辻元清美議員が阪神大震災で反自衛隊ビラを撒いたと中傷した産経新聞に名誉毀損で賠償命令の判決が出る

辻元清美議員が産経新聞社と執筆した記者に名誉毀損による損害賠償などを求めた訴訟の判決で東京地裁は22日、名誉毀損を認定し産経新聞社側に賠償を命ずる判決を出した。

名誉毀損が認定されたからと言って辻元氏の受けた損害が回復されるものでは無いが、法廷の場で事実認定が出たことは重要な一歩と思う。

産経新聞に賠償命令 辻元議員の批判記事、名誉毀損認定

幾つかのメディアで取り上げられていますがとりあえず朝日新聞報をご紹介。

斎藤清文裁判長は「辻元氏らへの取材を一切せず、真実と認められない内容の記事を掲載した」などと述べ、名誉毀損(きそん)による賠償責任を認めた。

問題とされたのは、2011年3月16、21日付朝刊に掲載されたコラム。辻元氏がかつて阪神大震災の被災地で「反政府ビラをまいた」などと指摘。辻元氏を災害ボランティア担当の首相補佐官に任命した菅直人首相(当時)の判断を「ブラックジョーク」と批判した。
http://www.asahi.com/national/update/0322/TKY201303220346.html

安易にデマに加担した産経新聞、裁判所にばっさり切られる

ご本人のサイトから引用します。必要がある方は(平成24年(ワ)第1229号謝罪広告掲載等請求事件)だそうなので直接あたっていただければ。

太線部分は私によるものですが大雑把に「名誉毀損であった」という話ではなく、明確に「辻元清美が阪神淡路大震災の際に、被災地で反政府ビラを撒いた」「辻元清美が、カンボジアで復興活動中の自衛官に『コンドーム持っているでしょう』という言葉をぶつけた」という内容は事実ではない、と否定している。

判決では、「辻元清美が阪神淡路大震災の際に。被災地で反政府ビラを撒いた」「辻元清美が、カンボジアで復興活動中の自衛官に『コンドーム持っているでしょう』という言葉をぶつけた」とした2つの記事について真実性・相当性が認められないことについて明確に認定している上に、被告記者の供述や陳述書などで述べられた内容について、直接見聞したものではなく、客観的な証拠もないとして採用を退けました(11ページ)。

辻元清美らが被災地で発行・配布していた「生活情報かわら版・デイリーニーズ」についても、「炊き出しの場所や時間、安否情報及び医療情報等の被災地の日常の情報が記載された情報誌」であり、反政府ビラではない、と認めています(12ページ)。この「デイリーニーズ」では、当時御蔵小学校などで行われていた自衛隊の入浴支援情報も提供しており、そもそも辻元清美及びピースボートのメンバーが当時、救援活動の妨げとなる上記のような言動に出ることはありえません。

また、被告が辻元清美らへの取材を一切行っていないことを指摘して相当性を否定しています(13ページ)。なお、当時自衛隊第一次カンボジア派遣部隊広報官として、ピースボートのカンボジア訪問に対応された太田清彦氏(当時三佐)からも、当該発言は辻元清美のものではない、という陳述書が出されています。
http://www.kiyomi.gr.jp/news/2013/03/22-872.html

最近フォローいただいた方向けに説明すると、震災後本サイトはその観測範囲の広さを転用して震災関連デマの検証を行なっており、Yahooトピックスや震災関連書籍でも取り上げられている。

震災後に流された政治的なデマ各種

震災関連デマにも色々あるが、自民党支持者を中心として辻元氏や蓮舫氏関連で様々な政治的デマを流す人々がいたことは残念だった。例えば、震災に直接影響が無い九州のJ-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)の人物が政治的なデマを流していた事例などを観測している。

辻元氏は秘書給与問題で辞職した脛に傷持つ身であり揶揄しやすい存在なんでしょう。
阪神大震災の際、現社民党の辻元清美氏がコピー機を持って現地入りし「自衛隊は違憲なので、自衛隊から食料を受け取らないで」という主旨のビラを配ったとされる件、あれは99.9%デマです。ご存知でした?

これだけ有名な話がメディアや2chや様々な電凸や特定に力を発揮してきた鬼女の力を持ってしても現物の「自衛隊は違憲なので、自衛隊から食料を受け取らないで」ビラの現物が出てこない、という時点で「はい解散解散!」な話なんです。現物のビラがあったら辻元氏に対する致命的な攻撃になるはずが現物が出てこない、という状況をかみしめていただければと思います。

真面目な検証は 辻元清美氏と阪神大震災 で長々と書いていますが一部ピックアップしますと辻元氏が創設メンバーの一人であったピースボートが現地で配っていたのかわら版は以下のようなものです。

http://d.hatena.ne.jp/semaki/20110313/1300006253 で触れられているように辻本氏については彼女が設立した団体ピースボートが神戸被災地でビラ(かわら版「デイリーニーズ」)を配布していたのは事実だ。現物のスキャンが掲載されているが自衛隊批判を目的としたビラではない。

↓http://kokis.client.jp/noby/n41_murayama.htmlより

結論を繰り返しますが辻元氏が反自衛隊ビラを配ったという話は複数の噂が結合したデマです。

「反自衛隊活動を行っていた市民団体」と「旧社会党の反自衛隊姿勢」そして「辻元清美らピースボートの現地での活動」が時間と共に融合して、どんどん新しいエピソードを産んでいったものと思われる。

↓ランキングに参加中!応援ぽちありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

新着記事:

Powered by WordPress. Designed by Woo Themes