運行できなくなった電車が乗客を線路に降ろす話は聞くがなんと座席を外して避難用の梯子にするんだ、と新鮮。8月11日(日)午後、多摩地方は強烈な雷雨に見まわれ京王線に信号故障が発生。再開の目処が立たないため乗客を線路に降ろして歩いてもらう処置を取った。

時事ドットコム:京王線、落雷停電で運転見合わせ=6時間半後に再開

11日午後2時55分ごろ、京王線で落雷による停電が発生し、全線で運転を見合わせた。順次運転を再開し、約6時間半後に全線で復旧した。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013081100169

京王線が落雷で信号故障

多摩地方で局地的な雷雨に見舞われた。

イスを使って乗客を降ろす様子

雨だったらどうするんだとか、満員電車だったら元気な人から降りてもらって空いたら座席を使うのかなとか色々興味深い。

暑い中災難だったが一度やってみたい感ある。

カテゴリー: 京王線

@ysakaki

@ysakakiは東京のブロガー。原宿勤務になった2010年からhara19.jp(はらじゅくどっとじぇいぴー)を運営。在勤のメリットを活かして街の変化を観察し、現場からの記事をお届け。原宿・表参道はパンケーキの激戦区ということで詳しくなり仕事でパンケーキのサイトや世界文化社から出版された「行列ができるパンケーキショップ101」にも関わる。