「和食・中華・定食」カテゴリーアーカイブ

魚真 吉祥寺店は海鮮が食べたいならおすすめ

魚真は新鮮な魚介が食べたいなら、と連れて行って貰ったお店。渋谷などに3店舗展開している。渋谷のサード魚真は昨年行ったかな。

刺身や焼き魚など魚介類メインな居酒屋。店内は活気があって年齢層も幅広い。自分は魚スキーで夕食全部魚でも良いのでこういう店は歓迎。喫煙可で分煙してないのだけ惜しい。

魚真のメニュー

DSCN4066

刺身の9点盛り

DSCN4073

トロしゃけカマ / 魚真

DSCN4083

ホタテのホイル焼き / 魚真

DSCN4084

DSCN4080

晴れた日は、ヒカリエに上る。d47食堂から渋谷を見下ろす

いい場所、見つけた。渋谷駅を見下ろすd47食堂はヒカリエの人気食堂。渋谷ヒカリエ8階にD&DEPARTMENTが47都道府県の魅力を紹介するミュージアム、ストア、食堂を展開しているのだ。長いカウンターは、渋谷東急百貨店を見下ろせる特等席。

先日友人に会う用事があって、ランチをしてきた。以前行列していたけれど評価が高いので入ってみたかったd47食堂へ。47都道府県毎の定食を出してくれる食堂なのだ。ナガオカケンメイ氏が代表のD&DEPARTMENTはロングライフデザインをコンセプトとしているセレクトショップの展開などで知られる。

d47食堂

ヒカリエは6・7階がレストラン街。一年近く経ってもまだ混み合っている。それと比べるとd47食堂がある8階は閑静というか、人影が少ない。その中で昼食時に行列ができるd47食堂はファンを掴んでいると言えそう。ちなみに8階へ上がるには入り口右側のエレベータが便利ですよ。

清潔感のある白いのれんがd47食堂の目印。
IMG_1625 

テーブル席と、ロングカウンターの2種類の座席がある。ロングカウンターの裏は調理場だが渋谷を見下ろす高層階を活かしたうまい配置。
IMG_1631

そのロングカウンターから渋谷駅を見下ろした所。バスターミナルに地下に潜ってしまう東急東横線ホームがよく見える。右端は渋谷駅からヒカリエまでの通路。
P1080486

d47食堂のメニュー

47都道府県の定食、と言ったがさすがに47種類あるわけではなく、10種類ほどが提供されている。にしんそば美味しそうだと思ったのだが売り切れていた。
P1080485

北海道定食「ツボダイの一夜干し」

うろ覚えだが多分、北海道定食だと思う。THE・定食という感じでお盆に小鉢、味噌汁と一式揃っている。

P1080489

長崎定食「長崎県松浦港のアジフライ」

フライ!フライが食べたい気分だったんですよ!写真見比べるとわかるが味噌汁の具が違うんですよ!凝ってるなあ。

P1080493

そしてこの光景。隣のお客さんは打ち合わせをしながらのランチ。そうだねこれはランチ食べてパッと出てくるだけでは勿体無いものな〜。いい光景で話が進みそう。
P1080490

アジのフライにたっぷりタルタル。野菜も忘れずに。
P1080494

まとめ

定食が1000〜1500円と安いお店の倍する。考えた構成で丁寧に作られていて美味しい和食。なのだが価格には場所代も込みと考えるべきだろう。6・7階は観光客も多く隣に座った客によって雰囲気が左右されてしまうがd47食堂は周辺のOLさんらしき落ち着いた客層。

忙しい人が街を見下ろしながら息抜きに使うのも良いしカウンターは電源も付いているのでランチ+軽いMTGなんかにもおすすめ。予約もできるようだ。

ちばちゃんの唐揚げバカ盛りは唐揚げが舟盛りで出てきて1000円しないので頭おかしい(褒め言葉)

たまには既成概念を覆されるお店があるものですね。唐揚げが舟盛りで出てくる店があると茅場町へやってきた @hara19jp、甘く見ていたことを告白しなければなるまい。

