SHIBUYA109の初売りの福袋を目当てに多くの人が深夜から行列を作った。

見比べた人の話では同じく初売りの行列で知られるApple渋谷の行列より明らかに長かったという。

話によると警備員の数だけで約200人、行列は20000人に達した。

毎年初売りは「EGOIST(エゴイスト)」 「CECIL McBEE (セシルマクビー)」「L.D.S(エル・ディー・エス)」「GARULA(ガルラ)」「UNGRID(アングリッド)」など各ブランドが入るSHIBUYA109の正月の名物となっている。

SHIBUYA109の初売待ち行列




@ysakaki

@ysakakiは東京のブロガー。原宿勤務になった2010年からhara19.jp(はらじゅくどっとじぇいぴー)を運営。在勤のメリットを活かして街の変化を観察し、現場からの記事をお届け。原宿・表参道はパンケーキの激戦区ということで詳しくなり仕事でパンケーキのサイトや世界文化社から出版された「行列ができるパンケーキショップ101」にも関わる。

1件のコメント

「スマホ女子」こそこれからのマーケット!?新しい市場を狙う注目のアプリ6選 | クラッチ、ソーシャルメディアのハンパない状況 · 2012.01.30 16:20

[…] 「ファッション」ではないでしょうか? 例えば109の初売に2日前から並ぶなど、 その数はなんと2万人に達したようです。 […]

コメントは受け付けていません。