今日は僕が大好きなフリーペーパーその名も「下痢」を #ponponpain な皆様にご紹介したい。

お腹ユルユル族のためのフリーペーパーフリーペーパー「下痢」は「下痢もまんざらじゃない」がコンセプト。「下痢」をユーモアで扱う所がいいね!

内容は連帯感、ドラマ、知識の三本柱コンテンツ。「下痢」症例別キャラクター、下痢の切り抜け方インタビューを通じて下痢体験のあるある空間を生み出す。

ポケットティッシュに挟んで配るというアイデアも素晴らしい。トイレつながりで紙に、ということらしい。

ポケットティッシュという媒体にすることで手にする名分を与え、ノベルティグッズとして配布を行っている。

作者の「おなかユルユル族さん」は女性一人で作っているらしい。

ご自身もおなかユルユル族で下痢に悩まされていたものの、ある日そこまで仲良くない友達と下痢トークですごく盛り上がって、「下痢もまんざらでもないんじゃないか?」と気づいちゃったそうです。
なんか、下痢というネガティブなものをポジティブにとらえている感じ、なんともいえずすきでした。
今後も「痔」や「胃痛」をシリーズ化して発行するそうです。
http://reep.naganoblog.jp/e636752.html

OnlyFreePaper関連記事

勤務先のご近所なのでちょくちょく記事にさせていただいている。置かれているフリーペーパーは入れ替わりが早いのでいつ行っても新鮮。

PEN 3/1号 No.285

なお「OnlyFreePaper」さんが現在発売中の雑誌「PEN」の表紙になっているので近くの書店・コンビニへGO!

【送料無料】Pen (ペン) 2011年 3/1号 [雑誌]

【送料無料】Pen (ペン) 2011年 3/1号 [雑誌]
価格:600円(税込、送料別)

その道ひと筋の「こだわり」を探しに、 専門店へ行こう。

セレクトショップが進化し、ウェブショップも台頭したいま、
つい見過ごしてしまいがちなのが、
その道ひと筋で店を構えた「専門店」という存在だ。
深い知識と偏愛に満ちた店主がいて、
その世界を網羅する商品が並び、
そこに行けばたいていのことがわかってしまう……
そんな専門店というスタイルは、
巧みに品揃えをしたイマドキの店と比べると、
すこし時代遅れに見えるかもしれない。
けれどもその分、他の店には代えがたい、
ユニークな魅力をもっていることは間違いない。
今号のPenは、東京&世界中の専門店の数々に
スポットライトを当てます!
http://pen.hankyu-com.co.jp/



@ysakaki

@ysakakiは東京のブロガー。原宿勤務になった2010年からhara19.jp(はらじゅくどっとじぇいぴー)を運営。在勤のメリットを活かして街の変化を観察し、現場からの記事をお届け。原宿・表参道はパンケーキの激戦区ということで詳しくなり仕事でパンケーキのサイトや世界文化社から出版された「行列ができるパンケーキショップ101」にも関わる。

1件のコメント

Tweets that mention おなかゆるゆる族のためのフリーペーパー「下痢」を紹介するぜ! -- Topsy.com · 2011.02.21 13:23

[…] This post was mentioned on Twitter by ysakaki, ysakaki and 櫻井達生, ひでみつ. ひでみつ said: RT @ysakaki: 回覧! おなかゆるゆる族のためのフリーペーパーフリーペーパー「下痢」を紹介します http://bit. […]

コメントは受け付けていません。