俺のイタリアン銀座

昨年大人気だった俺のフレンチ・俺のイタリアン シリーズ。その俺のイタリアン銀座の予約が取れたので行って来た。なかなか人気で予約の電話もつながらないのだ。

俺のイタリアン(本店)と俺のイタリアンGINZA店と

待ち合わせしていたのに、場所を間違えてしまった。俺のイタリアンは新橋本店、東京八重洲、新橋ANNEX、神谷町、銀座と店舗を構えているのだが新橋・銀座エリアには3店あったのだ!「俺のイタリアン」と「俺のイタリアンGINZA」「俺のイタリアン marche」は新橋駅を挟んだ両側にある。

俺のイタリアン外観

外見だけ見るとただの立ち飲みに見えるがシェフはパリの三つ星3店で修行しフランス日本大使館で大使付きシェフを務めた輝かしい経歴の鈴木一光氏。大使館付きシェフということで日本大使館が会食で出していた料理レベルをいただける、ということに。
俺のイタリアンのシェフ

俺のイタリアンGINZAの外観

今回予約していたのはこちらの「俺のイタリアンGINZA」。外まで立ち飲み客が溢れる光景はTVでも良く流れている絵ですね。
俺のイタリアンの外観

40席ほどで4席が3-4個、2人席が3-4個、後は立ち飲み席。
俺のイタリアン店内

俺のイタリアン銀座のメニュー

見た感じ張り紙で出されているスペシャリテなどもある様子。20時からの予約だったので結構売り切れてしまっていて人気っぷりが凄い。俺のフレンチ恵比寿ではメインを片っ端から頼むとかできたので甘く見ていた。

ピザ

普通のピザが580円、トリュフ入りでも980円!居酒屋でも580円より高いところもあるのに。

  • Pizza マルゲリータなどのピザが各580円
  • ビスマルクロッソ ベーコン、ほうれん草、マッシュルーム、卵、トマトソースのピザ。 680円
  • トリュフとボルチーニのビスマルクピッツァ 980円

冷菜  / 俺のイタリアン銀座のメニュー

パルマ産生ハムや鴨の燻製、彩り野菜のバーニャカウダなども580円〜680円と気軽な価格設定。

温菜  / 俺のイタリアン銀座のメニュー

好物のアヒージョも580円!どんどん頼める!

  • ポテトアンチョビ 380円
  • フォアグラコロッケ 580円
  • 海老のアヒージョ 580円
  • ほうれん草と生ハムのキッシュ 580円
  • ムール貝とエビの白ワイン蒸し 580円
  • トリュフとボルチーニのフリッタータ(イタリア風オムレツ) 580円
  • 自家製サルシッチャ(イタリア風ソーセージ) 580円

メイン / 俺のイタリアン銀座のメニュー

確か注文する端から売り切れいて「あるのは何?」という感じになっていた。予約が取れたことで安心してしまっていたが、もっと早い時間にすべきだったかもしれない。牛肉のミルフィーユとか聞いただけで美味しそう。

  • ムースを巻いた鴨のロースト〜トランペット茸クリーム〜 880円
  • ホロホロ鳥のフォアグラ詰めロースト 1100円
  • 子羊のカレークリーム煮〜ポレンタ添え〜 880円
  • フォアグラと和牛のハンバーグ仕立て〜酸味の効いたソースで〜 950円
  • 牛肉のミルフィーユ フォアグラのせ〜バルサミコソース 1100円

パスタ・ペンネ・リゾット / 俺のイタリアン銀座のメニュー

うわーペペロンチーノは好物だしワタリガニのトマトクリームパスタは間違いないしカルボナーラもリゾットも美味しそうだし全部端から行きたいラインナップ。フォアグラのリゾット食べたかったなあ(売り切れ)。

  • ペペロンチーノ 580円
  • ペンネ アラビアータ 580円
  • ワタリガニのトマトクリームパスタ 780円
  • トリュフとボルチーニのカルボナーラ 890円
  • トリュフとフォアグラのリゾット 1100円
ちなみにワイン類も儲け出す気が無いんじゃないかというくらい安い。ボトル1200円から。

俺のイタリアンのメニュー

マルゲリータ / 俺のイタリアン銀座

イタリアンときたらマルゲリータでしょ!ということでまずは頼んでみた。ぐつぐつですよぐつぐつ。「こんなに旨いマルゲリータ食べたこと無い」という声も聞いたことが。

ピザ / 俺のイタリアン

エビのアヒージョ / 俺のイタリアン

アヒージョなら何個でも行けます。パンを浸るのも絶品。
アヒージョ / 俺のイタリアン

子羊のカレークリーム煮〜ポレンタ添え〜

今回の中では一番メインっぽい料理。ほろほろに煮込んだ子羊のカレークリーム煮。いいアングルでしょう?

子羊のカレー煮込み

暗すぎて撮れない気がしたので取り分けてみた所。手前の赤い物体が「ポレンタ」。そばがき的なものでトウモロコシの粉が材料。

子羊のカレー煮込み

メニュー名思い出せない春巻き風の一品。
中華風 / 俺のイタリアン

ワタリガニのトマトクリームパスタ / 俺のフレンチ

見てわかるように大皿でボリューミー。

パスタ / 俺のイタリアン

俺のフレンチとは

「俺のフレンチ」は業界に革命を起こしていると言われている。
高級フレンチの価格破壊を行い普通の高級レストランなら万単位確実なのに俺のフレンチの客単価は3000円程度なのだ。

日経トレンディの記事から抜粋するとこんな感じ。

  • シェ松尾の総料理長経験者やロブションなど有名店出身の有名シェフが複数人在籍
  • シェ松尾・松濤レストランのアラカルトで1万5000円で提供されていた牛フィレ肉のロッシーニが、『俺のフレンチ GINZA』では、ボリュームアップした上で1280円で提供
  • 活きオマールのローストも1280円。これも能勢シェフのスペシャリテで、一匹のオマールを真っ二つに割ったものに貴腐ワインを贅沢に使ったソースがかけられている。シェ松尾時代は半身だけが提供されていたそうだが、ここではボリュームは2倍ということになる。

俺のフレンチではなぜそんな低価格が可能なのか?秘訣はとにかく稼働率を上げることにある。高級店レストランでは一日一回転しないこともあるのに俺のフレンチでは2時間制で3-4回転させることができる。客席も立席が半数以上だ。

内装や給料など料理以外の要素で高くなっていた部分が、これで一気に改善される、というわけだ。

↓ランキングに参加中!応援ぽちありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

新着記事:

Powered by WordPress. Designed by Woo Themes