渋谷駅に傘を打ち捨てていくモラルの無い人たち

超大型台風に匹敵する爆弾低気圧で東京でも強風が吹き荒れたが、通過後には多くのビニール傘が打ち捨てられていた。

気になって調べてみた所昨夏の台風15号の後、渋谷区が回収した傘のゴミは8t、1本400g換算で傘2万本が捨てられていた計算になるという。捨てるなら持ち歩くな。壊れるのわかってたんだから最初から合羽を着ろ、と言いたい。

2012.04.08追記

昨日沢山RTが回ってきたTweetがある。外人テンション高すぎだろ。

だがちょっと待って欲しい。「今傘が飛んできたのに」…だと?!
そう、東京では台風の後駅やコンビニなどにビニール傘が散乱しているのはよく見る光景なのだ。屋根のある所まで来たら用済み、かさばるし捨ててしまおう、という思考だろう。その結果が冒頭の2万本、という数字。

放置されたビニール傘がこの強風で凶器になる。ダメ絶対!




台風15号 東京・渋谷区で壊れた傘8万トン以上回収 各地では倒木相次ぐ

一夜明け、渋谷区の資材置き場には壊れた傘が大量に集められていた。

午後3時現在、8トンもの傘が集められたということだが、清掃活動は続いていて、今後も増えるものとみられる。 3メートル以上うずたかく積まれたのは、22日に渋谷区内だけで回収された壊れた傘。 一般的なビニール傘が1本およそ400グラムとして、単純計算でその数は2万本分にも
なる。

渋谷区の資材置き場の担当者は「通常の台風の2~3倍の量はあります。朝の8時ぐらいから、少し早めに皆さん出てきていただいて、仕事をしております。傘もそうですが、葉っぱですとか、倒木ですとか、いろいろありますので、その分、早く出てこないと対処できない」と語った。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00208117.html

じゃあどうすればいいのよ?

批判ばかりだとアレなので傘が吹き飛ぶような台風や爆弾低気圧でどうすればいいか、という話。サッカー観戦は雨でも屋根がない観客席があったりするのだが、その知恵が役立つ。

1.傘は使わない。傘は煽られたり折れる。雨合羽を使う。雨合羽はコンビニでも買える。
2.濡れて困るものはとにかくゴミ袋に放り込む。見てくれなんか気にするな。ゴミ袋は万能だ。
3.足元は最初から長靴なり防水のものを。最近は女性向けのおしゃれなレインブーツも多い。

ちなみにTVの鉾盾で出てきた「どんな強風でも絶対折れない傘」というものもある。映像では確かに折れなかったが、身体はびしょ濡れになると思う。強風では下半身は守れないから雨合羽なりレインコートなりがおすすめ。

でもお高いんでしょう、という方に参考

コンビニで売っているような雨合羽を数個買って会社や家など出先にばらまいて置き傘化すればいいんじゃなかろうか。

▼ネットで買えば雨合羽は100円もしない

▼カラフルな雨合羽もある

▼女性用だって最近はお洒落

↓ランキングに参加中!応援ぽちありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

新着記事:

Powered by WordPress. Designed by Woo Themes