プライドを打ち出した広告いいよね。Hondaの駅貼り広告

Hondaのショールームがある青山一丁目駅の広告「答えを出す」から。企業がプライドを語る系、好きかも。

本田宗一郎が「本田技研工業」と名付けたようにHondaは元々車限定のメーカーでは無かった。ロボットでもジェット機でも可能ならなんでも作る。その理念は失われていない。技術の会社は、技術で答えを出す。

50周年ということで設立理念に立ち戻る趣旨かもしれないがHondaの実績で語られると説得力がある。

企業のプライド系

ほこ×たての看板対決、金属対ドリルで金属が割れてしまって引き分けとなったことがあった。その時ドリル側メーカーが『金属をお客様が要望通り「加工」するのが我が社の仕事だから割ってしまっては負け』的な発言をしたのが印象に残っているが似た感じ。

↓ランキングに参加中!応援ぽちありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

新着記事:

Powered by WordPress. Designed by Woo Themes