普通刺身の舟盛りは4人くらいでシェアするサイズだが、ちばちゃんでは唐揚げが舟盛りで出てきてしかも780円とか元が取れてるのか心配になるレベルなのだ。

大衆酒場ちばちゃんで唐揚げの舟盛りを喰らう

外見は普通の居酒屋だが…

IMG 7394

この「若鶏の唐揚げ」780円を頼むとどうなるか。

IMG 7395

こうなる。いやー意味わからないよね。

P1050200

あまりに大きすぎて写真に収まらなかったので別角度から。これ、780円ってボリュームじゃないでしょ。しかも結構美味しい。他の面子にも聞いてみたが「この味はあり」との評だった。

P1050201

ちなみに飲み物もでかい。「通常の三倍の量です」ということで大ジョッキサイズ。

IMG 7398

手前の「バカ梅サワー」と奥の「若鶏の唐揚げ」バカ盛りが同じ値段。意味わからない。

P1050207

6人で挑んでなんとか食べきったが4人では厳しいかも、くらいの量である。うっかり知らずに頼むと憤死すること間違いなし。

P1050208

感想

唐揚げの舟盛りもそうだし飲み物も大ジョッキ標準というコストパフォーマンスは異常に良い。6人で会計一人1500円しなかった。

この値段で出すにはもはや肉の仕入れを下げるしか無いと思うが味は唐揚げ好きたちに聞いても「いける」という感じだったので安心できる。

無心で唐揚げを喰らい頭を空っぽにするのも良い体験だと思うので一回行ってみましょう。

表参道でガッツリ系ランチなら鳥政の焼鳥丼は抑えておきたい件

立派過ぎる焼鳥丼を見ていつかはと思っていた鳥政の焼き鳥丼を食べてきた。結論から言うとボリューム満点で満足した。毎月行ってもいいレベル。

鳥政とは

鳥政は表参道交差点近くの焼き鳥屋。青山通りを外苑側に少し行った所にある。以前知り合いが作ってくれた「表参道ランチのおすすめ」で見て以来焼鳥丼がっつり乗っている焼鳥丼に惹かれていたのだ。

外見は大人〜な感じだがランチなら気軽に入れる。

IMG 7534

鳥政の焼き鳥丼

説明するより見てもらう方が早いがこの豪快っぷり。大椀につくね、レバー、ささみ、ねぎまなどが乗って1300円。調理場で忙しく立ちまわる職人さんの焼きたてが食べられるのが嬉しい。ご飯を含めてボリューム多いので女性ならご飯少なめで頼むと良いだろう。

オーナーが私服で入り口脇に陣取り、ペン立てに突っ込んだお札で会計をしていてギョッとすぐがオーナーなら仕方ないか。

P1050290

感想

事前に聞いていた通り、夜ならお高そうな焼鳥屋で1000円超えとはいえボリューム満点の焼鳥丼が食べられるのは評価できる。

一方ホールスタッフはアジア系のバイトさん、びしっと調理服着た調理場の職人さんを前に入り口近くのカウンターに私服でどっかり座って常連さんと話し込んでいるオーナーは資本家と労働者、という体で感じが良いとは言えないだろう。

