「カフェ」カテゴリーアーカイブ

原宿リラックマカフェがオープン。“あのオムライス”も再現

原宿のリラックマカフェが人気だ。リラックマ10周年の一環で9月までの期間限定オープン。週末は行列ができることもあるようだ。リラックマカフェ、深夜までやっているので遅い時間が狙い目。おすすめは再現度高い“あのオムライス”。お土産にもらえるリラックマコースターも嬉しい。

リラックマは今年10周年なのだとか。そのためリラックマラッピングの山手線が走ったりリラックマ系イベントが数多く開催されている。原宿のリラックマカフェは~9月16日までの期間限定、営業時間は11時30分から24時。

リラックマオムライス

リラックマカフェの入り口

リラックマたちがハワイアンカフェを出している、という趣向のようでウクレレを抱えたリラックマがお出迎え。

リラックマカフェの入り口

IMG 0710

リラックマカフェの看板

ENJOY! BASEMENT DININGが期間限定でリラックマカフェになっている。それで営業時間が24時まで(!!)とかになっているようだ。

リラックマカフェの看板

リラックマカフェのメニュー

オムライスとチーズケーキの食事メニューにラテとカクテル。カクテルはアルコール入り/無しを選べる。

  • リラックマオムライス 1500円
  • リラックマチーズケーキ 800円
  • リラックマラテ 580円
  • リラックマカクテル 680円

リラックマカフェのメニュー

リラックマカフェのトレー

今後販売予定らしいリラックマの給食トレイ。いいね。

リラックマカフェのトレー

リラックマ・ラテ

出来がいいリラックマ・ラテ。ヒカリエのムンクの奴が酷かったからなあ。

リラックマ・ラテ

リラックマ・アルコール

ハワイ風ということで南国の花を挿して。

リラックマ・アルコール

リラックマのオムライス

これを見たかったリラックマオムライス。いつもmy365に写真をあげてるキャラ弁作るのが上手な人がいてその人から許可を貰って公式でも再現したのだろう。

うおー結構再現度高いんじゃない?じゃない?これはアリだと思う。

リラックマのオムライス

寝るな〜起きろ〜食べちゃうぞ〜
リラックマオムライス

リラックマ・チーズケーキ

チーズケーキにリラックマの顔をつけたもの。鼻のぼってり具合がカワ(・∀・)イイ!!
リラックマ・チーズケーキ

BASEMENT CAFE

厨房側。スタッフがある程度固定されているので一定のクオリティが出せるのだろう。

BASEMENT CAFE

リラックマカフェの店内

ハワイ風の演出が色々。額縁も10点以上飾られているので眺めてみて。

リラックマカフェの店内

リラックマの海の家

店内一番奥の個室的な所にリラックマの海の家?的な展示がある。忘れずに覗こう。

リラックマの海の家

お土産のコースター

貰ったので@いただければあげます。

お土産のコースター

渋谷のカフェマメヒコ3店舗が閉店・移転・リニューアル

これはビッグニュース。渋谷のカフェマメヒコが大きく変わるようです。渋谷センター街の奥のマメヒコも?!カフェマメヒコ渋谷店は内装も良い感じで雑然とした渋谷の中でも大人がゆっくりできるいい店だと思っていたんですが。

まずカフェマメヒコ飯店のビルが再開発のため閉館ということで閉店。宇田川町のいわゆるカフェマメヒコ渋谷店は5/12で一時閉店して7月1日に映画館カフェとして営業を再開。そして新たにカフェマメヒコ公園通り店が6月1日開店。

カフェマメヒコ渋谷公園通り店

今までのカフェマメヒコ渋谷店はカフェマメヒコ公園通り店が引き継ぐ感じになるんだろうか。PARCOの向かい、1階がSWAROVSKIのビルの2階だそうです。

閉店と開店のお知らせ

1. 公園通り店 6月 1日(土) 新規開店
渋谷区 神南1-20-11 造園会館2階

2. 飯店 5月31日(金) 閉店
理由:ビル閉館のため
6月1日~14日 映画館として臨時営業
vol.1「紫陽花とバタークリーム」上映

3. 現渋谷店(宇田川町) 5月12日(日) 一時閉店
理由:リニューアル改装のため
7月 1日(土) 新装開店
映画館カフェとして営業
vol.2「さよならとマシュマロを」上映
http://www.mamehico.com/cafe/12123.html

ネスプレッソブティック:オーク表参道に東京初のネスプレッソ路面店

オーク表参道に初の路面店を構えたネスプレッソブティック。ネスプレッソはネスレ社が開発したエスプレッソマシン/コーヒーメーカーのシステム。

ネスプレッソ独自のアルミカプセルを専用のマシンにセットすると「グラン・クリュ」と呼ばれる高品質のコーヒーを抽出することができる、という仕組み。

ネスプレッソブティック表参道

全国に20箇所ほどショールーム「ネスプレッソブティック」があり原宿にもネスプレッソを試飲できるマーケティング施設「ネスプレッソ コーヒーエクスペリエンスセンター 表参道店」を持っていた。ネスプレッソブティック表参道は大阪心斎橋に次ぐ東京発の路面店で日本の旗艦店という位置づけ。

1階はショップ、2階は会員制のセミナールームとなっている。

ネスプレッソカフェ外観

高級感溢れるディスプレイ。
ネスプレッソカフェのショーウィンドウ

1階カウンター裏にはカラフルなグラン・クリュのアルミカプセルが積み上げられたディスプレイ。高級感ある色味だから絵になりますね。
ネスプレッソカフェのカウンター裏のビジュアル

指定の商品を買うと糸や布を使ったアートで知られる清川あさみさんとコラボしたトートバッグがプレゼントされるオープニングキャンペーン中。
ネスプレッソカフェの記念トート

エンポリオアルマーニ カフェ / オーク表参道のアルマーニ併設のカフェ

オーク表参道にはエンポリオアルマーニの旗艦店が入っている。その1階に併設されているのがエンポリオアルマーニ カフェ。銀座にアルマーニ レストランを持っているがカフェとしては初めてになる。

エンポリオアルマーニ表参道

昼はガラスが反射して撮りにくいので夜再訪。入り口両側と正面は液晶ビジョン。ランウェイの様子を映している。ご近所のDiorなんかも正面の液晶ビジョンはやってますね。

エンポリオアルマーニ カフェ表参道

エンポリオアルマーニ カフェ

エンポリオアルマーニのカフェは1階に併設されている。通路側の細長い造り。期待していたBVLGARI IL CAFEや銀座のアルマーニレストランのような単体で成り立つ高級路線ではなく、あくまで併設カフェという位置付けの印象。

路面店で一部の席では表参道を眺められるということでこれはこれでありかと。
エンポリオアルマーニ カフェ外観

手前はテーブル席、奥にカウンター席も。イタリア人?のウェイターさんもいるようだ。
エンポリオアルマーニ カフェ内装

アルマーニカフェのメニュー

ランチが11-15時、カフェが14-20時。ランチはアンティパスト&パニーニに色々オプションが付けていく感じで2000-3200円。飲み物も付けるんでしょうから結構いいお値段。

