとりと仕上げるのがポイントだとか。ほのかな苦みが心地いいオランジーナと合わせたい。

ORANGINA × FIGARO × kurkku3概要

「ORANGINA × madame FIGARO japon × kurkku3」
期間:2013年3月18日~24日
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館1F
Tel:03-6438-9603
営)11時~23時30分(月~土)、11時~22時30分(日)
無休
http://www.kurkku.jp/kurkku3

ウェンディーズ、高級ハンバーガーセット1590円→890円のキャンペーンを実施中

日本へ再上陸したウェンディーズに行ってきた。場所は表参道ヒルズの向かい。1590円のプレミアムハンバーガーセットが今だけ890円のキャンペーンを実施中なのだ。12月2日まで。

気になる内容は「キャビア&ロブスターバーガー」+「フレンチフライ(R)」+「コカ・コーラフリースタイル」のコンボメニュー。

ウェンディーズは再上陸に辺り高級路線を取っており「JAPAN Premiumメニュー」として「キャビア&ロブスターバーガー」を始め単品で780円〜980円のハンバーガーを展開している。

今回日本に再上陸するウェンディーズは創業者の意志を受け継ぎ、日本オリジナルの”Japan Premium”をコンセプトとして掲げ、味にこだわるお客様の期待を超えるプレミアムなメニューとサービスを提供してまいります。

セットにすると1590円で、これは表参道エリアのランチ平均(800-1000円)を超えるのはもちろん、周辺に食べログ全国1位のA&G DINER、元1位のFELLOWSTHE GREAT BURGERなど1000円程度のグルメバーガーを食べ慣れている地元民にとってはちょっと強気な価格設定と言える。

しかし890円ならランチ予算内ということで初訪問してきた。

こちらがウェンディーズ創業43周年記念の特別コンボメニュー。

ウェンディーズ43周年ということで特別価格なのだ

あ、あれ、ちょっと高さが見本と違うような….w。

ウェンディーズの「キャビア&ロブスターバーガー」+「フレンチフライ(R)」+「コカ・コーラフリースタイル」のコンボメニュー

風邪を引いていてキャビアの香りはわからなかったが、ロブスターはぷりぷりで美味しかった。

下の写真のA&Gほどとは言わないが盛りを工夫すればもっと美味しそうに見えるのにな、という感想。

A&G DINER

ウェンディーズ表参道店

場所は、表参道ヒルズの向かいを脇道に入った所。オープン当初は行列が話題になったが、今は普通に入れる。

 

地下の客席は広々としている。これは平日午後14時頃。

ウェンディーズ内装

動揺して手ブレてしまったのだが背もたれの高いカップル席が見所

http://30min.jp/place/2204293

モスカフェ表参道店が表参道ヒルズの近くにオープン

モスバーガーを展開するモスフードサービスから、モスカフェ表参道がオープンするとのリリースがあった。場所は表参道ヒルズの脇の2階でテラス席もある。

モスカフェは現在(西銀座店、江ノ島店、銀座ナイン店、恵比寿東店、みなとみらい店)の5店舗を構えている。従来のハンバーガー以外にカフェごはん系、豊富なドリンク、スイーツやアルコールも楽しめるカフェ形態。

このエリアで遅い時間までやっているカフェというとアニヴェルセルカフェ、モントークだったが、モスカフェは7時〜23時/年中無休/89席ということで早朝から使える便利なカフェになるだろう。

オープンは11月15日予定。

ベンアンドジェリーズ

ベンアンドジェリーズが人気だ。表参道ヒルズの路面にできた高級アイスクリーム店。

ベンアンドジェリーズのジェラートはアメリカではハーゲンダッツ的ポジションらしい。表参道に日本一号店ができて以来、日中は行列が続いている。

ベン&ジェリーズとは

ベン&ジェリーズは世界27か国で800店舗を展開するアイスクリームブランド。ユニリーバの傘下ということで日本でもユニリーバが経営している。

BEN&JERRY’Sの外観

ベンアンドジェリーズは表参道ヒルズの表参道よりにある。夜もこの活気だ。テーマカラーは水色。

IMG 8201

店内はPOPな感じ。牧場を思わせる木材に空の青、雲の白を使っている。写真をよく見ると吊り下がっている照明は牛乳瓶だ。

IMG 8199

@hara19jp的には蓋を吊り下げたディスプレイがお気に入り。

IMG 8198

外からは見えにくいが、イートイン28席あり。営業時間は11時~21時(日曜は〜20時)

展開フレーバーは、チェリーとチョコレートのチャンク(=具)が入っている、ロックバンド「グレイトフルデッド」のギタリスト、ジェリー・ガルシアの名前を冠した「チェリー ガルシア」、マシュマロのソースとホッキョクグマ型のホワイトチョコが入ったバニラアイスで、アラスカ州の国立公園での石油採掘反対を訴えるために作られた「ベイクド アラスカ」、フェアトレード認定バニラを使った「バニラ」など12種。

(中略)

