「イルミネーション」カテゴリーアーカイブ

新宿・表参道・銀座・東京タワー・六本木などの毎年のイルミネーション情報

表参道ヒルズにディズニーのシンデレラの馬車登場

表参道ヒルズで早くもクリスマスイルミネーションが始まった。タイトルは「OMOTESANDO HILLS Christmas 2011」。

今年はウォルト・ディズニー生誕110周年を記念して吹き抜け大階段にはアリエルやシンデレラなどのプリンセスキャラクターのシルエット、天井からはミッキーの頭部をかたどったオブジェが吊るされている。

目玉のクリスマスツリーには約1万7000個のスワロフスキークリスタルが散りばめられていて15分に一回館内の照明を落としてイルミネーションが変化する。

正面玄関のシンデレラの馬車

写真スポットとなっていて道行く人が足を止めて写メを撮っている。中央に記念撮影用のホールがあいている。カップルにおすすめ。

表参道ヒルズ大階段のクリスマスツリー

ウォルト・ディズニー生誕110周年ということでツリーの手前にはミッキーマウスの手を引くウォルト・ディズニー像。

15分毎のショータイムでは照明の色で雰囲気が一変する。一番華やかなのは金色の照明。

上階から見下ろすと吹き抜けの大階段にディズニーキャラが配置されている。

青系も幻想的。

クリスタル・ケイ : 表参道ヒルズツリー点灯式で新曲初披露

歌手のクリスタル・ケイさんが2日、表参道ヒルズ(東京都渋谷区)のクリスマスツリー点灯式でライブを行い、新曲「Superman」を初披露した。「ツリーに負けないように!」と純白のドレスに身を包んだケイさんは、シンデレラのように吹き抜けの大階段を上って登場。「初めて歌うのでちょっとドキドキしています。皆さんよかったら手拍子してください!」と観客を盛り上げ、ノリノリで熱唱した。
http://mantan-web.jp/2011/11/02/20111102dog00m200023000c.html

ラフォーレ原宿に巨大クリスマスツリーが登場

ラフォーレ原宿に巨大クリスマスツリーが登場した。11月1日から「SEE BY CHLOE(シーバイクロエ)」とコラボしたクリスマスイルミネーションが始まっている。

ラフォーレ原宿前の巨木は毎年デザイナーやアーティストとコラボしたクリスマスツリーのイルミネーションを展開しており、昨年はドリカムの新アルバムとのコラボだった。(参考:ラフォーレ原宿のドリカム クリスマスツリー

今年はフランスのファッションブランド「SEE BY CHLOE」のコレクションをイメージしたハートのモチーフがアクセントになっている。

展示期間は11月1日から12月25日まで。点灯時間は16時~21時。

表参道から仙台ページェントにLED提供

仙台光のページェントに表参道からLEDが提供されるというニュース。

東日本大震災でLED電球55万個が全て使えなくなってしまった仙台。

これに対しケヤキ並木のイルミネーション同士交流があった表参道のイルミネーション実行委員会からLED6万個が提供されるという。

もちろん55万個が9万個だから寂しくなってしまうことと思うが表参道からの応援の光が届きますように。

表参道のイルミネーションは、2009年に11年ぶりの復活を果たし、期間中1000万人の来場者で賑わった。“復活”から2年目となる2010年のテーマは“90歳の表参道”。明治神宮鎮座九十年にちなみ、表参道の明治神宮入口から青山通りまでのおよそ1キロメートルを、過去最多、90万球のLEDでライトアップする。イベントの全体プロデュースは、クリエイティブディレクターの箭内道彦が、イルミネーションのデザインは空間デザイナーの長谷川喜美が担当する。 (http://www.timeout.jp/ja/tokyo/feature/1302より)

見所1:表参道90歳と過去最大のイルミネーション

明治神宮鎮座90年=表参道90歳ということで規模を拡大しつつ環境にも配慮している。ポイントは以下のとおり。

  • LEDを昨年の約63万球から過去最多の約90万球に増加
  • けやきの本数も138本から153本に増加
  • 電球に比べ消費電力・発熱量の少ないLEDを使用し、取付方法も工夫することで、けやきの木への負担を軽減

