代々木ビレッジが今日11時にオープンする。

レストランを展開するkurkkuがコンセプトを小林武史、総合プロデュースを大沢伸一、インテリアデザインに片山正通を迎えるという豪華布陣の商業施設だ。

メインレストラン「code kurkku(コードクルック)」のプロデュースは京都でもっとも予約がとりにくいと評判のイタリアンレストラン「イル・ギオットーネ」オーナーシェフ笹島保弘が担当する。

また特徴的なのは敷地の敷地の大部分を占める庭には花・植物生産卸業“花宇”5代目、西畠清順が全面プロデュース。彼のブログを読むと世界中に出かけて高山の風雨に耐えてねじれ曲がった木などの珍しい木を調達するというちょっと他では見られない木たちが迎えてくれそうだ。

hara19.jpではオープン当日の様子をレポート予定。


@ysakaki

@ysakakiは東京のブロガー。原宿勤務になった2010年からhara19.jp(はらじゅくどっとじぇいぴー)を運営。在勤のメリットを活かして街の変化を観察し、現場からの記事をお届け。原宿・表参道はパンケーキの激戦区ということで詳しくなり仕事でパンケーキのサイトや世界文化社から出版された「行列ができるパンケーキショップ101」にも関わる。