表参道ヒルズのランチならkurkku3がおすすめ

表参道ヒルズでランチのおすすめと言えばサルバトーレ・クオモの平日ランチブッフェだがオシャレさを取るならkurkku3も良い。

kurukku3(クルックスリー)は「新・医食同源」をテーマに素材や食感にこだわったそばや野菜のジェラート、国産ワインや多彩なタパス料理を提供するカフェ。

表参道ヒルズの入り口脇と好立地。外からは薄暗く見えるしお高いんでしょ、と思って今まで入ったことはなかった。

kurkku3の内装

しかし、この内装である。

路面より一段低くなっていて表参道を往く人を眺めることができる。表参道を上から眺められるお店は結構あるのだが半地下から眺められるのは珍しい。

P1020817

奥にはお洒落な椅子があってラウンジ風。

P1020818

表参道ヒルズのkurkku3でランチ

名物の蕎麦と、キーマカレー、牛すじ丼。800円〜なので表参道エリアとしては普通。むしろ場所を考えれば安いだろう。

IMG 5985

kurkku3の肉と野菜の蕎麦 950円

kurkkuは元々野菜にこだわりがあってkurkku kitchenもこれが同じ野菜か、と思うほど美味しかった。

kurkku3の蕎麦も、蕎麦としてはびっくりする味というものでも無いが肉・野菜・蕎麦のバランスが良くできている。

P1020824

kurkku3のキーマカレー 800円

なかなかいい写真が撮れたと思うがこのとおり良く煮込んだキーマカレー。野菜たっぷりな上にサラダも付いて健康的な一品。

P1020826

kurkku3のジェラート

これは知られていないのだがkurkku3でもジェラートを売っている。テイクアウトも可能だ。

同じ表参道ヒルズのBEN&SHERRY’sより行列せずにすむのでデートに行くなら覚えておきたい。

IMG 5997

暑いときこそ麻婆豆腐を汗だくで食べるのがいいんじゃないか。陳建民直弟子の原宿「龍の子」

暑い日こそHOTな物を食べるのがポリシーということで原宿の中華「龍の子」で麻婆豆腐。会計する時にお金を下ろし忘れていたことに気づき真っ青になった @hara19jpです。

龍の子は日本に麻婆豆腐を広めた陳建民の直弟子のお店ということで四川風の麻婆豆腐が売りであります。

では本編をどうぞ。

竹下通りを出るとそこは「龍の子」だった

龍の子は竹下通りから明治通りへ出たすぐ脇にある。飲食店が幾つか入った雑居ビルの地下だ。

ランチはA・B・Cから選べるがここは麻婆豆腐一択である。

IMG 6031

来た!四川風ということで香辛料が効いた麻婆豆腐。

「陳建一麻婆豆腐 店」と比べると、両方スパイシーながら花山椒などの香料は抑えめかな、という気がする。

原宿エリアで本格中華は少ないので貴重なお店と言えよう。

P1030306

大人のたい焼きツアー2012 – 根津のたいやき / 巣鴨 飛安 / 人形町 柳屋 / 麻布十番 浪花屋総本店 / 方南町 そばたいやき空 / 恵比寿のたいやき ひいらぎ

たいやきは頭から食べる派の@hara19jpです。 

“たいやき部”という大人の部活動がありまして参加してきましたよ。普段は個人個人でたい焼きを食べて自主練し、たまに集合してたいやきツアーを行っている感じ。

今回は根津のたいやき、巣鴨の根津のたいやき飛安、麻布十番たいやき浪花家総本店、恵比寿たいやき ひいらぎを一日で巡りました。たいやき浪花家は東京三大たいやきの一角ですね。(人形町柳屋も行く予定だったがやっていなかった)

では本編。

根津のたいやき

「根津のたいやき」は東京メトロ根津駅すぐ。
前日静岡へサッカーしに行っていたのでタクシーで駆けつけた所10:30で既にこの行列!
休日は根津神社観光の人出もあり開店の10:30と同時に40-50人の列ができ30分待ち。

IMG 5613

朝から待たされたが並んだ人同士で仲良くなる辺り下町感たっぷり。
二代目主人がリズミカルに焼き上げたたいやき、ケバをはさみで切り落とし、それら一連の体験の仕上げに熱々をパクっと。

P1020600

次は巣鴨に移動。荒川電鉄の路面電車って当たり前だけど普通に路面を走ってるのね。

P1020601

そしてhara19.jp初の「おばあちゃんの原宿=巣鴨」に上陸。

わーわーこれは人が多い!芋洗い具合が竹下通り並みで「おばあちゃんの原宿」という表現は絶妙だな、と感心。

P1020611

たいやき飛安

飛安は巣鴨地蔵通り商店街にある。通りの混雑からすると行列は5-10人と短かかった。

P1020602

たいやきは一個90円と安いのに大判焼きのように分厚くお腹が膨れる感じ。
見た目にも満足感があって小腹が空いたらおやつに最適。
P1020609

次は人形町の柳屋へ行く予定だったが、現地組から「やってないです(><)」との報告あり。
時間が押し気味だったので飛ばして麻布十番浪花家総本店へ。

麻布十番浪花家総本店

この店構え!年季の入った看板とのれんが風情ありますねえ。1909年(明治42年創業)と老舗の浪花家総本店に到着。

IMG 5633

ここの特徴は焼き型が一匹ずつという所。大勢の職人さんがわっせわっせと焼いている様子を見られる。
後で調べたら近年は効率の問題で鉄板でまとめて焼くところが 多いらしく一匹焼きするのは老舗の一部だけらしい。

P1020620

方南町「そばたいやき空(くう)」

ここは変わりたいやきになるんですかね?

