「[表参道]ケーキ」カテゴリーアーカイブ

GLACIEL(グラッシェル)表参道の秋の新作発表会に参加

BLOGTIMES経由でGLACIEL(グラッシェル)表参道の新作発表会に参加。アントルメグラッセと生グラスの専門店で「アントルメグラッセ」とはアイスクリームでつくったリッチなデコレーションケーキのこと。暑い夏に、またクリスマスケーキに個性的なケーキを楽しめる。

GLACIEL(グラッシェル)表参道

表参道からチラっと行列が見えるGLACIELは東京ユニオンチャーチを曲がった先の一軒家。週末は並ぶので朝一か雨の日がおすすめとのこと。

日本では新ジャンルのスイーツ「アントルメグラッセ」はヨーロッパではフランスやベルギーなどで通年で親しまれている。既存のアイスケーキとの違いはやはりリッチなデコレーションケーキということ。パティスリーのパティシエが工房で手作りするケーキたちは華やかで立体的。一目でGLACIELとわかる個性がいいですね。

▼GRACIEL2014夏のスペシャリテ「マンゴーパッション」
GRACIEL2014夏のスペシャリテ「マンゴーパッション」

▼GRACIELの入り口看板。大きな看板やショーウィンドウはないので注意して。
GRACIEL表参道店

▼2階にはイートイン併設
GRACIEL表参道のイートイン

GLACIEL(グラッシェル)秋の新作!

江守宏之シェフ自らアントルメグラッセの説明をしていただいた。海外のコンクールでも賞を取った実力派で弁舌爽やか。顔が見えるお店というのはいいですね。9/1、10/1と順次発売される秋の新作はモンブランやジャックランタンなど秋の季節感豊か。

GRACIEL江守シェフ

GRACIEL「ルノー」

9/1発売の「ルノー」はオレンジとヘーゼルナッツを組み合わせたアントルメグラッセ。
GRACIEL「ルノー」

GRACIEL「モンブラン」

9/1発売。愛媛産マロンアイスクリーム、サブレ、くるみ入りのバニラアイス、マロングラッセをマロンシャーベットで包んで。
GRACIEL「モンブラン」

GRACIEL「カフェマエストロ」

9/1発売。イタリアジェラートコンクール受賞作品をアントルメ・グラッセに。くるみとコーヒーの生地。くるみ、サブレの入ったバニラアイス、深めにローストしたコーヒーアイスクリームキューブ。キューブがマンゴーのバージョンは夏限定商品で冒頭の写真。
GRACIEL「カフェマエストロ」

GRACIEL「バルーンドフリュイ」

ベリーソースを塗った生地にバニラアイスクリームとチョコレートパフの土台。バニラといちごのマーブルアイスを絞り、色とりどりのフルーツシャーベットで飾り付けした華やかな一品。
GRACIEL「バルーンドフリュイ」

GRACIEL「コクシネル女の子」

10/1発売。チーズとベリーのアントルメグラッセ。スフレチーズケーキ入りのクリームチーズアイスクリーム。ベリーのゼリーをマスカルポーネのシャーベットで包んで。定番のコクシネルの女の子バージョン。定番の方は赤いてんとう虫の奴ですね。
GRACIEL「コクシネル女の子」

GRACIEL「ジャックランタン」

ハロウィンのシンボル、お化けかぼちゃのアントルメグラッセ。10/1予約開始で500台限定。ココア生地にかぼちゃとバニラアイスの組み合わせ。
GRACIEL「ジャックランタン」

感想

オープン直後に訪問したものの記事にする前に冬になってしまい1年間寝かせていたのだが再び取り上げる機会をいただけてありがとうございます。今ショコラティエにしてもパティスリーにしてもあちこち支店があって「ココでしか食べられない」というものは減っている。そんな中「GRACIEL」は表参道だけで食べられるアイスクリームで作った華やかなデコレーションケーキ。

実店舗だとランチメニューにデザートでアントルメグラッセ3種盛りを食べ比べられる魅力があるのだがデコレーションケーキは見た目。ホールで祝い事や誕生日に楽しんで欲しいですね。全種類オンラインショップでも購入できるそうなのでどうぞ。

