思わず「マジ凄い」と砕けた表現になってしまうほど凄い。

東京駅で東京駅丸の内駅舎保存・復原工事の完成を祝う記念イベントとして開催される映像スペクタクルショー「TOKYO STATION VISION -トウキョウステーションビジョン-」は大正時代創建当時の姿によみがえった駅舎をスクリーンに最先端の技術<プロジェクションマッピング>を用いて高精細フルCG映像を投影するもの。

昨日見に行ったのだが人が多すぎて開演が早められた上後半の回は中止、ということで東京駅みたいな人通りが多い所ではなかなか交通整理が厳しいね。

説明するより見た方が早いので動画を幾つか紹介する。

東京駅のプロジェクションマッピングを観てきたので写真集どうぞ 

写真や動画だとマッピングや動きの面白さが伝わらないのだけれど雰囲気だけ。

機関車が出てきたり〜

P1060060

盛大にファンファーレが鳴らされたり

P1060067

雪が降ったり〜

P1060072

レーザー光線が飛び交ったり

P1060074

路線図が描かれたり

P1060084

花火で祝われたりしました。

P1060095

東京駅のプロジェクションマッピング

公共施設、JRということで入れたんだろうな、という要素(SUICAとか)も見られるがDJのスクラッチや柱を弦代わりにするところなどリアルとヴァーチャルが混じる感覚が面白い。

ラルフローレンのプロジェクションマッピングによるファッションショー

多分自分が見た中では最初のプロジェクションマッピング。最後にデザイナーが顔出すところがいいね。


@ysakaki

@ysakakiは東京のブロガー。原宿勤務になった2010年からhara19.jp(はらじゅくどっとじぇいぴー)を運営。在勤のメリットを活かして街の変化を観察し、現場からの記事をお届け。原宿・表参道はパンケーキの激戦区ということで詳しくなり仕事でパンケーキのサイトや世界文化社から出版された「行列ができるパンケーキショップ101」にも関わる。