総合プロデュースはクリエイティブディレクターの箭内 道彦さん(風とロック)。何気なく見てしまうフラッグにもちゃんと意図が込められているんですね。

白と山吹2色の「90歳の表参道」フラッグも、
本日より並木道の街灯を飾ります。
90歳にちなみ、2枚あわせて90個空けられたまるい穴からは、
イルミネーションの灯りが木漏れ日のようにちらりちらりと
のぞく仕掛けになっております。
http://blog.magabon.jp/kazetorock/2010/11/2010_8.html

表参道イルミネーション、沿道から

見所2:表参道ヒルズ

表参道ヒルズは巨大なスワロフスキー・エレメントのクリスマスツリーがお目見えしているのでカップルなら押さえておきたい。表参道ヒルズのクリスマスイベントは『Omotesando Hills Christmas 2010 with SWAROVSKI ELEMENTS』という題で高さ約8mのクリスマスツリーに25万個のスワロフスキー・エレメントが施されているもの。

撮影ポイント、注意点などは詳しくは → 表参道ヒルズのクリスマスツリー の記事参照。

表参道ヒルズ イルミネーションの変化

表参道イルミネーション:写真集
表参道イルミネーション、神宮前交差点から

表参道イルミネーション、神宮前交差点から

表参道イルミネーション
表参道イルミネーション中央から
表参道イルミネーション中央から
表参道ヒルズ前の欅並木イルミネーション表参道ヒルズ前の欅並木イルミネーション

表参道のCHANELのビル表参道GYRE神宮前交番横「まちかど庭園」の「イルミタッチガーデン」

スワロフスキー x ハローキティのイベントin表参道ヒルズ

スワロフスキーのKittyちゃんコレクション発表記念イベントが表参道ヒルズで開かれている。

原宿・表参道でKittyちゃんの風船を持って歩いている人はこれだ。

Kittyちゃんコレクションはネックレスやブレスレット、オブジェなど31種類。日本では6月30日から、世界では8月から1900箇所で販売される。

表参道ヒルズの地下スペース オーでは「SWAROVSKI presents “House of Hello Kitty”」として、ハローキティの家をイメージした展示を行っている。

会場内には4種類の部屋が設置され、コレクション展示、プリクラ、限定ぬいぐるみをクレーンゲームなど大人も子供も楽しめるようになっている。

スワロフスキー x ハローキティ オープニングレセプション

6月29日、表参道ヒルズでは芸能人も来場するオープニングレセプションが開催された。

大階段にはDJブースが設けられている。これは7/2のDJ KAORIの無料イベントでも使用される。

大階段の記者会見ブース。冨永愛さん初めてお会いしましたが背が高くて二の腕超細い。

モデルさんだと思うけど顔と名前が一致しない。

DJブース裏のカーテンが開くと中からモデルさんが現れた。

SWAROVSKI presents “House of Hello Kitty”

6月30日に早速行ってきた。受付の女の子がかわいい!キティちゃんの赤いリボンをしている。

500円でできるクレーンゲーム。限定ぬいぐるみ(大・小)をgetできる。取れないとスタッフが落としやすい位置に移動してくれるので試してみて欲しい。

120万の限定キティ。

アーティスト9人によるオブジェ

表参道エリアに設置されたオブジェを巡ると記念品が貰える企画が行われている。これは表参道ヒルズ正面入口。

アートオブジェがあるのは下記の場所。徒歩で移動できる範囲だ。

東信さんのアートオブジェ。

ミネヤの放送によると今夜表参道ヒルズのイベントにKARAのハラが来るらしい。

今やっているイベントはスワロフスキー×KittyのイベントなのでKARAが来るとしたらこれだろう。

開催は明日からということで前夜に来てメディアに取り上げられるというPRが考えられる。

先日もKARAは原宿でロケをしており、ハラ超絶可愛いという声を目にしたので会えるなら会ってみたいものだ。

原宿にKARAが来てる!!!!ハラ超絶可愛い((((;゚Д゚)))))))マジヤバすぎる!!!!! less than a minute ago via Twitter for iPhone Favorite Retweet Reply