その名の通りそば粉を使った生地にハム・キャベツ・チーズ・マヨネーズを挟んだ「空スペシャル」をいただいた。
普通のつぶあん、クリームのたい焼きもある。

P1020622

IMG 5645

ここのたいやきは具が多いからか分厚い。

IMG 5650

恵比寿「ひいらぎ」

ひいらぎは恵比寿駅東口から徒歩5分ほど。雨の中数人が並んでいた。

IMG 5661

店内は鉄板型が何台も並び繁盛っぷりが伺える。

P1020629

30分かけて焼きあげるというパリパリの薄皮が存在感あるたい焼き。個人的には今日食べた中で一番好きかな。

P1020630

とんかつ「まい泉」が被災地支援で来週火曜までワンコインランチ提供

とんかつ「まい泉」が被災地支援メニューで期間限定の500円ランチを提供する。

被災地素材を使った「かつ力メニュー」ランチの売上の10%を義援金に当てる。

ロースかつ定食通常995円を「ロースかつ力定食」500円、昼かつ重通常840円を「ロースかつ力重」 500円と通常メニューから値下げする。

ロース肉は茨城県産豚、ご飯は山形県産はえぬき、宮城県産ひとめぼれを使用予定。
『かつ力メニュー』を召し上がっていただき、『笑顔』と『かつ力』あふれる日本が復興するようにとの思いを込めました。

期間は5/25,26,27,30,31日の11:00〜17:00(ラストオーダー)。17:00以降は通常メニューのみの営業。

詳細はhttp://mai-sen.com/new/katsuryoku_r.html参照

孤独のグルメ久住昌之先生サイン会@TSUTAYA渋谷店

漫画家久住昌之先生のサイン会が行われた。

26日の午後13時から場所は渋谷QFRONTのTSUTAYA SHIBUYA。

“久住昌之先生・和泉晴紀先生30周年「食の軍師」&「花のズボラ飯」刊行記念サイン会”という趣旨。

久住昌之先生と言えば漫画「孤独のグルメ」の印象的な台詞で有名だ。

主人公のサラリーマン井之頭五郎は雰囲気の悪い洋食屋でこう抗議する。

「モノを食べる時はね 誰にも邪魔されず
 自由で なんというか救われてなきゃあ
 ダメなんだ」
「独りで静かで豊かで‥‥‥」

久住先生はその後も「食の軍師」「花のズボラ飯」と似たテイストのグルメ漫画を描き続けておられるようだ。

26日(土)13時から 渋谷TSUTAYAで「食の軍師」「花のズボラ飯」共同サイン会。http://ow.ly/412uW ボクと和泉晴紀が参加。プレゼントはサイン入り複製原画。ペンタッチ生々しい。「花ズボ」のもあり。
複製原画.jpgTue Feb 22 13:50:19 via HootSuite

渋谷ツタヤに「花のズボラ飯」久住昌之先生のサイン本30冊あるそうです。

花のズボラ飯、今なら渋谷TSUTAYAの書籍売り場にサイン本が30冊くらいあります。Sun Feb 27 06:26:03 via Twitter for iPhone

サイン会、サービスが豪華だったらしい。羨ましい。

@qusumi 昨日のサイン会、長時間お疲れ様でした。一番最後に参加させていただいた者です。サインに新さんの絵やセリフを描いていただき、感激しました!本当にありがとうございました。大切にします!Sun Feb 27 15:00:26 via ついっぷる/twipple

久住昌之先生・和泉晴紀先生 サイン会詳細

■久住昌之先生・和泉晴紀先生30周年「食の軍師」&「花のズボラ飯」刊行記念サイン会
■サイン会日時:2月26日(土)13:00~
■会場:SHIBUYA TSUTAYA 7Fコミック売場
■整理券配布開始日:2月12日(土)
■参加人数:100名
■対象商品:
 ①「食の軍師」(日本文芸社)
 ②「花のズボラ飯」(秋田書店)
http://ameblo.jp/shibuya-tsutaya/entry-10788211266.html

