「ピエール・エルメ」カテゴリーアーカイブ

「スイーツ界のピカソ」と称される鬼才ピエール・エルメ。マカロンが有名だがスイーツも季節ごとに新作がお目見えする。青山店は1階がブティック、2階がバー・ショコラになっていて素敵な時間を過ごすことができる。

ピエール・エルメからコーヒーがテーマのFETISHケーキ!

何の因果か会社から一番近いケーキ屋がピエール・エルメ。身内に祝い事があったので奮発してホールケーキを頼んでみた。ピエール・エルメでは2006年から毎月ひとつの”好きでたまらない”アイテムをクローズアップしていく<FETISH>という期間限定のフレーバーを展開している。今月は“Fetish Infiniment Café”ということでコーヒーがテーマとなっている。

先月のFetishはピエール・エルメの代名詞”イスパハン”。チーズケーキ・イスパハン食べてみたかった…。さて今回のInfiniment Café、ピエール・エルメがコーヒーの無限の可能性を試す、という感じだろうか。L’Arbre à Caféの創立者クルティ氏とのコラボでインスパイアされタルトやミルフィーユ、シュークリームなどに落としこんでいる。

ミルフィユ アンフィニマン カフェ イアパール ルージュ デュ ブレジル

メニュー名長い…。コーヒー風味のヌガーがビジュアルのアクセントになっている。大人な外観だがヌガーのコーヒー味が前面に出たパワフルなミルフィーユ。マスカルポーネは自然な甘みが出てお上品に。

カラメリゼしたパイ、ブラジルコーヒー風味マスカルポーネクリーム、ブラジルコーヒー風味ヌガティーヌ

ピエールエルメのコーヒーのミルフィーユ

ピエールエルメのコーヒーのミルフィーユ

モカのホールケーキ

ミルフィユの大きなサイズもあるのだがきれいに切り分けるのが難しいのでホールケーキはスポンジ系生地を選んだ。シフォンケーキのように軽めの生地に外壁のモカのプレートがおいしい。全体に軽めなので午後の紅茶にいいと思う

ブラジルコーヒー風味ジェノワーズ、ブラジルコーヒー風味クレーム、パティシエール、ブラジルコーヒー風味シャンティクリーム、ブラジルコーヒー風味サブレ

ピエールエルメのMokaホールケーキ

【子供向け】原美術館xピエール・エルメの復活祭イベント

毎年恒例、品川の原美術館とピエール・エルメの復活祭イベントが参加者募集中だ。3月30日(土)に原美術館の中庭で開催。20人限定なのでお早めにどうぞ。

キリストの復活を祝う復活祭では庭に隠した卵やうさぎのチョコレートを子供が探す、というゲームを楽しむのだがそのチョコレートをピエール・エルメが提供している。

ヨーロッパの家庭では復活祭の日に、大人が庭に卵やうさぎのチョコレートを隠し、子どもたちがそれを探して遊ぶというゲームを楽しみます。
「ピエール・エルメ・パリ」と「原美術館」は、パックの伝統の素晴らしさを日本の皆様にも知っていただきたいという思いから、去年に引き続き、この伝統行事を原美術館のお庭で開催します!参加者にはバスケットを手に、お庭に潜んだイースターエッグやバニーを探し歩いていただきます。ホールでは、復活祭のヒストリーやチョコレートの展示、さらには、フランス人のパティシエにより、子どもたちも参加できるワークショップを開催します。ゲームを楽しみながら、五感をフルに使って、復活祭の文化と伝統にふれてみませんか?子どもから大人まで笑顔になる、楽しいイベントです。ぜひ、ご家族でいらしてください。

http://www.pierreherme.co.jp/paques2013/event/

今日はちょっと良いことがあったので、ピエール・エルメのミルフィーユを。

P1090616

原美術館xピエール・エルメの復活祭イベント概要

  • タ イ ト ル :“Pâques” 復活祭 2013あなたのうさぎはどこ?~アートを見てチョコレートを探そう~
  • 内容 :
    美術館のギャラリーガイドや伝統行事のイベントを通して、「芸術や文化が日常にある生活」をより身近に感じてもらうことを目的とした、子供対象の体験型イベント
    ■原美術館にて開催中の「ソフィ カルー最後のとき/最初のとき」 のギャラリーガイド
    ■あなたのうさぎはどこ?
     ~ヨーロッパ家庭の伝統に倣ってお庭でチョコレートを探そう~
    ■復活祭ってなぁに?
    ~展示を見て、復活祭の伝統と歴史を楽しく学ぼう~
    ■チョコレートのワークショップ
    ~パティシエと一緒に甘くて美味しい体験をしよう~
  • 開催日:2013年3月30日(土) ※雨天決行
  • 場所:原美術館
  • 対象:3歳~12歳以下の子供。(大人のご同伴可)※2人以上のお子様がいらっしゃる場合でも1家族1組での参加をお願いたします。
  • 詳細・申込み:http://www.pierreherme.co.jp/paques2013/event/

ピエール・エルメのバレンタイン ディスプレイが子供が泣くレベルな件

ピエール・エルメ青山のショーウィンドウ、毎回趣向を凝らしていて楽しみにしているのだが、これは恐い。子供、泣く。

たまには軽いネタということでピエール・エルメ青山のディスプレイをご紹介。今バレンタインデーのお面とマカロンのタワーがお目見えしている。

プティ マスク アート プルミエとは

パリの旧アフリカ・オセアニア国立美術館(ケブランリ美術館)所蔵の古来より伝承される本物のお面を型取りしたマスク型チョコレート。 ピエール・エルメらしく、ショコラをダイナミックに表現した存在感のある作品です。 オンラインショッピングでは、プティサイズの「プティ マスク アート プルミエ」8個詰合わせを今年もお届けいたします。(公式サイトより)

千と千寿に出てくるこれにしか見えない!