表参道ヒルズ イルミネーションの変化

表参道ヒルズのイルミネーション

スワロフスキーは年末のクリスマスイルミネーションでも表参道ヒルズにエレメントを使ったクリスマスツリーを展示するなど表参道ヒルズでは良くイベントをしている。

表参道ヒルズの吹抜け大階段にはスワロフスキー・エレメントのクリスマスツリーがドーンと控えている。上部のライトやミラーボール、BGMが変化するのでしばらく立ち止まって眺めて欲しい。通常はもっと明るいが0時毎(?)に照明が落ちて色や明かりが変化するデモンストレーションが行われる。
表参道ヒルズのイルミネーション。キラキラ

クリスマスツリーの撮影ポイントはエレベータを最上階に上がった箇所だ。各階の手すりのLEDも色が変化するが、それらを含めて全景を見下ろすことができる。
表参道ヒルズ イルミネーションの変化表参道ヒルズ イルミネーション3Fから

SWAROVSKI presents “House of Hello Kitty”

ハローキティ のお家をイメージしたエンターテインメント空間が表参道ヒルズに出現!オリジナルのハローキティの写真が撮れるお部屋や、イベント限定のぬいぐるみをゲットできるクレーンゲームなど、体験型の楽しいコンテンツが盛りだくさん、とのこと。

  • 開催期間:6/30(木)~7/10(日)
  • 開催時間:11時~20時
  • 場所: 表参道ヒルズ 本館B3F スペースオー
  • 入場料:無料
  • URL:http://swarovski-m.jp/hellokitty/

今夜表参道ヒルズのイベントにKARAのハラが来るらしい

ミネヤの放送によると今夜表参道ヒルズのイベントにKARAのハラが来るらしい。

今やっているイベントはスワロフスキー×KittyのイベントなのでKARAが来るとしたらこれだろう。

開催は明日からということで前夜に来てメディアに取り上げられるというPRが考えられる。

先日もKARAは原宿でロケをしており、ハラ超絶可愛いという声を目にしたので会えるなら会ってみたいものだ。

原宿にKARAが来てる!!!!ハラ超絶可愛い((((;゚Д゚)))))))マジヤバすぎる!!!!! less than a minute ago via Twitter for iPhone Favorite Retweet Reply

表参道ヒルズ イルミネーションの変化

表参道ヒルズのイルミネーション

スワロフスキーは年末のクリスマスイルミネーションでも表参道ヒルズにエレメントを使ったクリスマスツリーを展示するなど表参道ヒルズでは良くイベントをしている。

表参道ヒルズの吹抜け大階段にはスワロフスキー・エレメントのクリスマスツリーがドーンと控えている。上部のライトやミラーボール、BGMが変化するのでしばらく立ち止まって眺めて欲しい。通常はもっと明るいが0時毎(?)に照明が落ちて色や明かりが変化するデモンストレーションが行われる。
表参道ヒルズのイルミネーション。キラキラ

クリスマスツリーの撮影ポイントはエレベータを最上階に上がった箇所だ。各階の手すりのLEDも色が変化するが、それらを含めて全景を見下ろすことができる。
表参道ヒルズ イルミネーションの変化表参道ヒルズ イルミネーション3Fから

SWAROVSKI presents “House of Hello Kitty”

ハローキティ のお家をイメージしたエンターテインメント空間が表参道ヒルズに出現!オリジナルのハローキティの写真が撮れるお部屋や、イベント限定のぬいぐるみをゲットできるクレーンゲームなど、体験型の楽しいコンテンツが盛りだくさん、とのこと。

  • 開催期間:6/30(木)~7/10(日)
  • 開催時間:11時~20時
  • 場所: 表参道ヒルズ 本館B3F スペースオー
  • 入場料:無料
  • URL:http://swarovski-m.jp/hellokitty/

