それはまるで絵画のような。深紅の限定パンケーキ「Red Velvet Pancake」in ニューオータニ トレーダーヴィックス

「レッドヴェルベットケーキといえば、アメリカでは誰もが知っている、深紅のヴェルベットをイメージさせる人気のケーキ」らしいのだが@hara19は初めて見た。大人なパンケーキですね。

ニューオータニと言えばSATSUKIのふわふわリコッタチーズパンケーキで有名だが、こういう飛び道具的パンケーキも嫌いじゃない。

深紅の花びらが珍しいレッドヴェルベット パンケーキ

小さなパンケーキを銅貨に見立てて花弁状に並べるダラーパンケーキ系をアレンジしたメニュー。原色の赤ではなく、マットな深紅を選んだ時点で勝利でしょう。

バレンタイン/ホワイトデー限定のパンケーキで提供期間は1月7日~3月15日まで。スイーツ好きな彼女さんならホワイトデーに連れて行くサプライズもありでは。コーヒーまたは紅茶付きで1800円、提供は11:30~17:00(日曜・祝日は15:00~)。

まるでご褒美をもらった時のように笑顔になる、「銀貨」に見立てた5枚のぐるっと重なったスモールサイズパンケーキの真ん中には、バニラアイスクリームとたっぷりのホイップクリームのツリーに、真赤なカットストロベリーをプラス。 フレッシュストロベリーソース、キャラメルソース、さらに、カリッとした歯ごたえが香ばしい、ナッツもトッピングしました。

http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/vics/2013/red/index.html

Red Velvet Pancake(レッドヴェルベットパンケーキ)/ トレーダーヴィックス

Red Velvet Pancake(レッドヴェルベットパンケーキ)/ トレーダーヴィックス

食いしんぼうにおすすめなISLAND PANCAKE

外人サイズの大きなパンケーキが出てくるのがISLAND PANCAKE(アイランドパンケーキ)。もちもち系が好きな人はたまらないんじゃないでしょうか。数えきれないほどバニラの粒が浮いたホワイトソースがねっとりと。

パイナップルの酸味がもう少し出ていた方がバランス良くなるかも。美味しいパンケーキだと思います。コーヒーまたは紅茶付きで1800円、提供は11:30~17:00。

2枚に重ねたふわふわパンケーキに、バニラの香る濃厚なホワイトソースが絡みつき、トッピングされたパイナップルのほのかな酸味、バナナの優しい甘み、そしてクラッシュされたマカダミアナッツの食感がアクセントを加えます。

http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/vics/menu/pancake/index.html

ISLAND PANCAKE / トレーダーヴィックス

トレーダーヴィックスとは

知らないと店を間違えたかとびっくりしますね。ニューオータニのTRADER VIC’S(トレーダーヴィックス)。現地人のお面に言い方は悪いですけど寂れた土産物店のような入り口。

サンフランシスコに本店があり、世界に27店舗を展開している「トレーダーヴィックス」は、1年中南太平洋のムードあふれるインターナショナル料理のレストラン。 かのトロピカルドリンク“マイタイ”を生み出したのもこのお店です。

アメリカ人が解釈した南国リゾート風レストラン、という感じなんでしょうか。料理は「古き良きアメリカのカウボーイ・スピリットを継承した、豪快かつシンプルなメニュー」なんてのがあって結構カオス。

TRADER VIC'S外観

昼は照明がほぼ落としてあって日本庭園を眺める趣向。ニューオータニの日本庭園は立派なものだが南太平洋のムード、というコンセプトはどこへ行ってしまったんでしょうか(汗。かなり暗いので写真を撮りたいなら予約して窓際席にしてもらうのがおすすめ。

スタッフはニューオータニだけあってこなれていて丁寧。お値段は他のご夫婦が一万円だったり普通に食べるには覚悟がいる感じ。外人観光客がうっかり入店してしまったらしくメニューを見て頭抱えていました。

そういうもろもろ承知の上で入りましょう。

トレーダーヴィックスから庭園を眺める

原宿・東京の有名パンケーキ店訪問記

パンケーキ記事が増えたので「原宿パンケーキ速報」というサイトに独立させました。

原宿・表参道は今、日本一のパンケーキ激戦区となっている。

従来からあったエッグスンシングス原宿店パンケーキデイズ原宿店外苑前の香咲、キャットストリートのuzna omom(ウズナ オムオム)に加え4月に相次いでオープンしたレインポーパンケーキ、東急プラザ表参道原宿最上階に旗艦店を構えた“世界一の朝食” bills表参道店、そして今月オープンした逗子のSUNDAY JAM。いずれもメディアに取り上げられた人気店ばかりだ。billsとSUNDAY JAMは徒歩5分の至近距離で両方トランジットジェネラルオフィス運営ということで意図的に「原宿・表参道エリアはパンケーキのメッカ」という戦略で密集させているものと思われる。

そして「開店即行列打ち切りの人気店」という実績を引っさげてカフェカイラ表参道、というわけだ。原宿・表参道を扱う当サイトではそれらを含め東京の有名パンケーキを制覇すべく食べ歩いているので参考にして欲しい。

  • みじんこのパンケーキ

    東京最強のパンケーキ10選

    2012年40店舗=週一以上食べ歩いた@hara19jpがセレクトした最強のパンケーキたち。みじんこ、#A、ミモザ、ピノキオ、帝国ホテル、VoiVoi、ニューオータニSATSUKI、San Francisco Peaks、リトルツリー。

メディアで人気のパンケーキ

最近TVで良く取り上げられているのは次の4店。「大島優子がお気に入り」のエッグスンシングス、「The Timesで世界一の朝食と評されブラッド・ピットらセレブの常連も多い」bills、「ハワイで一番おいしい朝食」カフェカイラ、「NYの朝食の女王」サラベスとキャッチコピーが付いている。

  • エッグスンシングスのパンケーキ

    エッグスンシングス原宿店

    ハワイの人気パンケーキ店エッグスンシングスのフランチャイズ店で108席と原宿でも最大規模ながら行列が途切れない。山盛りのホイップクリームを乗せたパンケーキが若い人に人気。

  • billsのパンケーキ

    bills表参道店

    原宿神宮前交差点のGAP跡にできた東急プラザ。その最上階にフラッグシップショップとしてオープンしたのがbills表参道店。リコッタチーズパンケーキは終日注文できる。

  • カフェカイラの特製パンケーキフルーツトッピング全部盛り

    カフェカイラ表参道店

    カフェカイラはスカイツリー近くにオープンしたパンケーキ店。ハワイ一の朝食を受賞したこともあるという触れ込みで3枚重ねのパンケーキにフレッシュフルーツがたっぷりのへルシーさが売り。2012年12月に表参道への移転した。

  • サラベスのリコッタチーズパンケーキ

    サラベス新宿

    「NYの朝食の女王」と鳴り物入りで登場。新宿ルミネ2階にあるオーガニック志向のレストラン。リコッタチーズパンケーキやボイルドエッグが人気。

ホテル系パンケーキ

1950年代から半世紀に渡り提供されてきた帝国ホテルのパンケーキ。月2000食出るホテルニューオータニのパンケーキなど伝統と格式のパンケーキは侮れない。

▼編集に関わりました。

↓ランキングに参加中!応援ぽちありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

新着記事:

Powered by WordPress. Designed by Woo Themes