カップ・コーンの価格は、スモール(1スクープ)=360円、レギュラー(2スクープ)=550円、ラージ(3スクープ)=750円。ワッフルコーンは追加100円、チョコレートワッフルコーンは追加150円。トッピングは50円~100円。持ち帰り用のパイント(980円)も用意する。サンデーやシェイク、オリジナルフローズンドリンク、オーダーメードも可能なアイスクリームケーキなども扱うほか、「ウッディ」やアイスをモチーフにしたiPhoneケース(1,300円)やTシャツ(1,500円~2,500円)、マグカップ(700円」)などの日本限定アイテムを含めたオリジナルグッズも販売する。

http://www.shibukei.com/headline/8435/

ベン&ジェリーズのアイスクリーム

レギュラー(2スクープ)、チェリーとバニラだったかな。結構ボリューミーでしっかりした食感なので男性でもスモールで大丈夫だと思う。

IMG 8196

表参道ヒルズのランチならkurkku3がおすすめ

表参道ヒルズでランチのおすすめと言えばサルバトーレ・クオモの平日ランチブッフェだがオシャレさを取るならkurkku3も良い。

kurukku3(クルックスリー)は「新・医食同源」をテーマに素材や食感にこだわったそばや野菜のジェラート、国産ワインや多彩なタパス料理を提供するカフェ。

表参道ヒルズの入り口脇と好立地。外からは薄暗く見えるしお高いんでしょ、と思って今まで入ったことはなかった。

kurkku3の内装

しかし、この内装である。

路面より一段低くなっていて表参道を往く人を眺めることができる。表参道を上から眺められるお店は結構あるのだが半地下から眺められるのは珍しい。

P1020817

奥にはお洒落な椅子があってラウンジ風。

P1020818

表参道ヒルズのkurkku3でランチ

名物の蕎麦と、キーマカレー、牛すじ丼。800円〜なので表参道エリアとしては普通。むしろ場所を考えれば安いだろう。

IMG 5985

kurkku3の肉と野菜の蕎麦 950円

kurkkuは元々野菜にこだわりがあってkurkku kitchenもこれが同じ野菜か、と思うほど美味しかった。

kurkku3の蕎麦も、蕎麦としてはびっくりする味というものでも無いが肉・野菜・蕎麦のバランスが良くできている。

P1020824

kurkku3のキーマカレー 800円

なかなかいい写真が撮れたと思うがこのとおり良く煮込んだキーマカレー。野菜たっぷりな上にサラダも付いて健康的な一品。

P1020826

kurkku3のジェラート

これは知られていないのだがkurkku3でもジェラートを売っている。テイクアウトも可能だ。

同じ表参道ヒルズのBEN&SHERRY’sより行列せずにすむのでデートに行くなら覚えておきたい。

IMG 5997

巨大クジラが登場!表参道ヒルズ館内を海に見立てて

表参道ヒルズの吹き抜け大階段に巨大なザトウクジラのバルーンの展示が始まった。 館内を海に見立てたアートというのはいいアイデア。

「OCEAN BLUE」をテーマにした館内演出でクジラ以外にもイルカ、エイ、タコ、サメなどを見かけた。「深海タイム」は20分毎なのでヒルズ内をちょっと見て回ればすぐだろう。

天井から全長10メートルのザトウクジラのバルーンをつるしたほか、大階段中央にはミラーボールやスワロフスキーで飾った岩をイメージしたオブジェを配置。同所には、アーティスト・ヨシカワゴエモンさんが手掛けた海の生き物をかたどったスポンジオブジェも並ぶ。

営業中20分ごとに環境演出「深海タイム」を実施。ブルーや白を基調にした照明で場内を照らすほか、泡や魚が泳ぐ音、イルカやクジラの鳴き声をBGMで流す。音と連動して、ミラーボールが回転する。演出の時間は約2分30秒。

http://www.shibukei.com/headline/8687/

天井から吊るされたザトウクジラは大迫力!

IMG 7457

特にヒレの大きさが目を引く。殴られたら死ぬ(笑。

IMG 7458

見下ろすと大階段の踊り場に海底のオブジェが。ミラーボール回るのかなこれ。

P1050231

全体像がYouTubeに上がっていたのでそちらもどうぞ。

表参道を広告ジャックしている「BEN&JERRY’S(ベン&ジェリーズ)」初日の明日はアイスクリーム無料配布!

BEN&JERRY’S(ベン&ジェリーズ)が表参道を広告ジャックしている。具体的には表参道ヒルズ壁面、ゴミ箱、街灯の旗、みなBEN&JERRY’S(ベン&ジェリーズ)の牛さんだ。

BEN&JERRY’S(ベン&ジェリーズ)はアメリカ発の高級アイスクリームブランド。現在世界27カ国に展開している。

日本一号店かつ旗艦店となる「BEN&JERRY’S表参道ヒルズ店」が4.14にオープンする。これを記念して終日アイスクリーム(スモールサイズ)を無料配布するという。

▼BEN&JERRY’S(ベン&ジェリーズ)は表参道ヒルズの表参道駅側の端の路面店。人気が出そうな立地。

▼公衆トイレ壁面を使ったメニュー案内
公衆トイレは同潤会アパートに隣接している。

▼表参道ヒルズの壁面パネルに街路灯の幟も全部キャラクターの牛。

▼表参道ヒルズ壁面の幟もジャック

▼喫煙所看板
高級アイスクリームブランドってことなんだけれども http://www.benjerry.jp や広告を見るとフレンドリー&チープ路線な感じもして迷うところだ。

