「俺のフレンチ」カテゴリーアーカイブ

「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」はほぼ全店が食べログTOP5000にランクインと人気店だ。「俺のフレンチ」は業界に高級フレンチの価格破壊を起こして注目されている。

俺のフレンチ・イタリアンが青山Aoにオープン。牛フィレ、オマール海老一匹丸ごと食べて一人4000円!

俺のフレンチ・イタリアンAoyamaがグランドオープンした。青山通りの商業ビルAoの1階奥。90席近くと<俺の>シリーズ最大の店舗で関東では初となるフレンチ・イタリアン併設業態。シェフには俺のフレンチの看板、能勢シェフらが着任。予約1巡目に入れたので俺のフレンチ銀座などでは限定のオマール海老のローストや牛フィレとフォアグラのロッシーニなど看板メニューを早速レポート。

俺のフレンチと言えば予約が取れないことで有名で地元民的には行列具合や混雑具合が今後どうなるか気になる所。「俺のフレンチ・俺のイタリアン特集」で追っていく予定だ。

▼このボリュームの牛フィレに溢れるほどフォアグラが乗って1280円。行くしかない。
牛フィレとフォアグラのロッシーニ 〜トリュフソース〜

俺のフレンチ・イタリアンAoyamaを率いるのは能勢シェフ、飯田シェフ、橋本シェフ

能勢シェフはTVでもお馴染み、俺のフレンチの顔。TVの取材スタッフが入っていたのでまた番組で取り上げられるようだ。能勢シェフはシェ・松尾 松涛レストランの総料理長、飯田夢崇シェフはジュエル・ロブション、橋本改シェフはミシュラン一ツ星を獲得した「FARO資生堂」で料理長を務めるなど実績のあるスターシェフ。

彼ら高級料理店であっても不景気の波には逆らえず例えば海老だったら1匹じゃなくて半分、みたいな経費節減が求められていた中で俺のフレンチでは価格は半分、2倍のボリュームをベースに料理が提供されている。存分に腕をふるえる、という訳だ。
俺のフレンチ・イタリアンを率いる能勢シェフ、飯田シェフ

シャンパンで乾杯

オープン記念で安いそうでまずはシャンパンでしょう。俺のフレンチ系はお酒も定価+900円でお得。ワインは3000円代〜豊富に用意されているのでどうぞ。
シャンパンで乾杯

フランス・ランド産鴨のフォアグラ ガトーオペラ仕立て トリュフ風味

まずは見た目が面白い一品。鴨のフォアグラのムースをケーキのガトーオペラ風にしたもの。
フランス・ランド産鴨のフォアグラ ガトーオペラ仕立て トリュフ風味

三浦より 朝採れ野菜と甘エビの生ハムゼリー寄せ

俺のフレンチ・イタリアンに来るとどうしてもメイン系の肉が多くなってしまうので野菜も頼んでみた。甘エビの量は普通だが彩り豊かな一品。
三浦より 朝採れ野菜と甘エビの生ハムゼリー寄せ

賑わう俺のフレンチ・イタリアンAoyama店内

オープン30分もたつとこのにぎわい。能勢シェフは以前客の反応が直に見られるのが嬉しい、と答えていたが俺のフレンチ・イタリアンAoyamaはオープンキッチンとなっておりシェフにとっても充実感が得られる作りになっている。
賑わう俺のフレンチ・イタリアンAoyama店内

トリュフとフォアグラのリゾット

またフォアグラ!!リゾットを食べたかったからしかたない。少し固めに炊かれた米粒の触感が嬉しい。
トリュフとフォアグラのリゾット

スペシャルピザ トリュフとボルチーニのビスマルク

フレンチ・イタリアン併設店ということでどちらのメニューも頼める。俺のイタリアンおすすめだそうなので半熟卵がのっているピザ=ビスマルクを。表面の黒いものは焦げじゃなくてトリュフを削ったもの。香りが鼻先をくすぐるピザでメンバーにも好評だった。
スペシャルピザ トリュフとボルチーニのビスマルク

メニュー

量が多いので列挙しないがクリックすれば拡大されるので事前の予習にご活用ください。
メニュー

オマール海老のロースト 〜貴腐ワインソース〜

TVで見かけていつかはと思っていたオマール海老のロースト。毎日限定15食?だったかな。16時開店だから絶対頼めないじゃん…と思っていたのだがとうとう頼むことができた。

オマール海老=ロブスターだがオマールエビ(エビ)の通販 – 価格.comで見るとわかるように末端価格だと1匹1000円以上する。これが1280円なので利益出てないかあえて赤字で提供していると思われる。
オマール海老のロースト 〜貴腐ワインソース〜

オマール海老のロースト 〜貴腐ワインソース〜

オマール海老はハサミに立派な肉が詰まっておるのだね、ということを学んだ。伊勢海老よりしっかりした感じの身だった気がする。
オマール海老のロースト 〜貴腐ワインソース〜

牛フィレとフォアグラのロッシーニ 〜トリュフソース〜

俺のフレンチ銀座で何回か食べているのだが初めての人と行くので毎回頼んでいる牛フィレとフォアグラのロッシーニ。見た目も味もバッチリで「今日食べた中では一番美味しかった」との感想を貰った。
牛フィレとフォアグラのロッシーニ 〜トリュフソース〜

牛フィレの断面

フォアグラに目がいきがちだけれども牛フィレは厚み4cm近くあってミディアムレアな火入れも完璧。これ牛フィレだけでも3000円は取れるでしょうね。
牛フィレの断面

トマトのムース 雲丹とキャビアのジュレ寄せ

スペシャリテのメニューの中ではさわやか系なのがトマトのムース 雲丹とキャビアのジュレ寄せ。大きめのグラスにたっぷり入っていて3-4人でシェアするくらいでよいのでは。
トマトのムース 雲丹とキャビアのジュレ寄せ

俺のフレンチ・イタリアンAoyamaではデザートを頼む余裕を残すべし!

