まーるい緑の山の手線♪のヨドバシカメラのテーマソングでお馴染みの山の手線、昔の車体はもっと緑色だった。

そんな皆さんには懐かしい全身緑の山の手線が運行中。

JR東日本の「みどりの山手線ラッピングトレイン」とは

緑色を採用してから50周年の記念ラッピングで1編成を1年間運用する。いわゆる103系を復元したもの。

山手線では旧国鉄時代の1963~88年にかけて、車体が緑色の103系が使われていた。それまでは黄色の車両などが走っていたが、103系登場以降は、緑色が山手線のシンボルカラーとして定着した。(毎日新聞)

フロントから。
緑の山の手線

車体番号も当時の規則に従ったものだという。
緑の山の手線側面

緑の山手線はめっちゃ緑で、乘れたらその日はラッキー

カテゴリー: 渋谷

@ysakaki

@ysakakiは東京のブロガー。原宿勤務になった2010年からhara19.jp(はらじゅくどっとじぇいぴー)を運営。在勤のメリットを活かして街の変化を観察し、現場からの記事をお届け。原宿・表参道はパンケーキの激戦区ということで詳しくなり仕事でパンケーキのサイトや世界文化社から出版された「行列ができるパンケーキショップ101」にも関わる。