日本初上陸のアイスクリーム「BEN&JERRY’S表参道ヒルズ店(ベン&ジェリーズ)」4.14オープン終日無料配布実施

アイスクリームの「BEN&JERRY’S表参道ヒルズ店」が4.14にオープンする。これを記念して終日アイスクリーム(スモールサイズ)を無料配布するという。BEN&JERRY’S表参道ヒルズ店は日本1号店かつ旗艦店となる。

BEN&JERRY’S(ベン&ジェリーズ)はアメリカ発の高級アイスクリームブランド。現在世界27カ国に展開している。

BEN&JERRY’S(ベン&ジェリーズ)の表参道広告ジャック

BEN&JERRY’Sは相当気合入ってますね。原宿・表参道の飲食店のオープンでこれだけ大々的に広告ジャックしたのは直近記憶にないと思う。

▼街路灯看板

▼喫煙所看板
高級アイスクリームブランドってことなんだけれども http://www.benjerry.jp や広告を見るとフレンドリー&チープ路線な感じもして迷うところだ。

イケメンが貴女にビールを注いでくれる!女子会におすすめな表参道ヒルズ「ドイチェ・ドイチェ」

表参道ヒルズに入っているドイツ料理店「ドイチェ・ドイチェ」はこのシーズン増える女子会・歓送迎会におすすめ。グループで行くと楽しい。おすすめポイントが多すぎてなかなか記事に出来なかったお店だ。

ドイチェ・ドイチェは“表参道ヒルズに日本初・ドイツの生パスタ専門店がオープン”が売りのお店だがドイツの生パスタって何?となるので普通にドイツ料理と考えてもらって構わない。

まずはこの動画を見て欲しい。見られない人は下の方で。

爽やかな笑顔のこの男性ドイチェ・ドイチェの店長さんなのだがひざまずいてビールを注いでくれるのである。執事っぽい!胸元を押さえて高みから泡を注ぐ時反対側の胸元を押さえる仕草などは「男性のこんな仕草に萌える」アンケート常連の「片手を座席に回して車庫入れ」に通じるものがありますな。

そんなこの店のおすすめポイントはこの6点。

  1. 表参道ヒルズのおしゃれなレストラン
  2. 生パスタに正統派ドイツ料理
  3. ビール!ビール!
  4. デザートよりどりみどり
  5. 記念日には照明効果付きでケーキプレートを出してくれる
  6. イケメンスタッフが貴女のためにビールを注いでくれる

表参道ヒルズのおしゃれなレストラン

ドイチェ・ドイチェは表参道ヒルズのレストランだから「今日は表参道ヒルズで女子会なう☆」とかつぶやける。

▼クリスマスシーズンにはクリスタルのツリーを見に来るカップルで賑わう(昨年のクリスマスの様子

内装はアンティークレンガにスタイリッシュな照明が映える。

▼社会人女性グループの比率が高い

▼ドイチェ・ドイチェ奥のソファ席
奥には個室と一段照明を落としたソファー席があり大人のムードが楽しめる。

生パスタに正統派ドイツ料理と外国ビール

売りはドイツの生パスタ専門店。もちもち食感のドイツ生パスタ”シュペッツレ”は種類も豊富。チーズを加えたクリームソース/北海産生ウニ/蛤とサフランのスープ/窯あげシラスと青海苔 などが選べる。

▼これがドイツの生パスタ

▼ドイツ産青カビチーズ「ババリアブルー」のクリームシュペッツレ
何度か訪問しているのでちょっと大人なパスタにチャレンジ。盛り付けも綺麗でしょう?

▼マッシュポテトもおすすめ

生パスタは女子会的メニューだが、ドイチェ・ドイチェはドイツ料理全般がバリバリ出てくる。他のレストランでは「つばめグリル」なんかが近いと思う。

オクトーバーフェストへ行ったことがある方は、あれと同じメニューが出ると知ればオレオレオクトーバーフェストが開けるわけだ。「オクトーバーフェスト」は元々ドイツの世界最大のビール祭りで日本でも日比谷や横浜のものが有名(去年の日比谷オクトーバーフェストの様子)。色々な外国ビールが飲める場として親しまれている。

▼ドイツ直輸入、Wilke(ヴィルケ)社のソーセージ盛り合わせ

▼大きなシュニッツェル。子牛や豚肉のカツレツ。

▼ドイツ料理の王様・アイスバイン。特製ブイヨンで煮込み、オーブンで焼きあげ余分な脂を落とし良質のコラーゲンのみを残し皮はパリッと中はトロトロな一品。店員さんが切り分けてくれるから手も汚れない。

お洒落に生パスタに行ってもいいし、ちゃんと食べたいならソーセージやアイスバインなど肉料理に行ってもいいという所が使い勝手が良い。

ビール!ビール!

ドイチェ・ドイチェはドイツ各地のビールを常時取り揃えている。雰囲気より酒!という女性もドンと来い!

▼ドイツビールのメニュー

▼フランツィスカーナー ヴァイスビア

▼外国風の陶器のカップで乾杯!

▼リッターだと長靴型グラス!

