カフェカイラ スカイツリー近くのパンケーキ

追記:カフェカイラが12月に表参道に移転、というニュースが入ってきた。スカイツリー店は席数が少なすぎたので妥当だろう。

追記2:カフェカイラの移転先が決定、表参道の移転先を確認した。

カフェカイラのパンケーキを食べてきた。

カフェカイラはスカイツリー近くにオープンしたパンケーキ店。ハワイで最も権威のあるグルメ賞「ハレアイナ賞」で「ベスト朝食賞 金賞」受賞したハワイアンパンケーキが売り。

以前オープン2日目の開店時間に行ったのだが5時間待ちと言われて離脱してきたのでリベンジである。そのノウハウもお伝えしたい。

スカイツリー近くのカフェカイラ

スカイツリーは押上駅だが、カフェカイラはスカイツリーから徒歩5分程度のご近所にある。

カフェカイラの外観

パンケーキ、エッグベネディクト、オムレツ

カフェカイラの代表的なメニュー、パンケーキ、エッグベネディクト、オムレツを頼んでみた。

カイラ・オリジナルパンケーキ トッピング全部のせ 1700円

カフェカイラの名物。大きなパンケーキ3枚にたっぷりフルーツを載せ、ホイップクリームとシロップが添えられている。トッピング全部のせとはイチゴ・バナナ・ブルーベリー・リンゴのカラメリゼ。パンケーキが見えないほどのフルーツの盛りが素晴らしい。

カイラ・オリジナルパンケーキ / カフェカイラ

同じハワイのパンケーキ原宿のエッグスンシングスと比べると、パンケーキ一枚一枚はこちらの方が大きい。エッグスンシングスは大盛りのホイップクリームが特徴だがカフェカイラの方はフルーツ中心ということでヘルシーな感じ。。

ハワイのカフェカイラ本店へ行ったことがある人と一緒に行ったのだがボリュームは現地と同じ。1700円という値段もあるが、大皿にこの量なのでシェアして食べるのが前提のメニューだろう。

カイラ・オリジナルパンケーキ

エッグベネディクト 1600円  / カフェカイラのスペシャリティ 

ちょっと1600円は強気かなーと思う。トーストしたイングリッシュマフィンにベーコンとポーチドエッグ、オランデーズソースをかけたエッグベネディクト。卵は国内のブランドもの。20食限定ということで17組目だったからギリギリ間に合った。

エッグベネディクト / カフェカイラ

ポテトとサラダ、フルーツが添えられているのでこちらもメインディッシュ的なボリューム。

エッグベネディクトのプレート

ベジタブル・オムレツ 1300円 / カフェカイラ

卵3つ使った大ぶりなオムレツ。発芽玄米パン、サルサソース、ポテト付き。野菜は3種類(トマト・ホウテンソウ、オニオン、ナス、ズッキーニ、マッシュルーム、赤パプリカ)とチーズは3種類(チェダー、モッツァレラ、グリュイエール)から選べる。海外では出てきそうなメニュー。

ベジタブル・オムレツ / カフェカイラ

カフェカイラのメニュー

カイラオリジナルパンケーキ、エッグベネディクト、オムレツがメインだがメニュー数は結構多い。みんなパンケーキでお腹いっぱいになると思うけど。

カフェカイラの立て看板

フレッシュフルーツ系3大メニュー

当面みんなパンケーキを頼むと思うが2回目以降はワッフル、フレンチ・トーストを頼んでみたい。みな1700円〜。現地で食べたフレンチ・トーストは美味しかったらしいので気になっている。

パンケーキ、ワッフル、フレンチトースト/ カフェカイラのメニュー

オムレツ・スクランブルエッグ

ベジタブル・オムレツ、イタリアン・オムレツ、ミート&チーズ オムレツ、フリタータ、スクランブルエッグ。「ハワイのロコに人気No.1」というフリタータは「オムレツやキッシュに似た卵料理である。肉、チーズ、野菜、パスタ等の具材を多目に入れ、ハーブ等で味付けする。(Wikipediaより)」ということなのでキッシュっぽい料理かな。

オムレツ・スクランブルエッグ / カフェカイラのメニュー

一日20食限定のスペシャリティ:エッグベネディクト

このページはその日に焼いたパンを使用したエッグベネディクトとサンド系。

エッグベネディクト / カフェカイラのメニュー

メニュー構成の特徴

パンケーキにオムレツとかなりエッグスンシングスに近い印象。プレートにパンや付け合せが付いていて、そのポテトもボリューミーなのでプレート一枚で食事として完結している。複数メニュー頼むと付け合せ無しがダブってくるので残している人も結構見かけた。2人なら1品でパンケーキ、3人なら2品でパンケーキとエッグベネディクト、4人ならパンケーキとエッグベネディクトとオモレツの3品いけるだろう。我々は3人で3品頼んだので厳しい戦いだった。

P1050413

カフェカイラにできるだけ並ばずに入る方法を考える

カフェカイラは席が10組20席ほどしか無い。ところが「ハワイ一の朝食」という売りで全国メディアでばんばん宣伝してしまったものだから朝11時〜13時に行列を打ち切っている。とにかくキャパが無いものだから11時に来た人が17時に入店、というちょっと珍妙な事態になっている。