カフェメニューは1200円からだがサービス料10%が付くので1500円〜かな。売りは「チョコレートケーキ&ピスタチオアイスクリーム」らしい。
エンポリオアルマーニ カフェのメニュー

茶酒 金田中のロングテーブルと苔庭が凄い / オーク表参道にオープンした料亭「金田中」の和カフェ

ハナエ・モリビルの跡地を再開発した「オーク表参道」がオープンした。2階には料亭「金田中」のカフェ「茶酒 金田中」が入っている。今日はレセプションということで入れなかったがチラ見してきた。

oak omotesando(オーク表参道)は大林不動産&大林組による複合施設。丹下健三設計のハナエ・モリビルの建て替えということで建物外観は大林組と丹下都市建築設計との共同デザイン。建築の専門家による解説はこちらが詳しい。1-2階はファッション・飲食テナント、3-8階はオフィスフロア。

和カフェ「茶酒 金田中」

オーク表参道の飲食店は1階のネスプレッソカフェ、エンポリオアルマーニ カフェ、そして2階の茶酒 金田中(読みはサーシャ・カネタナカでいいのかな)になる。料亭の金田中は以前白金 庭園美術館内に「Cafe 茶洒 kanetanaka (カフェ・サーシャ・カネタナカ)」という和カフェを持っていた(閉店)。

ランチは鯛茶漬けやひすい麺などから2種類をセレクトするメニューになっている。白金の金田中ではスイーツとしてかき氷、白玉餅、きなこもち、汁粉などが出ていたようなので似た感じになりそう。

オフィスエントランスからの継承

建物左端のオフィスエントランスは現代美術家の杉本博司さん。古代神殿をイメージした巨石群に囲まれた奥行きのある空間「究竟頂(くっきょうちょう)」、その中心の天井には数理模型をつるしている。この杉本博司さんが茶酒 金田中の内装も手がけ、個室から「究竟頂」や数理模型「Marhematical Model013」を眺める事ができるという趣向。建物の設計と個別のテナントの内装は別なことが多いと思うので連続性が興味深い。
数理模型

茶酒 金田中の苔庭

杉本博司氏自ら石を選び配置した苔庭だそうで石の質感はオフィスエントランスを継承している。
和カフェ「茶酒 金田中」の苔庭

茶酒 金田中のロングテーブルが凄い

茶酒 金田中は坪庭に見立てたテラスを眺めながら10mにも及ぶ白無垢材のカウンターテーブルで飲食を楽しむという趣向。料亭的風景をモダンにした和カフェで期待している。
和カフェ「茶酒 金田中」10mのロングカウンター

多奈加亭 (タナカテイ)は吉祥寺の老舗喫茶店

多奈加亭はスイーツの競合が多い吉祥寺で30年やっている、という古参組。吉祥寺民の人に連れられてお茶してきた。

ケーキはずっしりボリューム感があり軽い昼食並み。店員は多いがバイトさんなのか気付いてもらえないことあり。

でも学生さんのバイト先として連綿と続いているお店、というのもいいものですね。

ザッハトルテと紅茶

みっちり詰まっていて男性でも満足感高そう。
IMG_0240

IMG_0241

IMG_0242

紅茶にこだわりがあるらしく、店内はティーカップがずらっと陳列されている。地震の時は大丈夫だったのだろうか。
IMG_0244

手前のロングテーブル以外にテーブル席も多数ある。
IMG_0245

放送開始50周年記念!キューピー3分クッキングの期間限定カフェが表参道にオープンしたので覗いてきた

キューピー看板番組「キューピー3分クッキング」の期間限定カフェが3/1にオープンした。場所は表参道の雰囲気交差点からすぐ。246COMMONSの中

放送開始50周年を記念したカフェで来年2月末まで一年間期間限定営業する。成城「マルメゾン」のオーナーシェフ大山栄蔵氏のプロデュースで、3分クッキングを元にしたメニューを出す。

通りがかった所レセプションの最中だったが2階建て80席と結構大きな店舗だった。
キューピー3分クッキング表参道

吉田パスタがランチ営業を休止

渋谷でパスタが美味しい店として名前があがる吉田パスタだが、ランチ営業をしばらくお休みするそうだ。最後のランチを食べてきた。

先々週2/9からランチ営業を終了したが、ディナー営業は通常通りとのこと。ランチは1000〜1500円と強気な価格だが、大盛り無料なので女性人気の店ながら大盛りで頼めばコスパが良い店である。

釜揚げシラスとカラスミの南イタリア風汐パスタ

毎回、大皿っぷりにびっくりさせられる吉田パスタ。定番はグレーピーミートスパだが、スペシャルのカラスミのパスタを頼んでみた。
吉田パスタの釜揚げシラスとカラスミの南イタリア風汐パスタ

吉田パスタとは

青学辺りでパスタというと名前があがる吉田パスタ。

野菜ソムリエ協会登録店、ということでヘルシーさが売りというイメージだったが、ボリュームたっぷりのがっつり系パスタ。腹いっぱい美味しいパスタ食べたい気分になったらどうぞ。

青学の近く、青山通りを一本入った所に吉田パスタの赤い店舗が見える。電源も使えるカフェfactoryもご近所だ。とにかく赤い外観が目印。

P1050770

ランボルギーニのカフェが表参道に登場

いわゆるスーパーカー世代では無いのだが実物を見るとやっぱり格好いい。青山通りに面したランボルギーニのカフェがクリスマス限定でオープンしている。開催期間は11月30日(金)~12月28日(金)。

9月のパリ・モーターショーで披露されたスーパーカー「ガヤルド」が展示されているということで間近で見る良い機会だろう。

ランボルギーニ・クリスマスカフェとは

 “ピュア・イタリアン・ライフスタイル”をテーマに開設される「クリスマスカフェ」では巨大なクリスマスツリーに奥のカフェで軽食を提供するもの。通りがかかると結構客が入っている。初日はモデルがアパレルラインを披露するなど華やかだったようだ。

早朝から警備員が付いているのを見かけるが夜中も張り付いている…んでしょうね。 ランボルギーニ

この朝は取材が入るのかガルウィングが跳ね上げられていた。うーん格好いい!
ガルウィングドア格好いい!

サイドから見るとこんな感じ。車高低っ!
サイドから見るとこんな感じ。

カフェカイラ表参道で新登場のフルーツトッピング山盛りワッフルを食べてきた!