店舗の場所は
こちら

th_DSC_0078

太宰府スタバの隈研吾作品が青山にも!台湾のパイナップルケーキ「サニーヒルズ(SunnyHills)」が今週末オープン

隈研吾の太宰部スタバは店舗の入口から店内にかけて伝統的な木組み構造を用いた特徴あるデザインになっている。これを外観にも展開した個性的な建築が青山に誕生。台湾No.1のパイナップルケーキブランド「サニーヒルズ(SunnyHills)」の南青山店として使用される。サニーヒルズ(SunnyHills)のオープンは21日(土)。

SunnyHills at Minami-Aoyama概要

  • オープン:2013年12月21日(土)
  • 営業時間:11:00~19:00
  • 住所:東京都港区南青山3-10-20
  • 階数:3階建
  • 席数:1st floor (2階) 15席、2nd floor (3階) 9席 計24席
  • TEL:03-3408-7778
  • URL:http://www.sunnyhills.co.jp

隈研吾・南青山サニーテーブル現地の様子

太宰府のスタバは内装と入り口だけ木組みだったが、SunnyHillsの方は外観も木組みに覆われたインパクトある設計。プレスで出ている予想図ではきれいだが現地では電線などもあり綺麗な全体像は撮れなそう。
隈研吾・南青山サニーサイド

空が背景だとシルエットもくっきり。
隈研吾・南青山サニーサイド

木組みに接近してみた。金属で接合してるようですね。そんなに塗料感ないけれど腐食対策はどうしているんだろうか。何年かおきに塗り直す、には裏面もあるし構造が複雑。いずれ建築系で詳細が出るのを待ちたい。
隈研吾・南青山サニーサイドの木組み

場所は青山の結婚式場の前の道。
隈研吾・南青山サニーサイド

隈研吾・太宰部スタバの内装

ちょうど大宰府に行っている友人がいたので写真を提供してもらった。う〜ん大胆。スタバというとどこでも同じなイメージもあるけれど、東急プラザの「天空のスタバ」や藤原ヒロシがプロデュースした表参道B-SIDE店を始め個性をもたせた店、結構あるんですよね。
太宰府スタバの内装

週末は2時間待ち?!KuKuRuZa表参道のポップコーンを無事GET!!

えっKuKuRuZaそんなに並ぶものなの…週末通りがかって聞いてみたら「今2時間待ちですね〜」と。原宿のギャレット、表参道のKuKuRuZaと通りの両端に行列ができることになる。TV取り上げられた影響だろうがプレミアム系のポップコーンのブーム、来てる?

ギャレット、KuKuRuZa共シカゴから上陸したポップコーン店。日本のポップコーン市場は小さくて、コンビニのポテトチップスは棚1つ色々な味が出ているのにポップコーンは1種類くらいしか置かれてない。だからみんなポップコーンにも色んな味付けがあったりすることを知らない。そういう意味でギャレット、KuKuRuZaのように何種類も味付けがあるポップコーンが新鮮なのだろう。

これは先週末のKuKuRuZa前の行列。
KuKuRuZa表参道の行列

KuKuRuZa表参道の外観

ギャレットは原宿駅近くの路面店だがKuKuRuZaは表参道ヒルズの同潤会アパート部分にある。正直わかりづらい場所だが行列が目印になるだろう。お隣はアイスクリームのBen&Jerry’s。

平日は21時、週末は22時まで営業しているので20時以降などの遅い時間ならほぼ並ばずに入れておすすめ。
KuKuRuZa表参道の外観

KuKuRuZaポップコーンのメニュー

KuKuRuZaではレギュラーの8種類とシーズンごとに2種類の10種類のポップコーンが楽しめる。今は秋限定のパンプキンとビネガー&ソルトが出ている。
KuKuRuZaポップコーンのメニュー