これは強調しておきたい。俺のフレンチ・イタリアンAoyamaではデザートを頼んで欲しい。レストランのデザートって値段の割には大したことがないものが多いんだけれども「俺の初物語」とか「ロールなモンブラン」とかふざけた名前でありながら本格的だから。

俺の初物語

名前はアレだがスイーツコンテストで準グランプリを獲得したメニューだそうでビジュアルが凝っている。柑橘系を模しているようなので爽やかさと初恋の甘酸っぱさを表現しているのだろうか。
俺の初物語

ロールなモンブラン

一番ウケが良かったのがこちらのモンブラン。大分縦長なので小さく見えるが結構ボリューミー。
ロールなモンブラン

俺のジェラート(チョコレート)

最高級ベルギーチョコレートを使用したジェラートでケチケチしていないのが気持ちいい。
俺のジェラート(チョコレート)

お会計は4人で16737円!

あまりお酒を飲まないメンバーだったとはいえ5000円くらいかなーと思っていたので一人当たり4200円にはちょっとびっくり。普通に飲み会行くより安い。価格は半分、2倍のボリュームのポリシーは半端なかった!!
レシート

俺のフレンチ・イタリアンが青山Aoに10/12オープン!

「俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA」が青山Ao<アオ>に10/12オープンする。快進撃を続ける〈俺の〉シリーズ史上、最大店舗で「俺のフレンチ」と「俺のイタリアン」が同居する業態。「俺のフレンチ」と言えば有名店出身のシェフが2倍の量を半分の価格、つまり4倍のコスパで提供するビジネスモデルで話題となりメディア露出も多い。

オープン初日に早速行ってきた訪問記事はこちら!限定メニューで早い回以外では食べられない看板メニュー「オマール海老のロースト」もいただけました。
[box type=”note” style=”rounded” border=”full”]俺のフレンチ・イタリアンが青山Aoにオープン。牛フィレ、オマール海老一匹丸ごと食べて一人4000円!![/box]

俺のフレンチのビジネスモデル

「俺の株式会社」の創業者坂本 孝さんはBOOK OFF創業者として知られる。「俺のフレンチ」では普通の高級レストランなら万単位のフレンチが客単価3000円程度で提供という価格破壊を行っている(客単価は2012年当時)。

  • シェ松尾の総料理長経験者やロブションなど有名店出身の有名シェフが複数人在籍
  • シェ松尾・松濤レストランのアラカルトで1万5000円で提供されていた牛フィレ肉のロッシーニが、『俺のフレンチ GINZA』では、ボリュームアップした上で1280円で提供
  • 活きオマールのローストも1280円。これも能勢シェフのスペシャリテで、一匹のオマールを真っ二つに割ったものに貴腐ワインを贅沢に使ったソースがかけられている。シェ松尾時代は半身だけが提供されていたそうだが、ここではボリュームは2倍ということになる。

なぜそんな低価格が可能なのか?秘訣はとにかく稼働率を上げることにある。高級店レストランでは一日一回転しないこともあるのに俺のフレンチでは2時間制で3-4回転させることができる。客席も立席が半数以上だ。

▼これが「牛ヒレとフォワグラのロッシーニ」の現物。本当に1280円。
牛ヒレとフォワグラのロッシーニ

青山Aoに「俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA」オープン告知が!!

フレンチとイタリアンが併記されているが店舗名は「俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA」。10月12日(土)オープン。場所は昨年閉店したDONQ (ドンク)青山店(オープン当時のプレスリリース)。路面店ではなく場所は悪いが「俺のフレンチ」の名前を持ってすれば集客は問題無いだろう。
Aoの「俺のフレンチ・イタリアン」オープン告知

準備が進む「俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA」

用事でAoを覗いたら既に「俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA」の看板が出ていた。元のDONQは40席くらいだったと思うが立席+写真手前のソファ&テーブル席の構成で席数を増やすものを思われる。一番奥はオープンキッチンなので既存店より「有名シェフの顔が見られる」俺のフレンチになると思われる。
俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA店内

[box type=”note” style=”rounded” border=”full”]俺のフレンチ・イタリアンが青山Aoにオープン。牛フィレ、オマール海老一匹丸ごと食べて一人4000円!![/box]

俺のフレンチ関係の過去記事

昨年の恵比寿に始まり結構行っている。俺の割烹の伊勢海老やアワビの料理写真もあるのだが追って記事にしたい。

立席でフレンチなんて、という声があるのは知っているが予約した場合テーブル席になるのでおすすめ。

▼俺の割烹で出てきた伊勢海老。1匹分出てきて1000円台。
俺の割烹で食べた伊勢海老

原価率驚異の95%?!俺のフレンチ銀座でスペシャリテ「牛ヒレとフォアグラのロッシーニ」をいただく

今日は2月9日、肉の日。大木屋の「肉のエアーズロック」も立派なものだが俺のフレンチの「牛ヒレとフォアグラのロッシーニ」も肉の日に名乗りを上げて良い一品。

「俺のフレンチ」は数万円クラスの高級フレンチを客単価3000円程度で提供するという価格破壊で話題の人気店。「俺のイタリア」「俺のやきとり」、3月に「俺の割烹」を展開するなど元気がある。「牛ヒレとフォアグラのロッシーニ」は原価率95%超えらしくマストな一品。

街の中心部から離れた所に店を構えて初期投資を抑え、立ち飲みで回転率を上げる。「俺のフレンチGINZA」の能勢シェフがアイアンシェフに出るなど星クラスの有名店出身のスターシェフで客を呼ぶメディア戦略も上手。

経営戦略上立ち飲み席がメインだが少数カウンター席やテーブル席があって予約できるとそこに通される。

俺のフレンチGINZAの行列具合

俺のフレンチ銀座のオープン直後の人だかり具合。たまたま今日も通りがかったので。16時から20時くらいまでこの行列が続く。立ち飲みは90分、テーブル席は2時間の時間制限制(だったかな)。立ち飲みで2時間も3時間も食べ続けられないので問題ないと思います。
俺のフレンチ銀座のオープン直後の行列