ようやく、と言って良いでしょう。カフェカイラ表参道がオープン。場所はGYREの地下で70席。「ハワイで一番おいしい朝食の店」というのが売り。

カフェカイラは元教師のカイラさんが始めたハワイのパンケーキ屋でフルーツ山盛りのパンケーキが特徴。2011年ハワイのグルメ賞であるハレアイナアワード ベスト朝食賞に輝いた。…という肩書きを引っさげてパンケーキの激戦地原宿・表参道エリアに参戦となる。@hara19jpはスカイツリー店に行って以来の再訪問となる。

目玉は新メニュー「カフェ・カイラ・オリジナルワッフル」

カフェカイラのメニューはパンケーキ、エッグベネディクト、オムレツが三大メニューだった。一番人気はもちろんフルーツ盛り盛りの「カイラ・オリジナル・パンケーキ」。表参道店では新たにワッフルが加わった。

フルーツ山盛り系メニューのページ

カイラ・フレンチトーストも気になるがここは新登場の「カイラ・オリジナル・ワッフル」一択でしょう。一番人気のパンケーキを格下げするのかなと思っていたら「ハワイ店人気No.1」という新しいポジションを設けたようだ(笑。ちなみに大抵1500円以上と高く感じられるかもしれないが

カフェカイラの目玉メニュー

カイラ・オリジナル・ワッフル 1900円

そしてこれが「カイラ・オリジナル・ワッフル」。<全部乗せ>なのでトッピングにイチゴにブルーベリー、キャラメリゼしたリンゴ、バナナにホイップクリームとシロップが添えられる。

ハワイでNo1.だったワッフルは日本では機器が違って再現できなかった(&日本ではパンケーキがブームだったから?)ため提供停止されてたが、ハワイと同じ機器を導入したとのこと。

旧店では本店と同じ機械を導入することができず、8月~10月に限定提供していた「カイラオリジナルワッフル」(以上1,900円、追加ワッフル1枚800円)もラインアップ。ワッフルは本店で1番人気のメニューだという。パンケーキ・ワッフル用にフルーツの追加トッピング(200円~450円)、食事メニュー用にアボカド(200円)やベーコン(3枚300円)、パパイア(4分の1サイズ300円)などの追加トッピングも用意する。想定客単価は2,000円弱。
http://www.shibukei.com/headline/9020/ 

カフェ・カイラ・オリジナル・ワッフル

ワッフルの全景はこんな感じ。生地は硬すぎず腹にたまるほど粉っぽくもなく、という感じで私は好み。ブルーベリーと苺の酸味にキャラメリゼしたリンゴの甘みがマッチしてバランスが良い。

カフェカイラのワッフル全景

比較用に、こちらがカイラ・オリジナルパンケーキ。トッピングは同じでパンケーキかワッフルか、という違い。
カイラ・オリジナルパンケーキ / カフェカイラ

イタリアン・オムレツ

カフェカイラのメニューはシェア前提で一つのメニューが二人分の値段&ボリュームなので一人で行くと目玉のパンケーキ、エッグベネディクト、オムレツのどれか一つしか食べられない点に気をつけたい。我々は2個甘いモノはどうかなということでオムレツを頼んでみた。

付け合せのサラダとローストポテトはボリューミーで美味しい。
イタリアン・オムレツ

オムレツ断面

気になる待ち時間は2時間程度か

行列が長いことで有名だったカフェカイラ、表参道店では70席を確保し大幅な改善が見込まれる。初日ということで朝8時に行って入店が10時半だったが、夕方16時に行った人で2時間待ちだった。

各種メディアで取り上げられ人気が出たこともあるがスカイツリー店は席数が20席くらいでキャパオーバーだったのが正直な所。開店前に「提供が17時以降になってしまうため受付を終了しました」とアナウンスが出るのをよく見かけた。

初日で行列の絵が撮りたかったのか今日は並ばされたが明日からは整理券方式で行列しなくて良くなると思う。

10時過ぎに配られた整理券。整理券の使い方はこちら
10時過ぎに配られた整理券

カフェカイラのオープニング

表参道は朝が遅い街だ。8時にはご覧のとおり、遠くまで見通せる。

早朝の表参道

カフェカイラは地下で目印が無いがGYREの脇には立て看板が出ている。

GYRE前の看板

GYREの地下への行列。普段はここへ並ぶことになるだろう。階段部分で30人くらい。
GYREの地下への行列

GYREのキャットストリート側に行列が続く。
GYREの外周

ちょっとシュールな行列風景。登って下って登って下る。こんな形で建築物としてのGYREをよく見ることになるとは。
シュール

カフェカイラ表参道店の内装とサービス

デュヌラルテの向かいで以前3店舗あったところをぶちぬいて広大な店舗に。

新店の店舗面積は旧店の約3倍に当たる61.75坪。席数は70席を用意。本店のイメージを引き継いだという店舗は、「ハワイの朝」をイメージし壁面やテーブル・椅子などを淡い色の木材を基調に明るい雰囲気に仕上げた。ベンチ席の背もたれや天井などに、ハワイ州花でもあるハイビスカスのデザインをあしらった。店舗奥の壁面には55インチディスプレー8台を埋め込み、カメラマンが撮影したハワイの写真を基にした映像を流す。海の波や雲、揺れるヤシの葉などをCG処理したもので、5分ごとに変化するほか、朝・昼・夜と時間帯に合わせ変化する。移転に伴いスタッフのユニホームをアロハシャツにするなど「ハワイの演出」を強化した。
http://www.shibukei.com/headline/9020/  

淡い木材で窓や鏡が多く広く見えるよう工夫されている。
カフェカイラ正面

スタッフのユニフォームはハワイということでハイビスカス。奥の青いところが大型モニタ。
カフェカイラの内装

ご覧のようにオアフ島の風景が映し出されている。アイデアは良いが青い光が料理や座っている人の顔に当って顔色悪く見えたりまずそうに見えるので改善が必要かと思う。(モニタの下に座っていたので尚更)。
オアフ島の動画が映されている

 

カフェカイラ表参道特集

その他カフェカイラ表参道について書いた記事はこちら。

原宿・表参道エリアは今、日本一のパンケーキの激戦地。他に有名所では最大の席数をもつエッグスンシングス、今年フラッグシップショップをオープンしたbills、吉祥寺にもあるパンケーキデイズなどが挙げられる。カフェカイラは70席ということで待ち時間が減る上エッグスンシングスに次ぐ席数をもつことになる。

表参道店のまとめ

スカイツリー店時代のニュース

カフェカイラとは

そもそもの話。
カフェカイラ(Cafe Kaila)は元教師のカイラさんが始めたハワイのパンケーキ屋でフルーツもりもりのパンケーキが特徴。2011年ハワイのグルメ賞であるハレアイナアワード ベスト朝食賞に輝いた。2001年の受賞店舗を見ると沢山の店舗が選ばれる賞のようだがハワイの地元でも美味しいとされている、という肩書きは強力だ。

実際、現地で食べたことがある人と一緒にスカイツリー店を訪れたがパンケーキのボリュームは本店と同じだと言っていた。

原宿・表参道のパンケーキ事情

原宿・表参道は今、日本一のパンケーキ激戦区となっている。

従来からあったエッグスンシングス原宿店パンケーキデイズ原宿店外苑前の香咲、キャットストリートのuzna omom(ウズナ オムオム)に加え4月に相次いでオープンしたレインポーパンケーキ、東急プラザ表参道原宿最上階に旗艦店を構えた“世界一の朝食” bills表参道店、そして今月オープンした逗子のSUNDAY JAM。いずれもメディアに取り上げられた人気店ばかりだ。billsとSUNDAY JAMは徒歩5分の至近距離で両方トランジットジェネラルオフィス運営ということで意図的に「原宿・表参道エリアはパンケーキのメッカ」という戦略で密集させているものと思われる。

