「グルメ」カテゴリーアーカイブ

パティスリー イケダヤマ:ヒカリエのスイーツ催事に期間限定で登場

パティスリー イケダヤマのプリン、ティラミス、チーズケーキを購入。ヒカリエ地下のスイーツ売り場に期間限定で登場していた。今年3月五反田にオープンしたばかりのパティスリー。250円〜380円とかなりお安い。これなら値段をきにせず即決で買えそう。

ヒカリエが一周年ということで賑わい具合を見にスイーツ売り場へ。サダハル・アオキ、トシ・ヨロイヅカ、エルメ、ジョトォ、ロブションなど華も名もある店が入っている。相変わらずサダハル・アオキにはレジ行列ができていて人気。ビジュアルが派手なジョトォのショーケース前にも人だかり。一番奥のル ショコラ ドゥ アッシュ / ポール バセットにも客が入っていて定着してきたかな?

ヒカリエスイーツ売り場の催事場

スイーツ番長のイベントなど、常に期間限定のPOPUPストアを開催している「FoodStage」。幾ら有名店を集めてもリピーターは飽きてきてしまうので常に新鮮さを演出する仕組みだ。

ヒカリエスイーツ売り場

パティスリー イケダヤマとは

3月4日に五反田駅東口に出来たパティスリー。運営はクリエイト・レストランツ・ホールディングス。和洋中華アジアン・エスニック、カフェ・スイーツにフードコートなど380店も手がけているらしい。五反田に自社ビルを構えたので地域の人向けにケーキ販売してみようとなったらしい。価格帯は250円〜380円とかなり抑えている。

東五反田に「パティスリー イケダヤマ」-クリエイト・レストランツ初業態 – 品川経済新聞 

イケダヤマの「濃厚プリン」250円

ショーケースに山積みになっていて推している感じだったので「濃厚プリン」を。プリン生地はしっかり目。キャラメルがビター目で美味しかった。濃厚というほど濃厚ではないかな。大人向けかな。

イケダヤマの濃厚プリン

イケダヤマの「濃厚チーズケーキ」300円

ご褒美代わりにOLさんが買ったりしてくれそう。デパート等への出店を考えているようなので300円でもある程度見た目は必要、ということかな。

イケダヤマの濃厚チーズケーキ

イケダヤマのティラミス300円

ティラミス、久々に食べたかも。これは普通だったかな(記憶が薄れている…ということは特筆する特徴が無かったのでしょう)。

イケダヤマのティラミス

皿を引く手

奥さんが、私のチーズケーキを強奪する瞬間を激写。濃厚チーズケーキがお気に召したようだ(笑。

皿を引く手

パティスリー イケダヤマのパンフ

パンフもきちんとデザインされていて良い感じ。裏面には名刺代わりに代表的なメニューの写真。余計なお世話ですが手提げには入って無かったので入れた方がいいでしょう。

パティスリー イケダヤマ パンフ

沖縄すーまぬめぇの沖縄そば

沖縄と言えば沖縄そば、ということで食べログで評価の高い「すーまぬめぇ」に訪問。沖縄空港から那覇に来て最初の食事。沖縄民家をそのまま店舗にしていて一気に旅行気分が出る沖縄そば店。

沖縄グルメ考

私個人は初めての沖縄旅行だったのだが食べログで下調べをした所注意が必要なことがわかった。

沖縄みたいなメジャーな観光地だから口コミも沢山あるんだろうと思ったのだが口コミが集中している店とほとんど口コミがないその他、という構造になっている。

観光客は旅先で冒険したくないからガイドに載っているような人気店に口コミが集中し、地元の人はもう知っているから口コミは書かず、という構造があるのかもしれない。

沖縄そばとは

中華麺と同じ小麦粉とかん水で作った麺を使うのが沖縄そばの特徴。沖縄そばには皮付き豚ばら肉(三枚肉)が入っているが豚のあばら肉(スペアリブ)=ソーキを入れればソーキそば、豚足を入れればてびちそばになる。

すーまぬめぇの外観

すーまぬめぇは那覇の沖縄そばで2番目の評価を受けている。1番の「てんtoてん」より那覇中心部に近い。まあどちらか次の行程に便利な方へ行っておけば間違いないと思う。

鬱蒼とした緑に覆われた民家にすーまぬめぇはある。
沖縄すーまぬめぇの外観

駐車場から銀行から県庁から沖縄には至る所にシーサーがある。すーまぬめぇの入り口では普段より多めのシーサーがお出迎えしてくれる。
すーまぬめぇのシーサー

すーまぬめぇの入り口

すーまぬめぇは沖縄の民家をお店に転用していて特徴を見ることができる。つまり沖縄の民家には玄関が無く母屋の大きな縁側からそのまま出入りする、ということだ。

沖縄の古民家の特徴

母屋(ウフヤ)自体に玄関らしきものがなく、開口部の大きな縁側から出入りするのが一般的。縁側は主だった部屋に面しているため、家の主も客人も、中庭(ナー)から家の各部屋に上がれるようになっています。また、母屋の縁側には大きく張り出すような庇があり、これを「雨端(アマハジ)」といいます。南国特有の厳しい直射日光や雨が直接屋内に入り込むのを防ぐ働きがあり、ちょっとした雨宿りにも便利。中庭(ナー)と屋内をはっきり分離するのではなく、ゆるやかに繋いでいるようにも見えます。
http://www.okinawastory.jp/special/tokusyu_0904/0600006428.html

