代々木で食べログ評価の高いカレー屋「camp」で「一日分の野菜カレー」を食べてきた。

「camp」は同じブロックに松屋、隣にカレーのココ壱番があるという激戦区でタメを張っているので美味しいに違いないと思っていた。

普通のカレーではなく野菜具沢山ののスープカレー、という感じ。

サイドメニューを頼むとお高いけど単品なら900円程度なのでこの材料ならお得だ。

野菜を食べるカレー、というのが売りらしい。地下階に玉ねぎやトマトが山積みになっていて期待が高まる。

店内は店員がキャンプハットでアウトドアのキャンプのモチーフで統一されている。

飯ごう炊さんにランプ、水は水筒とキャンプグッズ満載。

これが「一日分の野菜カレー」にトッピングの鶏を加えた通称「完食カレー」。溢れそうな野菜にびびった。

出てきた時は食べられるかな、と不安になるがルーはあっさりしておりカレーというより野菜スープっぽい感じで問題なかった。一人暮らしの若い男性にはおすすめなお店だ。


@ysakaki

@ysakakiは東京のブロガー。原宿勤務になった2010年からhara19.jp(はらじゅくどっとじぇいぴー)を運営。在勤のメリットを活かして街の変化を観察し、現場からの記事をお届け。原宿・表参道はパンケーキの激戦区ということで詳しくなり仕事でパンケーキのサイトや世界文化社から出版された「行列ができるパンケーキショップ101」にも関わる。