クリスマス直前!セカイカメラで楽しむ表参道イルミネーション2010

表参道イルミネーション特集、今回はスペシャル記事。表参道イルミネーション2010とセカイカメラのコラボ企画について企画・運営しているスパイアの方に話を聞くことができた。

表参道イルミネーションとセカイカメラのコラボ企画では以下の3つが実現されている。その具体的な内容を聞いた。

  1. 自分のつぶやきを表参道に残せる特別なエアタグ
  2. 斉藤和義のテーマソングが聴ける
  3. 原宿girlsによる店舗紹介エアタグ

1.自分のつぶやきを表参道に残せる特別なエアタグ

まず、これが普通に表参道イルミネーションを見た所。これはこれで綺麗。

次にこれがセカイカメラを通常起動した所。ふよふよ浮いている吹き出しがエアタグでユーザが好きな地点にコメントや画像を投稿できる。

更にセカイカメラでイルミネーション機能を有効にしてみた所。キラキラした★が出現している。これが今回用意された特別なキラキラタグ(勝手に命名)だ。表参道の通り全域にちりばめられている。

キラキラタグは運営側しか載せることができない。しかし今回特別な企画としてtwitterで表参道イルミネーションについてつぶやくと自分のつぶやきをキラキラタグで表参道に掲載して貰えるという。具体的には表参道イルミネーション公式アカウントをフォローして @omtsand 宛に呟けば良い。今ならかなり高確率で載せて貰えるらしい!

応援メッセージ、そしてフォロワーの皆様が表参道イルミネーション関連のつぶやきをしていただいた中からいくつかを、表参道沿いにセカイカメラ公式エアタグとして設置します!あなたのつぶやきがイルミネーションの中に浮かびます♪ セカイカメラ企画詳細 http://j.mp/dPfaHgless than a minute ago via web

残念ながらどこに掲載されたかは通知方法がないらしいがカップルにとってはかえってロマンチックかも知れない。幾つか実際に掲載されているのを確認できた。

2.斉藤和義のテーマソングが聴けるエアタグ

今回は公式テーマソングを斉藤和義が歌っている。曲名はその名も「表参道」で10月発売のアルバムに収められている。

公式テーマソングをセカイカメラで聴くのは簡単だ。斉藤和義のアイコンのエアタグが沢山浮いているのでそれを触れば良い。これはセカイカメラのミュージックタグという機能を使っている。

ちなみに斉藤和義のテーマソングはラルフローレンの前の広場の「イルミタッチガーデン」と公式サイトからも聴くことができる(サイトを開くと音が出るので注意)。

イルミタッチガーデンとは

「イルミタッチガーデン」は点灯スイッチに触れるとケヤキのイルミネーションが10パターンに変化する特別なイルミが施されたケヤキのこと。点灯とともに斎藤和義さんによる公式テーマソング「表参道」も流れる。

場所はラルフローレンの前、神宮前交番の横の「まちかど庭園」から裏原にかけて熊本県と協賛で竹に穴をあけろうそくをともす「竹あかり」約110本が設置されるということでその中の特別な一本になる。

下の写真の中央のカラフルな木が「イルミタッチガーデン」のケヤキで、周囲を囲む杭状の明かりが「竹あかり」になる。赤いポンチョのスタッフが触れているのが点灯スイッチ。

イルミタッチガーデンでは、光るドームに手をかざすと、目の前のイルミネーションの色が変わります( ´ ▽ ` )ノ場所はこの地図の位置。神宮前交番隣♪ http://twitpic.com/3fjhv8 http://rmbl.in/s/22206less than a minute ago via ランブリン

3.原宿girlsのエアタグ

表参道の店舗を原宿girlsのかわいい女の子たちが取材してくれるコラボが行われている。原宿girlsはフリーペーパーで路上で配られている。

冊子の配布地点は公開されていないが、掲載されている女の子は下記でサンプルを見ることができる。自分は第二号を持っているが確かにモデルかと思うようなかわいい女の子ばかりだった。
http://www.harajuku-girls.com/