▼男性陣はチャレンジしてみて

デザートよりどりみどり

レストランでデザートというと大したものが出て来なかったりするがドイチェ・ドイチェは認定資格を取ったマイスターが作っている。ドイツのスイーツはあまり見かけないから物珍しい。

ドイツのケルンマイスターシューレのライセンスを持つマイスターが、ドイツのケーキレシピを忠実に再現しています。ドイツのトップレベルのホテルで使用される紅茶でロマンチックなひとときをお過ごしください。

▼デザートは座席でケーキを選ばせてくれる

イケメンが!膝を立てて!説明を!してくれる!

記念日には照明効果付きでケーキプレートを出してくれる

ドイチェ・ドイチェでは記念日にサービスをしてくれる。ケーキプレートが出てくるが照明も変えられる所が新しい。自分たちは会食だったのだが、この日は3回も記念日サービスが行われていた。

▼照明が変化した中をケーキプレートが運ばれてくるので注目度抜群。特別感が出ている。

イケメンスタッフが貴女のためにビールを注いでくれる

生ビールを頼むとグラスに入って出てくるのだが、外国ビールの瓶を頼むと座席で注いでくれるサービスがある。これが熱い!

▼ドイチェ・ドイチェでビール注いでもらう

あなたのためにビールを!

高見から泡を!

まとめ

ドイチェ・ドイチェは表参道ヒルズのドイツ料理レストランで、ドイツ料理全般が出てビールの種類が豊富でスタッフがイケメンで座席でビールを注いでくれるお店でありながらさんざん飲み食いして5000-6000円とそう高くは無い。行くべし。

以前は開店直後は打てば響くような女性フロアマネージャがいたのだが今は男性スタッフメインに切り替わったようだ。スタッフは一見ホスト風に見えるが接客の訓練を受けており料理を出すタイミングを「次の料理、もう少しお待ちしましょうか」と聞いてきてくれるなど気さくで丁寧だ。

余談だが食べログからオンラインシステムで予約したが便利なので他の店にも広まって欲しい。

関連ランキング:ドイツ料理 | 表参道駅明治神宮前駅原宿駅

一本500円の薔薇に幾らまで払えますか?

矛盾した問いになるが、一本500円の花に幾らまで出せますか?という所から付加価値の本質について考えてみたいと思う。

先日友人が新サービスをリリースした&誕生日を迎えたということで一輪の薔薇をプレゼントした。

表参道ヒルズに期間限定出店している胡蝶蘭と薔薇の専門店「sincerely.」に通りがかって、思わず買ってしまったのだ。

リボンをかけたギフトボックスを開けると中から濃紅の薔薇が登場する、という趣向。これは2000円だった。

花束を持ち歩いたり、貰って持ち帰ったりする時かさばって困らないだろうか?
この手提げ袋は便利&スタイリッシュ。

薔薇の品種「ガルシア」は後藤バラ園オリジナル。

名前の由来の通り、スペインのプロゴルファー セルヒオ・ガルシアのような情熱に満ちたアグレッシブな薔薇です。

本題に戻そう。この薔薇のギフトボックスは2000円、Lサイズ1本は525円だ。差額の1500円がボックスなどラッピング代…ということになるが納得できるだろうか?

これを単価・作業賃と見たらまあ1500円の原価はかかってない。しかし、私はこの買物に満足した。

例えばこの薔薇を一本、人にあげるとする。。。これはかなり無理があるだろう。想像できない。

裸の薔薇を貰っても茎は丸見えで見栄えしないし持ち運びに困るし折ってしまうかもしれないし、まあとにかく取り扱いに困るのが目に見えている。

そこでギフトボックスに入れ、ラッピングし、手提げ袋に入れる。貰った人は大きいけど軽い箱を受け取ることになる。「何か当ててみて」「開けてもいい?」「この薔薇は後藤バラ園っていう所のオリジナル品種なんだよ」「ガルシアってプロゴルファーの名前から取ったんだって」とプレゼントのシーンを想像できる。だから買った。

仮に薔薇単体だと10本くらい包まないと花束としての迫力は出ないと思うが箱一個でストーリーが描けるなら1500円の価値があった。原価ではなくて付加価値にお金を払った、ということだ。

@kei_sさん誕生日おめでとうございます!


自分もやってみよう!という方は

結構ネットでも買うことができる。品質はわからないので本当にシリアスな場面では自分でお店に行かれることをおすすめする。

かわいいクマちゃん型にメロメロ! エアーデザインブランド「Millefiori」、表参道ヒルズに登場

文具メーカー エトランジェ・ディ・コスタリカが2月25日、「Millefiori表参道ヒルズ店」をオープンする。

Millefiori(ミッレフィオーリ)は1994年、イタリア・ミラノで生まれたブランド。キャンドルの製造からスタートし、現在ではルームフレグランスを中心に上質な香りとスタイリッシュな器を融合させたアイテムの数々が人気を呼んでいる。

今回表参道ヒルズにオープンする新店舗では、ルームフレグランスのほか雑貨やバス用品も展開。オープン記念としてテディベア型が人気の「バンビーノシリーズ」全種を揃えた限定セットを販売するほか、表参道ヒルズの開業6周年を記念してZOMAシリーズから「センテッドスティックS」と「サシェ」の限定セットも登場する。