ガロン缶がディスプレイされたKuKuRuZa店内

ガロン缶と言っても1つの味ではなくて、3-4種類の味の詰め合わせになる。ので、湿気るとかは気にしなくて大丈夫。
ガロン缶がディスプレイされたKuKuRuZa店内

10/12からハロウィン限定缶が発売されている。4種類の詰め合わせセット。
KuKuRuZaポップコーン

オペレーションはスムーズだが店内は狭い。
IMG_8197

KuKuRuZaポップコーンのショーケース

ポップコーンの粒が大きい!これはキャラメル系かな。
KuKuRuZaポップコーンのショーケース

KuKuRuZaポップコーン

ハワイアンソルト・キャラメル、ビネガー&シーソルト、ブラックラズベリーを頼んでみた。手前のピンク色のポップコーンがブラックラズベリー。

ハワイアンソルトは少し塩が強いけどアリ。ビネガー&シーソルトは塩が強すぎて唇がヒリヒリするくらいで無し。ブラックラズベリーは甘めでアメリカ~ンな気分になれる。当たり外れがあるようなので塩っぱいのじゃない系を選んだ方が良さそうだ。
KuKuRuZaポップコーン

ピエール・エルメからコーヒーがテーマのFETISHケーキ!

何の因果か会社から一番近いケーキ屋がピエール・エルメ。身内に祝い事があったので奮発してホールケーキを頼んでみた。ピエール・エルメでは2006年から毎月ひとつの”好きでたまらない”アイテムをクローズアップしていく<FETISH>という期間限定のフレーバーを展開している。今月は“Fetish Infiniment Café”ということでコーヒーがテーマとなっている。

先月のFetishはピエール・エルメの代名詞”イスパハン”。チーズケーキ・イスパハン食べてみたかった…。さて今回のInfiniment Café、ピエール・エルメがコーヒーの無限の可能性を試す、という感じだろうか。L’Arbre à Caféの創立者クルティ氏とのコラボでインスパイアされタルトやミルフィーユ、シュークリームなどに落としこんでいる。

ミルフィユ アンフィニマン カフェ イアパール ルージュ デュ ブレジル

メニュー名長い…。コーヒー風味のヌガーがビジュアルのアクセントになっている。大人な外観だがヌガーのコーヒー味が前面に出たパワフルなミルフィーユ。マスカルポーネは自然な甘みが出てお上品に。

カラメリゼしたパイ、ブラジルコーヒー風味マスカルポーネクリーム、ブラジルコーヒー風味ヌガティーヌ

ピエールエルメのコーヒーのミルフィーユ

ピエールエルメのコーヒーのミルフィーユ

モカのホールケーキ

ミルフィユの大きなサイズもあるのだがきれいに切り分けるのが難しいのでホールケーキはスポンジ系生地を選んだ。シフォンケーキのように軽めの生地に外壁のモカのプレートがおいしい。全体に軽めなので午後の紅茶にいいと思う

ブラジルコーヒー風味ジェノワーズ、ブラジルコーヒー風味クレーム、パティシエール、ブラジルコーヒー風味シャンティクリーム、ブラジルコーヒー風味サブレ

ピエールエルメのMokaホールケーキ

【子供向け】原美術館xピエール・エルメの復活祭イベント

毎年恒例、品川の原美術館とピエール・エルメの復活祭イベントが参加者募集中だ。3月30日(土)に原美術館の中庭で開催。20人限定なのでお早めにどうぞ。

キリストの復活を祝う復活祭では庭に隠した卵やうさぎのチョコレートを子供が探す、というゲームを楽しむのだがそのチョコレートをピエール・エルメが提供している。

ヨーロッパの家庭では復活祭の日に、大人が庭に卵やうさぎのチョコレートを隠し、子どもたちがそれを探して遊ぶというゲームを楽しみます。
「ピエール・エルメ・パリ」と「原美術館」は、パックの伝統の素晴らしさを日本の皆様にも知っていただきたいという思いから、去年に引き続き、この伝統行事を原美術館のお庭で開催します!参加者にはバスケットを手に、お庭に潜んだイースターエッグやバニーを探し歩いていただきます。ホールでは、復活祭のヒストリーやチョコレートの展示、さらには、フランス人のパティシエにより、子どもたちも参加できるワークショップを開催します。ゲームを楽しみながら、五感をフルに使って、復活祭の文化と伝統にふれてみませんか?子どもから大人まで笑顔になる、楽しいイベントです。ぜひ、ご家族でいらしてください。