表参道イルミネーションをセカイカメラで楽しむ操作方法

セカイカメラでイルミネーション用の設定をするには、ちょっと手順がある。詳細は公式サイトから転載した下記を参考にして欲しい。
http://www.omotesando-illuminations.com/?target=event/sekaicamera/

表参道イルミネーション開催概要

タイトル: 表参道イルミネーション2010
開催場所: 原宿駅から表参道駅間の表参道(明治神宮入口~青山通りまでの約1km)
開催期間: 2010年12月1日(水)~ 2011年1月3日(月)
点灯時間: 日没から22時
アクセス: 原宿駅、明治神宮前駅、表参道駅
公式サイト: http://www.omotesando-illuminations.com/
今回の特徴: 表参道のイルミネーションは、2009年に11年ぶりの復活を果たし、期間中1000万人の来場者で賑わった。“復活”から2年目となる2010年のテーマは“90歳の表参道”。明治神宮鎮座九十年にちなみ、表参道の明治神宮入口から青山通りまでのおよそ1キロメートルを、過去最多、90万球のLEDでライトアップする。イベントの全体プロデュースは、クリエイティブディレクターの箭内道彦が、イルミネーションのデザインは空間デザイナーの長谷川喜美が担当する。 (http://www.timeout.jp/ja/tokyo/feature/1302より)

新宿サザンテラスイルミネーション

新宿サザンテラスのイルミネーションが思いの外綺麗だったので感動した。もっと早く見に来ればよかった。このイルミネーションは正式には「新宿テラスシティ イルミネーション’10−’11」という。小田急やJR本社など大企業が関係しているので狭いエリアながらバリエーション豊富なイルミネーションなのがポイント。

新宿サザンテラスイルミネーション概要

名称 新宿テラスシティ イルミネーション’10−’11
期間 11月10日(水)~2011年2月14日(月)
※サザンテラス広場オブジェは12月25日(土)まで
場所 新宿サザンテラス
点灯時間 新宿テラスシティの主な点灯時間 17:00~24:00

表参道イルミネーション点灯中は歩道橋が閉鎖になるので注意

表参道イルミネーション特集記事です。

表参道イルミネーションの撮影スポットとしては歩道橋が定番だ。中央から撮影できて遠くの並木まで一望できるので綺麗な絵になる。これが表参道イルミネーションの点灯時間中は閉鎖になっているので注意して欲しい。

  • 原宿〜表参道間には三箇所歩道橋がある。原宿駅前、表参道ヒルズ前、表参道駅出口。
  • 表参道イルミネーション期間中、表参道ヒルズ前と表参道駅出口の歩道橋は閉鎖される(警備員がいる)
  • 原宿駅前歩道橋は終日利用可能
  • 日中は利用可能で点灯時間になると閉鎖される
  • 表参道は横断できる箇所が少ない。神宮前交差点かヒルズ前、表参道駅出口の信号で遠回りする必要がある。

下記は12/1の正式オープン前、11/30の点灯式の際のもの。
表参道イルミネーション中央から

歩道橋の位置と信号の位置は以下のとおり。

イルミタッチガーデン@表参道イルミネーション

表参道イルミネーション2010特集第三弾は「イルミタッチガーデン」「イルミタッチガーデン」は点灯スイッチに触れるとケヤキのイルミネーションが10パターンに変化する特別なイルミが施されたケヤキのこと。「イルミタッチガーデン」では点灯とともに斎藤和義さんによる公式テーマソング「表参道」も流れる。

場所はラルフローレンの前、神宮前交番の横の「まちかど庭園」から裏原にかけて熊本県と協賛で竹に穴をあけろうそくをともす「竹あかり」約110本が設置されるということでその中の特別な一本になる。

下の写真の中央のカラフルな木が「イルミタッチガーデン」のケヤキで、周囲を囲む杭状の明かりが「竹あかり」になる。赤いポンチョのスタッフが触れているのが点灯スイッチ。