▼バンビーノシリーズはすべてアルコールフリー。水とエッセンシャルオイルがベースのルームフレグランスなので、子ども部屋でも安心して使用できる

Millefioriの香りは、グレープフルーツ・マンゴー・パパイヤ・りんごといったフルーツ系から、海・森林など自然をイメージしたもの、またラベンダーやグリーンティーなどの植物系など、馴染み深くリラックス感を呼びそうな“ナチュラル・フレグランス”が中心。

スティックを使ったディフューザーやサシェは電気を使わないエコ仕様。部屋に足を踏み入れたときにふっと香る主張しすぎないフレグランスは、誰からも愛されるはず。上質なライフスタイルにふさわしい香りはプレゼントにも最適だ。

●Millefiori表参道ヒルズ店
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ B2F
TEL/FAX 03-6804-2993
http://www.millefiorimilano.jp

来日したバルサのダニエウ・アウベス、表参道ヒルズでシンデレラの馬車に乗るお茶目な写真をアップ

クラブワールドカップで来日中のバルセロナは12月12日(月)、終日オフということで自由行動だった。シャビやセスクは宿泊地の横浜から京都へ。快速サイドバックのダニエウ・アウベスは表参道を楽しんだ。

(前置き)
@hara19jpの運営者はアーセナルのサポータである。

そしてバルセロナはアーセナル主将だったセスクを(バルサユース出身とは言え)シーズン中から「今季は来ないけどアーセナルに貸しているようなものさ。」「アーセナルが優勝争いから脱落したら1月には移籍してくるよ」(スペインW杯優勝セレモニでふざけてバルサシャツを無理やりかぶせるいたずらなど他にも多数)など複数選手がアーセナルサポータの神経を逆なでする発言を行なったことからバルセロナというクラブは大嫌いである。

しかしながら彼らが数十年に一度の歴史に名を残す素晴らしいプレーを披露していることは事実でプレーは見たいがクラブは嫌い、とうアンビバレントな状態に置かれているわけだ。

ということでセスク個人とセビージャで活躍したダニエウ・アウベスなら、という所にダニエウ・アウベスが来たので会ってきた。

ダニエウ・アウベスは横浜から品川経由で原宿・表参道へ到着した。


更に表参道ヒルズへ移動、正門前のディズニーコラボのシンデレラの馬車でおどけたポーズを撮った。

@hara19jpではこの写真が5分前にアップされたのを見て即駆けつけた所、運良く表参道を散歩中のダニエウ・アウベスに会うことができた。彼はBlackBerryを手放さずTwitter中だったが話しかけた所「ちょっと待て」と無言で目配せし、しばしTweetした後サインしてくれた。身長は175の私より少し小さかったがこの人がサイドをガンガン駆け上がっているのかと思うと意外であった。

サイン後仲間を追って歩き出したアウベスだが、振り向きつつ後ろに手を伸ばして握手してくれた。ナイスガイである。

▼表参道のローソン前を通過するバルサ一行。右端がアウベス。

▼ラフォーレ原宿のクリスマスツリーをバックに記念撮影するダニエウ・アウベス

▼ダニエウ・アウベスのサイン

表参道ヒルズにディズニーのシンデレラの馬車登場

表参道ヒルズで早くもクリスマスイルミネーションが始まった。タイトルは「OMOTESANDO HILLS Christmas 2011」。

今年はウォルト・ディズニー生誕110周年を記念して吹き抜け大階段にはアリエルやシンデレラなどのプリンセスキャラクターのシルエット、天井からはミッキーの頭部をかたどったオブジェが吊るされている。

目玉のクリスマスツリーには約1万7000個のスワロフスキークリスタルが散りばめられていて15分に一回館内の照明を落としてイルミネーションが変化する。

正面玄関のシンデレラの馬車

写真スポットとなっていて道行く人が足を止めて写メを撮っている。中央に記念撮影用のホールがあいている。カップルにおすすめ。

表参道ヒルズ大階段のクリスマスツリー

ウォルト・ディズニー生誕110周年ということでツリーの手前にはミッキーマウスの手を引くウォルト・ディズニー像。

15分毎のショータイムでは照明の色で雰囲気が一変する。一番華やかなのは金色の照明。

上階から見下ろすと吹き抜けの大階段にディズニーキャラが配置されている。

青系も幻想的。

クリスタル・ケイ : 表参道ヒルズツリー点灯式で新曲初披露

歌手のクリスタル・ケイさんが2日、表参道ヒルズ(東京都渋谷区)のクリスマスツリー点灯式でライブを行い、新曲「Superman」を初披露した。「ツリーに負けないように!」と純白のドレスに身を包んだケイさんは、シンデレラのように吹き抜けの大階段を上って登場。「初めて歌うのでちょっとドキドキしています。皆さんよかったら手拍子してください!」と観客を盛り上げ、ノリノリで熱唱した。
http://mantan-web.jp/2011/11/02/20111102dog00m200023000c.html

ウェンディーズ表参道店が明日オープン

日本再参入が発表されていたウェンディーズが第一号店となるウェンディーズ表参道店のオープンが12月27日に決まった。場所は神宮前5-8-7なので表参道ヒルズ玄関の真向かいの脇道になる。