http://www.pierreherme.co.jp/paques2013/event/

今日はちょっと良いことがあったので、ピエール・エルメのミルフィーユを。

P1090616

原美術館xピエール・エルメの復活祭イベント概要

  • タ イ ト ル :“Pâques” 復活祭 2013あなたのうさぎはどこ?~アートを見てチョコレートを探そう~
  • 内容 :
    美術館のギャラリーガイドや伝統行事のイベントを通して、「芸術や文化が日常にある生活」をより身近に感じてもらうことを目的とした、子供対象の体験型イベント
    ■原美術館にて開催中の「ソフィ カルー最後のとき/最初のとき」 のギャラリーガイド
    ■あなたのうさぎはどこ?
     ~ヨーロッパ家庭の伝統に倣ってお庭でチョコレートを探そう~
    ■復活祭ってなぁに?
    ~展示を見て、復活祭の伝統と歴史を楽しく学ぼう~
    ■チョコレートのワークショップ
    ~パティシエと一緒に甘くて美味しい体験をしよう~
  • 開催日:2013年3月30日(土) ※雨天決行
  • 場所:原美術館
  • 対象:3歳~12歳以下の子供。(大人のご同伴可)※2人以上のお子様がいらっしゃる場合でも1家族1組での参加をお願いたします。
  • 詳細・申込み:http://www.pierreherme.co.jp/paques2013/event/

ピエール・エルメのバレンタイン ディスプレイが子供が泣くレベルな件

ピエール・エルメ青山のショーウィンドウ、毎回趣向を凝らしていて楽しみにしているのだが、これは恐い。子供、泣く。

たまには軽いネタということでピエール・エルメ青山のディスプレイをご紹介。今バレンタインデーのお面とマカロンのタワーがお目見えしている。

プティ マスク アート プルミエとは

パリの旧アフリカ・オセアニア国立美術館(ケブランリ美術館)所蔵の古来より伝承される本物のお面を型取りしたマスク型チョコレート。 ピエール・エルメらしく、ショコラをダイナミックに表現した存在感のある作品です。 オンラインショッピングでは、プティサイズの「プティ マスク アート プルミエ」8個詰合わせを今年もお届けいたします。(公式サイトより)

千と千寿に出てくるこれにしか見えない!

頭(かしら)

湯婆婆に仕える、緑色の頭だけの怪物。中年のおじさんのような容貌で、跳ねたり転がりながら移動する(舞首の一種ではないかと推測される)。『オイ』としか話すことができず、作中では銭婆の魔法によって前記の坊に扮する場面が描かれている。いつも三つ一緒に行動している。(Wikipediaより)

ピエール・エルメ・パリ青山のプティ マスク アール プルミエ

ピエール・エルメのマカロンタワー

Q-pot. Cafe表参道:精巧なデザートのアクセサリで有名なQ-potが本物のデザートに!

アクセサリブランド「Q-pot.」が「Q-pot Café.(キューポット カフェ)」を表参道にオープンした。場所はQ-pot.表参道本店の向かい。

Q-pot.はワカマツタダアキ氏のデザインによるマカロンやチョコレート、アイスクリームなどスイーツをモチーフにした精巧なアクセサリで知られるブランド。「Q-pot Café.(キューポット カフェ)」はブランド10周年を記念したものでアクセサリーのモチーフが本物のスイーツとなって登場する。

更に「 SE“Q”RET ROOM(シークレット・ルーム)」と名付けられた予約制の部屋ではスイーツのフルコースが提供される。(3部制、1-4名まで、一律2万)。

カフェとテイクアウト両方可能だがホイップクリームを使ったカップケーキなど作りが繊細なのでその場で食べることをおすすめする。

Q-pot Café.(キューポット カフェ)

Q-pot Cafeは普通のビルの1階部分を大幅に改装して作りこまれている。世界観を大事にしたブランドだけに、よく作りこんである。

P1050833

一例を挙げれば、入り口のドアの正面にはブランドのモチーフでもあるPotの大きな飾りで期待を持たせる、という具合。

P1050831

コアなファンもいて混んでるかと思ったが月曜夕方に入店した所普通に入れるようだ。日中も特に行列はしなかったらしい。内装も照明から壁紙から椅子から世界観が統一されていてファンも満足できるだろう。

IMG 8379

Q-pot Cafeは手提げ袋からかわいい

テイクアウトしてみたが手提げ袋がまずかわいい。中のケースも錠前のイラストと抜かりない。

IMG 8383

Q-potのベリーマカロンはアクセサリそのままのリアルさ!