久住昌之先生既刊

主人公・井之頭五郎は、食べる。それも、よくある街角の定食屋やラーメン屋で、ひたすら食べる。時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たすとき、彼はつかの間自分勝手になり、「自由」になる。孤独のグルメ―。それは、誰にも邪魔されず、気を使わずものを食べるという孤高の行為だ。そして、この行為こそが現代人に平等に与えられた、最高の「癒し」といえるのである。


食べログベストレストラン2010に選ばれたラムしゃぶ「金の目」が新宿に進出

新宿ラムしゃぶ「金の目」でラムを8皿食べてきた。

銀座本店は食べログベストレストラン2010に選ばれた良店だという。銀座の方は味とコストパフォーマンスが高評価。

「金の目」新宿店はまだ食べログにもクチコミが付いていないが、肉料理なら同じ味だろうということで行ってみることに。

ラムしゃぶ「金の目 新宿店」の写真

金の目新宿店があるのは新宿三丁目の奥。

食べ放題2時間はAコース:食べ放題3700円でBコース:食べ飲み放題が4700円。現在1日5組限定食べ飲み放題4700円が3900円なのでおすすめ。

新宿店の内装は銀座店より小綺麗。

この皿が続々出てくる。売りは「当店のラム肉は全く癖が無く食べやすいのが特長」ということで、確かに癖は全く感じなかった。ほのかにラムの香りがする。肉が1mm以下かというほど薄くて、大人4人で10分に一皿持ってきてもらっていた。結局8皿だったが、男4人なら10皿はいけるだろう。

たれは醤油味のみで希望としてはごまだれなど他の味も試せると変化が付いて良いと思う。

彦摩呂をはじめとして銀座店は芸能人やTVに紹介されることも多い。

まとめ

食べ飲み放題3900円でこれだけ食べられれば満足。肉がやたら薄いスライスなのは好みがあると思うが赤い肉の皿が次々出てくるのはいいものだ。心が豊かになる。

客の入りは微妙だが立地もあると思う。銀座なら銀座でこの値段は凄いとなるかもしれないが新宿では歌舞伎町もあれば三丁目も飲み屋が多い。競争は厳しいが店員さんは頑張っているので応援したい。

関連ランキング:しゃぶしゃぶ | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

原宿中華「龍の子」の四川風麻婆豆腐

原宿で中華と言えば「龍の子」らしい。場所は竹下通りを明治通りに出た脇。

オープンが1977年なので30年近くやってこれたのは地域の評価が高いからだろう。

龍の子の名物は麻婆豆腐。中華の鉄人陳健一の父親、陳健民氏の愛弟子安川哲二氏が開いた店ということで納得。

陳建一の汗が出る感じのアグレッシブな麻婆豆腐もいいが山椒がばっちり効きつつも主張しすぎない竜の子バージョンも好きだな。

原宿中華「龍の子」の写真

▼明治通りの竹下通り交差点のすぐ脇に看板が出ている。

▼ランチは単品かA/B/Cセット。

麻婆豆腐945円。四川風ということで山椒が効いていてうならされる。

関連ランキング:四川料理 | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

原宿中華「王ちゃんの中華 原宿店 」

原宿の神宮前交差点にある中華「王ちゃんの中華 原宿店」でランチしてきた。

ロッテリアや三菱東京UFJ銀行の上の階。4階が閑散とした飲食店フロアになっている。この「王ちゃんの中華 原宿店」はTVで取り上げられることもあるようでサインの額縁がたくさん飾ってある。

ランチメニューは原宿だけあって1000円超えするのもちらほら。

この辺りは手頃な価格。

定食セットだと680-780円で600円台というのはこの近辺でも安いランチ。

豚肉ときくらげと卵の炒め:780円。

麻婆茄子定食:780円。

味は普通だが量は多め、値段はこの辺りとしては少し安い。給料日前だけどがっつり食べたいという時にはありかな。

関連ランキング:中華料理 | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

原宿ランチ:韓流居酒屋 姉妹(ちゃめ)