沖縄すーまぬめぇの沖縄民家

屋根にシーサーがいたり、台風対策で漆喰で固められた瓦なんかも沖縄民家の特徴の一つ。赤瓦が多いがなぜ赤いのかは調べてもわからなかった。
すーまぬめぇの屋根

すーまぬめぇの東屋

今回は中庭の東屋でいただいた。4末だとTシャツの上に一枚羽織るくらいでちょうどいい。ハーフパンツにはまだ早いかな。
沖縄すーまぬめぇのテラス席

すーまぬめぇのメニュー

ソーキそばが1番人気。スペシャルそばは3種類の肉入りということで豚バラ、豚足、スペアリブ入り。

  • すーまぬめぇスペシャルそば 650円
  • ソーキそば 大650円、小550円
  • てびちそば 650円
  • 沖縄そば 大550円、小450円
  • ゆしとうふそば 550円
  • 冷やしそば 650円

沖縄すーまぬめぇのメニュー

すーまぬめぇのスペシャルそば

左から豚バラ、右上にソーキ(スペアリブ)、てびち(豚足)の全部入り。麺は平麺。沖縄民家の雰囲気にこのお味、全部入りで650円という安さなのだから満足。
沖縄すーまぬめぇのスペシャルそば

渋谷のカフェマメヒコ3店舗が閉店・移転・リニューアル

これはビッグニュース。渋谷のカフェマメヒコが大きく変わるようです。渋谷センター街の奥のマメヒコも?!カフェマメヒコ渋谷店は内装も良い感じで雑然とした渋谷の中でも大人がゆっくりできるいい店だと思っていたんですが。

まずカフェマメヒコ飯店のビルが再開発のため閉館ということで閉店。宇田川町のいわゆるカフェマメヒコ渋谷店は5/12で一時閉店して7月1日に映画館カフェとして営業を再開。そして新たにカフェマメヒコ公園通り店が6月1日開店。

カフェマメヒコ渋谷公園通り店

今までのカフェマメヒコ渋谷店はカフェマメヒコ公園通り店が引き継ぐ感じになるんだろうか。PARCOの向かい、1階がSWAROVSKIのビルの2階だそうです。

閉店と開店のお知らせ

1. 公園通り店 6月 1日(土) 新規開店
渋谷区 神南1-20-11 造園会館2階

2. 飯店 5月31日(金) 閉店
理由:ビル閉館のため
6月1日~14日 映画館として臨時営業
vol.1「紫陽花とバタークリーム」上映

3. 現渋谷店(宇田川町) 5月12日(日) 一時閉店
理由:リニューアル改装のため
7月 1日(土) 新装開店
映画館カフェとして営業
vol.2「さよならとマシュマロを」上映
http://www.mamehico.com/cafe/12123.html

ベン&ジェリーズ表参道ヒルズ店で9日火曜にアイスクリーム無料配布する #FREECORNDAY 開催予定

ベン&ジェリーズは9日火曜にアイスクリームを無料配布する「フリーコーンデー」を開始する。創業者の「ビジネスは、地域社会に利益を還元する責任がある」という理念に基づき世界の前店舗で毎年開催している。1回の来店で一人につき1個、スモールサイズのアイスクリームを無料で配布する。

何度来店しても良いが、表参道店などは相当行列することが予想されるのでまあ1回でしょうね。国内ではベン&ジェリーズ表参道ヒルズ店、コピス吉祥寺店、ららぽーと豊洲店の3店舗あるのでお近くのベンジェリへどうぞ。

ベン&ジェリーズ

フリーコーンデーを告知する表参道駅構内のポスター。
ベン&ジェリーズのフリーコーンデイ

渋谷駅構内でも。
IMG_3501

ネスプレッソブティック:オーク表参道に東京初のネスプレッソ路面店

オーク表参道に初の路面店を構えたネスプレッソブティック。ネスプレッソはネスレ社が開発したエスプレッソマシン/コーヒーメーカーのシステム。

ネスプレッソ独自のアルミカプセルを専用のマシンにセットすると「グラン・クリュ」と呼ばれる高品質のコーヒーを抽出することができる、という仕組み。

ネスプレッソブティック表参道

全国に20箇所ほどショールーム「ネスプレッソブティック」があり原宿にもネスプレッソを試飲できるマーケティング施設「ネスプレッソ コーヒーエクスペリエンスセンター 表参道店」を持っていた。ネスプレッソブティック表参道は大阪心斎橋に次ぐ東京発の路面店で日本の旗艦店という位置づけ。

