ヒカリエでスイーツ番長の横で何やら凄いケーキが販売されていた。なんとお値段時価!

「パティスリー ミツワギンザ」の「銀座プレミアムショートケーキ」

お値段時価、の理由は苺。この日は静岡の「静岡紅ほっぺ」を使い市場から仕入れた値段が反映されるという。

「紅ほっぺ」という品種は静岡県農業試験場で育成された品種で「果実の中まで赤く、甘みと酸味のバランスが良くコクがあっておいしいことが特徴」。

大粒が採れる品種らしく特大サイズだと1個200円程度するようです。

やっぱり目を引く「時価」の看板。
お値段時価のショートケーキ

銀座プレミアムショートケーキ

ちなみに勇気を出してお値段聞いてみた所、この日は1200円だった。一粒200円ということはマカロンよりは安いので強気な気もするが「これ時価なのー!」という話のネタに使えば元が取れるかもしれない。

Posted from するぷろ for iPhone.


@ysakaki

@ysakakiは東京のブロガー。原宿勤務になった2010年からhara19.jp(はらじゅくどっとじぇいぴー)を運営。在勤のメリットを活かして街の変化を観察し、現場からの記事をお届け。原宿・表参道はパンケーキの激戦区ということで詳しくなり仕事でパンケーキのサイトや世界文化社から出版された「行列ができるパンケーキショップ101」にも関わる。