原宿ランチ、寒かったので近くの「姉妹(ちゃめ)」へ。看板が美味しそうに見えたので。「韓流居酒屋 姉妹(ちゃめ)」は神宮前駅の裏手にある。

居酒屋チェーン風のフォントだが体が温まりそうな気がしたのでチャレンジ。

「地下だと電波が…。大丈夫です。全社しっかり入ってマス」とあるが実際にはソフトバンクは圏外だった。店内は2人づれの女性が二組。

ランチは定食でスンデゥブ、ビビンバ、豚の鉄板焼き、牛スジの卵とじ定食、プルコギ定食などがある。

海鮮ミックススンデゥブ1080円。この他にセルフサービスでスープとサラダが付く。

結論から言うとこれで1080円は高い。味は唐辛子の辛さで海鮮のだしは効いていないし、石鍋も小ぶり。ぐるなびでは「TVに何度も取り上げられ恵比寿店で行列を生む石鍋スンドゥブ」と書かれているがとてもそのようには思えなかった。松屋のスントゥブは500円だがそちらの方が美味しい。表の立て看板で「原宿一美味しいと自負してます」と書かれているが期待値を上げ過ぎると評価が下がると思う。店員も料理一名、ホールの女の子一名で人件費はかかっていないと思うんだけど土地代なんでしょうか。

関連ランキング:韓国料理 | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

渋谷シロクマはセンター街奥の穴場定食

渋谷センター街の奥端に定食「シロクマ」に訪問。原宿ランチというには遠いがいい店を見つけたので紹介。

この食堂は、食べるのが大好きな美容師さんが
「仕事が終わったあと、美味しい食事が食べられる場所が欲しい」
と作ったお店。

とのことで、美容師さんの奥さんが切り盛りを担当している。センター街の一番奥、黒人さんがたむろするHIPHOP系の店や外人さんがたくさんのパブのある一角でこの雑居ビルの「シロクマ」の文字を見ても知り合いに勧められなければ入りにくいかもしれない。

3Fがシロクマ。奥に立て看板があるので目印に。手作り風看板でちょっと安心した?

内装は手作り&サブカル風!DJブースもあってMacbook音源に大きなスピーカから音楽が流れている。ジャンルはなんだろうな。私の時はお経っぽいのとか、インディーズ系?な感じだった。

メニューを見ると定食屋風で安心するでしょう?

チリポテト。いい色だね。

今夜の日替わり定食は5種類の小鉢盛り。

カレー。キーマっぽいがよく炒められた玉ねぎに多めの人参、効いている生姜で口当たりは柔らかいが後で体がぽかぽかする感じ。既製ルーではなく自分で作っているみたい。

オムライスに奥が半オムライス。量が多いので女性は半オムでもいいだろう。

レトログッズが揃えられており机の下から出てきたのは「週刊ジャンプ第21号」!北斗の拳が表紙である。他にウイングマン、キャプテン翼、DRAGON BALL、CITY HUNTER、ついでにとんちんかん、こち亀など人気作。

渋谷中華そば「すずらん」でつけ麺にチャレンジ

原宿ランチ、今日は遠出して有名なラーメン店「すずらん」。渋谷の中華そば「すずらん」は名前は知っていたが場所も知らなかった。

すずらん」は渋谷警察署の裏手の飲食店が立ち並ぶ一角にある。力強い看板がお店の自信を表しているようだ。

色々雑誌に取り上げられているという写真が店頭に飾ってある。

おーラーメンで1500円超えですかー。強気だなー(苦笑)。店員さんは寿司屋みたいに板さんぽい年配の人とお弟子さんぽい何人かで回している。

この「自然卵味つき卵券」を買うとチケットを出すだけで毎回味付き玉子が付いてくるらしい。

初めての店では一番売れ筋のメニューを頼むことにしている。「すずらん」店頭に出ていた「味噌角煮つけそば」を頼む。見栄えのする立派な付け麺がでてきた。太麺の小麦の感じと味噌とゴマ?ラー油?の味のバランスは好み。1500円は高いけど1500円の値段なりの価値はあると思った。というか1500円でお店がちゃんと繁盛しているのは凄いと素直に思った。