1階はショップ、2階は会員制のセミナールームとなっている。

ネスプレッソカフェ外観

高級感溢れるディスプレイ。
ネスプレッソカフェのショーウィンドウ

1階カウンター裏にはカラフルなグラン・クリュのアルミカプセルが積み上げられたディスプレイ。高級感ある色味だから絵になりますね。
ネスプレッソカフェのカウンター裏のビジュアル

指定の商品を買うと糸や布を使ったアートで知られる清川あさみさんとコラボしたトートバッグがプレゼントされるオープニングキャンペーン中。
ネスプレッソカフェの記念トート

エンポリオアルマーニ カフェ / オーク表参道のアルマーニ併設のカフェ

オーク表参道にはエンポリオアルマーニの旗艦店が入っている。その1階に併設されているのがエンポリオアルマーニ カフェ。銀座にアルマーニ レストランを持っているがカフェとしては初めてになる。

エンポリオアルマーニ表参道

昼はガラスが反射して撮りにくいので夜再訪。入り口両側と正面は液晶ビジョン。ランウェイの様子を映している。ご近所のDiorなんかも正面の液晶ビジョンはやってますね。

エンポリオアルマーニ カフェ表参道

エンポリオアルマーニ カフェ

エンポリオアルマーニのカフェは1階に併設されている。通路側の細長い造り。期待していたBVLGARI IL CAFEや銀座のアルマーニレストランのような単体で成り立つ高級路線ではなく、あくまで併設カフェという位置付けの印象。

路面店で一部の席では表参道を眺められるということでこれはこれでありかと。
エンポリオアルマーニ カフェ外観

手前はテーブル席、奥にカウンター席も。イタリア人?のウェイターさんもいるようだ。
エンポリオアルマーニ カフェ内装

アルマーニカフェのメニュー

ランチが11-15時、カフェが14-20時。ランチはアンティパスト&パニーニに色々オプションが付けていく感じで2000-3200円。飲み物も付けるんでしょうから結構いいお値段。

カフェメニューは1200円からだがサービス料10%が付くので1500円〜かな。売りは「チョコレートケーキ&ピスタチオアイスクリーム」らしい。
エンポリオアルマーニ カフェのメニュー

茶酒 金田中のロングテーブルと苔庭が凄い / オーク表参道にオープンした料亭「金田中」の和カフェ

ハナエ・モリビルの跡地を再開発した「オーク表参道」がオープンした。2階には料亭「金田中」のカフェ「茶酒 金田中」が入っている。今日はレセプションということで入れなかったがチラ見してきた。

oak omotesando(オーク表参道)は大林不動産&大林組による複合施設。丹下健三設計のハナエ・モリビルの建て替えということで建物外観は大林組と丹下都市建築設計との共同デザイン。建築の専門家による解説はこちらが詳しい。1-2階はファッション・飲食テナント、3-8階はオフィスフロア。

和カフェ「茶酒 金田中」

オーク表参道の飲食店は1階のネスプレッソカフェ、エンポリオアルマーニ カフェ、そして2階の茶酒 金田中(読みはサーシャ・カネタナカでいいのかな)になる。料亭の金田中は以前白金 庭園美術館内に「Cafe 茶洒 kanetanaka (カフェ・サーシャ・カネタナカ)」という和カフェを持っていた(閉店)。

ランチは鯛茶漬けやひすい麺などから2種類をセレクトするメニューになっている。白金の金田中ではスイーツとしてかき氷、白玉餅、きなこもち、汁粉などが出ていたようなので似た感じになりそう。

オフィスエントランスからの継承

建物左端のオフィスエントランスは現代美術家の杉本博司さん。古代神殿をイメージした巨石群に囲まれた奥行きのある空間「究竟頂(くっきょうちょう)」、その中心の天井には数理模型をつるしている。この杉本博司さんが茶酒 金田中の内装も手がけ、個室から「究竟頂」や数理模型「Marhematical Model013」を眺める事ができるという趣向。建物の設計と個別のテナントの内装は別なことが多いと思うので連続性が興味深い。
数理模型

茶酒 金田中の苔庭

杉本博司氏自ら石を選び配置した苔庭だそうで石の質感はオフィスエントランスを継承している。
和カフェ「茶酒 金田中」の苔庭

茶酒 金田中のロングテーブルが凄い

茶酒 金田中は坪庭に見立てたテラスを眺めながら10mにも及ぶ白無垢材のカウンターテーブルで飲食を楽しむという趣向。料亭的風景をモダンにした和カフェで期待している。
和カフェ「茶酒 金田中」10mのロングカウンター

ヴィノ・イタリア / 青学裏の女子向けパスタ屋

青学の裏の246辺りはなんというエリアなんですかね。WEB系だとmixi本社の所で通じるが青学からmixi脇を通って並木橋へ降りていく坂道にはミニヨンやラーメン豚王を始め飲食店が点在している。

パスタを開拓したい気分だったのでヴィノ・イタリアに初訪問。ローソンの向かいのイタリアンは一段下がった店構えなのでいつもスルーしてしまっていたがtabelogでは高評価。
P1100194