俺のフレンチ銀座店のメニュー

「活オマールのロースト」を食べたかったのだけれど、20時ではもう売り切れていた。普通半分で数倍の値段で出てくるものが1匹丸ごといただける、と聞いている。代わりに、予約客限定で「舌平目のスフレ」があるということでそちらを。

能勢シェフのスペシャリテ。有名なのはサーロインと並ぶ最高部位「牛ヒレとフォアグラのロッシーニ」。いずれも1280円〜1500円と頼みやすいお値段。

  • ウニとトマトのムースジュレ寄せキャビアをのせて
  • 鴨のオレンジ風味 ヴァガラードソース
  • 活オマールのロースト
  • 牛ヒレとフォアグラのロッシーニ トリュフソース

舌平目と牛ヒレを頼むと、魚、肉が埋まるので逆算で前菜、お安いのでもう一二品メインを…と考えて。今回は

  • ニース風ラタトゥユ
  • サーモンマリネとクリームチーズ
  • ウニとトマトのムースジュレ
  • 舌平目のスフレ
  • 牛ヒレとフォアグラのロッシーニ トリュフソース
  • 岩中豚スペアリブ マロンの煮込みプラム添え

肉の日ということで「仔羊のロースト」を頼みたかったのだが2人では厳しいですよ、と店員に止められ。後で隣のテーブルに来た仔羊を見たらストウブの鍋から頭が覗くサイズだったので4人で一つくらいが良さそう。

俺のフレンチ銀座のメニュー

ニース風ラタトゥユ

普通に美味しい。冷前菜はすぐ出てくるのでメインで一種までのつなぎに。

ニース風タラトゥユ

舌平目のスフレ

こんな宇宙怪獣、ウルトラマンに出て来ませんでしたっけ?子供の落書きが実体化しちゃったような奴。舌平目、文字通り平たい平目をこれだけ立体的な料理にしたのは見事。

舌平目のスフレ

スフレの断面はこんな感じ。
スフレの断面

サーモンマリネとクリームチーズ

サーモンのマリネはどこでも食べられるがここのサーモンは身が厚い。これに限らず俺のフレンチは全般に原価かかっている。
サーモンマリネとクリームチーズ

ウニとトマトのムースジュレ寄せキャビアを乗せて

だんだん豪華になってまいりました。ウニにキャビアが両方。写真ではわからないがトマトのムースジュレの滑らかさが良かった。ボリュームあるので2人で楽しめる。

ウニとトマトのムースジュレ寄せキャビアを乗せて

牛ヒレとフォアグラのロッシーニ

そしていらっしゃいました能勢シェフのスペシャリテ。4-5cmの牛ヒレだけでも凄いのに肉からはみ出すフォアグラですよ。これが1280円とは信じられない。

牛ヒレとフォアグラのロッシーニ

裏から見ると標高がわかる。
牛ヒレとフォアグラのロッシーニの標高

ミディアムレアだが牛ヒレならではの柔らかさで食べやすい。フォアグラをたっぷり乗せていただきましょう。
牛ヒレとフォアグラのロッシーニの断面

岩中豚のスペアリブ マロンの煮込み プラム添え

食べきれるかお腹と相談しながらもう一品肉料理を。マロンソースが美味しいと聞いて。

岩中豚のスペアリブ

これは…4cm級の断崖絶壁!ホロホロと崩れて他の店ならメインでいただいて良いメニューでしょうね!

岩中豚のスペアリブの全景

俺のフレンチとは

「俺のフレンチ」は業界に革命を起こしていると言われている。
高級フレンチの価格破壊を行い普通の高級レストランなら万単位確実なのに俺のフレンチの客単価は3000円程度なのだ。

日経トレンディの記事から抜粋するとこんな感じ。

  • シェ松尾の総料理長経験者やロブションなど有名店出身の有名シェフが複数人在籍
  • シェ松尾・松濤レストランのアラカルトで1万5000円で提供されていた牛フィレ肉のロッシーニが、『俺のフレンチ GINZA』では、ボリュームアップした上で1280円で提供
  • 活きオマールのローストも1280円。これも能勢シェフのスペシャリテで、一匹のオマールを真っ二つに割ったものに貴腐ワインを贅沢に使ったソースがかけられている。シェ松尾時代は半身だけが提供されていたそうだが、ここではボリュームは2倍ということになる。

俺のフレンチではなぜそんな低価格が可能なのか?秘訣はとにかく稼働率を上げることにある。高級店レストランでは一日一回転しないこともあるのに俺のフレンチでは2時間制で3-4回転させることができる。客席も立席が半数以上だ。

内装や給料など料理以外の要素で高くなっていた部分が、これで一気に改善される、というわけだ。

俺の割烹 銀座オープン迫る!

「俺の割烹」がオープンする。あの「俺のフレンチ」新業態「俺の割烹」。

おそらく明日のガイアの夜明けで発表されるのが「俺の割烹」。前回登場した際は俺のフレンチを全国に知らしめた特集だ。

和食への進出については2012年11月の日経トレンディの記事が詳しい。ブックオフ創業者でバリュークリエイト社長坂本氏の話が抜群に面白い。

ミシュラン店クラスのシェフの人数は限られているから「俺のフレンチ」を1000店は展開できない、となった時に次の業態をどうするか。中華料理も検討したが低価格の店が多く価格破壊の競争力が無い、という所でギャップに目を付けたのが高級割烹、という話。きっと「ガイアの夜明け」で語られるのではないか。