原宿ランチ:牛タン麦とろ系「しずる」で豚トロ塩焼きセット

原宿ランチ情報。牛タン麦とろ系「しずる」に訪問。昼は定食、夜は飲み屋という形態。私の周りではランチに使う人が多い。「しずる」自身は牛タンや麦とろを売りにしているがお値段的には「豚トロ塩焼きセット」890円を頼んで麦ごはんお替わり自由を楽しむのが良い。調味料やサラダの量がケチっていないので肉食ったーという満足感が出る。

見通しがきく店内で女性二人組で飲んでいるのも見かけるが女性がお一人様するには厳しいかも。

原宿の「神宮前 ほこちょう」のランチは「京都おばんざい膳」を食すべし。一押し。

「神宮前 ほこちょう」は原宿の和食ランチランキングのトップ(自分比、現時点)。「神宮前 ほこちょう」に他のグルメな人に行って貰ったが皆美味しいとの評価。味、値段、店の雰囲気の総合レベルが高い。(追記:10末で閉店してしまったそうです。残念。。。)

「神宮前 ほこちょう」は明治通り竹下通り口付近の三角地帯にある。飲食店がたくさんある地帯の階段を登った2階。店内は割とシックで清潔感のある感じ。観光客はおらず周辺で働いている人が多い印象。

メニューは表の立て看板で「東京原宿生姜焼」「東京原宿豚丼」が大きく書かれており観光客目当てかと思ったが実際は違う。メニューを見ると「京都おばんざい膳」がトップになっており明らかにお店の一押しはこちら。値段は「京都おばんざい膳」「京風カレー丼ぶり」「東京原宿生姜焼」「東京原宿豚丼」全て900円。値段が同じなら「京都おばんざい膳」だろう。

神宮前ほこちょうのランチメニュー

神宮前ほこちょうのランチメニュー

入り口
神宮前ほこちょう:入り口

内装は落ち着いている。空間に余裕がありラウンジっぽい。
神宮前ほこちょう:内装

カウンターからロングソファー席、普通の4人がけと様々な利用方法ができる。

神宮前ほこちょうのランチ写真

京都おばんざい膳

この一式が900円は破格だと思う。単純に1200円くらいで出てきそう。料理が出てくるのに待たされないのもニーズを外してないなという感じ。それでいてこの丁寧な和食ランチが味わえるのは凄い。お店出る時板長さんに「また来ます!」宣言してしまった店は久しぶり。
神宮前ほこちょう:京都おばんざい膳

ニシンと海老芋の焚き合わせ
ニシンと海老芋の焚き合わせ

鯛の利休会え。ご飯が美味しい!利休和えって何か思って調べたら下記のようにごまを使っているのが特徴らしい。

『大根一式料理秘密箱』の「利休あえ」は和え衣に白味噌とごまを用い

鯛の利休和え

じゃこ
じゃこ

赤出汁
赤出汁

東京原宿生姜焼

「京都おばんざい膳」が美味しかったので友人と再訪。「原宿生姜焼定食」にチャレンジ。
神宮前ほこちょう:原宿生姜焼定食

結構ボリュームが多いのが伝わるだろうか。味は濃すぎずご飯が進む調度良い感じ。
神宮前ほこちょう:原宿生姜焼定食

関連ランキング:京料理 | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

原宿:わしょくや のっぽ のランチはレベル高い

原宿「わしょくや のっぽ」でランチ。最近イチオシな和食屋ができたと聞いて「わしょくや のっぽ」に訪問。場所はパンケーキデイズやスターハンバーグが入っているビルの地下。看板はケバイけど味は美味しい、との評。

お客は入っていないけど自分的には気に入っていて潰れると困る店があるけど「わしょくや のっぽ 」はそれ系に認定。週一回行っていいレベルの味なので頑張って欲しい。

わしょくや のっぽのランチ

日替わり3~5種類という構成。
わしょくや のっぽ:日替わりメニュー

自分は肉なんばん。肉の厚みもあるし、味付けもOK。
肉なんばん:945円

カレーうどんの定食1080円。カレーうどんだけで1080円というと割高感があるが小鉢がついて、量も結構あるので違和感なし。
カレーうどん:1080円

フグ天丼1080円。この値段でフグが食べられるならお値打ちか。
フグ天丼:1050円

別の日の日替わりメニュー
わしょくや のっぽの日替わりメニュー

わしょくや のっぽの雰囲気

この店は今路線模索中なんだろうな。夜のクラブっぽい光沢立て看板と地下階の「まかないとはさかさに読むといいなかま」のギャップとか、日本風を強調した内装とYANKEESのはっぴを来た呼び込みの店員さんとか。話すと親しみ易い人だし頑張っている感じなんだけどパチンコの呼び込みじゃないんだから(^^;;
わしょくや のっぽ:立て看板