そして「開店即行列打ち切りの人気店」という実績を引っさげてカフェカイラ表参道、というわけだ。

原宿・東京の有名パンケーキ店訪問記

パンケーキ記事が増えたので「原宿パンケーキ速報」というサイトに独立させました。

原宿・表参道は今、日本一のパンケーキ激戦区となっている。

従来からあったエッグスンシングス原宿店パンケーキデイズ原宿店外苑前の香咲、キャットストリートのuzna omom(ウズナ オムオム)に加え4月に相次いでオープンしたレインポーパンケーキ、東急プラザ表参道原宿最上階に旗艦店を構えた“世界一の朝食” bills表参道店、そして今月オープンした逗子のSUNDAY JAM。いずれもメディアに取り上げられた人気店ばかりだ。billsとSUNDAY JAMは徒歩5分の至近距離で両方トランジットジェネラルオフィス運営ということで意図的に「原宿・表参道エリアはパンケーキのメッカ」という戦略で密集させているものと思われる。

そして「開店即行列打ち切りの人気店」という実績を引っさげてカフェカイラ表参道、というわけだ。原宿・表参道を扱う当サイトではそれらを含め東京の有名パンケーキを制覇すべく食べ歩いているので参考にして欲しい。

  • みじんこのパンケーキ

    東京最強のパンケーキ10選

    2012年40店舗=週一以上食べ歩いた@hara19jpがセレクトした最強のパンケーキたち。みじんこ、#A、ミモザ、ピノキオ、帝国ホテル、VoiVoi、ニューオータニSATSUKI、San Francisco Peaks、リトルツリー。

メディアで人気のパンケーキ

最近TVで良く取り上げられているのは次の4店。「大島優子がお気に入り」のエッグスンシングス、「The Timesで世界一の朝食と評されブラッド・ピットらセレブの常連も多い」bills、「ハワイで一番おいしい朝食」カフェカイラ、「NYの朝食の女王」サラベスとキャッチコピーが付いている。

  • エッグスンシングスのパンケーキ

    エッグスンシングス原宿店

    ハワイの人気パンケーキ店エッグスンシングスのフランチャイズ店で108席と原宿でも最大規模ながら行列が途切れない。山盛りのホイップクリームを乗せたパンケーキが若い人に人気。

  • billsのパンケーキ

    bills表参道店

    原宿神宮前交差点のGAP跡にできた東急プラザ。その最上階にフラッグシップショップとしてオープンしたのがbills表参道店。リコッタチーズパンケーキは終日注文できる。

  • カフェカイラの特製パンケーキフルーツトッピング全部盛り

    カフェカイラ表参道店

    カフェカイラはスカイツリー近くにオープンしたパンケーキ店。ハワイ一の朝食を受賞したこともあるという触れ込みで3枚重ねのパンケーキにフレッシュフルーツがたっぷりのへルシーさが売り。2012年12月に表参道への移転した。

  • サラベスのリコッタチーズパンケーキ

    サラベス新宿

    「NYの朝食の女王」と鳴り物入りで登場。新宿ルミネ2階にあるオーガニック志向のレストラン。リコッタチーズパンケーキやボイルドエッグが人気。

ホテル系パンケーキ

1950年代から半世紀に渡り提供されてきた帝国ホテルのパンケーキ。月2000食出るホテルニューオータニのパンケーキなど伝統と格式のパンケーキは侮れない。

▼編集に関わりました。

表参道”天空のスタバ”で希少な珈琲豆をその場で挽いてくれる最高級ライン「STARBUCKS RESERVE」を楽しむ

「天空のスタバ」とは東急プラザ原宿表参道の屋上テラス「おもはらの森」併設のスターバックスのこと。この時期イルミネーションを眺めながら美味しい珈琲が飲めるということでなかなか良い。おもはら側はカップルで混雑しているがスターバックスの方は意外と落ち着いている。

ところで天空のスタバには貴重な豆を挽きたてで提供してくれる「スターバックス リザーブ(STARBUCKS RESERVE)」というサービスがある。更にコーヒープレス方式と真空技術方式を組み合わせたバキュームプレス技術を活用した「クローバー」なる抽出器具が置かれているのは都内では東急プラザ表参道・原宿店を含め8店舗のみである。

12/1から始まったイルミネーションに雪を降らす演出の取材で体が冷えたので試してみることにした。

「スターバックス リザーブ」とは、世界でも希少性が高く高品質なコーヒー豆とこだわりの製法により完成する、数量限定・店舗限定のスタバ最高級ライン。流通量が極めて少なく、それぞれが個性的なストーリーを持ったコーヒー豆が、目利きのバイヤーにより選び抜かれた。これと同時に、新しい抽出方法「Clover(クローバー)」も上陸。展開店舗ではオーダー毎に豆を挽き、バリスタが一杯ずつ抽出するというこだわりのスタイルで提供される。
http://www.starbucks.co.jp/reserve/

この辺りで人工の雪が降ってるんですけれど…見えませんよね…という写真
この辺りでイルミネーションに雪が…

「天空のスタバ」スターバックス東急プラザ表参道・原宿店

天空のスタバ、というのはスタバ側のキャッチフレーズで中央の黒板に「ようこそ天空のスタバへ」と書かれている。手前のカウンター部分がSTARBUCKS RESERVE向けのデザインだ(実際は誰でも座ることができる。が、豆を挽いたり抽出するところを見られるのでおすすめだ。

P1040895

STARBUCKS RESERVEで豆を挽いている所をカウンターから。
STARBUCKS RESERVEで豆を挽いている所

これが噂の抽出機器クローバー。仕組みは分からないがメカメカしいのは好きだ。 
これが噂の抽出機器クローバーだ

STARBUCKS RESERVE「パナマ パソ アンチョ」

4種類の豆のうち「パナマ パソ アンチョ」をチョイス。香りが良い珈琲が好きなので「~上品なレモンやペッパーを思わせる風味に、フローラル感をともなうおだやかな酸味~」というところが気になって。香りはそれほどレモンっぽい感じがしなかったがしっかりした酸味で大人の味であった。
パナマ パソ アンチョ

関東3店舗でしか提供されていない「りんごのシブースト」。大ぶりでご褒美感がある。
りんごのシブースト

 

原宿SUNDAY JAMでパンケーキの朝食を

パンケーキ店SUNDAY JAMで朝打ち合わせをすることになった。SUNDAY JAMは原宿に今年できた逗子のパンケーキ店の2号店。以前ホノルルパンケーキを食べたのだが、原宿店限定メニューのキャラメルジンジャーパンケーキを食べてみたかったので再訪。

SUNDAY JAMのモーニングメニュー

パンケーキ店は「世界一の朝食」がキャッチフレーズのbills表参道など朝食のイメージがあるのか早朝からやっている所が多い。SUNDAY JAMも9時からの営業だがモーニングを始めたようだ。メニューは以下の通り。パンケーキが小さめになる代わりサラダとドリンクが付く。

