六本木の尾前ゼックス(尾前XEX)はデート、接待におすすめ

番外編で六本木の尾前ゼックス(尾前XEX)へ行ってきた記録。

レストラン尾前ゼックス (restaurant omae XEX)はミシュランガイド2008,2009やザガットサーベイ2009にも掲載されている高級鉄板焼き店。

「ノースリーブ、ハーフパンツ、サンダルでのご来店はご遠慮いただいております(男性のみ)」、食べログの利用シーンでも「接待」「デート」の二択。平均利用価格が15000〜19000円ということで超高級ではないにしろ特別な日に使いたい所。

正直XEXの読み方も知らない庶民だったので利用機会無さそうだったが食べログのお陰でいい体験ができた。「食べログチケット」の第一弾ということでいい店を出してきたようだ。

「尾前XEX」の極上素材鉄板焼きフルコース:概要

「尾前XEX」で神戸牛や伊勢海老の鉄板焼きフルコース15000円が半額だったので申し込んでみた。詳細はリンク先参照。

http://r.tabelog.com/ticket/tokyo/1/
食べログ高評価!国内外のセレブが訪れる「尾前XEX」の極上素材鉄板焼きフルコース15,000円が7,500円の50%OFF!

[PR]

「尾前XEX」の極上素材鉄板焼きフルコース:料理

▼三点盛(ボッコンチーニの茶碗蒸し、季節のエスプーマ、海鮮寿司)
最初の一品がさっぱり系なのはいい。彩りも鮮やかで出てくる料理に期待が膨らむ感じ。

▼甘海老のタルタル、海水ジュレと7種類の薬味添え
黒いのはキャビア。ヘラでありがたくいただく、という寸法。

▼岩カキのさっぱり焼き 木の子と共に

▼右手に厚い牛肉が!!!火の通りに時間がかかるということで序盤から登場する。

▼活伊勢海老 鉄板焼
活、なので生きててビチビチしてる奴をサックリ包丁を入れて、という料理過程を一通り。鉄板焼きということで半円形のステージのようなカウンター席で、料理人が目の前で手さばきを見せてもらえるというのはいい体験だった。

伊勢海老の中華ソース風。

▼新鮮葉野菜のバ-ニャカウダ カニ味噌を入れたソ-ス
次がメインということで一旦舌や食感をリセットされていいね。

▼ドライエイジングビーフと神戸牛の食べ比べ~釜焼き玉葱、マッシュポテト~
エイジングということで仕込みに日数がかかるのだろう、予約を入れた際は注文が多くてその日は用意できない、とのことだった。私の方が日程を優先したかったので代わりの肉を用意してくれるという話になっていたが、実際は普通にドライエイジングビーフが出てきた。食べ比べられるほど高級な舌は持ってないけれど、美味しかったですよ(笑

▼ガーリックライスと味噌汁
締め。先ほどの伊勢海老君が再登場。見た目が凄くリッチ。

我々が最後の客だったので最後に鉄板焼きのカウンターをパチリ。格好いい!

尾前XEX2階のラウンジ

さて尾前XEXの名物はここから。2階には暖炉を有するソファーラウンジがあってデザートはそちらでいただくという趣向。

いやーエロい!けしからん。女性陣からもデートなら落ちるわと言われております。私は人生相談聞いて帰ってきましたが。



[PR]

まとめ

この記事を書くために元のチケットを見直したが、尾前XEXについては看板に偽り無し。

  • 新鮮な伊勢海老→活伊勢海老を目の前で調理
  • 山海のゴージャスな食材→キャビア、エビ、牛、牡蠣が登場
  • 豊かな美味とシェフの技→カウンター席で調理風景を堪能

ということで事前の謳い文句が実際に提供されていた。また(場所がわかりにくいのもあるが)店前でスタッフが待っていて迎え入れてくれる所も導入として効果的。高級店だと萎縮して楽しめなかったりするがずっと同じスタッフが付いたり、打ち解けた頃に小話を披露してくれたりフレンドリーよりな接客なのも良かった。料理名をスラスラと読み上げてお終い、という店よりは好み。

もう一度行くか?と言われると金額的にすぐには行けない、という答えになるがでは重要なデートや接待に使う店を下見もせずに使えるか、という鶏卵な話もあって、そういう意味では告白を控えたデートだの記念日だのお偉いさんの接待などでは使える店、として選択肢の一つになった。

きめ細かく上品な甘みのある赤身、脂肪の風味、香りと溶け合うハーモニーの神戸牛や新鮮な伊勢海老など、山海のゴージャスな食材がふんだんに盛り込まれたボリューム満点のフルコース。豊かな美味とシェフの技をご堪能ください。

関連ランキング:ステーキ | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

↓ランキングに参加中!応援ぽちありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

新着記事:

Powered by WordPress. Designed by Woo Themes