イルミタッチガーデンの見所・注意点

  • 場所はラルフローレンの前、神宮前交番の横の「まちかど庭園」
  • 表参道イルミネーションが黄金色なのに対し一本だけカラフルなイルミネーション
  • 写真にあるようにドーム型の点灯スイッチを押すと色が変化する
  • 色が変化するとともに斎藤和義さんによる公式テーマソング「表参道」も流れる
  • 交番前の陸橋は混雑のため閉鎖されておりヒルズ前か神宮前の信号でないと渡れなくなっているので注意

斎藤和義さんによる公式テーマソング「表参道」が収録されたアルバム「ARE YOU READY?」が10末に発売されている。

資生堂IN&ONとタイアップし、大ヒットを記録しているシングル「ずっと好きだった」を収録した斉藤和義14枚目のオリジナルアルバム!初回限定盤はブックケース仕様で、「風とロック」の箭内道彦氏とコラボレーションしたスペシャルフォトブック「和とロック」付き!

ラフォーレ原宿のドリカム クリスマスツリー

表参道イルミネーション特集記事第二弾。ラフォーレ原宿入り口の巨木が今年もクリスマスツリーになっている。原宿・表参道エリアで一番巨大なクリスマスツリーと思われる。今年は「WINTER FANTASIA 2010 ~LOVE CENTRAL~」と題してドリカムとコラボした企画となっている。

今年良く見掛けるのがただ点滅するだけでなく雫が落ちるように光が流れるLED。スノーフォールと言って80本も飾ってあるらしい。

スノーフォールが写真だと伝わらないので動画にした。最後の方に出てくる「愛の巣窟」のプレートは11.30発売のドリカムの新アルバム「LOVE CENTRAL(愛の巣窟)」連動企画で、発売前に楽曲を試聴できるボードを1階「キットソン」横に設置しているもの


ラフォーレ原宿のドリカム クリスマスツリーの見所・注意点

  • ツリー点灯時間は16時~24時(でも日中も色鮮やか)
  • ラフォーレ原宿の営業時間:11時~20時(12月11日~25日は21時まで)
  • クリスマスイベントは12月25日まで。

ラフォーレ原宿クリスマス企画「WINTER FANTASIA 2010 ~LOVE CENTRAL~」概要

ラフォーレ原宿(渋谷区神宮前1、TEL 03-3475-0411)1階エントランス前で11月1日から、人気ユニット「DREAMS COME TRUE」とコラボレーションしたイルミネーションツリーが点灯されている。

毎年、気鋭のクリエーターによるディレクションやアーティストとのコラボレーションで同館エントランス前の巨大な木を飾る恒例クリスマス企画。今年は「WINTER FANTASIA 2010 ~LOVE CENTRAL~」と題し、DREAMS COME TRUEとコラボ。ディレクションは、同館の年間広報も手がけるクリエーター青木むすびさんが担当した。
http://www.shibukei.com/headline/7318/

表参道ヒルズのクリスマスツリー

表参道イルミネーション特集記事第一弾。中でも表参道ヒルズは巨大なスワロフスキー・エレメントのクリスマスツリーがお目見えしているので押さえておきたい。

表参道ヒルズのクリスマスイベントは『Omotesando Hills Christmas 2010 with SWAROVSKI ELEMENTS』という題で高さ約8mのクリスマスツリーに25万個のスワロフスキー・エレメントが施されているというもの。
表参道ヒルズ イルミネーションの変化

表参道ヒルズのイルミネーション見所・注意点

  1. 入り口クリスタルツリーのミラーボール
  2. 吹抜け大階段の高さ8m、スワロフスキ25万個のクリスマスツリーのデモンストレーション(16:00~23:00)
  3. 表参道スケーティングシアター(12/10-1/10 11:00~21:00)
  4. 所要時間:駆け足で見て回るだけなら30分、各店覗いてゆっくりなら1時間
  5. クリスマスツリーは12/25まで
  6. ベンチや綺麗なトイレなど休憩所として使える
  7. クリスマス期間は営業時間を延長。詳細は下記。