世界3位のハンバーガーチェーン「ウェンディーズ」は2009年にゼンショーとの契約が終了、日本を撤退していた。

その後今年の10月にヒガ・インダストリーズとフランチャイズ契約を結んだことが英字紙で報道され2年振りの日本再上陸と表参道に一号店を出す旨発表されていた。

ヒガ・インダストリーズは昨年までドミノ・ピザをフランチャイズ運営していた実績を持っている。

今回日本に再上陸するウェンディーズは創業者の意志を受け継ぎ、日本オリジナルの”Japan Premium”をコンセプトとして掲げ、味にこだわるお客様の期待を超えるプレミアムなメニューとサービスを提供してまいります。

ということで特製フォアグラテリーヌをたっぷり載せた「フォアグラ・ロッシーニ」など、日本だけでしか味わうことのできない4種類のスペシャルハンバーガーを“Japan Premium“として展開予定だ。

▼ウェンディーズ表参道店の外観イメージ

ウェンディーズ表参道店に一足早く入れるキャンペーン

グルーポンサイトの「LUXA(ルクサ)」で「ルクサ会員様限定50組100名様を新店舗へ特別ご招待!」というキャンペーンをやっている。

内容は2011年12月22日(木)夜にペアで訪問、お好きなメニューを一つ頼める、というもの。場所は表参道駅徒歩5分ということで表参道駅からAo,GYREを結んだ三角形のエリアになると思われる。

【祝☆新生ウェンディーズ1号店オープン】ルクサ会員様限定50組100名様を新店舗へ特別ご招待!オープン直前に、世界中の誰よりも早く、新生ウェンディーズのお好きなメニューをお召し上がりいただけます♪

ウェンディーズ表参道店の場所

表参道イルミネーション2011特集

クリスマスシーズンを告げる表参道イルミネーション2011が12月2日(金)から始まった。

表参道イルミネーションは毎年デートに行きたいイルミネーションの上位。原宿・表参道.jpではその見所を地元視線で特集したい。

昨年の表参道イルミネーション過去最大90万個のLEDで話題になったが今年は震災を受け規模を縮小したものの初めてのアーティストコラボということで今年デビューしたFairies(フェアリーズ)を迎え12/1、点灯式が行われた。

Fairiesによる表参道イルミネーション2011点灯式の模様

毎年、表参道ヒルズの向かい、バーバリーのビルでイルミネーション点灯式が行われている。開催期間の前日の夕方、夜のニュースに間に合う18時に点灯式、その後20時まで2時間だけイルミネーションが点灯されるのでいた人だけが味わえるお得感がある。

今年は中学生アーティストグループ「Fairies(フェアリーズ)」@ヴィジョンファクトリー所属(旧ライジングプロの方が通りが良い?)がイルミネーションのイメージキャラクターにが選ばれ、新曲「HERO」を披露し点灯式を行った。デビュー曲はクールな感じだったが新曲の振り付けは少女時代っぽい。ダンスはキレがあるが歌っていないときは中学生とあってきゃぴきゃぴしている。

▼Fairies(フェアリーズ)による点灯式の様子

今年のイルミネーションの特徴

けやき並木イルミネーション同士の交流があった仙台が津波でLED55万個が全損したため表参道から「仙台光のページェント」に6万個のLEDが支援されている。

また規模については昨年の約90万球から約65万球にLEDを削減、取り付けるけやきの本数も153本から96本に削減し、節電に協力している。

目玉その1:けやき並木のイルミネーション

昨年はけやきの多くにLEDが取り付けられていたが、今年は低木LED点灯エリアと欅LED点灯エリアの2種類に分かれている。大雑把に昨年の2/3の規模だと思って欲しい。しかしながら都内でも屈指のイルミネーションであることは違いがない。点灯式のため2時間限定だったが訪れていた人も満足していたようだ。


↑この方の写真綺麗!

目玉その2:表参道ヒルズ入り口にシンデレラの馬車で写真を撮ろう

表参道ヒルズは一足早く11月からディズニー生誕100周年記念コラボのクリスマスイルミネーションが始まっている。

写真スポットとなっていて道行く人が足を止めて写メを撮っている。中央に記念撮影用のホールがあいている。カップルにおすすめ。

目玉その3:表参道ヒルズ大階段ではディズニーコラボのクリスマスツリーが登場

表参道ヒルズは一足早く11月からディズニー生誕100周年記念コラボのクリスマスイルミネーションが始まっている。タイトルは「OMOTESANDO HILLS Christmas 2011」。

今年はウォルト・ディズニー生誕110周年を記念して吹き抜け大階段にはアリエルやシンデレラなどのプリンセスキャラクターのシルエット、天井からはミッキーの頭部をかたどったオブジェが吊るされている。

目玉のクリスマスツリーには約1万7000個のスワロフスキークリスタルが散りばめられている。

ポイントは、15分に一回館内の照明を落としてイルミネーションが変化する所。デートで訪れたらしばらく待ってみよう。

▼ツリーの手前にはミッキーマウスの手を引くウォルト・ディズニー像。

▼15分毎のショータイムでは照明の色で雰囲気が一変する。一番華やかなのは金色の照明。

▼青系も幻想的。

知らないと見落としてしまうのがクリスマスツリーの頂上。ティンカーベルが見つかったならいいことが待っているかも。2-3階の通路から見えるはず。

目玉その3:表参道交差点上の大型ビジョンに好きなメッセージを流せるチャリティオークション

Yahooが後援ということで表参道(神宮前交差点)のロッテリア上の大型ビジョンに30秒間お好きなメッセージを掲出できる権利が出展されている。落札者は表参道のイルミネーションをバックにカメラマンによる写真撮影も行うことができる。

この売上はSENDAI光のページェント実行委員会に贈られる。ヤフオクのページを見たところ9枠に対して1円から入札可能で、個人でも落札可能と思われるのでチャレンジしてみてはいかがだろう。先日は渋谷Q-FRONTの大型ビジョンを使ったプロポーズ話題になったことですし!