ガイアの夜明け放送内容

半年前の放送後を振り返る内容から開始。江口洋介が俺のフレンチを再訪。満席から3回転を想定していたが4回転している。フォアグラ、オマールエビが途切れてしまうほどの人気。最近は「俺のやきとり」を始めたが今度は俺のフレンチの目と鼻の先に「俺の割烹」をオープンする。107席と俺のフレンチの3倍に。

コンセプトは高級料亭の味を割烹の気軽さで。

日本の食事は和食が8割。市場として制覇したい、と坂本氏は語る。料理長は「銀座しまだ」の島田氏。もう一人のスターシェフとして菊乃井の支店を任されていた小野山氏を引きぬいた。

俺の割烹の看板メニュー対決

バリュークリエイト社長としては2枚看板にしたかった。ライバル同士が高め合うことが狙い。

その事例として新メニューの試食会が放送された。「フォーシーズンズホテル」で総料理長を務めた飯田卓也氏の新作、焼きおにぎり、短角牛のフィレステーキ、フォアグラ、目玉焼きなど5つを重ねた料理を披露。しかし能勢和秀シェフらから酷評を受ける。このスターシェフの梁山泊的競争が他に負けない料理を作る、と自負。

小野山氏と島田氏は看板メニューづくりで対決。
島田氏はは鯛しゃぶにはまぐりの出汁で作ったジュレをかける「鳴門鯛のしゃぶしゃぶ」予定価格は1000円。得意の京料理で勝負したい小野山氏は「京野菜のしゃぶしゃぶ」。坂本社長は両方を採用。「小野山風、としたらどうだ」とプライドを立てる。

俺のやきとりでも高級料亭の料理が出る

俺のやきとり、先週行って来たがあれも席数は50席以上あって大規模店を志向しているのだなと思う。料理もやきとりだけじゃなくて料亭の和食が充実している。

P1080443

P1080452

銀座の立ち飲み割烹「銀座しまだ」は俺の割烹のプロトタイプ店だった

立ち飲みの割烹で食べログ4点と高評価の「銀座しまだ」は俺のフレンチ・俺のイタリアンを展開するバリュークリエイトが運営している。星を取った有名店のシェフが目玉で、立ち飲みという形式は俺のフレンチ・イタリアンと共通している。

京都の和食の至宝ミシュラン二つ星店、世界の五つ星ホテルの頂点ラッフルズ、ミシュラン三つ星店などで22年間腕を磨きあげた島田博司が、人生の集大成として精魂こめて作り上げたお店です。(食べログより)

銀座の割烹「銀座おかもと」もバリュークリエイト系列店

俺のフレンチ系でもミシュランを狙う、と打ち上げた店舗があるが同じように俺の割烹系列でも星を狙いに行く気概が見える。こちらは食べログ4点でミシュランの星2つ。12席の高級懐石料理。お任せのコースで2万1千円から。一流シェフの領地を時間をかけて堪能できる。銀座しまだとは違って立ち飲み割烹ではない。

料理を「芸術」として扱う世界の名店3店舗で22年。その頂点に登りつめた岡本英嗣が、すべてを捨てて、もう一度初心に帰り、時代を超えた不朽の名店作りに敢えてリスクを取って挑戦いたします。 京都が誇る和の和久傳「ミシュラン2つ星」の料理長、東京でも世界最高峰ミシュラン3つ星の麻布幸村の料理長にまで登りつめた匠が、満を持して、「銀座おかもと」を開店させていただきました。(食べログより)

俺のフレンチ系が価格を半分、量を倍にしているように、和食でも価格破壊を行っている。

おまかせコースで1人2万円と聞くと高く感じるが、ミシュラン3つ星クラスの店で3万5000円~4万円はするコース料理が2万円で食べられると考えれば価格破壊といえる。(日経トレンディ)

と言っても2万円は一般向けではない。

単に客単価数千円の店を出して安い=大衆割烹のイメージにならないよう先行店で「食べログで高評価の店」「宣伝なしでも予約途切れず」の好イメージ作りを先行させているのではと思う。

価格破壊レストランが「高級割烹」進出! 目標は“立ち飲みでミシュラン” – トレンド – 日経トレンディネット

低迷が続く飲食業界の新しいビジネスモデルとして注目が高まるなか、同店を経営するバリュークリエイトは、いよいよ和食に進出することを発表。立ち食いの高級和食店「俺の割烹」を2013年早々から銀座にオープンさせるという。しかもこれまでの小規模な系列店とは違い、席数100を超える大型店となる予定だ。同社では1日に3回転させるとして、300人以上の来客を見込んでいる。 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20121122/1045717/

俺のフレンチとは

「俺のフレンチ」は業界に革命を起こしていると言われている。
高級フレンチの価格破壊を行い普通の高級レストランなら万単位確実なのに俺のフレンチの客単価は3000円程度なのだ。

日経トレンディの記事から抜粋するとこんな感じ。

  • シェ松尾の総料理長経験者やロブションなど有名店出身の有名シェフが複数人在籍
  • シェ松尾・松濤レストランのアラカルトで1万5000円で提供されていた牛フィレ肉のロッシーニが、『俺のフレンチ GINZA』では、ボリュームアップした上で1280円で提供
  • 活きオマールのローストも1280円。これも能勢シェフのスペシャリテで、一匹のオマールを真っ二つに割ったものに貴腐ワインを贅沢に使ったソースがかけられている。シェ松尾時代は半身だけが提供されていたそうだが、ここではボリュームは2倍ということになる。

俺のフレンチではなぜそんな低価格が可能なのか?秘訣はとにかく稼働率を上げることにある。高級店レストランでは一日一回転しないこともあるのに俺のフレンチでは2時間制で3-4回転させることができる。客席も立席が半数以上だ。