地下階

わしょくや のっぽの内装

凝った内装なので客がみな見回している。「の」のモチーフが多用されていたり、竹や帯で和風にしてあったり。
わしょくや のっぽ:内装

わしょくや のっぽ:内装

関連ランキング:和食(その他) | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

原宿とんかつ「福よし」はエリック・クラプトンもお気に入りの名店

原宿ランチ、今日は裏原の「福よし」。原宿・明治神宮前でとんかつと言えば「福よし」一択と言われている。昭和47年(1972)開店の原宿では定番の店。エリック・クラプトンもお気に入りで日本ツアー中に「鳥かつ」をほうばる姿が度々目撃されたという。

ランチには「とんかつ」1000円、「かつカレー(限定)」1230円が提供されているが高い方は明らかに味が違うぞとのアドヴァイスを貰い「上ロースかつ」1650円を奮発した。確かに油や衣の嫌味がなく、肉の旨味が広がる素晴らしい出来。
原宿とんかつ「福よし」:上ロースかつ定食

店内は広く落ち着いた内装で繁盛している印象。会計のときご主人と話す機会があるが、にこやかで親しみやすく好感が持てる。

福よしのカツ丼の秘密

ブロガーのジェットダイスケさんによると 明治神宮前とんかつ「福よし」は夜の方がカツ丼が旨い とのこと。次は夜訪問してみたい。

ランチタイムで食べてるカツ丼の味を知ってるので、口にした瞬間「ああーこれは違うぞ」とすぐに分かりました。
食べ終わって店主に聞いたら、やっぱり昼とは違い夜は、脂身の多い部位を選定しているとのことです。

原宿とんかつ「福よし」:メニュー

原宿とんかつ「福よし」:看板

原宿とんかつ「福よし」:入り口

エリック・クラプトンの「福よし」絶賛説について

出店としては、Web Magazine「ハニカム」(honeyee.com)に過去掲載されていた「ERIC CLAPTON’S JAPAN TOUR 2006 BLOG 」で”My favourite restaurant in the whole world”(僕が世界中で一番好きなレストラン)として、「福よし」の店先で記念撮影するクラプトンの写真が掲載されていた。現在その記事は見ることができない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/エリック・クラプトン

  • トンカツが大好物である。来日したときには自ら「世界一お気に入りのレストラン」と称する原宿のトンカツ屋「福よし」へ足を運ぶが、注文するのはチキンカツである。[要出典]NHK-BS2の『BS熱中夜話』の「ロック黄金時代」の回において、ムッシュかまやつは「新宿のトンカツ屋で会いましたよ」と発言している。
  • 近年はストリートカジュアルへの嗜好が深く、藤原ヒロシとの交友関係からグッドイナフ、ヴィズヴィム等、日本国内のストリート系ファッションを着こなしている[要出典]。

福よし とんかつ / 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

原宿ランチ:定食屋「食工房 眞 」@原宿

今日の原宿ランチは「食工房 眞」。「食工房 眞 (しょくこうぼう しん)」は原宿の定食系ではNo.1ではないだろうか。

綺麗に磨きあげられた調理場、長年やっている店ならではの小気味良い店員さんのチームワーク。見ているだけで元気をもらった気分になる。

その上写真でわかるように大ぶりの料理、きとんとした味付けである。毎週来たい。

▼麺セット(釜あげうどん、野菜天ぷら、ごはん、小鉢、おしんこ)880円

▼揚げ鶏のおろし添え(小鉢、ごはん、みそ汁、おしんこ付き)880円

▼地鶏親子丼:浅い器に入っているが半熟の卵、たくさん入った地鶏が嬉しい定番メニュー。

関連ランキング:定食・食堂 | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