  • Nuts&Maple Set 1350円
    ホノルルパンケーキ マカダミアナッツ&メープルMサイズ / グリーンサラダ / ドリンク 
  • Coco&Pine Set 1350円
     ホノルルパンケーキ ココ&パインMサイズ / グリーンサラダ / ドリンク

IMG 9460

ホノルルパンケーキ マカダミアナッツ&メープル

ホノルル風のうすーいパンケーキ。熱火で焼き上げた香りが特徴なので朝食で小さめにするのはいいんじゃないだろうか。
ホノルルパンケーキ ココ&パイン

ホノルルパンケーキ ココ&パイン

リンゴやパインのソテーはハンバーガーにも使われるが甘み・酸味に食感の変化も出て良いトッピング(生地に練りこまれているので写真では隠れている)
ホノルルパンケーキ マカダミアナッツ&メープル

私が食べたのはモーニングではないが原宿店限定のキャラメルジンジャー パンケーキ。大人の味で良かった。キャラメルジンジャー パンケーキ

SUNDAY JAMが原宿パンケーキ界に殴りこみ

逗子で人気という触れ込みのパンケーキ店SUNDAY JAMが原宿KDDIスタジオの裏にできた。路面店といい場所で内装もモダンで広めなのでこれから人気のパンケーキ店になるだろう。

原宿と言えばエッグスンシングス原宿、bills表参道、レインボーパンケーキ、香咲、uzna omomなどパンケーキの激戦区であり自信を持っての殴り込み、ということになる。billsとエッグスンシングスは両方横浜に店舗を出しているがSUNDAY JAMの逗子という出自は目新しいのでうまく差別化できるかもしれない。

余談だが、VouguやFashionsnapで内覧会の様子が流れてきていたので焦っていた @hara19jp、余裕を持って8:30に行った所オープン一人目の客となってしまった。

SUNDAY JAMとは

既報の通り、逗子で日曜限定で営業していたパンケーキショップが原宿では朝から夜(9:00〜22:00)と本格的な店舗を持つことになる。

逗子で日曜日のみ営業している大人気パンケーキショップ「SUNDAY JAM(サンデー ジャム)」が、9月10日に原宿に出店する。”粉もの”のスペシャリストwakanaが手がける絶品パンケーキが話題で、代官山で行われた1日限りのイベントでは3時間待ちと好評を得た。
http://www.fashionsnap.com/news/2012-08-09/sunday-jam-harajuku/

運営はbills表参道と同じTRANSIT GENERAL OFFICEということでこのエリアを意図的にパンケーキのエリア化していくつもりのようだ。bills表参道は旗艦店ということで敷居が高いがSUNDAY JAMの方は竹下通りの先、Kスタの裏ということでもうカジュアルな路線になるだろう。

SUNDAY JAMの外観・内観

新築のファッションビルの2Fで打ち放しにブルーのソファがアクセントとなってモダンな雰囲気。

IMG 8210

@hara19jp的には好みのデザインだ。

P1050895

P1050894

SUNDAY JAMのメニュー

「ホノルルパンケーキ マカダミアナッツ&メープル」1200円が一押しで原宿限定の「キャラメルジンジャー」1300円は結構ジンジャーが効いた大人の味付けらしい。

SUNDAY JAMのパンケーキメニュー

ホノルルパンケーキ マカダミアナッツ&メープル / SUNDAY JAM

初訪問ではその店一押しのメニューを頼むことにしているのでマカダミアナッツ&メープルで。「強火で焼き上げたアロマなパンケーキ」とある通り運ばれてきた時の香りが鮮やかで「口の中でスット溶けていくのもハワイアンパンケーキの特徴です」というミルクセーキのような甘酸っぱい口溶け。添えられているのはベーコンに軽めのホイップと自家製バター。

ホノルルパンケーキ マカダミアナッツ&メープル / SUNDAY JAM

ドーナツを一気食いしたら飲み物が欲しくなるのと同じで、コーヒーかビールとあわせて食べたい。

ホノルルパンケーキ マカダミアナッツ&メープル / SUNDAY JAM

原宿・東京の有名パンケーキ店訪問記

パンケーキ記事が増えたので「原宿パンケーキ速報」というサイトに独立させました。

原宿・表参道は今、日本一のパンケーキ激戦区となっている。

従来からあったエッグスンシングス原宿店パンケーキデイズ原宿店外苑前の香咲、キャットストリートのuzna omom(ウズナ オムオム)に加え4月に相次いでオープンしたレインポーパンケーキ、東急プラザ表参道原宿最上階に旗艦店を構えた“世界一の朝食” bills表参道店、そして今月オープンした逗子のSUNDAY JAM。いずれもメディアに取り上げられた人気店ばかりだ。billsとSUNDAY JAMは徒歩5分の至近距離で両方トランジットジェネラルオフィス運営ということで意図的に「原宿・表参道エリアはパンケーキのメッカ」という戦略で密集させているものと思われる。

そして「開店即行列打ち切りの人気店」という実績を引っさげてカフェカイラ表参道、というわけだ。原宿・表参道を扱う当サイトではそれらを含め東京の有名パンケーキを制覇すべく食べ歩いているので参考にして欲しい。

  • みじんこのパンケーキ

    東京最強のパンケーキ10選

    2012年40店舗=週一以上食べ歩いた@hara19jpがセレクトした最強のパンケーキたち。みじんこ、#A、ミモザ、ピノキオ、帝国ホテル、VoiVoi、ニューオータニSATSUKI、San Francisco Peaks、リトルツリー。

メディアで人気のパンケーキ

最近TVで良く取り上げられているのは次の4店。「大島優子がお気に入り」のエッグスンシングス、「The Timesで世界一の朝食と評されブラッド・ピットらセレブの常連も多い」bills、「ハワイで一番おいしい朝食」カフェカイラ、「NYの朝食の女王」サラベスとキャッチコピーが付いている。

  • エッグスンシングスのパンケーキ

    エッグスンシングス原宿店

    ハワイの人気パンケーキ店エッグスンシングスのフランチャイズ店で108席と原宿でも最大規模ながら行列が途切れない。山盛りのホイップクリームを乗せたパンケーキが若い人に人気。

  • billsのパンケーキ

    bills表参道店

    原宿神宮前交差点のGAP跡にできた東急プラザ。その最上階にフラッグシップショップとしてオープンしたのがbills表参道店。リコッタチーズパンケーキは終日注文できる。

  • カフェカイラの特製パンケーキフルーツトッピング全部盛り

    カフェカイラ表参道店

    カフェカイラはスカイツリー近くにオープンしたパンケーキ店。ハワイ一の朝食を受賞したこともあるという触れ込みで3枚重ねのパンケーキにフレッシュフルーツがたっぷりのへルシーさが売り。2012年12月に表参道への移転した。