東日本大震災 チャリティーオークション

URL (Yahoo!オークション):
http://topic.auctions.yahoo.co.jp/charity/2011sanrikuoki_ms/post_133/

掲出日程:
12月23日(金)~25日(日) 18:30~、19:30~、20:30~の各枠(合計9枠)

オークション開催期間:
2011年11月28日(月)から 2011年12月4日(日)まで

※売上金は、SENDAI光のページェント実行委員会様にお送りし開催資金として運用して頂きます。

おまけ

もし近くを通ったなら、車で表参道を抜けるのも大人の乙な楽しみ方。沿道両側のけやきからのイルミネーションが楽しめる。

Fairies表参道イルミネーション2011概要

タイトル: Fairies表参道イルミネーション2011
開催場所: 原宿駅から表参道駅間の表参道(明治神宮入口~青山通りまでの約1km)
欅LED点灯エリア/神宮前交差点~神宮前第二歩道橋

低木LED点灯エリア/神宮橋交差点〜青山通り
開催期間: 2011年12月2日(金)〜2012年1月3日(火)
点灯時間: 日没〜21:00
アクセス: 原宿駅、明治神宮前駅、表参道駅
公式サイト: http://www.omotesando-illuminations.com/
今回の特徴: 今年は、『Fairies表参道イルミネーション2011』のタイトル通り、イメージキャラクターに今年の9月21日にメジャーデビューを果たした実力派ダンスグループのFairies(フェアリーズ)を迎えての開催となります。表参道イルミネーションのイメージキャラクターが決まるのは今年が初めてとなります。Fairiesが持つ「透明感」「清涼感」そして「元氣」なイメージと、「原宿・表参道から日本各地へ感動と元氣と笑顔を発信」がテーマの表参道イルミネーションのイメージとが合致し、起用が決定致しました。また、今年の表参道イルミネーションは、宮城県仙台市で毎年開催されている「SENDAI光のページェント」の開催支援を行う事が決定しており、【表参道から元氣を発信したい】と言う想いから、仙台、東北、そして日本全国へ光とともに元氣と笑顔を届ける展開も予定しております。(公式サイトより)

昨年の表参道イルミネーションの様子

表参道イルミネーション2010が始まった。LED90万個は過去最多。都内の表参道イルミネーションはこの冬デートで行きたい場所のトップと言われてる。原宿・表参道.jpではその見所を地元視線で特集し記事を毎日更新する。

表参道イルミネーションは昨年1990年以来の復活を果たし、1000万人以上を動員した。今年の表参道イルミネーションは明治神宮鎮座90年=表参道90歳にちなんで90万個のLEDを使用している。

表参道イルミネーション開催概要

タイトル: 表参道イルミネーション2010
開催場所: 原宿駅から表参道駅間の表参道(明治神宮入口~青山通りまでの約1km)
開催期間: 2010年12月1日(水)~ 2011年1月3日(月)
点灯時間: 日没から22時
アクセス: 原宿駅、明治神宮前駅、表参道駅
公式サイト: http://www.omotesando-illuminations.com/
今回の特徴: 表参道のイルミネーションは、2009年に11年ぶりの復活を果たし、期間中1000万人の来場者で賑わった。“復活”から2年目となる2010年のテーマは“90歳の表参道”。明治神宮鎮座九十年にちなみ、表参道の明治神宮入口から青山通りまでのおよそ1キロメートルを、過去最多、90万球のLEDでライトアップする。イベントの全体プロデュースは、クリエイティブディレクターの箭内道彦が、イルミネーションのデザインは空間デザイナーの長谷川喜美が担当する。 (http://www.timeout.jp/ja/tokyo/feature/1302より)

表参道イルミネーション特集目次

見所1:表参道90歳と過去最大のイルミネーション

明治神宮鎮座90年=表参道90歳ということで規模を拡大しつつ環境にも配慮している。ポイントは以下のとおり。

  • LEDを昨年の約63万球から過去最多の約90万球に増加
  • けやきの本数も138本から153本に増加
  • 電球に比べ消費電力・発熱量の少ないLEDを使用し、取付方法も工夫することで、けやきの木への負担を軽減

総合プロデュースはクリエイティブディレクターの箭内 道彦さん(風とロック)。何気なく見てしまうフラッグにもちゃんと意図が込められているんですね。

白と山吹2色の「90歳の表参道」フラッグも、
本日より並木道の街灯を飾ります。
90歳にちなみ、2枚あわせて90個空けられたまるい穴からは、
イルミネーションの灯りが木漏れ日のようにちらりちらりと
のぞく仕掛けになっております。
http://blog.magabon.jp/kazetorock/2010/11/2010_8.html