ランチメニュー / 渋谷ヴィノ・イタリア

ランチメニューはスパゲッティ、ショートパスタ、リゾットから選んで950円。クリームリゾットも美味しそう。
IMG_3253

ベビーホタテとトマトのアーリオオーリオ、スパゲティーニ / 渋谷ヴィノ・イタリア

アンチョビ好きなので頼んでみた。ガーリックとアンチョビで香り付けされたオイルベース。トマトの酸味でオイルなのにあっさり仕上げ。

味は美味しいが量は女性向きかな。夕方お腹が減りました。

すぐ料理が出てき来る点、ホールは一人で回しているのにキビキビしていて全体に好印象のお店。

なお喫煙可のようなのでランチは禁煙なのか後で確認したい。
P1100196

 

外苑前にKIHACH(キハチ)青山本店がオープン

キハチが青山に帰ってきた。KIHACH(キハチ)青山本店が外苑前にオープン。場所はロイヤルガーデンカフェとシェアードテラスの間。2階建てで100席近くとウェディングの二次会会場としても活躍しそうだ。

ところで隣のシェアードテラスもキハチと同じ運営元なんですね。場を作る面白い試みをされている。

KIHACHI青山本店

オープン数日前、夜寄ってみたら工事が絶賛追い込み中だった。

テラスに大きな窓の個室、1階と2階で使い方を変えるなどお隣ロイヤルガーデンカフェと似た使い方を想定してる感じ。週末はウェディングの披露宴・二次会会場として使われそう。

ロイヤルガーデンカフェと競合するけれども大人数ならロイヤルガーデンカフェ、料理と新築を取るならキハチ?

キハチ青山本店のコンセプトはBy the kitchenということで仕上げを目の前でやってくれるエンタテインメント性がある様子。披露宴・二次会でもオプションで選べるのかもですね。
キハチ青山本店

原宿瑞穂の豆大福 / 東京三大豆大福は原宿土産の定番

原宿土産の定番ということで知ってはいたが初めての紹介の原宿瑞穂さん。昭和56年創業の和菓子屋でショーケースには豆大福ともなかの2種類だけ。この豆大福が東京産大豆大福の一角として有名なのだ。

和菓子の、さらに豆大福というニッチなエリアで三大とは大げさだなと思っていたが称されるだけの価値がある美味しい豆大福。

店主の大橋正文さんは、大学生時代に老舗和菓子店「岡埜榮泉」の豆大福に出合い惚れ込み、卒業後に修行を経て和菓子職人になった。それが『瑞穂』の始まり。1981年、生まれ育った原宿に店を構えて以来、毎朝家族とともに店の奥であんを炊いて、餅をつき、大福を手作りしている。「手間を惜しまず、真心をこめて作りたい」から、大量生産はしない。商品は豆大福と最中の2本柱で、どちらも閉店を待たずに完売しまう日が多いそう。電話で取り置きをしてからの来店がお勧めだ。
http://www.savarins.jp/shop_detail/shop_id/217

東京三大豆大福とは

私が洋菓子の方が好きなので和菓子を取り上げることが少ないのだが、東京三大豆大福(護国寺の群林堂・高輪の松島屋・原宿の瑞穂)の松島屋を買ってみた所びっくりするくらい美味しかったので瑞穂もいつかはと思っていた所。

キャットストリート裏の原宿瑞穂

瑞穂の豆大福は通販なし、売り切れ御免ということで平日でも夕方には売り切れていることが多いようだ。何度か通ったが16時くらいで駄目だったことがある。
原宿瑞穂の外観

原宿瑞穂の豆大福

贈答用の化粧箱入り箱は6個セットから。江戸市中っぽい雰囲気の絵柄。豆大福ともなかしかないので「4個!」と個数だけで注文できて新鮮。

マカロンと同じくぼってりしたものは積んでみないとね。
原宿瑞穂の豆大福

豆大福の断面

割ってみた所。こしあんにもちっとしたしっかり目の餅。重みがあって食べでのある大福。その単調になりがちな所に豆がアクセントになっている。
瑞穂の豆大福の断面

武蔵小金井カレーのプーさん:風邪を引いたら薬より効くと言われる野菜てんこ盛りカレー

「ほこ×たて ~SP~」にカレーのプーさんが登場したと聞いて。武蔵小金井界隈では有名なカレー店。

ほこたてでは激辛カレーを食べている松原智恵子の演技を見ぬくこと、というチャレンジで原宿にもある「SHANTi」が正解だった。ちょうど鼻風邪を引いてしまってカレーのプーさんが懐かしくなったのでこちらを取り上げたい。

武蔵小金井の「カレーのプーさん」に2009年初訪問。はっきり言って今までこの店を知らなかったことを後悔した。普通カレーに1250円という時点で選択外なのだが「カレーのプーさん」で食べるためだけに武蔵小金井に寄る価値があると思う。吉祥寺の「まめ蔵」「リトル・スパイス」にも行ったが私的にはまめ蔵よりは気に入った。

野菜カレー / カレーのプーさん

特徴は以下。注文時に辛さは調整できる。量は「レギュラー1250円」「プチ1150円」「大盛り1400円」となっている。女性は「プチ」でいいでしょう。いずれも食後にアイスかホットコーヒーが付きます。常連さんは「(種類は)野菜、(量は)レギュラー、(辛さは)甘め、(食後は)アイス」みたいな感じで頼んでいる。