  • サラベスのリコッタチーズパンケーキ

    サラベス新宿

    「NYの朝食の女王」と鳴り物入りで登場。新宿ルミネ2階にあるオーガニック志向のレストラン。リコッタチーズパンケーキやボイルドエッグが人気。

ホテル系パンケーキ

1950年代から半世紀に渡り提供されてきた帝国ホテルのパンケーキ。月2000食出るホテルニューオータニのパンケーキなど伝統と格式のパンケーキは侮れない。

▼編集に関わりました。

帝国ホテルのパンケーキは焼き上がりの完成度が素晴らしい

海外勢が引っ張るパンケーキブームだが日本勢も負けていない!と思わされる一品。

月2000食も出るというニューオータニの特製パンケーキに引き続き帝国ホテルのパンケーキにチャレンジ。なんと半世紀に渡り提供されている伝統的なメニューなのだ。

インペリアルパンケーキ いちご添え 1,600円

初めて帝国ホテルのメニューに登場したのは、1953年、ライト館にあった「ガーデンバー」でした。以来、「コーヒーハウス」「ザ・テラス」「さいくる」「ユリーカ」、そして現在の「パークサイドダイナー」と場所は変わっても、根強い人気を保ってきたロングセラーです。 http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant_topic/113

帝国ホテル「インペリアルパンケーキ いちご添え」1600円

パンケーキが1600円、飲み物が800円くらいするので2500円コースですよ(゚A゚;)ゴクリ。しかしその価値はあった、と言えましょう。

この佇まい、只者ではない。均一な焼き色は相当修練を積んだはず。更に提供された瞬間香り立つ苺の新鮮な香り。

チーズ入りパンケーキロール レッドベリーソース1200円

パンケーキメニューに並んでいて我慢できなかったので頼んでしまったのがこちら、パンケーキ生地をクレープ上にしたパンケーキロール。絵だけでも満足だがチーズ好きな女性も満足なお味。

帝国ホテルのパンケーキメニュー

パンケーキが定番になっているからか、一ドル硬貨のように小さなパンケーキが円盤状に重なって出てくるDollar Pancakeなど選択肢が多い。

帝国ホテルでパンケーキを提供しているのはパークサイドダイナー

そのパークサイドダイナーは本館の1階にある。

帝国ホテル本館の案内板をチェック。

パークサイドダイナーの待ち行列は結構長いが、160席もある大型店舗なのでそれほど待たずに入れるはず。
http://30min.jp/place/525

クリスマスの帝国ホテル

ロビーのシャンデリアの下には立派なオーナメントが。

帝国ホテルロビーにはシャンデリアの下にオーナメントが

10組近い結婚式が行われており新郎新婦が続々記念撮影に降りてくる。
記念撮影する新郎新婦

大胆かつ繊細な飾り
オーナメント

その脇にはクリスマスツリーも登場
大きなクリスマスツリー

原宿・東京の有名パンケーキ店訪問記

パンケーキ記事が増えたので「原宿パンケーキ速報」というサイトに独立させました。

原宿・表参道は今、日本一のパンケーキ激戦区となっている。

従来からあったエッグスンシングス原宿店パンケーキデイズ原宿店外苑前の香咲、キャットストリートのuzna omom(ウズナ オムオム)に加え4月に相次いでオープンしたレインポーパンケーキ、東急プラザ表参道原宿最上階に旗艦店を構えた“世界一の朝食” bills表参道店、そして今月オープンした逗子のSUNDAY JAM。いずれもメディアに取り上げられた人気店ばかりだ。billsとSUNDAY JAMは徒歩5分の至近距離で両方トランジットジェネラルオフィス運営ということで意図的に「原宿・表参道エリアはパンケーキのメッカ」という戦略で密集させているものと思われる。

そして「開店即行列打ち切りの人気店」という実績を引っさげてカフェカイラ表参道、というわけだ。原宿・表参道を扱う当サイトではそれらを含め東京の有名パンケーキを制覇すべく食べ歩いているので参考にして欲しい。

  • みじんこのパンケーキ

    東京最強のパンケーキ10選

    2012年40店舗=週一以上食べ歩いた@hara19jpがセレクトした最強のパンケーキたち。みじんこ、#A、ミモザ、ピノキオ、帝国ホテル、VoiVoi、ニューオータニSATSUKI、San Francisco Peaks、リトルツリー。

メディアで人気のパンケーキ

最近TVで良く取り上げられているのは次の4店。「大島優子がお気に入り」のエッグスンシングス、「The Timesで世界一の朝食と評されブラッド・ピットらセレブの常連も多い」bills、「ハワイで一番おいしい朝食」カフェカイラ、「NYの朝食の女王」サラベスとキャッチコピーが付いている。

  • エッグスンシングスのパンケーキ

    エッグスンシングス原宿店

    ハワイの人気パンケーキ店エッグスンシングスのフランチャイズ店で108席と原宿でも最大規模ながら行列が途切れない。山盛りのホイップクリームを乗せたパンケーキが若い人に人気。

  • billsのパンケーキ

    bills表参道店

    原宿神宮前交差点のGAP跡にできた東急プラザ。その最上階にフラッグシップショップとしてオープンしたのがbills表参道店。リコッタチーズパンケーキは終日注文できる。

  • カフェカイラの特製パンケーキフルーツトッピング全部盛り

    カフェカイラ表参道店

    カフェカイラはスカイツリー近くにオープンしたパンケーキ店。ハワイ一の朝食を受賞したこともあるという触れ込みで3枚重ねのパンケーキにフレッシュフルーツがたっぷりのへルシーさが売り。2012年12月に表参道への移転した。

  • サラベスのリコッタチーズパンケーキ

    サラベス新宿

    「NYの朝食の女王」と鳴り物入りで登場。新宿ルミネ2階にあるオーガニック志向のレストラン。リコッタチーズパンケーキやボイルドエッグが人気。

ホテル系パンケーキ

1950年代から半世紀に渡り提供されてきた帝国ホテルのパンケーキ。月2000食出るホテルニューオータニのパンケーキなど伝統と格式のパンケーキは侮れない。

▼編集に関わりました。

クレヨンハウス青山は表参道で子供連れでも安心して入れるカフェ

前は何度も通っていたがここはクレヨンハウスの本店だったのですね。場所は表参道駅から徒歩5分ほど。1階はショップ、地下はカフェ「クレヨンハウス」で赤ちゃん連れのお母さんで賑わっている。

クレヨンハウスと言えば子供向けの本屋おもちゃ、雑貨を出しているブランド。そこに赤ちゃん連れで入れるカフェが併設されているのは自然なこと。

地下なので往来の目線を来にせずゆっくりできる。ベビーカーもOK。食事はオーガニック系のランチブッフェが人気のようだ。

青山フラワーマーケットのティーハウスは2週間ごとにテーマを切り替わる緑一杯のカフェ

昨年のクリスマスに青山フラワーマーケットのカフェ「ティーハウス」を訪れた写真からご紹介。

青山フラワーマーケットの本店は表参道交差点すぐ。
こじんまりとした本店の奥に進むと地下温室のような空間に机から壁から緑が生けられている。とても、ステキなのだ。ただ花屋に併設したお洒落カフェ、で終わらず2週間ごとにテーマを入れ替えるなどコンセプトがしっかりしている。

例えば、去年のクリスマス頃はこんな感じ。ポインセチアや薔薇、クリスマスツリーと全面に展開されていることがわかるだろう。

青山フラワーマーケットのティーハウスが良いのは雰囲気だけでなく食事も飲み物もレベルが高いこと。

寒かったのでフレンチトーストを。いい焼き色でしょう?