表参道イルミネーション、沿道から

見所2:表参道ヒルズ

表参道ヒルズは巨大なスワロフスキー・エレメントのクリスマスツリーがお目見えしているのでカップルなら押さえておきたい。表参道ヒルズのクリスマスイベントは『Omotesando Hills Christmas 2010 with SWAROVSKI ELEMENTS』という題で高さ約8mのクリスマスツリーに25万個のスワロフスキー・エレメントが施されているもの。

撮影ポイント、注意点などは詳しくは → 表参道ヒルズのクリスマスツリー の記事参照。

表参道ヒルズ イルミネーションの変化

表参道イルミネーション:写真集
表参道イルミネーション、神宮前交差点から

表参道イルミネーション、神宮前交差点から

表参道イルミネーション
表参道イルミネーション中央から
表参道イルミネーション中央から
表参道ヒルズ前の欅並木イルミネーション表参道ヒルズ前の欅並木イルミネーション

表参道のCHANELのビル表参道GYRE神宮前交番横「まちかど庭園」の「イルミタッチガーデン」

表参道ヒルズにディズニーのシンデレラの馬車登場

表参道ヒルズで早くもクリスマスイルミネーションが始まった。タイトルは「OMOTESANDO HILLS Christmas 2011」。

今年はウォルト・ディズニー生誕110周年を記念して吹き抜け大階段にはアリエルやシンデレラなどのプリンセスキャラクターのシルエット、天井からはミッキーの頭部をかたどったオブジェが吊るされている。

目玉のクリスマスツリーには約1万7000個のスワロフスキークリスタルが散りばめられていて15分に一回館内の照明を落としてイルミネーションが変化する。

正面玄関のシンデレラの馬車

写真スポットとなっていて道行く人が足を止めて写メを撮っている。中央に記念撮影用のホールがあいている。カップルにおすすめ。

表参道ヒルズ大階段のクリスマスツリー

ウォルト・ディズニー生誕110周年ということでツリーの手前にはミッキーマウスの手を引くウォルト・ディズニー像。

15分毎のショータイムでは照明の色で雰囲気が一変する。一番華やかなのは金色の照明。

上階から見下ろすと吹き抜けの大階段にディズニーキャラが配置されている。

青系も幻想的。

クリスタル・ケイ : 表参道ヒルズツリー点灯式で新曲初披露

歌手のクリスタル・ケイさんが2日、表参道ヒルズ(東京都渋谷区)のクリスマスツリー点灯式でライブを行い、新曲「Superman」を初披露した。「ツリーに負けないように!」と純白のドレスに身を包んだケイさんは、シンデレラのように吹き抜けの大階段を上って登場。「初めて歌うのでちょっとドキドキしています。皆さんよかったら手拍子してください!」と観客を盛り上げ、ノリノリで熱唱した。
http://mantan-web.jp/2011/11/02/20111102dog00m200023000c.html

ForbiddenFruitでハロウィンスペシャルのハンバーガ@表参道ヒルズ

ForbiddenFruitは表参道ヒルズの沿道に面したカフェ/ジュースバー。

ゴシックというかエキゾチックというか、極彩色の内装で初見だと入りにくいお店である。

今日は先週末開店したハンバーガの名店FELLOWSを訪問予定だったが臨時休店ということでForbiddenFruitへ行こう、そういうことになった。表参道ヒルズに入居している店舗がそれぞれハロウィンスペシャルのメニューを出していて、ForbiddenFruitの場合ハンバーガを食べられるのだ。

ForbiddenFruitの外観は見てもらった方が早い。さらに、中ではゴスロリの服を来たお姉さんがスムージーを飲んでいる、そういう店。

しかしメニューは意外と(失礼)普通なのだ。今日は「フォービドゥン・バーガー ハロウィンスペシャル」単品950円、セット1350円を頼む。この値段が土地代で無いことを祈ろう。

好評のハンバーガがよりグラマラスでヘルシーに。スパイシーでジューシーなオリジナルパテと、アボカドのハニーバターソテーが、絶妙なバランス

来ました「フォービドゥン・バーガー ハロウィンスペシャル」。美味しい。ハンバーグステーキと言っても良いパテがジューシー。肉とアボカドを分けてしまうのはどうか、という意見もあると思うが見栄え的には良かった。

「大きいので包み紙で包んでもナイフとフォークでいただいてもどちらでも」とのことだったが大きいのでナイフとフォークが安全だろう。

Forbidden Fruitの内装

内装は”内装コンセプトは『ハチの巣の一部屋』禁断の果実をテーマにオーナー自らデザインを手がけたシャンデリアにも注目!”とうことで世界観が統一されている。

蜂の巣ということで蜂の巣の穴に空調やスピーカが収められるなど工夫されている。

最後にマイナス点。
食べ終わった頃、スタッフが隣に座ってまかないを食べ始めたのだがスパスパ煙草を吸い出して煙が流れてきた。ちょっと無いなー、と思って店を出てしまった次第。

関連ランキング:カフェ | 表参道駅明治神宮前駅原宿駅