大晦日、目立ちたがりの猫おじさんが山手線の座席に猫を置いて見世物にしているようだ。去年もやっていたようだがこの人物は毎週のように銀座の看板に猫を置き去りにして見世物にしている人物。

各地での見世物行為は次の通り「周知:銀座・新宿・池袋・新橋・上野の看板で猫が寝ているのは猫おじさんによる虐待」 。見かけた人は周囲にニヤニヤしている怪しいおじさんがいないか探して欲しい。また直接声をかけられなくても駅員に連絡して欲しい。言うまでも無いがJRの乗車規定違反であるし、私の脚にはまだ彼の猫から移された猫ノミの噛み跡が9箇所ある。不衛生な状況で多頭飼いしていてノミを駆除していないのだ。

去年も大晦日に猫を山手線に置いていたのだが、動画が不鮮明で彼か判別できなかった。今年は特徴的なシュシュをしており迷惑人物の猫おじさんで間違いない。

今年も複数回銀座線などで猫を車内に放している。

新たに、西武新宿線と有楽町線内で猫を放していたという証言が得られた。銀座で猫を乗せていたのが目撃されているので向かう途中だったのだろう。猫かわいいから問題無いじゃん、と言ってる人はこれが人間側のエゴでなくて何か、ということを考えていただくと良いのでは。

画像は上記Tweetより

山手線で猫を放している状況

カテゴリー: 銀座

@ysakaki

@ysakakiは東京のブロガー。原宿勤務になった2010年からhara19.jp(はらじゅくどっとじぇいぴー)を運営。在勤のメリットを活かして街の変化を観察し、現場からの記事をお届け。原宿・表参道はパンケーキの激戦区ということで詳しくなり仕事でパンケーキのサイトや世界文化社から出版された「行列ができるパンケーキショップ101」にも関わる。