「本日の紅茶」に「ミントソーダ」。個人的にはハーブ系の飲み物がおすすめ。

http://30min.jp/place/2174628

花嫁憧れの結婚式場アニヴェルセル表参道の中を覗いてきた

アニヴェルセル表参道は宮崎あおいや今井美樹が式を挙げたことでも知られる有名結婚式場。隣接するオープンカフェ「アニヴェルセルカフェ」も表参道の風物詩だ。現在は2002年のイルミネーション中

カフェは別としてアニヴェルセルの式場は普段入ることができない。その結婚式でお呼ばれしないと入れない式場に年に一度入ることができる。

昨年アニヴェルセルの教会で聖歌コンサートをやるイベントに参加した際の様子をご紹介したい。

表参道アニヴェルセルカフェのイルミネーション

表参道のケヤキ並木に面したオープンカフェがアニヴェルセルカフェ。白人客などが座っているとパリのお洒落カフェそのままな雰囲気だ。

深夜23時過ぎまでやっていて、実は使い勝手が良い。冬はストーブが出るので見た目ほどは寒くない。週末は奥のアーチから披露宴を終えた新郎新婦が現れたり華やかな場所だ。
アニヴェルセルカフェ

昨年クリスマス頃の様子。式を挙げた思い出の場所が無くなったり変わったりしては困るでしょう?だから毎年同じ様子が見られるのも大事な要素。レストラン ウェディングだと「お店が無くなったりすることもあるから歴史と伝統ある場所の方が良いですよ」と言われたりします。なるほど。

アニヴェルセルカフェの隣のショップ入り口の白木のイルミネーションに高さ数メートルのオーナメントも立派。
アニヴェルセル入り口のイルミネーション

アニヴェルセル表参道で結婚式を

フランス語で「記念日」を意味するアニヴェルセルはカフェの奥に立派な結婚式場を持っている。むしろこちらの方が本命。

記念撮影に使われる大階段。ウェディングドレスの裾(トレーン)が綺麗に映える。後ろのステンドグラスと演出もばっちり。

尖塔もチャペルの雰囲気を出すのに必須でしょう。
  

ステンドグラスにパイプオルガン。チャペルは大きな建物ではないが清潔で高潔なデザイン。

さて聖歌コンサートの様子は撮影禁止なので無し。キリスト教式のウェディングだと牧師さんではない人がアルバイトでやっていたりするがアニヴェルセルの場合本職の宣教師さんがやってくれるそう。ご自分で歌い出したりなかなか愉快な方だった。

控え室で専属シェフによる軽食をいただく。まあ、ウェディングを考えているカップルへの営業の一環でもあるわけです。
 

カフェカイラのスカイツリー店の営業は11末で終了

スカイツリーへ行く用事があり、カフェカイラにも寄ってみた。表参道移転が発表されて店頭ではどうアナウンスされているのかな、と。入り口の扉に「次は表参道で」との掲示が貼られていた。

12月15日にカフェカイラ表参道店がオープンする、旨発表されている。

ハワイ一の朝食を受賞したパンケーキとの触れ込みで早い日は開店前の朝7時30分で当日の行列を打ち切るなどキャパ不足は明らかだった。表参道店は3〜4倍の客席を確保するという。

▼カフェカイラの表参道移転の張り紙

原宿・東京の有名パンケーキ店訪問記

パンケーキ記事が増えたので「原宿パンケーキ速報」というサイトに独立させました。

原宿・表参道は今、日本一のパンケーキ激戦区となっている。

従来からあったエッグスンシングス原宿店パンケーキデイズ原宿店外苑前の香咲、キャットストリートのuzna omom(ウズナ オムオム)に加え4月に相次いでオープンしたレインポーパンケーキ、東急プラザ表参道原宿最上階に旗艦店を構えた“世界一の朝食” bills表参道店、そして今月オープンした逗子のSUNDAY JAM。いずれもメディアに取り上げられた人気店ばかりだ。billsとSUNDAY JAMは徒歩5分の至近距離で両方トランジットジェネラルオフィス運営ということで意図的に「原宿・表参道エリアはパンケーキのメッカ」という戦略で密集させているものと思われる。

そして「開店即行列打ち切りの人気店」という実績を引っさげてカフェカイラ表参道、というわけだ。原宿・表参道を扱う当サイトではそれらを含め東京の有名パンケーキを制覇すべく食べ歩いているので参考にして欲しい。

  • みじんこのパンケーキ

    東京最強のパンケーキ10選

    2012年40店舗=週一以上食べ歩いた@hara19jpがセレクトした最強のパンケーキたち。みじんこ、#A、ミモザ、ピノキオ、帝国ホテル、VoiVoi、ニューオータニSATSUKI、San Francisco Peaks、リトルツリー。

メディアで人気のパンケーキ

最近TVで良く取り上げられているのは次の4店。「大島優子がお気に入り」のエッグスンシングス、「The Timesで世界一の朝食と評されブラッド・ピットらセレブの常連も多い」bills、「ハワイで一番おいしい朝食」カフェカイラ、「NYの朝食の女王」サラベスとキャッチコピーが付いている。

  • エッグスンシングスのパンケーキ

    エッグスンシングス原宿店

    ハワイの人気パンケーキ店エッグスンシングスのフランチャイズ店で108席と原宿でも最大規模ながら行列が途切れない。山盛りのホイップクリームを乗せたパンケーキが若い人に人気。

  • billsのパンケーキ

    bills表参道店

    原宿神宮前交差点のGAP跡にできた東急プラザ。その最上階にフラッグシップショップとしてオープンしたのがbills表参道店。リコッタチーズパンケーキは終日注文できる。

  • カフェカイラの特製パンケーキフルーツトッピング全部盛り

    カフェカイラ表参道店

    カフェカイラはスカイツリー近くにオープンしたパンケーキ店。ハワイ一の朝食を受賞したこともあるという触れ込みで3枚重ねのパンケーキにフレッシュフルーツがたっぷりのへルシーさが売り。2012年12月に表参道への移転した。

  • サラベスのリコッタチーズパンケーキ

    サラベス新宿

    「NYの朝食の女王」と鳴り物入りで登場。新宿ルミネ2階にあるオーガニック志向のレストラン。リコッタチーズパンケーキやボイルドエッグが人気。

ホテル系パンケーキ

1950年代から半世紀に渡り提供されてきた帝国ホテルのパンケーキ。月2000食出るホテルニューオータニのパンケーキなど伝統と格式のパンケーキは侮れない。

▼編集に関わりました。

表参道のお洒落なカフェにはお洒落なパンケーキがあった。ナンバー・エー(#A)