整理券制度

「6時間並んでたらスカイツリー観光できるわ〜(怒」という声が届いたのか現在は整理券制度が導入されている。整理券は9時以降に配布される。QRコードで現在の整理番号を確認でき、自分の番号が近くなったら店頭に戻れば良い。

IMG 7816

パターン別行列戦略

以上を踏まえてできるだけ並ばずに入る方法を考えてみよう。結論から言うとこれが最適戦略である!なお休日を想定。

  • 1周目に入るなら7時頃並んで9時から入店する(2時間待ち)
    朝強くて起きられる自信があれば結果的には一番待ちが短い。
     
  • 20食限定のエッグベネディクトを食べたいなら7時半頃並んでスカイツリーのすみだ水族館を見学して10時半過ぎに入店する(3時間待ち)
    7時半に並んで17組目だったので前の組が全部エッグベネディクトを頼むわけではないことを考えれば大丈夫だろう。ただし、 9時に整理券を受け取っても周りに時間を潰すところがない。スカイツリーは10時オープンである。付属のすみだ水族館は9時から営業していて行列なしで入れるのでこれがベストだろう。その他にはスカイツリー内のマクドナルドやカフェが幾つか10時前からやっている。トイレはスカイツリー内のものが使える。
     
  • とにかく行列したくない場合は10時頃来て整理券受領後、スカイツリー見学して夕方入店する。(6時間待ち)
    全く並ばずにすませるなら、受付を打ち切る10:30-13:00前、安全を見て10時頃来て受付後、スカイツリー見学するのが良いだろう。

カフェカイラの駐車場

カフェカイラ専用駐車場は無いが同じブロックに15台くらいの有料駐車場があるので早朝車で来る場合余裕で駐められるだろう。10時以降ならスカイツリーにも駐車場が付いているのでそちらもあり。

IMG 7845

原宿・東京の有名パンケーキ店訪問記

パンケーキ記事が増えたので「原宿パンケーキ速報」というサイトに独立させました。

原宿・表参道は今、日本一のパンケーキ激戦区となっている。

従来からあったエッグスンシングス原宿店パンケーキデイズ原宿店外苑前の香咲、キャットストリートのuzna omom(ウズナ オムオム)に加え4月に相次いでオープンしたレインポーパンケーキ、東急プラザ表参道原宿最上階に旗艦店を構えた“世界一の朝食” bills表参道店、そして今月オープンした逗子のSUNDAY JAM。いずれもメディアに取り上げられた人気店ばかりだ。billsとSUNDAY JAMは徒歩5分の至近距離で両方トランジットジェネラルオフィス運営ということで意図的に「原宿・表参道エリアはパンケーキのメッカ」という戦略で密集させているものと思われる。

そして「開店即行列打ち切りの人気店」という実績を引っさげてカフェカイラ表参道、というわけだ。原宿・表参道を扱う当サイトではそれらを含め東京の有名パンケーキを制覇すべく食べ歩いているので参考にして欲しい。

  • みじんこのパンケーキ

    東京最強のパンケーキ10選

    2012年40店舗=週一以上食べ歩いた@hara19jpがセレクトした最強のパンケーキたち。みじんこ、#A、ミモザ、ピノキオ、帝国ホテル、VoiVoi、ニューオータニSATSUKI、San Francisco Peaks、リトルツリー。

メディアで人気のパンケーキ

最近TVで良く取り上げられているのは次の4店。「大島優子がお気に入り」のエッグスンシングス、「The Timesで世界一の朝食と評されブラッド・ピットらセレブの常連も多い」bills、「ハワイで一番おいしい朝食」カフェカイラ、「NYの朝食の女王」サラベスとキャッチコピーが付いている。

  • エッグスンシングスのパンケーキ

    エッグスンシングス原宿店

    ハワイの人気パンケーキ店エッグスンシングスのフランチャイズ店で108席と原宿でも最大規模ながら行列が途切れない。山盛りのホイップクリームを乗せたパンケーキが若い人に人気。

  • billsのパンケーキ

    bills表参道店

    原宿神宮前交差点のGAP跡にできた東急プラザ。その最上階にフラッグシップショップとしてオープンしたのがbills表参道店。リコッタチーズパンケーキは終日注文できる。

  • カフェカイラの特製パンケーキフルーツトッピング全部盛り

    カフェカイラ表参道店

    カフェカイラはスカイツリー近くにオープンしたパンケーキ店。ハワイ一の朝食を受賞したこともあるという触れ込みで3枚重ねのパンケーキにフレッシュフルーツがたっぷりのへルシーさが売り。2012年12月に表参道への移転した。

  • サラベスのリコッタチーズパンケーキ

    サラベス新宿

    「NYの朝食の女王」と鳴り物入りで登場。新宿ルミネ2階にあるオーガニック志向のレストラン。リコッタチーズパンケーキやボイルドエッグが人気。

ホテル系パンケーキ

1950年代から半世紀に渡り提供されてきた帝国ホテルのパンケーキ。月2000食出るホテルニューオータニのパンケーキなど伝統と格式のパンケーキは侮れない。

▼編集に関わりました。

↓ランキングに参加中!応援ぽちありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

新着記事:

Powered by WordPress. Designed by Woo Themes