内装や給料など料理以外の要素で高くなっていた部分が、これで一気に改善される、というわけだ。

俺のイタリアン銀座

昨年大人気だった俺のフレンチ・俺のイタリアン シリーズ。その俺のイタリアン銀座の予約が取れたので行って来た。なかなか人気で予約の電話もつながらないのだ。

俺のイタリアン(本店)と俺のイタリアンGINZA店と

待ち合わせしていたのに、場所を間違えてしまった。俺のイタリアンは新橋本店、東京八重洲、新橋ANNEX、神谷町、銀座と店舗を構えているのだが新橋・銀座エリアには3店あったのだ!「俺のイタリアン」と「俺のイタリアンGINZA」「俺のイタリアン marche」は新橋駅を挟んだ両側にある。

俺のイタリアン外観

外見だけ見るとただの立ち飲みに見えるがシェフはパリの三つ星3店で修行しフランス日本大使館で大使付きシェフを務めた輝かしい経歴の鈴木一光氏。大使館付きシェフということで日本大使館が会食で出していた料理レベルをいただける、ということに。
俺のイタリアンのシェフ

俺のイタリアンGINZAの外観

今回予約していたのはこちらの「俺のイタリアンGINZA」。外まで立ち飲み客が溢れる光景はTVでも良く流れている絵ですね。
俺のイタリアンの外観

40席ほどで4席が3-4個、2人席が3-4個、後は立ち飲み席。
俺のイタリアン店内

俺のイタリアン銀座のメニュー

見た感じ張り紙で出されているスペシャリテなどもある様子。20時からの予約だったので結構売り切れてしまっていて人気っぷりが凄い。俺のフレンチ恵比寿ではメインを片っ端から頼むとかできたので甘く見ていた。

ピザ

普通のピザが580円、トリュフ入りでも980円!居酒屋でも580円より高いところもあるのに。

  • Pizza マルゲリータなどのピザが各580円
  • ビスマルクロッソ ベーコン、ほうれん草、マッシュルーム、卵、トマトソースのピザ。 680円
  • トリュフとボルチーニのビスマルクピッツァ 980円

冷菜  / 俺のイタリアン銀座のメニュー

パルマ産生ハムや鴨の燻製、彩り野菜のバーニャカウダなども580円〜680円と気軽な価格設定。

温菜  / 俺のイタリアン銀座のメニュー

好物のアヒージョも580円!どんどん頼める!

  • ポテトアンチョビ 380円
  • フォアグラコロッケ 580円
  • 海老のアヒージョ 580円
  • ほうれん草と生ハムのキッシュ 580円
  • ムール貝とエビの白ワイン蒸し 580円
  • トリュフとボルチーニのフリッタータ(イタリア風オムレツ) 580円
  • 自家製サルシッチャ(イタリア風ソーセージ) 580円

メイン / 俺のイタリアン銀座のメニュー

確か注文する端から売り切れいて「あるのは何?」という感じになっていた。予約が取れたことで安心してしまっていたが、もっと早い時間にすべきだったかもしれない。牛肉のミルフィーユとか聞いただけで美味しそう。

  • ムースを巻いた鴨のロースト〜トランペット茸クリーム〜 880円
  • ホロホロ鳥のフォアグラ詰めロースト 1100円
  • 子羊のカレークリーム煮〜ポレンタ添え〜 880円
  • フォアグラと和牛のハンバーグ仕立て〜酸味の効いたソースで〜 950円
  • 牛肉のミルフィーユ フォアグラのせ〜バルサミコソース 1100円

パスタ・ペンネ・リゾット / 俺のイタリアン銀座のメニュー

うわーペペロンチーノは好物だしワタリガニのトマトクリームパスタは間違いないしカルボナーラもリゾットも美味しそうだし全部端から行きたいラインナップ。フォアグラのリゾット食べたかったなあ(売り切れ)。

  • ペペロンチーノ 580円
  • ペンネ アラビアータ 580円
  • ワタリガニのトマトクリームパスタ 780円
  • トリュフとボルチーニのカルボナーラ 890円
  • トリュフとフォアグラのリゾット 1100円
ちなみにワイン類も儲け出す気が無いんじゃないかというくらい安い。ボトル1200円から。

俺のイタリアンのメニュー

マルゲリータ / 俺のイタリアン銀座

イタリアンときたらマルゲリータでしょ!ということでまずは頼んでみた。ぐつぐつですよぐつぐつ。「こんなに旨いマルゲリータ食べたこと無い」という声も聞いたことが。

ピザ / 俺のイタリアン

エビのアヒージョ / 俺のイタリアン

アヒージョなら何個でも行けます。パンを浸るのも絶品。
アヒージョ / 俺のイタリアン

子羊のカレークリーム煮〜ポレンタ添え〜

今回の中では一番メインっぽい料理。ほろほろに煮込んだ子羊のカレークリーム煮。いいアングルでしょう?

子羊のカレー煮込み

暗すぎて撮れない気がしたので取り分けてみた所。手前の赤い物体が「ポレンタ」。そばがき的なものでトウモロコシの粉が材料。

子羊のカレー煮込み

メニュー名思い出せない春巻き風の一品。
中華風 / 俺のイタリアン

ワタリガニのトマトクリームパスタ / 俺のフレンチ

見てわかるように大皿でボリューミー。

パスタ / 俺のイタリアン

俺のフレンチとは

「俺のフレンチ」は業界に革命を起こしていると言われている。
高級フレンチの価格破壊を行い普通の高級レストランなら万単位確実なのに俺のフレンチの客単価は3000円程度なのだ。

日経トレンディの記事から抜粋するとこんな感じ。

  • シェ松尾の総料理長経験者やロブションなど有名店出身の有名シェフが複数人在籍
  • シェ松尾・松濤レストランのアラカルトで1万5000円で提供されていた牛フィレ肉のロッシーニが、『俺のフレンチ GINZA』では、ボリュームアップした上で1280円で提供
  • 活きオマールのローストも1280円。これも能勢シェフのスペシャリテで、一匹のオマールを真っ二つに割ったものに貴腐ワインを贅沢に使ったソースがかけられている。シェ松尾時代は半身だけが提供されていたそうだが、ここではボリュームは2倍ということになる。