パンケーキのためなら表参道のお洒落カフェにも一人で入れる@hara19jp。正真正銘のお洒落ピーポーが集うカフェ「ナンバー・エー」のパンケーキはシロップしみしみで食べるといい。

「#A」と書かれていてどう読むのかと思ったら「ナンバー・エー(NUMBER  A)」。青山のランドマーク「Ao」の脇を入ってすぐ。

ソル・レヴァンテのご近所なので存在は知っていたがHanakoのパンケーキムックでパンケーキがあると聞いて初訪問。

シンプルパンケーキ / ナンバー・エー

ランチのシンプルパンケーキ950円にはシャンティクリームにメープルシロップが添えられている。シャンティクリームとは生クリームに砂糖を加えて泡立てたもの。

シロップでしみしみにして食べると至福。他にも黒っぽく色が珍しい「チョコ&ベーコンチップ」などパンケーキメニューがあり試してみたくなった。
シンプルパンケーキ950円 / ナンバー・エー

お洒落カフェ「ナンバー・エー」

夏など夜通りがかるとカウンターにお客がぎっしり入っていて青山・表参道民的お洒落人種になったら入れるかもな、という雰囲気。

昼ならそれほどでもないが客層はモデルさんやら秘書を連れた実業家さんやら普通に入ってきてちょっと気後れするかもしれない。

 ナンバー・エー外観

いつか、カウンター席に座ってみたいものですね。後ここはプリンが絶品らしいのだがランチで食べられるか調べないと。

ナンバー・エーのカウンタ

感想

お洒落カフェで程よい賑わい。客層も良い。

肩肘張らずに食べられるパンケーキを950-1200円なら安いもの。女子同士で恋話に花を咲かせたりデートで行くなどゆっくりしたい時におすすめ。

http://30min.jp/place/442877

Hanako特別編集 PANCAKE BOOK

パンケーキマニアとしては抑えておかないと行けないかなと思って購入。

半分以上はパンケーキレシピで気合が入っている。食べる専門の人向けには後半に店舗の紹介もある。

モスカフェ表参道店が表参道ヒルズの近くにオープン

モスバーガーを展開するモスフードサービスから、モスカフェ表参道がオープンするとのリリースがあった。場所は表参道ヒルズの脇の2階でテラス席もある。

モスカフェは現在(西銀座店、江ノ島店、銀座ナイン店、恵比寿東店、みなとみらい店)の5店舗を構えている。従来のハンバーガー以外にカフェごはん系、豊富なドリンク、スイーツやアルコールも楽しめるカフェ形態。

このエリアで遅い時間までやっているカフェというとアニヴェルセルカフェ、モントークだったが、モスカフェは7時〜23時/年中無休/89席ということで早朝から使える便利なカフェになるだろう。

オープンは11月15日予定。

雰囲気ある原宿のカフェでパンケーキを食べるならyaoがいい

これは普通に夜カフェで使いたい、と思う雰囲気のいいカフェ・ダイニングバーyao。原宿から代々木方面に行った明治通り沿いにある。

パンケーキ特集などで見かけていたyaoのパンケーキ、カフェタイム限定ということで15時〜18時と縛りがある。

ふわふわ3段重ねのパンケーキ

普通のパンケーキが3段重ねられているだけなのだが、yaoのパンケーキは華がある。クリームやアイスの盛りで立体的に見せている。

yaoのパンケーキごろっと実がこぼれ落ちる苺ジャムをかけてどうぞ。

yaoのパンケーキにジャムをかけて

夜カフェに使えるyao

yaoの外観はこんな感じ。建築もでこぼこしていて特徴があるのだが後で調べてみようと思う。

yaoの外観

天井が高くて、席の種類も沢山ありラウンジ風。大人数でソファでまったり、も対応可。

P1060885

テラス席もあり初夏などは特等席でしょうね。

P1060886

yao(ヤオ)/原宿駅/ダイニングバーの口コミ – 30min.

原宿・東京の有名パンケーキ店訪問記

パンケーキ記事が増えたので「原宿パンケーキ速報」というサイトに独立させました。

原宿・表参道は今、日本一のパンケーキ激戦区となっている。

従来からあったエッグスンシングス原宿店パンケーキデイズ原宿店外苑前の香咲、キャットストリートのuzna omom(ウズナ オムオム)に加え4月に相次いでオープンしたレインポーパンケーキ、東急プラザ表参道原宿最上階に旗艦店を構えた“世界一の朝食” bills表参道店、そして今月オープンした逗子のSUNDAY JAM。いずれもメディアに取り上げられた人気店ばかりだ。billsとSUNDAY JAMは徒歩5分の至近距離で両方トランジットジェネラルオフィス運営ということで意図的に「原宿・表参道エリアはパンケーキのメッカ」という戦略で密集させているものと思われる。

そして「開店即行列打ち切りの人気店」という実績を引っさげてカフェカイラ表参道、というわけだ。原宿・表参道を扱う当サイトではそれらを含め東京の有名パンケーキを制覇すべく食べ歩いているので参考にして欲しい。

  • みじんこのパンケーキ

    東京最強のパンケーキ10選

    2012年40店舗=週一以上食べ歩いた@hara19jpがセレクトした最強のパンケーキたち。みじんこ、#A、ミモザ、ピノキオ、帝国ホテル、VoiVoi、ニューオータニSATSUKI、San Francisco Peaks、リトルツリー。

メディアで人気のパンケーキ

最近TVで良く取り上げられているのは次の4店。「大島優子がお気に入り」のエッグスンシングス、「The Timesで世界一の朝食と評されブラッド・ピットらセレブの常連も多い」bills、「ハワイで一番おいしい朝食」カフェカイラ、「NYの朝食の女王」サラベスとキャッチコピーが付いている。

  • エッグスンシングスのパンケーキ

    エッグスンシングス原宿店

    ハワイの人気パンケーキ店エッグスンシングスのフランチャイズ店で108席と原宿でも最大規模ながら行列が途切れない。山盛りのホイップクリームを乗せたパンケーキが若い人に人気。

  • billsのパンケーキ

    bills表参道店

    原宿神宮前交差点のGAP跡にできた東急プラザ。その最上階にフラッグシップショップとしてオープンしたのがbills表参道店。リコッタチーズパンケーキは終日注文できる。

  • カフェカイラの特製パンケーキフルーツトッピング全部盛り

    カフェカイラ表参道店

    カフェカイラはスカイツリー近くにオープンしたパンケーキ店。ハワイ一の朝食を受賞したこともあるという触れ込みで3枚重ねのパンケーキにフレッシュフルーツがたっぷりのへルシーさが売り。2012年12月に表参道への移転した。

  • サラベスのリコッタチーズパンケーキ

    サラベス新宿

    「NYの朝食の女王」と鳴り物入りで登場。新宿ルミネ2階にあるオーガニック志向のレストラン。リコッタチーズパンケーキやボイルドエッグが人気。

ホテル系パンケーキ

1950年代から半世紀に渡り提供されてきた帝国ホテルのパンケーキ。月2000食出るホテルニューオータニのパンケーキなど伝統と格式のパンケーキは侮れない。

▼編集に関わりました。