1.普通に頼むと辛い。汗が出るというより口の中がひりひりする感じ。
2.普通に頼むと量が多い。
3.野菜の種類と量が凄い

メニュー / カレーのプーさん

オプションの説明はわかりやすい。店員さんからも「辛さはどうされますか?普通でも結構辛いです」と確認されるので大丈夫。
武蔵小金井カレーのプーさんの野菜カレー

▼野菜カレー / カレーのプーさん

クリックすると別ウィンドウで大きくなります。ここの野菜カレーが凄いのは野菜が申し訳程度に上を覆っているんではないんですよ!どこを掘っても色んな種類の野菜がざっくざっく出てくるんです!
野菜カレー
メモした範囲ではナス、ごぼう、レンコン、えのき、しめじ、しいたけ、にんにく、蒟蒻、人参、かぼちゃ、じゃが芋、グリーンアスパラ、ブロッコリー、たまねぎ、キャペツ、ピーマン、カリフラワー、パプリカ、チンゲン菜、油菜、サヤインゲン、パセリ。宝探しをしているみたいで一口一口が楽しい。新鮮な体験で良かった!

デザートのアイスクリーム / カレーのプーさん

シャーベットっぽい感じ。ひりひりした口の中を治めます。
DSCN2899

店舗外観 / カレーのプーさん

暗くて見えませんが改装したばかりできれいです。
DSCN2885

店舗内装その1 / カレーのプーさん

吉野家風カウンターが10席分。

店舗内装その2 / カレーのプーさん

カウンターとは別に、店内右手に4人席×2、2人席×2がある。写真の通り照明の数が多く明るい雰囲気。女性一人客もあり。

「カレーのプーさん」店舗詳細 / カレーのプーさん

食べログ評価は3.84も妥当。レビューの中に「そこらの風邪薬より効く」とあったのが印象的で訪れたが食後の感想としてはその気持ちわかる!全面同意、という感じ。

昼営業は土日だけなので注意。平日20時過ぎではすいていましたが普段は行列ができるそうです。

「カレーのプーさん」地図

JR中央線武蔵小金井駅を降りて南口を真っ直ぐ南下。下り坂の最初の辺り。徒歩5分くらい。

大きな地図で見る

外苑前A&G DINERが4〜7月休店。「AS CLASSIC DINER」六本木ヒルズ店のオープンに注力

ハンバーガー店No.1のA&G DINER閉店!というTweetを見かけてびっくりしたら休店するだけだった。「AS CLASSIC DINER ROPPONGI HILLS」が4/19にオープンするため、3/31で休店して7月に営業を再会する予定とのこと。

A&G DINERはマンスリーバーガーを楽しみにハンバーガー好きが通う店で@hara19jpも何度か訪問させていただいている。

この佇まい。味も見た目も完璧であります。六本木ヒルズの皆さん、楽しみに待っていてください。A&G DINERは、間違いなく美味しいです。

A&G DINER

表参道で美味しいパン屋と言えば「パンとエスプレッソと」なのです

表参道で美味しいパン屋はと聞かれればデュヌラルテか「パンとエスプレッソと」かと答えます。

デュヌラルテは表参道路面店のGYREと伊勢丹新宿とアクセスの良い所にあるが「パンとエスプレッソと」は表参道の裏通りを外苑方面へかなり行った辺り。足を使った分美味しくなる、という要素もあったりなんかして。

店名「パンとエスプレッソと」の通りイートインが付いていて、夏の早朝にテラス席で食べると爽やか。営業時間は8:00~20:00なので通勤前に寄ってみたい、と思いつつ一度も行けていない。

Zoff x 水原希子 x パンとエスプレッソと

そういえばZoffのCMにも「パンとエスプレッソと」が登場している。表情豊かな水原希子さん。ランニングフォームはアレなので運動はそれほど得意ではないのかな。

「Zoff Running with Q」をかけて、東京の朝をランニングする水原さん。黒猫とじゃれあったり、いつもの神社にお参りしたりと、あちこちを寄り道しながらランニングを楽しんでいる様子。 帰り道に見つけたパン屋の店員さんはなんと、高橋尚子さん。お釣りを届ける高橋さんの力強い走りにご注目ください。

パンとエスプレッソと外観

細い道で交通量も多いのだがとんかつ「まい泉」お洒落カフェ「ロータス」、文房具カフェ、ガレットのル・ブルターニュなどが立ち並ぶ個性的な店が多いエリア。

IMG_3138

「パンとエスプレッソと」のイートイン

席数はそれほど多くないが小じんまりとして落ち着いた店内。

IMG_3133

IMG_3135

パンとエスプレッソとのパンたち

目移りしたのだがプロヴァンスと

プロヴァンスはセイジとタイム、フェンネル、ローズマリーを練り込んだ香り高いパン。明日の朝食に。

さくら / パンとエスプレッソと

特製のさくら餡を香ばしい生地でつつみ、桜の花の塩漬けをのせたもの。塩加減と甘さが絶妙な春の味。

P1100157

あんずとクリームチーズ / パンとエスプレッソと

奥の方のねじられたパンが「あんずとクリームチーズ」。甘酸っぱい杏とクリームチーズをくるみの生地でつつんだもの。爽やかな酸味でした!