俺のフレンチではなぜそんな低価格が可能なのか?秘訣はとにかく稼働率を上げることにある。高級店レストランでは一日一回転しないこともあるのに俺のフレンチでは2時間制で3-4回転させることができる。客席も立席が半数以上だ。

内装や給料など料理以外の要素で高くなっていた部分が、これで一気に改善される、というわけだ。

俺のやきとり、やきとりも和食もいいね

俺のやきとり訪問記。次は蒲田!高級フレンチの価格破壊で業界に旋風を巻き起こしている俺のイタリアン/俺のフレンチ。今度は蒲田に「俺のやきとり」がオープンした。

「俺のやきとり」

場所はJR蒲田と京急蒲田の中間の飲食店が立ち並ぶ一角。甲嶋建造氏についてはネット上に情報が無いが「紀尾井町 福田家」はミシュランにも掲載されたことがある芸者遊びのできる高級料亭。まあそんな所の料理人が参戦するには金額以上の魅力があったのでしょう。

福田家 – 1939年(昭和14年)東京虎ノ門にて割烹旅館として開業。北大路魯山人と縁が深く、その「美」と「味」の調和をテーマにしている。1945年(昭和20年)に現在の紀尾井町へ移築。当時は川端康成、湯川秀樹、イサム・ノグチら文化人が定宿としていた。1995年(平成7年)に料亭として改装。2007年(平成19年)から発行されたミシュラン東京版において三年連続で二ツ星を獲得した。(Wikipedia)

俺のやきとり外観

後で書く。
IMG_1569

メニュー / 俺のやきとり

IMG_1570

IMG_1572

IMG_1575

IMG_1577

テーブル席 / 俺のやきとり

P1080438

IMG_1580

刺身5点盛り

P1080434

P1080436

P1080440

P1080442

P1080444

P1080452

P1080453

P1080455

P1080456

P1080460

俺のフレンチとは

「俺のフレンチ」は業界に革命を起こしていると言われている。
高級フレンチの価格破壊を行い普通の高級レストランなら万単位確実なのに俺のフレンチの客単価は3000円程度なのだ。

日経トレンディの記事から抜粋するとこんな感じ。

  • シェ松尾の総料理長経験者やロブションなど有名店出身の有名シェフが複数人在籍
  • シェ松尾・松濤レストランのアラカルトで1万5000円で提供されていた牛フィレ肉のロッシーニが、『俺のフレンチ GINZA』では、ボリュームアップした上で1280円で提供
  • 活きオマールのローストも1280円。これも能勢シェフのスペシャリテで、一匹のオマールを真っ二つに割ったものに貴腐ワインを贅沢に使ったソースがかけられている。シェ松尾時代は半身だけが提供されていたそうだが、ここではボリュームは2倍ということになる。

俺のフレンチではなぜそんな低価格が可能なのか?秘訣はとにかく稼働率を上げることにある。高級店レストランでは一日一回転しないこともあるのに俺のフレンチでは2時間制で3-4回転させることができる。客席も立席が半数以上だ。

内装や給料など料理以外の要素で高くなっていた部分が、これで一気に改善される、というわけだ。

食べログ一強時代にグルメブロガーの生き残る道またはTV番組放映前にGoogle一位を取って1万PVを稼ぐ方法

食べログ一強時代にグルメブロガーの生き残る道、を最近真剣に考えています。その回答の一つとして飲食店がTVに取り上げられるのを事前に察知し、意図的に検索結果の一位を取ってアクセスを稼ぐ、という手法を公開します。具体的には「俺のフレンチ 恵比寿」でGoogle一位を取ってTV放送にぶつけた所2日で1万PV稼げました。

背景

なぜこのような飛び道具が必要になるかというと、状況が変わった。Googleのアルゴリズム変更によりWinnerTakeAllの傾向が強まりグルメ分野で言えば食べログ、公式サイト、公式ブログがあると検索一ページ目に個人ブログが入ることが難しくなりました。これは大打撃!

直近のGoogleのアルゴリズム変更でパンダアップデートの影でもう一つ大きな変更がありました。一ドメインから検索結果に4ページまで、という縛りがなくなり無限に、そう無限に同じドメインのページが表示されるようになりました。

SEOのテクニカルな話に興味がある方は一ドメインから4個だった時代一ドメインから無限に表示される時代辺りをご覧いただきたく。後者リンク先の画像を見てもらうとわかるがGoogleで中途半端な順位にいたページは食べログとかに押し流されて実質上検索結果に俺のサイトが出てこない!みたいな状況になったのです。

戦略

hara19.jpは開設2年、原宿・表参道ネタを中心に700記事、260万PVとちゃんとコンテンツあるサイトでもそうなっている訳です。食べログに個人が正面からぶつかっても玉砕するだけなので「じゃあ食べログや公式サイトが弱いお店にパワーを集中投下してGoogle一位をgetすればいいのでないか」と考えてみました。

具体的には「話題店だけどオープン直後でまだ口コミがついてなくてメディアでも取り上げられるような店」を狙うべきです。その結果がこちら。先週テレ朝「ガイアの夜明け」で取り上げられた「俺のフレンチ」恵比寿店。高給フレンチが客単価3000円で食べられるという価格破壊で話題のチェーンです。当日のアクセスグラフ見てもらうと22時の俺のガイア放送時に2500PV一気にアクセス来ました。俺のフレンチ公式サイトで明日放映されるぜーとPRしていたのをチェックしていたんですよねー。

俺のフレンチ恵比寿!!