頭(かしら)

湯婆婆に仕える、緑色の頭だけの怪物。中年のおじさんのような容貌で、跳ねたり転がりながら移動する(舞首の一種ではないかと推測される)。『オイ』としか話すことができず、作中では銭婆の魔法によって前記の坊に扮する場面が描かれている。いつも三つ一緒に行動している。(Wikipediaより)

ピエール・エルメ・パリ青山のプティ マスク アール プルミエ

ピエール・エルメのマカロンタワー

マカロンデー2012夏至の明日、ピエール・エルメが各店でマカロン無料配布

ピエール・エルメのマカロン、お礼で人に買ったことはあるのですが自分用にはなかなか手が出ない @hara19jpです。こんばんは。

とはいえこのエリアではピエール・エルメ青山店、先日オープンしたヒカリエ店がありますので触れないわけにはいきません。

そう、毎年夏至は「マカロンデー」と銘打ってチャリティを行うとともに店頭で無料でマカロンを配布するんです!

ピエール・エルメの「マカロンデー」

元々フランスで7年前から続いている難病支援のためのチャリティだったが、日本においてはマカロンの認知をあげるために店頭でマカロンを無料配布するイベントを行なってきた。

今年は募金箱を設置。また「リカちゃん」が広報大使に就任するとともに限定マカロン“Macaron Licca”(294円)を青山限定で販売。各店でマカロンデーを記念して販売される「Initiation」の売上げと併せNPOに寄付する。

青山ブティックのリカちゃん

ヒカリエでも配布する。

ピエール・エルメのケーキも評価が高い

先日貰ったピエール・エルメ大丸東京店のマカロン

IMG 6762

『MACARON DAY マカロン デー』6月21日(木)開催決定!(12.05.02)

経緯は公式ページがよくまとまっていたのでそちらを参照ください。

フランスでは、難病に苦しむ子どもたちのための寄付金集めを主たる目的として、7年前から毎年『マカロンデー』(仏語では“Jour du Macaron”)の行事が催されています。もともとはピエール・エルメが自身のブティックでささやかな形で始めた活動でしたが、現在では、ルレ・デセール会員の多数が参加する大々的なチャリティーイベントになっています。

一方、当時の日本においてはまだマカロンに対するなじみが薄かったため、ピエール・エルメ・パリでは本場の味を広く知っていただきたいという願いをこめて、エイプリルフールに店舗にいらっしゃるお客様にマカロンの無料サービスをしておりました。その後、このお菓子に対する一般の認知度が高まって来たことを受けて、ルレ・デセールの日本メンバーと協力し合いながら、夏至の日を『MACARON DAY マカロン デー』に定めて活動を展開しています。そして、ピエール・エルメ・パリでは今年、「リカちゃん」にマカロン デーの広報大使(アンバサダー)を務めてもらって楽しさを盛り上げます。

http://www.pierreherme.co.jp/topics/

『MACARON DAY マカロン デー』開催概要

●タイトル:MACARON DAY マカロン デー
●開催日:2012年6月21日(木) (今年の夏至の日)
●キャンペーン期間:2012年6月1日(金)~ 6月21日(木)
●オペレーション
・「リカちゃん」の広報大使就任を記念した限定マカロン“Macaron Licca”(1個¥294 税込)の販売。収益金を『認定NPO法人 難病のこども支援全国ネットワーク』に寄付。(青山限定)
・「リカちゃん」によるマカロンデーについてのガイダンス。
・募金箱の設置。全額を『認定NPO法人 難病のこども支援全国ネットワーク』に寄付。(青山限定)
・マカロンデー限定ギフトボックスの販売。(全国の直営ブティック、オンラインショッピング売上の一部を『認定NPO法人 難病のこども支援全国ネットワーク』に寄付。
・マカロンの無料サービス。(「マカロン デー」当日の6月21日のみ、一部店舗をのぞく)
・チャリティーイベント「マカロンナイト」(6月21日)も開催予定。
※販売期間、店舗などは変更になる場合がございますので必ずお問合わせください。
※ルレ・デセール所属の各ブティックでの開催内容につきましては、直接各店舗へお問合わせください。

ピエール・エルメ・パリ「マカロン・オ・ショコラ」

銀座三越のバレンタイン売り場へ行ってきた。そういえば百貨店のバレンタイン売り場って見たことないな、という訳でチョコレートにまみれてきた。

ピエール・エルメ・パリ「マカロン・オ・ショコラ」

王道のピエール・エルメ・パリのマカロンを買ってみた。人にあげたことはあるが自分で食べたことが無かったのだ。ピエール・エルメは味もパッケージも袋も全部好きだ。

豊かな芳香が特徴のベネズエラのスル・デル・ラゴ産ショコラを使用した、マカロンとボンボン・ショコラは今季新作。とろける濃密なガナッシュの中からカカオの繊細なアロマが立ち上がります。

ということでこれはピエール・エルメのマカロン6個入り「マカロン・オ・ショコラ」2310円。

お世話になった人に贈ろうかとも思ったが賞味期限が早くて結局ランチがわりに。一口食べるとあ、これはコンビニや街のケーキ屋で売ってるチョコとは全然違う、とわかる濃密な味。豪華な一日だった。