P1100158

P1100161

ORANGINA × FIGAROのコラボメニューがkurkku3に登場

「フィガロジャポン」5月号でオランジーナと一緒に楽しみたい、フランスならではの料理を探す特集「オランジーナと巡る、フランス美食の旅。」を展開している。

パリ、コートダジュール、アルザス=ロレーヌの地元の名店からのメニューを表参道ヒルズのkurkku3でも食べられる、という趣向。

「クロックムッシュ」(¥900)、「ニース風サラダ」(¥1200)、「キッシュロレーヌ」(¥800)。すべてオランジーナがセットになっており、追加¥200でカクテルにも変更可能。

クロック・ムッシュー / kurkku3

パリでは、「ブラッスリー・フロット」の看板メニュー、田舎パンを使ったクロック・ムッシューを。オランジーナの控え目な甘さは、エメンタール・チーズのコクやハムの塩気を引き立てて味わいを深める。

ニース風サラダ / kurkku3

コートダジュールの「シェ・ピポ」では、メニューに載っていないニース風サラダを特別に。地中海の新鮮な野菜がふんだんに使われた華やかなサラダは、南仏で育まれたオランジーナと相性抜群

キッシュ・ロレーヌ / kurkku3

アルザス=ロレーヌからは、「オーベルジェ・サンマルタン」の人気メニュー、キッシュ・ロレーヌ。外側のブリゼ生地はカリッ、具を包む卵はしっとりと仕上げるのがポイントだとか。ほのかな苦みが心地いいオランジーナと合わせたい。

ORANGINA × FIGARO × kurkku3概要

「ORANGINA × madame FIGARO japon × kurkku3」
期間:2013年3月18日~24日
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館1F
Tel:03-6438-9603
営)11時~23時30分(月~土)、11時~22時30分(日)
無休
http://www.kurkku.jp/kurkku3

三鷹のPASTAわざや

堺正章の料理番組「チューボーですよ!」では「街の巨匠」ということで今日のメニューを2-3店のシェフが調理するコーナーがあるのだが三鷹のPASTAわざやが登場したようだ。三鷹にいたころ良く行っていたので懐かしかった。

3月16日の「チューボーですよ!」は山田優がゲスト。テーマは和風きのこパスタということで街の巨匠にはダイニングカフェ カメリア・パスタキッチン・PASTA わざやのシェフが出演。

PASTAわざや

PASTAわざやは三鷹駅南口すぐのパスタ専門店。

リトルスター店長宮崎さんのBLOG見てナポリタンを食べに行ってからのファン。もう6年前か…
http://www.miyazaki-asami.com/home/archives/2006/06/26-2310.php

わざやの醤油系のパスタは関東風なんだろうけれど痛いくらいしょっぱくて地方出身の私には辛いのだが、ナポリタンは油がいい感じで絡んでおいしい。

▼具だくさんナポリタン 1100円
DSCN0846

▼ベーコンとなんとかのホワイトスープ。950円。
DSCN0845

▼看板
ランチは大盛り無料なのでお得。
DSCN0848

DSCN0997

DSCN0998

DSCN0996

DSCN0995

多奈加亭 (タナカテイ)は吉祥寺の老舗喫茶店

多奈加亭はスイーツの競合が多い吉祥寺で30年やっている、という古参組。吉祥寺民の人に連れられてお茶してきた。

ケーキはずっしりボリューム感があり軽い昼食並み。店員は多いがバイトさんなのか気付いてもらえないことあり。

でも学生さんのバイト先として連綿と続いているお店、というのもいいものですね。

ザッハトルテと紅茶

みっちり詰まっていて男性でも満足感高そう。
IMG_0240

IMG_0241

IMG_0242

紅茶にこだわりがあるらしく、店内はティーカップがずらっと陳列されている。地震の時は大丈夫だったのだろうか。
IMG_0244

手前のロングテーブル以外にテーブル席も多数ある。
IMG_0245

魚真 吉祥寺店は海鮮が食べたいならおすすめ

魚真は新鮮な魚介が食べたいなら、と連れて行って貰ったお店。渋谷などに3店舗展開している。渋谷のサード魚真は昨年行ったかな。

刺身や焼き魚など魚介類メインな居酒屋。店内は活気があって年齢層も幅広い。自分は魚スキーで夕食全部魚でも良いのでこういう店は歓迎。喫煙可で分煙してないのだけ惜しい。

魚真のメニュー

DSCN4066

刺身の9点盛り

DSCN4073

トロしゃけカマ / 魚真

DSCN4083

ホタテのホイル焼き / 魚真

DSCN4084

DSCN4080

トマトは食べログTOP1000の欧風カレー店

お世話になっている知り合いが誕生日ということでお祝いに美味しいカレーを食べてきた。食べログTOP1000、欧風カレー・シチューの荻窪「トマト」さん。

行列覚悟で平日19時過ぎに行った所5分ほど待つだけで入れてラッキー。他のブログで「平日は予約可」とあるが「今は受けていません」とのこと。ご注意ください。

結論から言うと「俺俺カレーランキングの殿堂入り。でも一回ではわかりません!」
というのは香辛料が色々組み合わさっていて味が複雑だから。辛さは普通ですが食べた後お腹の中が熱くなってくる。食後感はさっぱり。「良いもの食ったー」という感慨が沸く良店。また行く!