「俺のフレンチ恵比寿」へ行ってきた。恵比寿の五叉路そば。「俺のフレンチ」系列店は既存7店舗中6店舗が食べログTOP5000にランクインと人気店だ。 「俺のフレンチ」は業界に革命を起こしていると言われている。 高級フレンチの価格破壊を行い普通の高級レストランなら万単位確実なのに俺のフレンチは客単価3000円程度なのだ。 
http://hara19.jp/archives/12558 

IMG 7292IMG 7293

「俺のフレンチ 恵比寿」で検索結果1位を取るためにした3つのこと

まず放送前日に記事をアップした時点で「俺のフレンチ 恵比寿」で検索結果の10位くらいにいました。お、食べログもぐるなびも公式も一位じゃない…ということで1ページ目に掲載されている他のページを見て回った所それほど内容充実してないページでもランクインしているようです。これはガチでSEO強化すればいけるんじゃないか、ということでやってみたのが以下。

  • キーワードサジェストで含まれる用語を見出しで使う
    俺のフレンチは「俺のフレンチ EBISU」が正式店名だが「俺のフレンチ 恵比寿」で検索するだろということであえてEBISUを恵比寿に統一した。また飲食店ならメニュー、混雑、予約、と言った単語が検索のサジェストで出てくるのでそれをh2に入れた小見出しを入れる。 
  • WebmasterToolでGoogleにインデックス更新を促す
    記事を更新してもTV放送までにクロールされなければ意味がない。pingで更新通知する方法もあるが念を入れてGoogleWebmasterToolの「Fetch as Google」から更新を促すことができる。
  • はてブやキュレーターに取り上げられやすくする
    引用されやすいように例えば普通1万超えの高級料理が客単価3000円に、や高級店だと客が1回転しないこともあるのに3回以上する、といったFACTを冒頭に入れる。
     

その結果はてブで80ブクマされ「生活・人生」のホットエントリー入りし、午後にはGoogle検索結果一位をgetして夜の放送を迎えることができました。

また@sasakitoshinaoさんや@akhkさんと言ったフォロワーが多くてRTの影響が大きい方に取り上げてもらうことができましたのも大きかったです。上のグラフで午前中にピコーンとアクセス増えている部分ですね。ホットエントリーは知り合いに「はてブあざっす」とか頼み込んで新着エントリーに送り込んだりできるけれどもソーシャル系で取り上げられるのは狙っても確実ではないので幸運でした。

まとめ

ということで個人サイト受難な時代に食べログといった巨大サイトにどう立ち向かうか、という解の一つを示しました。狙ってはてブのホットエントリー入りできるのか?とか狙って影響力大きい人にTweetしてもらえるのか、という不確定要素も大きいんですがうまくはまるとこうなるよ、という実例でした。

本質的には全記事Google一位を取るのは無理なのでGoogle先生に左右されないRSS登録やTwitter公式アカウント、Facebookページからの誘導を考えなければいけないかなーと思っております。

あ、そうだ@hara19jpではフォロワーとメルマガ登録を募集しています。なうクリック!

俺のフレンチ恵比寿

「俺のフレンチ恵比寿」へ行ってきた。恵比寿の五叉路そば。「俺のフレンチ」系列店は既存店が皆食べログTOP5000にランクインと人気店だ。

「俺のフレンチ」は業界に革命を起こしていると言われている。
高級フレンチの価格破壊を行い普通の高級レストランなら万単位確実なのに俺のフレンチは客単価3000円程度なのだ。

日経トレンディの記事から抜粋するとこんな感じ。

  • シェ松尾の総料理長経験者やロブションなど有名店出身の有名シェフが複数人在籍
  • シェ松尾・松濤レストランのアラカルトで1万5000円で提供されていた牛フィレ肉のロッシーニが、『俺のフレンチ GINZA』では、ボリュームアップした上で1280円で提供
  • 活きオマールのローストも1280円。これも能勢シェフのスペシャリテで、一匹のオマールを真っ二つに割ったものに貴腐ワインを贅沢に使ったソースがかけられている。シェ松尾時代は半身だけが提供されていたそうだが、ここではボリュームは2倍ということになる。

なぜそんな低価格が可能なのか?秘訣はとにかく稼働率を上げることにある。高級店レストランでは一日一回転しないこともあるのに俺のフレンチでは2時間制で3-4回転させることができる。客席も立席が半数以上だ。

内装や給料など料理以外の要素で高くなっていた部分が、これで一気に改善される。

Twitterも活用している。@oreita ではキャンセルが出るとその旨Tweetされるので自分のフォロワーだけでも2人、滑り込んでいた。

ガイアの夜明けで取り上げられた「俺のフレンチ」の内容

新しい試みをしている外食チェーンが取り上げられたテレ朝「ガイアの夜明け」7/23の放送で「俺のフレンチ」が取り上げられた。後で録画を見たので追記する。

俺のフレンチ創業者は元ブックオフ創業者

  • 「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」を展開しているのはVALUE CREATE株式会社
  • 社長の坂本孝はブックオフ創業者。不正経理問題で退いた後外食産業に参入

客の回転率を上げると材料費をあげられる

坂本孝氏は「原価じゃぶじゃぶ使ってください。人件費じゃぶじゃぶ使ってください。それで儲かるビジネスモデルを作れれば負けない。」と発言。そのビジネスモデルとは。

  • その儲かるビジネスモデルとはひたすら回転率を上げることにある。客単価が低くても回転率が高ければ黒字になる。
  • 具体的にはグランメゾンと呼ばれるような高級フレンチでは1回転しない場合もあるが俺のフレンチ銀座店では3.7回。
  • 回転数ごとのシミュレーションでは1日2回転だと赤字、1日2.5回転だと60万の黒字
  • 「居抜き物件」に出店し内装に金をかけず初期費用を抑える
  • 立ち飲みスタイルにして回転率を上げる

有名シェフが続々参加

シェ松尾の元総料理長やロブションのスーシェフが参加する理由とは

  • 「俺のフレンチ銀座店」で料理長を務めているのは能勢和秀さん。シェ松尾の総料理長を務めた。有名店ですら原価率の締め付けが厳しくて…ここでは良い材料を使えるし客もどんどん来て夢が見られる、と語る
  • 「俺のフレンチ恵比寿店」で料理長を務めるのは31歳の飯田夢崇さん。ジョエル・ロブションで2番手のシェフをしていた。30歳くらいはひと通りできるようになって自分の色を出していきたくなるころ、と語る

俺のフレンチ恵比寿

入り口の看板には◯◯総料理長、などシェフ陣の華々しい経歴が並ぶ。

P1050041

外まで客が溢れており盛況だった。

P1050042

店内はカウンター以外はすべて立席。

P1050055

俺のフレンチ恵比寿のメニュー

メニューの限定超スペシャリテの欄、全部1280円。ありえない価格。オマール海老やフォアグラが1000円台??

