国立競技場の最後を飾るブルーインパルスの展示飛行はIT企業の多い外苑前、表参道、渋谷を通過したため多くのカメラに捉えられた。東京五輪の開幕式で五輪を描いたブルーインパルスが国立競技場の最後を彩った。

ブルーインパルスの飛行プラン

5/31の国立競技場最終日のイベント。それに備えて前日、当日の2回ブルーインパルスが飛行した。事前に飛行プランが明らかにされていたため多くの人びとが見ることが出きたようだ。具体的には埼玉の入間基地を飛び立ったブルーインパルスは池袋と三軒茶屋を結ぶ直線を往復する。市ヶ谷の防衛省上空、外苑前の国立競技場、青山通りを直進して表参道、渋谷を抜けるわかりやすいコースだった。

六本木ヒルズ屋上スカイデッキから。

代々木のドコモビルを通過するブルーインパルス

 
原宿

これは胸熱!青山通りのAo上空を通過するブルーインパルス。

渋谷AXから

渋谷宮益坂

渋谷駅

ヒカリエ上空。直進してくる構図。

ヒカリエと一緒に映り込むブルーインパルス

ヒカリエを後にするブルーインパルス

渋谷駅のマークシティー上空を通過

代官山を通過

二周目に向け旋回するブルーインパルス

いいポジション!!

2周目に戻ってきたブルーインパルスが109と共に映る。

埼玉・入間駅に帰投。

本番の今日、国立競技場上空を通過するブルーインパルス。

カテゴリー: 原宿・表参道・青山

@ysakaki

@ysakakiは東京のブロガー。原宿勤務になった2010年からhara19.jp(はらじゅくどっとじぇいぴー)を運営。在勤のメリットを活かして街の変化を観察し、現場からの記事をお届け。原宿・表参道はパンケーキの激戦区ということで詳しくなり仕事でパンケーキのサイトや世界文化社から出版された「行列ができるパンケーキショップ101」にも関わる。