まずは表参道ヒルズのメインエントランスに最初のツリー。日中は目立たないが上部のミラーボールの光をクリスタルが反射して綺麗。観光客の記念撮影スポット。
表参道ヒルズの入り口

表参道ヒルズの吹抜け大階段にはスワロフスキー・エレメントのクリスマスツリーがドーンと控えている。上部のライトやミラーボール、BGMが変化するのでしばらく立ち止まって眺めて欲しい。通常はもっと明るいが0時毎(?)に照明が落ちて色や明かりが変化するデモンストレーションが行われる。
表参道ヒルズのイルミネーション。キラキラ

クリスマスツリーの撮影ポイントはエレベータを最上階に上がった箇所だ。各階の手すりのLEDも色が変化するが、それらを含めて全景を見下ろすことができる。
表参道ヒルズ イルミネーションの変化表参道ヒルズ イルミネーション3Fから

これが25万個のスワロフスキが施されたクリスマスツリー。さすがに数を数えることはできなかった。
表参道ヒルズ イルミネーションのスワロフスキー クリスマスツリー表参道ヒルズのスワロフスキーのクリスマスツリー近影

表参道ヒルズ イルミネーション関連イベント

表参道ヒルズ クリスマス期間中の営業時間

レストランは通常通りだがショッピング、カフェの営業時間が延長される。

【ショップ&サービス】
12/12(日)・12/19(日)・・・11:00-21:00
12/22(水)~12/25(金)・・・11:00-22:00
※ローソン、ジャン=ポール・エヴァン、
フォービドゥンフルーツの営業時間はこちらになります。

【レストラン】
12/12(日)・12/19(日)・・・11:00-23:30(L.O.22:30)
12/22(水)~12/25(金)・・・11:00-23:30(L.O.22:30)

【カフェ】
12/12(日)・12/19(日)・・・11:00-22:30(L.O.21:30)
12/22(水)~12/25(金)・・・11:00-23:00(L.O.22:00)

表参道ヒルズ クリスマス2010 with スワロフスキ エレメンツ開催概要

表参道ヒルズのクリスマスイベントは表参道イルミネーションに先駆け11/4-12/25まで行われる。表参道イルミネーションが正月まで行うのに対し12/25までの開催期間なので注意したい。

11/4(木)~12/25(土) Omotesando Hills Christmas 2010 with SWAROVSKI ELEMENTS

表参道ヒルズでは、11月4日(木)から12月25日(土)まで、『Omotesando Hills Christmas 2010 with SWAROVSKI ELEMENTS』と題し、“Sweet & Happy”をテーマに、街へ出かけて、家族や恋人、友人たちと一緒に楽しみ、思い出になるような心温まるクリスマスを演出します。

吹抜け大階段には、高さ約8mのクリスマスツリーが登場。ツリーや空間装飾を彩る約25万個のスワロフスキー・エレメントやミラーボールが、音楽の演出とともに館内に華やかな光を放ちます。

■点灯時間:11:00~23:00
■デザイン:長谷川 喜美(ベルベッタ・デザイン)
■環境演出:+nop/谷川 じゅんじ・井出 祐昭・伊東 保典・丸野 優

また、ツリーの周辺には「心温まるプレゼント!」をテーマに、日本を代表する12人のパティシエがデザインしたスイーツオブジェが並びます。

■参加パティシエ <50音順>
・朝田晋平氏(浦和/浦和ロイヤルパインズホテル)
・和泉光一氏(アステリスク※2011年オープン予定)
・大橋圭氏(東松山/ル・ププリエ)
・川村英樹氏(吉祥寺/アテスウェイ)
・神田広達氏(新秋津/ロートンヌ)
・白鳥裕一氏(丸の内/フランス菓子キャトーズ・ジュイエ Tokyo)
・髙木康裕氏(船橋/菓子工房アントレ)
・辻口博啓氏(自由が丘/モンサンクレール)
・土屋公二氏(代々木公園/テオブロマ)
・林正明氏(板橋/マテリエル)
・松島義典氏(名古屋/名古屋マリオットアソシアホテル)
・鎧塚俊彦氏(恵比寿/Toshi Yoroizuka)