Q-potのアクセサリは6000-8000円くらいするので680円なら十分の一でお得!と思うかご近所の名店ピエール・エルメ・パリのケーキと同じ価格帯だと考えると強気だなーと思うかは分かれるところだろう。スイーツとしての評価は別として、造形はいい出来だと思う。

P1050926

参考に、Q-potのアクセサリを貼っておくので見比べてみて欲しい。

マカロンデー2012夏至の明日、ピエール・エルメが各店でマカロン無料配布

ピエール・エルメのマカロン、お礼で人に買ったことはあるのですが自分用にはなかなか手が出ない @hara19jpです。こんばんは。

とはいえこのエリアではピエール・エルメ青山店、先日オープンしたヒカリエ店がありますので触れないわけにはいきません。

そう、毎年夏至は「マカロンデー」と銘打ってチャリティを行うとともに店頭で無料でマカロンを配布するんです!

ピエール・エルメの「マカロンデー」

元々フランスで7年前から続いている難病支援のためのチャリティだったが、日本においてはマカロンの認知をあげるために店頭でマカロンを無料配布するイベントを行なってきた。

今年は募金箱を設置。また「リカちゃん」が広報大使に就任するとともに限定マカロン“Macaron Licca”(294円)を青山限定で販売。各店でマカロンデーを記念して販売される「Initiation」の売上げと併せNPOに寄付する。

青山ブティックのリカちゃん

ヒカリエでも配布する。

ピエール・エルメのケーキも評価が高い

先日貰ったピエール・エルメ大丸東京店のマカロン

IMG 6762

『MACARON DAY マカロン デー』6月21日(木)開催決定!(12.05.02)

経緯は公式ページがよくまとまっていたのでそちらを参照ください。

フランスでは、難病に苦しむ子どもたちのための寄付金集めを主たる目的として、7年前から毎年『マカロンデー』(仏語では“Jour du Macaron”)の行事が催されています。もともとはピエール・エルメが自身のブティックでささやかな形で始めた活動でしたが、現在では、ルレ・デセール会員の多数が参加する大々的なチャリティーイベントになっています。

一方、当時の日本においてはまだマカロンに対するなじみが薄かったため、ピエール・エルメ・パリでは本場の味を広く知っていただきたいという願いをこめて、エイプリルフールに店舗にいらっしゃるお客様にマカロンの無料サービスをしておりました。その後、このお菓子に対する一般の認知度が高まって来たことを受けて、ルレ・デセールの日本メンバーと協力し合いながら、夏至の日を『MACARON DAY マカロン デー』に定めて活動を展開しています。そして、ピエール・エルメ・パリでは今年、「リカちゃん」にマカロン デーの広報大使(アンバサダー)を務めてもらって楽しさを盛り上げます。

http://www.pierreherme.co.jp/topics/

『MACARON DAY マカロン デー』開催概要

●タイトル:MACARON DAY マカロン デー
●開催日:2012年6月21日(木) (今年の夏至の日)
●キャンペーン期間:2012年6月1日(金)~ 6月21日(木)
●オペレーション
・「リカちゃん」の広報大使就任を記念した限定マカロン“Macaron Licca”(1個¥294 税込)の販売。収益金を『認定NPO法人 難病のこども支援全国ネットワーク』に寄付。(青山限定)
・「リカちゃん」によるマカロンデーについてのガイダンス。
・募金箱の設置。全額を『認定NPO法人 難病のこども支援全国ネットワーク』に寄付。(青山限定)
・マカロンデー限定ギフトボックスの販売。(全国の直営ブティック、オンラインショッピング売上の一部を『認定NPO法人 難病のこども支援全国ネットワーク』に寄付。
・マカロンの無料サービス。(「マカロン デー」当日の6月21日のみ、一部店舗をのぞく)
・チャリティーイベント「マカロンナイト」(6月21日)も開催予定。
※販売期間、店舗などは変更になる場合がございますので必ずお問合わせください。
※ルレ・デセール所属の各ブティックでの開催内容につきましては、直接各店舗へお問合わせください。