立ち食い&ステーキグラム売り方式が話題のいきなりステーキ渋谷店がオープン、さっそく行ってきた。いきなりステーキ渋谷店のランチメニューは300gのステーキorハンバーグのセットで1000円〜。

いきなり本題だがいきなりステーキはペッパーランチのペッパーフードサービス社の新業態。銀座では立ち食い&高回転で価格破壊を実現した俺のフレンチに勢いがあり似た業態で参入している。

いきなりステーキの300gステーキ

いきなりステーキは300g以上が基本!

俺のフレンチの場合ボリューム2倍、価格は半額と4倍相当のコスパだがいきなりステーキはボリュームが売りなんですね。グラム売りと言うから高い先入観があったが肉はそこそこ、ボリュームは倍という構成。店舗増やす前提で堅実な採算ラインなんでしょう。

20140623-082225-30145044.jpg

いきなりステーキのランチメニュー

グラム売りと言われても何グラムがいいか困る訳で300グラムのランチメニューが用意されている。薄い肉を上手に焼くのは難しいから一理ある。

いきなりステーキのランチメニュー

いきなりステーキの300gステーキ

注文して5分くらいで出てくるので早い。肉質には印象ないものの普通ハンバーグが120gとか180gの中で300gはインパクトあり。ちまちま大盛りにするより話題になりそう。

次はグラム売りの銘柄肉のステーキにチャレンジしてみようと思う。

いきなりステーキの300gステーキ

いきなりステーキ渋谷桜丘店の店内

俺のフレンチ的な立ち食い式。立ちそば風で特に違和感はない。
いきなりステーキ渋谷桜丘店の店内

いきなりステーキ渋谷桜丘店

場所は渋谷桜丘の交差点そば。雑居ビルの二階。
いきなりステーキ渋谷桜丘店

いきなりステーキ渋谷桜丘店


@ysakaki

@ysakakiは東京のブロガー。原宿勤務になった2010年からhara19.jp(はらじゅくどっとじぇいぴー)を運営。在勤のメリットを活かして街の変化を観察し、現場からの記事をお届け。原宿・表参道はパンケーキの激戦区ということで詳しくなり仕事でパンケーキのサイトや世界文化社から出版された「行列ができるパンケーキショップ101」にも関わる。