  • 石川県輪島より大村さんの七面鳥いろいろな部分ロティ
  • オマールのカダイフ包み揚げ そのみそのタルタルソース
  • 牛ヒレとフォアグラのロッシーニ

P1050043

ニース風ラタテュイユ380円 / 俺のフレンチ恵比寿

最初の一品。冷えた軽いワインによく合う。ちなみに各店ソムリエがいて軽い白を、と頼んだらちゃんと選んでくれた。

ニース風ラタテュイユ380円 / 俺のフレンチEBISU

ズワイ蟹とホタテ貝のタルタル680円 / 俺のフレンチ恵比寿

土台のクスクスのぷちぷちした食感とホタテのねっとりした食感のギャップが両極端で、上のズワイ蟹をうまくつないでいた。

冷静のクスクスだとハーブがきつかったりするのだがこれは繊細で控えめだった。

ズワイ蟹とホタテ貝のタルタル / 俺のフレンチEBISU

牛ヒレとフォアグラのロッシーニ1280円 / 俺のフレンチ恵比寿

これが俺のフレンチ名物で客の大半が頼んでいる。ナイフがスッと入る赤身に贅沢に載せたフォアグラ。

ボリュームにまず満足。口溶け柔らかな牛ヒレは崩れないようタコ糸で巻いて焼かれていた。

牛ヒレとフォアグラのロッシーニ / 俺のフレンチEBISU

オマールのカダイフ包み揚げ そのみそのタルタルソース1280円 / 俺のフレンチ恵比寿

ハサミが殻かと思ったらこれ丸ごと肉だった!食べるとムニッと弾力が半端ない。

オマールのカダイフ包み揚げ そのみそのタルタルソース / 俺のフレンチEBISU

別角度から。オマール海老一匹丸ごと!丸ごと!

オマールのカダイフ包み揚げ そのみそのタルタルソース / 俺のフレンチEBISU

石川県輪島より大村さんの七面鳥いろいろな部分ロティ / 俺のフレンチ恵比寿

七面鳥というと淡白で水気の少ないイメージだったが、上手にローストされていて肉々しい噛みごたえ。

人によっては顎が疲れるかも!

石川県輪島より大村さんの七面鳥いろいろな部分ロティ / 俺のフレンチEBISU

会計:俺のフレンチ、本当に一人3000円だった!

以前俺のフレンチは有名シェフの料理が1人5000円とかで食べられるらしい!(いや5000円でも安いでしょう?)とTweetしたら公式アカウントに一人3000円です!と訂正されたのだがワイン2杯も飲んで一人3500円だった。

うーん普通に飲みに行くより安いんじゃないかこれ?

感想

コストパフォーマンスはまず東京一と行っても良いかも。単純に安いとかえって不安になるが合理的な理由があると安心して食べられるね。

サービスもオープン2日目にしては普通に回っていて、経験者揃いな感じ。

最後に苦言

客層は良くない。隣の席ではテレビ関係者が「芸人の◯◯さんに頼りにされててさ」的口説きを繰り出し、反対側ではOLさんがチェーンスモークしていて参った。

回転数あげるために立ち飲みスタイルにしているわけでその辺の飲み屋みたいにタバコ吸ったらせっかくの料理が台無しだよね。吸っていいですか、と聞かれるでもないし。東京では高級レストランなら普通禁煙だから知らないで行くとびっくりするかもしれない。この辺は喫煙者OKにして回転数をあげるかどうか、という経営方針な所があるが禁煙を強く希望する。

俺のフレンチ恵比寿の混雑具合と予約するには

「ガイアの夜明け」でやっていたように銀座店は開店前から行列ができている。恵比寿店の方は立ち飲みなら比較的入れる、とのことだった。

俺のイタリアン&フレンチに興味が出たら…

「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」の秘密についてはこの記事が詳しい。銀座、神楽坂、恵比寿など都内に出店しているので早速予約だ!

フランス料理界でコペルニクス的価格破壊革命が始まった

外食産業のイノベーションに「まだこの手があったか!」と驚愕する革命が進行しつつある。バリュークリエイト(VALUE CREATE株式会社:坂本孝社長)が経営する『俺のイタリアン』と『俺のフレンチ』の話である。    2012年6月時点で両業態あわせて都内に7店舗。すべての店舗が、予約が1カ月待ちになるほどの人気で、7店舗中6店舗は食べログのトップ5000店にランクインされている。    最初の出店が2011年9月であるから、イタリアン/フレンチ業態への新規参入後わずか10カ月で、顧客の圧倒的な支持を勝ち得ていることになる。

(中略)

『俺のフレンチ』『俺のイタリアン』がこれだけの顧客からの支持を得ている最大のキーワードは価格破壊である。能勢シェフのスペシャリテとしてシェ松尾・松濤レストランのアラカルトで1万5000円で提供されていた牛フィレ肉のロッシーニが、『俺のフレンチ GINZA』では、ボリュームアップした上で1280円で提供されている。 同じく、活きオマールのローストも1280円。これも能勢シェフのスペシャリテで、一匹のオマールを真っ二つに割ったものに貴腐ワインを贅沢に使ったソースがかけられている。シェ松尾時代は半身だけが提供されていたそうだが、ここではボリュームは2倍ということになる。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120613/1041478/