「トマト」欧州カレー、シチュー(荻窪)

36種のスパイスを惜しげもなく使った欧風カレー
荻窪の閑静な住宅街に佇む欧風カレー&シチュー専門店。カレーは香味野菜、フォンドボーなどをたっぷり使ったソースに、薬効ある36種類のスパイスをブレンド。じっくりと一週間以上をかけて作りあげる欧風カレーは食材の旨味が凝縮されている。メニューは贅沢に黒毛和牛を使った和牛ビーフジャワカレーが人気。季節の野菜をトッピングすれば、おなじみの野菜に加え、クコの実や銀杏、大根などの具がルーに彩りを添えてくれる。
-和牛ジャワカレー(1,680円)
-仔牛のミルクカレー(1,575円)
-シーフードカレー(2,100円)
-タンカレー(2,100円)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13001113/

荻窪「トマト」料理写真

▼メニュー表
お高いのでどれにするか凄く悩んだ上で選択。

▼仔牛のミルクカレー

▼和風ビーフジャワカレーのルー

▼和風ビーフジャワカレー全景
露出が暗いorz

店舗外観等

荻窪駅から徒歩5分。雑居ビルの一角のこじんまりとした店です。

▼看板

▼店舗外観

▼店内香辛料タワー

ロンカフェ原宿店が4月にオープン!湘南・江の島で人気のフレンチトースト専門店

ロンカフェ原宿店が4月1日にオープンする。場所は原宿の明治通りを一本入ったTHE GREAT BURGERの辺り。

ロンカフェと言えば日本で初めてのフレンチトースト専門店として有名。湘南・江ノ島と清水、白金店があったが白金店が2/28で一時閉店し原宿へ新店舗、という流れ。

追記:オープン中止になったそうです

この度、4月1日よりLONCAFE原宿店をオープンすることになっておりましたが、
皆様にご満足いただけるお店の展開が難しいと判断し、
誠に急ではございますがオープンを見合わせることとなりました。
今後は皆様のニーズに合ったお店作りを熟慮し、ご満足いただけるコンセプトのお店を展開いしたく存じます。
今後も変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。
http://loncafe.jp/

ロンカフェ原宿店

事前に食べログでおさらいするとLONCAFE湘南・江の島店は3.5店と高評価。価格帯は1000円程度で雰囲気、味の評価が高い。江ノ島展望灯の近くにあって遠くに江ノ島マイアミビーチを臨むロケーションも人気のポイントだろう。

カフェカイラが大阪三越伊勢丹に出店中

カフェカイラのパンケーキが関西初上陸!JR大阪三越伊勢丹とじゃらんコラボの「じゃらんご当地グルメフェア」にカフェカイラが目玉として出店。3/6(水)〜3/11(月)、各日提供数限定なので早めにどうぞ。

カフェカイラはパンケーキ人気のカフェでハワイのグルメ賞で金賞を受賞し表参道移転後も日中は行列が続いている。なおカフェカイラが大阪方面に出店という話もあって昨年関西でバイトを募集していたのだが表参道移転を優先して一旦保留(または延期)になっているようだ。

カフェカイラ 大阪三越伊勢丹出展内容

  • 期間:3/6(水)〜3/11(月)
  • 営業時間:10時〜20時(最終日18時終了)
  • 備考:各日10時から整理券を配布。

カフェカイラJR伊勢丹大阪

カイラ・オリジナルパンケーキ トッピング全部のせ 1700円

カフェカイラの名物。大きなパンケーキ3枚にたっぷりフルーツを載せ、ホイップクリームとシロップが添えられている。トッピング全部のせとはイチゴ・バナナ・ブルーベリー・リンゴのカラメリゼ。パンケーキが見えないほどのフルーツの盛りが素晴らしい。

カイラ・オリジナルパンケーキ / カフェカイラ

同じハワイのパンケーキ原宿のエッグスンシングスと比べると、パンケーキ一枚一枚はこちらの方が大きい。エッグスンシングスは大盛りのホイップクリームが特徴だがカフェカイラの方はフルーツ中心ということでヘルシーな感じ。

ハワイのカフェカイラ本店へ行ったことがある人と一緒に行ったのだがボリュームは現地と同じ。1700円という値段もあるが、大皿にこの量なのでシェアして食べるのが前提のメニューだろう。