この機会に是非、表参道ヒルズのクリスマスをお楽しみください。

■日時:11月4日(木)~12月25日(土) ※メインエントランスなど一部装飾は2011年1月3日(月)迄
■場所:表参道ヒルズ 本館 吹抜け大階段、メインエントランス他
http://www.omotesandohills.com/event/index.php

表参道イルミネーション2010特集

表参道イルミネーション2010が始まった。LED90万個は過去最多。都内の表参道イルミネーションはこの冬デートで行きたい場所のトップと言われてる。原宿・表参道.jpではその見所を地元視線で特集し記事を毎日更新する。

表参道イルミネーションは昨年1990年以来の復活を果たし、1000万人以上を動員した。今年の表参道イルミネーションは明治神宮鎮座90年=表参道90歳にちなんで90万個のLEDを使用している。

表参道イルミネーション開催概要

タイトル: 表参道イルミネーション2010
開催場所: 原宿駅から表参道駅間の表参道(明治神宮入口~青山通りまでの約1km)
開催期間: 2010年12月1日(水)~ 2011年1月3日(月)
点灯時間: 日没から22時
アクセス: 原宿駅、明治神宮前駅、表参道駅
公式サイト: http://www.omotesando-illuminations.com/
今回の特徴: 表参道のイルミネーションは、2009年に11年ぶりの復活を果たし、期間中1000万人の来場者で賑わった。“復活”から2年目となる2010年のテーマは“90歳の表参道”。明治神宮鎮座九十年にちなみ、表参道の明治神宮入口から青山通りまでのおよそ1キロメートルを、過去最多、90万球のLEDでライトアップする。イベントの全体プロデュースは、クリエイティブディレクターの箭内道彦が、イルミネーションのデザインは空間デザイナーの長谷川喜美が担当する。 (http://www.timeout.jp/ja/tokyo/feature/1302より)

表参道イルミネーション特集目次

見所1:表参道90歳と過去最大のイルミネーション

明治神宮鎮座90年=表参道90歳ということで規模を拡大しつつ環境にも配慮している。ポイントは以下のとおり。

  • LEDを昨年の約63万球から過去最多の約90万球に増加
  • けやきの本数も138本から153本に増加
  • 電球に比べ消費電力・発熱量の少ないLEDを使用し、取付方法も工夫することで、けやきの木への負担を軽減

総合プロデュースはクリエイティブディレクターの箭内 道彦さん(風とロック)。何気なく見てしまうフラッグにもちゃんと意図が込められているんですね。

白と山吹2色の「90歳の表参道」フラッグも、
本日より並木道の街灯を飾ります。
90歳にちなみ、2枚あわせて90個空けられたまるい穴からは、
イルミネーションの灯りが木漏れ日のようにちらりちらりと
のぞく仕掛けになっております。
http://blog.magabon.jp/kazetorock/2010/11/2010_8.html

表参道イルミネーション、沿道から

見所2:表参道ヒルズ

表参道ヒルズは巨大なスワロフスキー・エレメントのクリスマスツリーがお目見えしているのでカップルなら押さえておきたい。表参道ヒルズのクリスマスイベントは『Omotesando Hills Christmas 2010 with SWAROVSKI ELEMENTS』という題で高さ約8mのクリスマスツリーに25万個のスワロフスキー・エレメントが施されているもの。

撮影ポイント、注意点などは詳しくは → 表参道ヒルズのクリスマスツリー の記事参照。

表参道ヒルズ イルミネーションの変化

表参道イルミネーション:写真集
表参道イルミネーション、神宮前交差点から

表参道イルミネーション、神宮前交差点から

表参道イルミネーション
表参道イルミネーション中央から
表参道イルミネーション中央から
表参道ヒルズ前の欅並木イルミネーション表参道ヒルズ前の欅並木イルミネーション

表参道のCHANELのビル表参道GYRE神宮前交番横「まちかど庭園」の「イルミタッチガーデン」