「雑貨店」カテゴリーアーカイブ

表参道駅出口にZARA HOME青山がオープン

雑貨・インテリアショップのZARA HOMEが表参道駅出口にオープンした。アパレルのZARAのインテリアショップは横浜・大阪に次ぐ三店目。Twitterに流れてきた様子ではFrancfranc的お洒落雑貨ポジションかなあという印象。

ZARA HOME青山

場所は表参道駅を出てすぐの青山通り沿い。ベッドカバー、テーブル用品の他贈答品や乳児向けコレクションも扱う。国内最大の700m2、4万点の商品を取り揃える。アパレル同様2週ペースで新商品を投入する。
ZARA HOME

ウィンドウディスプレイは蜷川実花

オープン記念に蜷川実花とコラボ。極彩色の花の背景パネルが店頭を飾っている。5000円以上購入で蜷川実花コラボのトートが貰える。

IMG_1899

IMG_1900

ZARA HOME

雑貨のRainbow SPECTRUM旗艦店が原宿キャットストリートにオープン

雑貨専門店スペクトラムがキャットストリートに11月、初の旗艦店「Rainbow SPECTRUM(レインボースペクトラム)」をオープンした。このエリアには原宿ASOKO、表参道のフライングタイガーなど大型の低価格雑貨店の進出が相次いでおり一躍雑貨ブームが起きている。

世界十二カ国のメーカーと協力した商品を展開することで市価より安く仕入れることが可能という。雑貨のセレクトショップ的な感じで、化粧品、文房具、フィットネスグッズなどが取り揃えられている。

平日午後訪れた所行列などなく普通に入れた。割とセンスが良いものが揃っていたので目的が無くてもふらっと入ってみて損しない感じ。

Rainbow SPECTRUM渋谷

場所はキャットストリートの渋谷よりで角地に鮮やかな虹色に塗り分けられた外壁が目印。

  • 住所:東京都渋谷区神宮前5−29−1
  • TEL:03-6450-5825
  • OPEN:11月15日 11:00−20:00
  • https://www.facebook.com/rainbowspectrum.shibuya

th_DSC_0002

カラフルな雑貨は見ているだけで楽しい。
th_DSC_0003

商品説明が書かれたパネル

雑貨屋だと使い方がわからないが雰囲気で買わされてしまう場合もあるのだがパネルで使用例が展示されているのが良い。これはカップルでイヤホン2つ繋げられる、というリア充用カニ分岐。
th_DSC_0005

鍵や小銭を入れて玄関においておきたい小物入れ

th_DSC_0019

見ざる言わざる聞かざる的な感じだが口に鍵やカードを挟めるカードホルダー

th_DSC_0020

飲み方がユーモラスになる髭ストロー

5本も入っていてそんなに使わないだろと思ったりするがパーティグッズに良さそう。
th_DSC_0010

フェルト生地の収納

この辺はなかなかセンスいいですね。
th_DSC_0012

フィットネスグッズ

縄跳びの縄やヨガ用のマットがあった。ヨガ用のマット1つ欲しいんだけど相場がわからなかったので保留。
th_DSC_0015

ゲコゲコ。風呂用グッズ

th_DSC_0016

レインボースペクトラムのロゴ入りネックストラップ

th_DSC_0018

海外スナック菓子風の文房具ケース

th_DSC_0024

原宿の雑貨屋ASOKOの行列が止まらない件

原宿ASOKOの混雑が凄い。昼も夜も行列している。表参道のフライングタイガー、原宿のASOKO、キャットストリートのRainbow SPECTRUMなど低価格雑貨店が続々大型店をオープン、原宿雑貨戦争と呼ぶメディアも現れている。

原宿ASOKOに行列無く入るには?

ASOKOに入るには2パターンある。その場で行列に並ぶか整理券を貰うか、だ。

ASOKOは明治通り沿いの大型店で店舗前にも数十人並べる。週末の昼以降に行列で入ろうとすると30分〜1時間待ちのようだ。一方整理券の場合1時間〜数時間後になるので原宿・表参道で他のものを見てから戻ってくる前提で行くのが良いだろう。

1時間あれば色々見て回れるので個人的には午前中に整理券を貰って午後戻ってくるくらいがおすすめ。午後整理券をもらうと18時以降だったり入れる時間が読みにくくなる。

ASOKO11月4日12時頃の混雑具合

11月4日は文化の日の振替休日。行列だと一時間待ち、整理券で18時〜。

ASOKO11月4日の様子

ASOKO11月9日13時頃の混雑具合

11月9日は土曜日。行列だと30分、整理券だと1時間半待ち。

ASOKO11月9日の様子

ASOKO原宿店の外観

ASOKOは大阪・南堀江の雑貨店で原宿店で東京に初進出した。フライングタイガーも一号店は大阪であり雑貨屋の場合は大阪でウケれば行けるというお約束になっているのだろうか。

ASOKO原宿店の外観

ASOKO原宿の中

夜通りがかかると中がよく見える。表のディスプレイにはキャンプ用品などもあり日常品以外のものも扱っているようだ。

ASOKO原宿の中