カイラ・オリジナルパンケーキ

カフェカイラ表参道特集

その他カフェカイラ表参道について書いた記事はこちら。

原宿・表参道エリアは今、日本一のパンケーキの激戦地。他に有名所では最大の席数をもつエッグスンシングス、今年フラッグシップショップをオープンしたbills、吉祥寺にもあるパンケーキデイズなどが挙げられる。カフェカイラは70席ということで待ち時間が減る上エッグスンシングスに次ぐ席数をもつことになる。

表参道店のまとめ

スカイツリー店時代のニュース

カフェカイラとは

そもそもの話。
カフェカイラ(Cafe Kaila)は元教師のカイラさんが始めたハワイのパンケーキ屋でフルーツもりもりのパンケーキが特徴。2011年ハワイのグルメ賞であるハレアイナアワード ベスト朝食賞に輝いた。2001年の受賞店舗を見ると沢山の店舗が選ばれる賞のようだがハワイの地元でも美味しいとされている、という肩書きは強力だ。

実際、現地で食べたことがある人と一緒にスカイツリー店を訪れたがパンケーキのボリュームは本店と同じだと言っていた。

原宿・表参道のパンケーキ事情

原宿・表参道は今、日本一のパンケーキ激戦区となっている。

従来からあったエッグスンシングス原宿店パンケーキデイズ原宿店外苑前の香咲、キャットストリートのuzna omom(ウズナ オムオム)に加え4月に相次いでオープンしたレインポーパンケーキ、東急プラザ表参道原宿最上階に旗艦店を構えた“世界一の朝食” bills表参道店、そして今月オープンした逗子のSUNDAY JAM。いずれもメディアに取り上げられた人気店ばかりだ。billsとSUNDAY JAMは徒歩5分の至近距離で両方トランジットジェネラルオフィス運営ということで意図的に「原宿・表参道エリアはパンケーキのメッカ」という戦略で密集させているものと思われる。

そして「開店即行列打ち切りの人気店」という実績を引っさげてカフェカイラ表参道、というわけだ。

原宿・東京の有名パンケーキ店訪問記

パンケーキ記事が増えたので「原宿パンケーキ速報」というサイトに独立させました。

原宿・表参道は今、日本一のパンケーキ激戦区となっている。

従来からあったエッグスンシングス原宿店パンケーキデイズ原宿店外苑前の香咲、キャットストリートのuzna omom(ウズナ オムオム)に加え4月に相次いでオープンしたレインポーパンケーキ、東急プラザ表参道原宿最上階に旗艦店を構えた“世界一の朝食” bills表参道店、そして今月オープンした逗子のSUNDAY JAM。いずれもメディアに取り上げられた人気店ばかりだ。billsとSUNDAY JAMは徒歩5分の至近距離で両方トランジットジェネラルオフィス運営ということで意図的に「原宿・表参道エリアはパンケーキのメッカ」という戦略で密集させているものと思われる。

そして「開店即行列打ち切りの人気店」という実績を引っさげてカフェカイラ表参道、というわけだ。原宿・表参道を扱う当サイトではそれらを含め東京の有名パンケーキを制覇すべく食べ歩いているので参考にして欲しい。

  • みじんこのパンケーキ

    東京最強のパンケーキ10選

    2012年40店舗=週一以上食べ歩いた@hara19jpがセレクトした最強のパンケーキたち。みじんこ、#A、ミモザ、ピノキオ、帝国ホテル、VoiVoi、ニューオータニSATSUKI、San Francisco Peaks、リトルツリー。

メディアで人気のパンケーキ

最近TVで良く取り上げられているのは次の4店。「大島優子がお気に入り」のエッグスンシングス、「The Timesで世界一の朝食と評されブラッド・ピットらセレブの常連も多い」bills、「ハワイで一番おいしい朝食」カフェカイラ、「NYの朝食の女王」サラベスとキャッチコピーが付いている。

  • エッグスンシングスのパンケーキ

    エッグスンシングス原宿店

    ハワイの人気パンケーキ店エッグスンシングスのフランチャイズ店で108席と原宿でも最大規模ながら行列が途切れない。山盛りのホイップクリームを乗せたパンケーキが若い人に人気。

  • billsのパンケーキ

    bills表参道店

    原宿神宮前交差点のGAP跡にできた東急プラザ。その最上階にフラッグシップショップとしてオープンしたのがbills表参道店。リコッタチーズパンケーキは終日注文できる。

  • カフェカイラの特製パンケーキフルーツトッピング全部盛り

    カフェカイラ表参道店

    カフェカイラはスカイツリー近くにオープンしたパンケーキ店。ハワイ一の朝食を受賞したこともあるという触れ込みで3枚重ねのパンケーキにフレッシュフルーツがたっぷりのへルシーさが売り。2012年12月に表参道への移転した。

  • サラベスのリコッタチーズパンケーキ

    サラベス新宿

    「NYの朝食の女王」と鳴り物入りで登場。新宿ルミネ2階にあるオーガニック志向のレストラン。リコッタチーズパンケーキやボイルドエッグが人気。

ホテル系パンケーキ

1950年代から半世紀に渡り提供されてきた帝国ホテルのパンケーキ。月2000食出るホテルニューオータニのパンケーキなど伝統と格式のパンケーキは侮れない。

▼編集に関わりました。